シャドウバース コミカライズ。 シャドウバース攻略速報

Cygames、スマホ用本格デジタルTCG「シャドウバース」発表会詳報

シャドウバース コミカライズ

1以降 配信開始日 内におけるの代表的な存在。 のでの分身である同士、あるいはそれに扮したと呼ばれる何者かとの戦いをで表現した、。 から配信が始まり、は ・ も配信されている。 『』の観を基にしており、も同じものが使用されている。 各のを進めてを重ねることでがになっていく。 「Shadowverse」とは、直訳すると「の篇」。 より、()、()、ずっち()がを担当する『動く』番組が、よりとして定期的に配信されている。 より、、、が出演する発信番組が毎週20:から1で放送されている。 ゲームシステム 専用と共通から成る枚のを組み、試合開始時に側は3枚、後手側は4枚のをから引いて手札とし、開始時に1枚ずつからドローする。 を使用するにはと呼ばれるが必要。 1に使えるは1には1点、2には2点といった具合に増えていく。 のは20点で、先に相手ののを0にすることでとなる。 と、ここまではのとほとんど同じであるが、シャドウバース独自の要素として、EPを消費してフォロワーを強化することができる「」がある。 側は5、後手側は4からフォロワーをさせることができるが、使えるEPは側が2、後手側は3と定められており、回復させることは基本的にできないため回数には限りがある。 させたフォロワーは値が上がるほか、によっては時に特殊な効果を発生させられる。 を賭けて戦うでし、上位をすことがとなるではあるが、特殊なで戦う、一人用の、と戦うプも用意されている。 で配信する機が自体に搭載されており、手軽に配信ができることも大きな特徴である。 カード には場に出して敵を攻撃する「フォロワー」のほかに、場に設置する「アミュ」、何らかの効果を発生させる「」があり、を支払うことでする。 は「」「」「」「ブズ」の4種類で、それぞれの色が異なる。 を組む際には個性豊かな専用と、どのでも使用できるードを枚組み合わせて構築する。 なお、するは3枚までしかに組み込むことはできない。 ちなみに本作にはによる同の枚数制限はない。 ただし、拡パッ後の調整によって(に関わらず)枚数制限が定されることはある。 全てのには、部分がになり躍動している「」が存在する。 の性としては通常と一切変わらないが、をで埋める事が出来た場合はかなり(見たが)。 機を使うことでの裏面を自分好みに変えることが可。 輸入元の『』のや同じ製の『』ののもある。 (また、に登場したはと同じが担当している) カードの入手方法 をする 各に個別に用意されたをすることで手に入る。 初期からある とこの方法で手に入るは「プラ」と呼ばれ、パックから入手できる通常のとは区別されている。 必ず3枚で1に使える分がで手に入るが、にする事ができず、通常のパックから出てくる事もない。 プラにもは存在するが、やはりパックからの入手ではなく、ーブメントの報酬としてのみ手に入る。 パックを購入する である、もしくは内であるルピーを使って購入する。 パックの単価はいずれもだが、に限り1パックだけで購入できる。 1パック8枚入りで、必ず1枚は以上のが封入されている。 で回す場合の単価はRM換算で前後。 排出は:::ブズが、それぞれ1. 5:6:12. を生成する 入手したをすることで取得できる「」を用いて好きなを作ることができる。 そのため、ののみを使用するといったを取るのであれば他のすべてをすることで、額などを抑えてを構築することも可である。 で得られる、および生成に必要なはによってのみ決まり、例えば同じであればどのを生成するのでも0で固定。 またを生成する事はできないが、をする事は(プラでなければ)できる。 をした場合、同じでも通常より2. 5倍前後を多く得られる。 貧弱だが低なフォロワー「」を入手したり、場に出ているフォロワーを手札に戻す手段が豊富な。 その中にしたの枚数に応じて強化されるを持つや、手札枚数が多いほど高い威を発揮するが存在する。 単体のよりもで攻めるングが要される傾向がある。 専用フォロワーは「」と「」に分かれており、がを強化する戦術が特徴。 他のと較すると、場に出たに攻撃できる「疾走」や「突進」を持つフォロワーが多いので、相手を攻めていくことができる。 速攻や中盤など複数のがあるが、どの構築でも基本的に扱いやすく、にもお勧めの。 盤面をするが豊富で、更に手札に入れている間にを使用することでが強化される「ブースト」、「土の印」アミュを設置しそれを消費することで強な効果を生む「土の秘術」が特徴。 の使用など、要素はあるが使いこなせれば強な。 を使うためのを増加させて、相手よりもく高帯のを使用できる、いわゆる戦術が最大の特徴。 相手フォロワーにを与えたり、手札を捨てるのと引き換えに強な効果を発動させるなど攻撃寄りのが多い。 さらにが7に到達すると「」状態となり、様々なフォロワーが強なを使えるようになる。 をどの程度するにしても高帯に到達しないことには始まらないので、限られた上昇効果を持つを有効利用しよう。 をリとして強な効果を発揮する「」を持つと破壊時に効果を発揮する「」を持つフォロワーが多く、それらが相互に作用し合うことで非常に高い対応を発揮する。 第7弾パック「時生」で、手札のフォロワー1枚の効果を効にして場に出してから破壊するという代償を払うことで効果を発動する「葬送」と、記された数字以下のの試合中に破壊された自分のフォロワーをの高いものから優先してさせる「ニ」という2つのが追加された。 とは違う形だが分かりやすい展開があるので、こちらも と小さいが好きな人に向いている。 攻撃時に与えた分の体を回復させる「ド」を持つフォロワーと、の体を代償に強な効果を発揮するを持つ。 の体が10以下で発動する「」状態になるとフォロワーが大幅に強化され、その多くがドや必殺、疾走などを得るため非常に攻撃的になる。 一度を握ってしまえば相手中はを安全圏に、自中は「」状態で苛に攻めるというが成立し、勝ちを磐石にできるほどの制圧をもつ。 経過で発動する「」付きのアミュから出現するの高いフォロワーと、攻撃対を制限する「守護」を持つフォロワー、体回復の手段が多いことが特徴。 アミュは発動まで時間差があるため一見使いづらそうだが、ントを消費させるを持つフォロワーや直接破壊するフォロワーなどを絡めることでを緩和できる。 また、を発動させずに取り除ける「消滅」効果を持つが豊富なこともビの特徴で、消滅させられたはにもントされないための利用にやや強い。 なお、アミュの効果は破壊されると発生するなので、アミュの破壊で効果のはできない。 第7弾パック「時生」と同時にされた。 の残り枚数がの時により強い効を発揮する「共鳴」効果を持ったが特徴。 の効果でに加わる「」フォロワーや、場に出たに相手フォロワーに攻撃できる「突進」効果を持つ0のフォロワー「」といったを駆使して戦う。 色が強く試合時間が長くなりやすいため、の。 のお芸であるによって、「」や「」のスも登場している。 観が 他のゲームとの関係性 シャドウバースと同じ製ので前述の通りシャドウバースのは全てからの輸入。 が召喚される際のは全て時ののかそののに沿ったものとなっている。 例えばの・の召喚時のの『あの人』とは元になった「アン・」の説明を見るとのであるのことであるとわかる。 また同では達が活躍するが毎開催されており、は全て内で観ることができるのでに着が湧いた人はすることをオススメする。 内では他にもやスといった形で登場している。 同じく製の。 のにはといった形でそのままで他ののが登場することがあるのでで見たことあるやがシャドウバースにも登場している、と思った人も多いかもしれない。 ただしシャドウバースはあくまでを元にしていて自体とは繋がりがなく、やといったもこちらでは単なる同名の別人。 こちらは基本でやといったも輸入されているためを持った人はこっちもやってみるのもいいだろう。 内ではのとしてのみ登場しているがスの項がわざわざ別で分けられているためスもされる可性は十分にある。 には相互という形で内に本作の要素が登場する。 その時の中身から、本作とが全に別のお話であるということが明確になった。 では・の両名がとしてになり、との矢が報酬として入手可。 また、ではモルディが登場し、として立ちはだかる。 加えて開始に併せ、元々に登場していたクが召喚石としてされた。 本作側では「版」の各()のエンブやが期間限定のや報酬としてされる。 から配信されているの対戦。 一言でいえば本元。 いわゆる強と呼ばれる人物には元々をしていた者も多い。 ただし、シャドウバースはやアミュが追加されている一方で、や、秘策、装甲などのはオミットされ、後攻のがではない、一度に場に出すことができるフォロワーの数が少ない、の枚数制限がないなど、細かな性はかなり異なっている。 同じく製の。 同作は「」の続編で観を一新しての再。 が参戦している。 後衛の長期戦に優れた、の守護者見習い。 TP を使うためのチャージ 回復による の速攻が可。 さらに使用後は効果が上昇するため高い殲滅を誇る。 同作には上記の『』からが『』からジータが参戦している 関連動画 関連チャンネル 関連項目• Shadowverse• 関連リンク• ニコニコ大百科に記事があるカード• 7より - 『』の観を元にしたというのは、当初から決まっていたのでしょうか? 「そうですね。 『』でこういったをいといったが前々から聞こえていたので、ならそれでいってみようと。

次の

シャドウバース攻略速報

シャドウバース コミカライズ

見たところ従来のカードゲームのようなターン制という訳ではなく、リアルタイム形式で闘いが進む感じになっている。 カードイラストは全体的に迫力がありどこか美しい、両者のキャラクタースキンも息遣いなどちょっとしたアニメーションがある。 まるでシャドウバースみたいだ。 個人的主観で簡単に述べたが、正直自分もよく理解してないので実際の対戦シーンは上のリンクから見てください。 キャラ選択時に「サッツイノハドゥ・・・」とかなんとか言ってたので今回も殺意の波動が関わっているのではと勝手な予想。 他にはモリガンやダンテ、リオレウスなども選択できるが、この辺りは特に大きなデザイン変更は無し。 しかしリュウと同じく何かおかしいキャラが一人・・・ 目がヤバイ・・・ 禍々しい姿と化したエックス。 従来よりもさらに機械っぽくなり、「考え、悩み、行動する」かどうか心配してしまいそうだ。 また、各キャラには固有の必殺技のようなものを所持しているが現時点で判明しているリュウの技はこれ 左から真空波動拳、電刃練気、滅・昇龍拳 通常の波動を用いた真空波動、殺意の波動を用いた滅昇龍、そしてその二つの力を利用して電気を帯びる電刃。 とにかく、現時点では何もかも不明なこのカードゲーム。 どんなタイトルかすらも分からないが、とにかく気長に続報を待ってみようと思います。 この情報を見た際の個人的な見解 リュウのデザイン面に関して言わせてもらうと、これはこれでかっこいい。 だが正直な事言うと、下手に変えないほうがいいと思う。 リュウは胴着鉢巻というあの無駄の無いデザインがあってこそのリュウなので、そこで今後変に胴着を破れさせたり髭を生やしたりするとそれまでのリュウ像を気に入っていたファンを裏切る形になって結果ストリートファイターシリーズから離れてしまう恐れがある。 確かにマンネリを防ぐために変化というのは必要かもしれないが、時には未来永劫不変的な存在というのもまた必要だ。 リュウというキャラはドラえもんやマリオ等と同じ、存在自体がシルエット的なキャラで 「 赤い鉢巻に胴着姿」と言っただけでリュウと認識できるぐらいシンプルかつ完成されたデザインだ。 なのでこの先スト6とかメディア展開で彼が参戦する機会があるのなら、スト2時代から受け継がれてきたあのデザインを続けていってほしいと切に願っています。

次の

あなたは知っていましたか? 無料の電子コミックが読めるサイコミを!

シャドウバース コミカライズ

TVアニメ『シャドウバース』の放送開始時期が2020年4月に決定し、第1弾PVも公開。 あわせて、梶原岳人、榎木淳弥、本渡楓、小倉唯、田谷隼、種埼敦美、井口祐一らキャスト陣のコメントも到着した。 『シャドウバース』の原作は2016年6月に配信が開始された、Cygamesが手掛けるスマートフォン向けデジタルTCG(Trading Card Game)だ。 TVアニメでは、ダークファンタジー的な世界観を持つ原作とは異なり、天青学園に通う少年・竜ヶ崎ヒイロを主人公とする完全オリジナルストーリーが展開していく。 このたび公開された第1弾PVは、アニメオリジナルキャラクターが登場し迫力のバトルシーンが展開。 お馴染みのカードも確認できる、原作ファンも熱くなる内容だ。 そしてキャストは、主人公・竜ヶ崎ヒイロ役が梶原岳人、ライバル・夜那月ルシア役が榎木淳弥、ヒロイン・天宮ミモリ役が本渡楓に決定。 そのほか黒羽アリス役の小倉唯、進藤カズキ役の田谷隼、伊集院カイ役の種埼敦美、マウラ・アベラルド役の井口祐一らが物語を彩ることになった。 TVアニメ『シャドウバース』は、2020年4月よりテレビ東京系列6局ネットにて放送開始。 <以下、コメント全文掲載> 【梶原 岳人(竜ヶ崎 ヒイロ 役)】 僕自身ヒイロのように底抜けに明るいキャラクターが大好きなので、決まったと聞いた時 は結果を伝えてくださったマネージャーさんと思わずハイタッチを交わして喜んでいました!(笑) 自分自身もとても元気をもらえるキャラクターなので観てくださっている皆さまにもシャ ドバの楽しさ、そして元気を伝えられるように一生懸命演じさせていただきます!! すでにアプリで登場しているカードをはじめ、アニメオリジナルのカードもたくさん登場 し、アニメならではの大迫力バトルを繰り広げるので昔からシャドバをやっていた方も、これから新しくシャドバに触れる方にも楽しんでもらえる内容になっていると思います!!また、作中でシャドバをプレイしているのがヒイロをはじめ多くが中学生くらいの子どもたちです!ヒイロたちと同年代くらいの皆さんにもぜひともアニメを通してシャドバの楽しさを知ってもらえればとても嬉しいです!! 【榎木 淳弥(夜那月 ルシア 役)】 ルシアはクールな性格ですが、内面には 複雑な感情が渦巻いているキャラクターです。 僕自身も、ルシアのただカッコいいだけではない部分を表現出来るよう頑張っていきたいと思います。 ヒイロを中心に毎話熱いバトルが繰り広げられますので、ぜひお楽しみに! 【本渡 楓(天宮 ミモリ 役)】 まさか受かるとは思っておらず、嬉 しくってガッツポーズをとりました! シャドバの楽しさ、熱いバトルシーンの迫力はもちろん、シャドバを通しての会話も描かれていく見応えのある作 品です!シャドバをやったことない人もある人も、ぜひご覧ください! 【小倉 唯(黒羽 アリス 役)】 オーディションの段階から「演じた い!」と思っていたキャラクターだったので、とても嬉しかったです。 アイドルでありながらも、少女としての葛 藤や複雑な心境を抱えている子なので、 その繊細な気持ちを描けるよう収録に望んでいます。 キャラクターたちの魂 がぶつかり合う、熱いバトルシーンは毎話必見です是非ご期待下さい! 【種埼 敦美(伊集院 カイ 役)】 カイくんは見た目も性格も本当にかわいくて、何より男の子をガッツリ演じられるんだ…と、決まったと聞いた時は本当に嬉しかったです。 毎話毎話の熱いバトルはもちろん、キャラクター達の関係 性やその変化、シャドバにかけるそれぞれの想い、みどころ盛りだくさんです! シャドバをプレイされた事がある方にも、触れた事がない方にも楽しんでいただけ たら嬉しいです! 【田谷 隼(進藤 カズキ 役)】 決定連絡の電話を貰ったのが駅のホームだったのを覚えています。 凄くうれしかったんですけど公共の場だったので大きな声も出せず、マネージャーさんに電話越しに喜んでいるのを悟られるのも恥ずかしかったので全くの無表情。 それでも体は喜びを表現したかったのか、前衛的創作ダンスのように体をグネグネと捻り散らしていたところ、どん引きしてい る駅員さんと目が合い、直後ホームに入ってきた電車からは線路に落ちそうな 酔っ払いと勘違いされたのか警笛を鳴らされました。 この経験をバネに役者として成長した僕の演技が見所です。 よろしくお願いします。 【井口 祐一(マウラ・アベラルド 役)】 嬉しさと同時に不安がありました。 自分の声の持つ個性に滲み出る儚さや優しさがあるようなのですが、マウラには笑みの裏に闇を感じましたのでそのニュアンスが出るようじっくりと役作りに時間をかけようと思いました。 見所はシャドバならではのターンごとに状況がひっくり返る展開です!一喜一憂どころか百喜百憂するキャラクターを演じられるのはとても楽しいです。

次の