珠世 wiki。 [二次元女鬼医]《鬼灭之刃》珠世(Tamayo)

京氏易傳 (四庫全書本)

珠世 wiki

《韓非子.外儲說左上》楚王謂田鳩曰:「墨子者,顯學也。 此可謂善賣櫝矣,未可謂善鬻珠也。 今世之談也,皆道辯說文辭之言,人主覽其文而忘有用。 墨子之說,傳先王之道,論聖人之言,以宣告人。 若辯其辭,則恐人懷其文,忘其直,以文害用也。 此與楚人鬻珠,秦伯嫁女同類,故其言多不辯。 」 〔注解〕 1 楚:春秋時楚國。 周成王封熊繹於楚,本子爵,春秋時僭號稱王,為戰國七雄之一。 領有今湖南、湖北、安徽、浙江及河南南部,後為秦所滅。 2 鄭:春秋時鄭國。 周宣王封庶弟友於鄭,伯爵。 初都棫林,在今陝西華縣;後徙鄭,在今河南省新鄭縣西北。 3 木蘭:落葉喬木,葉呈倒卵形互生,葉脈上有茸毛。 初春時,花先葉而開,花瓣六片,大如蓮,內白外紫,香味濃郁。 多生長於山地。 亦稱「木筆」、「木蓮」、「新夷」。 4 桂椒:肉桂和山椒二種香木。 5 玫瑰:珠屬,又稱火齊珠。 如雲母,色黃赤如金,出越南中部(漢日南郡)。 6 輯以羽翠:用翡翠來裝飾。 「輯」亦「綴」、「飾」之意。 「羽翠」,一作「翡翠」,可從。 《.》:「,。 ,,,。 ,,,。 」 〔〕 1 :。 ,,,。 、、、,。 2 :。 ,;,。 3 :,,。 ,,,,,。。 「」、「」、「」。 4 :。 5 :,。 ,,()。 6 :。 「」「」、「」。 「」,「」,。 典故說明: 《韓非子.外儲說左上》記載,有一天楚王對田鳩說:「墨子之學是當代非常著名的學說,它的內容很好,但文詞卻多不美妙,是什麼原因呢?」田鳩就說了兩個故事,其一是:「有一個楚國人到鄭國賣珍珠,他用木蘭木作了一個裝珍珠的盒子,用香木薰得香香的,盒子外面用翡翠和玫瑰來裝飾。 結果鄭國人買了他的盒子,卻將珍珠退還。 那楚人可說是擅於賣盒子,卻不擅於賣珍珠了!現在發表言論的人,都用巧妙的言辭;作君王的,只喜歡看這些美妙的言辭,卻忽略了這些言論是有功用的。 墨子的學說,是傳授先王的道術,闡述聖人的言論,普遍告知世人。 所以並不加以修飾,以免人們只喜愛他美妙的言辭,而忽略了其中的功用。 」後來韓非子所謂的楚人賣珠這個故事,被濃縮成「買櫝還珠」,用來比喻捨本逐末,取捨失當。 《.》,:「,,,?」,:「,,,。 ,!,;,,。 ,,,。 」,「」,,。 書證:• 《韓非子.外儲說左上》:「楚人有賣其珠於鄭者,為木蘭之櫃,薰以桂椒,綴以珠玉,飾以玫瑰,輯以羽翠,鄭人買其櫝而還其珠。 《文心雕龍.議對》:「楚珠鬻鄭,為薰桂之櫝,鄭人買櫝而還珠。 若文浮於理,末勝其本,則秦女楚珠,復在於茲矣。 《二程集.河南程氏文集.遺文.與方元寀手帖》:「今之治經者亦眾矣,然而買櫝還珠之蔽,人人皆是。 」 參考詞語: 中華民國教育部 版權所有 c 1994 Ministry of Education, R. C All right reserved. 本網站內容豐富,雖經審查仍有可能疏漏, 若有欠妥之處,請隨時與我們聯絡。 Your browser does not support iframes. Your browser does not support iframes. 您的瀏覽器不支援javascript.

次の

鬼滅之刃

珠世 wiki

漢字 珠• : + 6 畫 字形拆解/相關派生漢字• 系列 2569( ): |||||||||||||||||||||||||| 說文解字 之。 ——《》 康熙字典 《午集上》《玉字部》 珠 《唐韻》章俱切《集韻》鍾輸切《正韻》專于切,𠀤音朱。 《說文》蚌之隂精。 春秋國語曰:珠以禦火災,是也。 《通雅》古有辟塵珠,辟寒珠,夜光照乗,大者徑寸,或出於龍魚異物腹中,非獨出於蚌也。 陸佃云:龍珠在頷,蛇珠在口,魚珠在眼,鮫珠在皮,𪔀珠在足,蛛珠在腹,皆不及蚌珠。 見續博物志。 又《博物志》江珠,琥珀別名。 又《正字通》山海經濫水注:漢水多𩶯𩶆之魚,狀如覆銚,是生珠玉數,歷山楚水多白珠,蜀郡平澤出靑珠。 左思云:靑珠黃環,西國琅玕碧珠,皆寶石名之以珠者也。 又地名。 《註》二郡在大海中,崖岸之邊出眞珠,故曰珠崖。 《穆天子傳》天子舍于珠澤。 《註》珠澤在越巂。 《水經注》若水旁有光珠穴。 又木名。 《山海經》開明北有視玉珠樹。 《註》論衡云:珠樹似珠,非眞珠也。 又連珠,文家篇名。 《傅𤣥序》連珠興於漢章帝之世,班固,賈逵,傅毅三子受詔作之,不指說事情,假喻達旨,合古詩勸興之義,欲使歷歷如貫珠,易睹而可悅也。 又《韻補》叶音周。 《易林》老猾大偸,東行盜珠。 ——《》 参考 [ ]• :1142页,第14字• :第2卷,1111页,第7字• : ,第29字• :77页,第18字• :893页,第2行,第2字• :MGHJD• :1519 0• 編碼:• 十进制:29664• UTF-8:E7 8F A0• UTF-16:73E0• UTF-32:000073E0• :AF5D• :214B42• :1-5660• :1-5660• EACC:214B42• :5473• :5473• :2878• :E9F0• :8133• :3796• 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 各家擬音(上古) 高本漢 李方桂 王力 白一平 鄭張尚芳 潘悟云 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 此为国际音标符号。 请参考。 : 表外• 常用漢字表内 無• 常用漢字表外 、、、• : ・ ・ ・ 釋義 [ ]• 玉,寶石,珍珠。 (算盤)子兒。 組詞 [ ] (しんじゅ)、珠芽 (しゅが)、珠海 (しゅかい)、珠玉 (しゅぎょく)、珠光 (じゅこう)、珠孔 (しゅこう)、珠江 (しゅこう)、珠光青磁 (じゅこうせいじ)、珠光緞子 (じゅこうどんす)、珠算 (、)、珠心 (しゅしん)、珠皮 (しゅひ)、珠履 (しゅり)、珠簾 (、)、珠洲 (すず)、珠洲市 (すずし)、// (そろばん)、珠暖簾 (たまのれん)、/ (、)、珠鶏 (ほろほろちょう) 珠 讀音 [ ] kwusul cwu 釋義 [ ]• 眞珠ㆍ珍珠. 組詞 [ ] ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 () ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ()、 ().

次の

海人 (能)

珠世 wiki

海人 作者(年代) 不詳(世阿弥以前?) 形式 複式夢幻能的劇能 能柄 五番目物 太鼓物 現行上演流派 観世・宝生・金春・金剛・喜多 異称 海士(観世流) シテ の母である海女 その他おもな登場人物 藤原房前、房前の従者 季節 春 場所 讃岐国 志度津 本説 志度寺縁起、日本書紀 『 海人』(あま、別表記 海士)は、作品のひとつ。 旧来作ともいわれてきたが、世阿弥自身がこの能の一部について「金春の節である()」と書いているところから、世阿弥の時代にはすでにこの主題の能があったことが推測される。 の縁起、にまつわる伝説を素材に、ドラマチックに作り上げられた作品。 の出生譚や、の娘がの第3代皇帝・の后になったという伝説、海底に奪われた宝物をとりかえすの伝承、房前が志度寺に寄進したことなどを題材としている。 わが命を犠牲にしてまで子の栄達を願う母の行動を主筋に、による女人などの宗教性も加味した人気のある能のひとつである。 この曲のクライマックス部分「」は、写実性にとみ、独立したとしてもよく上演される。 特殊演出である小書も多い。 『大職冠』とも共通性がみられ、結末に縁起物語にみられるような詞章があるなど、能と他の芸能の関連性を考えるうえでも、貴重な作である。 またこの曲をモチーフとした他分野の作品(『珠取海人』など)も少なくない。 引用にあたってはにあげた『謡曲大観』をおもに参照しているが、読解の容易のために適宜漢字変換、を追加した 前段 [ ] 【登場人物】• - 海人• - 房前大臣• - 房前の従者• - 房前の従者二人 13歳の房前大臣は母が亡くなった地、讃岐国房前の地におもむく。 従者(ワキ、ワキヅレ)による、、、の道行きが謡われ、志度の浦に到着。 従者がこの地のいわれを聞きたいというと、そこにひとりの海女が登場する。 海女は「志度寺の近くに住むけれども、仏道に反する殺生をしている。 伊勢や須磨のように風流の心をはぐくむような土地柄でもない。 しかし、そんなことをいってもいられない。 仕事をしよう」と独白する。 従者が彼女に「海底のをとってきてください」と頼むと海女は「空腹でいらっしゃるなら、ここに持っている藻をおあがりください」と応える。 従者は「そうではないのだ。 海に映る月をご覧になるのに、藻がじゃまになるのだ」という。 それを聞いた海女は「昔もそのようなことがあった。 海底の珠をとってこいとのことだった」と感慨深かげに言う。 その折のことを語ってほしいという従者の頼みに海女は次のように語り始める。 「今の大臣淡海公()の御妹 姉または妹の意味 が唐の后になられました。 唐の皇帝から、后の御氏寺であるに三つの宝物が贈られました。 そのうちのひとつ『面向不背の珠(釈迦の像が必ず正面にみえる不思議な宝珠)』をこの地でにとられてしまいました。 大臣はその珠を奪い返すため身をやつしてこの地に来られ、海人乙女と契りを結ばれました。 そのとき生まれたのが房前の大臣です」と。 房前はそれを聞き「われこそ房前大臣である。 わが母は志度の浦の海女ときかされてここに来たのだ」と名告る。 海女はさらに、珠を取り返したときのことを語る。 「もし珠をとってきたら、この子を世継ぎとしてくださるという約束に、海女は命を惜しまず海中に飛び入ったのです」という語りからにあわせての所作になる。 玉ノ段 [ ] 「空はひとつに雲の波、煙の波を凌ぎつつ、海漫々と分け入りて」やっと竜宮につくと、三十丈の宝塔の頂にその珠がまつられていた。 まわりには八大竜王や悪魚、 わに がとりまいている。 志度のたすけたまえと、剣を手に竜宮に飛び入ると、竜たちはぱっと退いた。 その隙に宝珠を盗み取って逃げようとするのを竜が追ってくる。 竜宮では死人を忌むということなので、海女は自分のの下を掻き切って、珠を押し込め海底に倒れると、近づくものもない。 そのとき力をこめて命綱をひけば、海上の人々によって命綱がひきあげられ、海女は海上に浮かび上がった。 大臣は傷つき息もたえだえになった海女をみて嘆き悲しむが、海女の「わが乳のあたりを御覧ぜ」との末期の言葉に傷跡をみると面向不背の珠がある。 こうして海女は命を落としたが、その子は房前の大臣となったのだ。 こう語った海女は「われこそあなたの母、海人の幽霊です。 この手紙を御覧になってわが菩提を弔ってください」と、房前に手紙をわたし朝の海に消えていった。 間狂言 [ ] 【登場人物】• ワキ - 房前の従者• - 所の者(その土地の住人) そこへ通りかかったこの土地の住人に、従者が「海中より珠をとってきた海人のことを知っていたら語ってくれ」というと、「奈良のの娘で淡海公の妹にあたる光伯女は、大変な美人で高宗皇帝の后となられました。 奈良の興福寺は光伯女のなので、三種の宝物を唐から渡されたのです。 そのひとつ、面向不背の珠を竜宮の住人は奪い取りたく思ったのですが、船頭が優秀で取ることができません。 しかし、とうとうこの浦の近くで取ってしまいました。 淡海大臣は残念に思って、身をやつしてこの浦に来られ、海人乙女と契り一子をもうけ、色々のお約束をされて、海女のおかげでその珠を取りかえすことができました。 その珠をはじめて御覧になった島は新珠島という名がつきました。 またその時生まれたお子はこの浦の名から房前の大臣といわれるそうです」と語り「しかし、どうしてそうようなことをお尋ねになるのですか」と問う。 従者は「ここにおられるのがその房前の大臣です。 御母のお弔いのためにこれから管弦講というを催されるので、管弦の役者は集まるように言ってください。 また七日の間、殺生はやめるように」と告げる。 そのことを触れ回ることを約束して土地の住人は去る。 後段 [ ] 【登場人物】• - 龍女• - 房前大臣• - 房前の従者• - 房前の従者二人 従者は房前にさきほど海女から渡された手紙を読むように勧める。 房前はその手紙をひらく。 そこには「十三年の間わたしを弔う人とてなく冥土の暗闇におります。 あなたが孝行ならわが闇を助けてください」とある。 地謡によって「妙法蓮華経の読誦やさまざまな法要をして善をなそう」と謡われると、龍女に姿をかえた先ほどの海女が登場する。 「ありがたいお弔い、なおなお法華経をお誦みください」といって、経にあわせて舞いはじめる。 やがて「」になり、「今この経の功徳にて」成仏した礼をのべ、地謡の「龍女成仏、さてこそ讃州志度寺と号し、毎年八講、朝暮の勤行、仏法繁昌の霊地となるも、この孝養と承る(龍女は成仏しました。 このように志度寺と号して、毎年の法華経読誦の法要や朝夕の勤行をする仏教の盛んな地となったのも、この房前大臣ののおかげなのです)」で舞い納め能は終わる。 詞章の解釈 [ ] 暗号説 [ ] シテ「興福寺へ三つの宝を送らるる。 花原磐泗浜石。 面向不背の玉。 ふたつの宝は京着し。 」(の詞章より)は、「武 武照: の子が都に着いた」という歴史を暗号化して能に託し遺したとする説。 2020年発行の著『もう1人の「明治天皇」箕作奎吾』が主張する説で、詳しくは次の通り。 まず、前提となる情報として、が造営されたのは669年であるため、その時期に唐の第3代皇帝の后であった人物は、655年に立后されたということになる。 宝が二つの「宝宝」は、中国語で「赤ちゃん」や「子」を意味する。 花原磐(かげんけい)と泗浜石(しひんせき)は、の詩『華原磬 刺楽工非其人也』によれば打楽器であり、中国語で古典の打楽器を「武」と称する。 この2つの中国語の「宝宝」(子)と「武」の意味をもってその部分を解すると、「武 武照: の子が都に着いた」という意味になるという説。 参考文献 [ ]• 佐成謙太郎『謡曲大観第一巻』 (1982年、) - 1930年 昭和5年 刊行の同書復刻 版• 西野春雄 『能・狂言事典』 (1987年、) 関連項目 [ ]•

次の