ソイプロテイン 女性 比較。 女性におすすめのプロテインは、ホエイプロテイン・ソイプロテイン・カゼインプロテインのうちどれ?ランキング形式で、種類とそれぞれの効果や特徴などの比較とおすすめのプロテイン紹介!

女性におすすめのプロテインは、ホエイプロテイン・ソイプロテイン・カゼインプロテインのうちどれ?ランキング形式で、種類とそれぞれの効果や特徴などの比較とおすすめのプロテイン紹介!

ソイプロテイン 女性 比較

ソイプロテインかホエイプロテインか。 併用はやめておいた方がいい! こんにちは。 今回は「ホエイプロテインとソイプロテインはどっちがいいの?」という声にお応えすべく、それぞれの 「 目的別のおすすめ」 について書きました。 簡単に解説すると、 筋肉を大きくしたいならホエイプロテイン、身体を細くしたいならソイプロテインを摂取するのが理想です。 過剰摂取になって身体を壊してしまう可能性があります・・・。 それでは詳しく見ていきましょう。 ホエイプロテインとは あなたも良く知っている世間一般のプロテインはこの ホエイプロテインのことを指します。 私もこのホエイプロテインを摂取しています。 こちらは 原料が牛乳でできていて、 動物性のたんぱく質を成分としていることと、アミノ酸が含まれていることが特徴です。 なので、 ホエイプロテインは筋肉を大きく成長させたい人に向いています。 また、身体が吸収しやすい製品になっているので、筋トレ後素早く摂取することで効率良くエネルギー補給をすることが可能です。 ホエイプロテインを多く含む食事は? ホエイプロテインのような 動物性のたんぱく質を多く含む食材はその名の通り「動物」から摂取することが出来ます。 鶏肉や豚、牛肉• 鮭やマグロ• チーズなどの乳製品 が代表的な食品となります。 なによりも吸収が早く、筋肉を作るアミノ酸等の成分もしっかり入っていますからね。 私は、少しでも早く体内でエネルギーに変える為に、仕上げの種目を始める前から少しずつ飲み始めます。 ソイプロテインとは ホエイプロテインは原料が牛乳なのに対して、ソイプロテインは 原料が大豆、すなわち 動物性のたんぱく質と違って 植物性のたんぱく質となります。 なので、食物繊維が多く含まれています。 生理不順などのホルモントラブルを解消すると言われています ソイプロテインの代用食材は? 動物性とは打って変わってこちらは植物性です。 代表的なものは・・・• 納豆などの大豆製品• アーモンド• ほうれん草、ブロッコリーなどの野菜 実は野菜にもたんぱく質が含まれています。 ブロッコリーはトレーニングされている方の間で一番人気の野菜ですね。 先ほど書いた通りに吸収が遅いので、腹持ちが良いです。 朝ごはんの代用として摂取したり、間食として摂取するのもいいでしょう。 逆に筋肉を大きくしたい方に対して、ホエイプロテインよりも効果が少ないでしょう。 もちろん、たんぱく質を摂取していることに変わりはないのですが、トレーニング後にすぐエネルギーとして回復に役立てないこと・アミノ酸の含有率が少ないことなどからおススメできません。 いつ摂取すればいいの? 大事なのはタイミング。 何事もそうですね! 薬同様、これらにも効果が高まるタイミングがあります。 ホエイプロテインのタイミング 特徴を思い出してみて下さい。 吸収が早いことでしたね。 なので必ず トレーニング直後に飲んでください。 私のようにトレーニングの終わる少し前、筋肉に傷をつけ始めてから少しずつ摂取する方法もありだと思いますよ。 ソイプロテイン 間食として15時頃に摂取するのがいいでしょう。 15時頃に摂取することで一度下がっていた血糖値を上げます。 そうすることによって、 夕飯を食べたときに急に血糖値が上がらず、夕飯によって太るという事態を避けられます。 これには、腹持ちがいいことも関係していますね。 中には朝食の代わりとして摂取している方もいらっしゃいます。 ホエイとソイの併用はやめておいた方がいい じゃぁ筋トレ後はホエイプロテイン、間食でソイプロテインを摂取すればよくない? もちろん理論上はそれが理想なのですが、我々人間にはいくら言い栄養をたくさん摂取できても、それを処理するの能力に限界があるので、併用は避けるべきでしょう。 ホエイは筋肉大きくしたい方向け• ソイは痩せたい方向け• どちらも摂取するタイミングが大事 今回上げた2つの物はそれぞれ原料が違います。 なので、ホエイプロテインだと大丈夫なんだけど、ソイプロテインだとお腹を壊すという方もいらっしゃいます。 (逆もしかり) それぞれ試してみて、ご自身の身体に合う方を飲むようにしましょう。 ソイプロテインを飲んでいて、筋肉痛がなかなか取れないと悩んでいた方がホエイプロテインに変えたところ、 筋肉痛の期間が短くなったとの報告も受けています。 ホエイプロテインを飲んでいる方が、食事の量を抑えることが出来ずに体重が増えていくという悩みをお持ちの時に、ソイプロテインをおススメすると、腹持ちが良くなったので食事を抑えることが出来た!という声も。 いずれの方も実際に試してみてわかったことです。 それぞれの特徴をしっかりとつかみ、あなたにとって最高のものを摂取してください。 以上「ソイプロテインかホエイプロテインか。 併用はやめておいた方がいい! 」でした。 最後までありがとうございました。

次の

『プロテインの選び方』ホエイ・ソイ・カゼイン特徴の違いを比較!|バルキーブログ/人生を変えるフィットネス情報

ソイプロテイン 女性 比較

ホエイプロテインもカゼインプロテインも、牛のお乳から作られる乳由来のタンパク質ですが、プロテインにはヘルシーな植物性タンパク質もあります。 その代表格が 「ソイプロテイン」。 大豆が原料であるソイプロテインの生理機能やソイプロテインを選ぶメリットを解説します。 ソイプロテインとは ソイプロテインの「ソイ(Soy)」は、 「大豆」のこと。 大豆には「油脂」のほか、「タンパク質」が 約35%程度含まれています。 ソイプロテインは、大豆から油脂を絞った後に、タンパク質を取り出したものです。 植物由来の 「大豆タンパク質」がたっぷり含まれているのです。 ・動物性タンパク質と植物性タンパク質 肉・魚・卵・牛乳・乳製品などに含まれている動物性タンパク質は、アミノ酸スコアが良好で、さらに体内での利用効率が 90%以上と優れています。 タンパク質を体内に取り込むためには有効な栄養成分です。 しかし、動物性タンパク質を摂取しようとすると、飽和脂肪酸やコレステロールなど、過剰摂取による生活習慣病が懸念される栄養成分が多く含まれるため、赤身肉を選ぶなどの工夫が必要です。 一方、豆類、穀類、野菜、果物に含まれる植物性タンパク質はアミノ酸スコア、利用効率ともに動物性タンパク質より劣ります。 では、動物性タンパク質同等の栄養価、利用効率を持つ植物性タンパク質があったら摂取してみたいという方も多いのではないでしょうか。 ・動物性タンパク質と同等の栄養価、利用効率を持つ「ソイプロテイン(大豆タンパク質)」 ソイプロテインは植物性タンパク質でありながら、アミノ酸スコアも利用効率も動物性タンパク質に負けていません。 さらに、植物性タンパク質に属する大豆タンパク質は、飽和脂肪酸含有量が低く、コレステロールを含まれないことから、脂質異常症などの生活習慣病にはつながりにくいと言われています。 日常の食生活で、肉や魚などの動物性タンパク質を摂ることも大事ですが、ヘルシーな大豆・大豆製品を取り入れ、積極的に大豆タンパク質を摂取しましょう。 手軽に利用できるソイプロテインを活用することもおすすめです。 「inバー プロテイン グラノーラ」 ソイプロテインの生理作用とメリット ソイプロテインはアミノ酸結合が多いため、アミノ酸が数個から数十個結合したペプチドという形にまで分解されている場合があります。 これを 大豆ペプチドと呼びます。 この大豆ペプチドの生理作用の研究は数多く行われ、報告されています。 その中から、アスリートにとって有効な筋肉への作用、減量やダイエットを促す作用、あらゆる年代、性別、アスリートから健康志向の方など多くの方におすすめできる内容をピックアップしてご紹介します。 ・アスリートの方に ソイプロテインはカラダづくりが期待できます。 そのため、トレーニング後だけでなく、朝食などトレーニング前の食事での摂取もおすすめです。 また、重要なエネルギー源であるブドウ糖のカラダへの取り込みを促進すると言われているため、翌日のトレーニングの準備として就寝前の利用にも向いています。 脂肪成分が少ないためトレーニングオフの日、就寝前にも安心して使うことができます。 ホエイプロテインより劣りますが分岐鎖アミノ酸(BCAA)も含まれています。 カラダづくりにおすすめですので是非活用しましょう。 ・女性のお悩みごと ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる身体的・精神的な不調。 これは女性ホルモンの分泌量が低下して起こると言われています。 ソイプロテインには注目の イソフラボンが含まれています。 ソイプロテインのデメリット 多くの生理作用が期待できるソイプロテインですが、これらは利用方法によってはデメリットとなることがあります。 また筋肉の修復に時間がかかることにもつながります。 即効性を期待する場合はホエイプロテインが有効です。 即効性を期待する場合はソイプロテインの中でも、大豆ペプチドのように分解をすすめた成分のものを選ぶことをおすすめします。 牛乳のタンパク質から作られるプロテインより独特の風味がでています。 苦手な方は、いくつかのソイプロテインの商品から好みの味をみつけましょう。 フレーバーがついた商品もおすすめです。 アスリートのからだづくり、日々の健康サポート、吸収がゆるやかで、美容に良い成分も入っている、大豆パワーたっぷりの「ソイプロテイン」。 植物由来なので、乳由来のたんぱくが苦手な方におすすめのプロテインとも言えます。 メリット・デメリットを理解することで、家族みんなで利用できるのがソイプロテインです。 プロテイン初心者の方も、まずはヘルシーなソイプロテインから始めてみてはいかがですか。

次の

ホエイ、カゼイン、ソイってなに?プロテインの種類について

ソイプロテイン 女性 比較

ピープロテインとソイプロテインの違いは? ソイプロテインを知っている方は多いかと思いますが、 ピープロテインって何?と思った方も多いかと思います。 ピープロテインがどのようなプロテインなのかも合わせながら違いをご紹介していきます。 原材料 まず、 ピープロテインとソイプロテインの違いは 原材料になります。 ソイプロテインの原材料が大豆ということはほとんどの方がご存知かと思いますが、 ピープロテインの原材料はえんどう豆です。 他にも 牛乳のタンパクからできるホエイプロテインなどがありますが、 えんどう豆からタンパク質がとれることをご存知でない方は多いかと思います。 あまり知られていませんが、 豆類には多くのタンパク質が含まれているため同じ豆類のえんどう豆もタンパク質が多く含まれているということ。 現在の日本では ピープロテインの種類は多くありませんが、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリアでは 種類がかなり豊富なんです。 ホエイプロテイン、ソイプロテインに続く 第3のプロテインとして今後種類が増えていくことは間違いないでしょう。 期待できる効果 続いてピープロテインとソイプロテインの違いとして挙げられるが、 期待できる効果です。 プロテインは 動物性と植物性で分けられることが多いのですが、実は植物性の中でもピ ープロテインとソイプロテインは効果が異なります。 植物性と聞くと ダイエット効果というイメージがあるかと思いますが、 植物性タンパクは腹持ちがいいため、確かに ダイエット効果は期待できます。 しかし、ピープロテイはこれに加えて 筋肉増強効果があることがポイントです。 今まで 筋肉増強といえばホエイプロテインのみでしたが、 乳糖不耐症の方はお腹を壊してしまうためソイプロテインからしか摂取できませんでした。 しかし、このソイプロテインには 大豆イソフラボンが含まれているため 筋肉増強にはあまり向いていません。 そこで出てきたピープロテインは、まさに 筋肉増強効果のある新しい植物性プロテインと言えるでしょう。 安全性 最後はみなさんが最も気にする 安全性です。 どのプロテインも 安全性は一緒だと思っている方も多いでしょう。 しかし、 プロテインの種類によって 安全性の高いもの、 そうとは言えないものなど様々です。 これはプロテインの 原料産地によって変わりますが、ここで重要になってくるのが 遺伝子組み換えです。 大豆の産地はアメリカやカナダ、中国、オーストラリア、ヨーロッパなど様々ですが、 各国によって遺伝子組み換えと謳っていい割合が異なります。 他にも大豆イソフラボンが 女性ホルモンのバランスを崩す、また、そもそも 大豆イソフラボンは体内に吸収されないという研究結果も出ています。 このような背景もあり、最近は ソイプロテインからピープロテインに切り替えている方が多いようです。 もちろんソイプロテインの中にも 安全性の高いプロテインはありますで、 原産国や成分をしっかりとチェックしましょう。 ピープロテインがおすすめの人 ピープロテインとソイプロテインの違いについて述べてきましたが、目的に合わせてどちらのプロテインを選べばいいのでしょうか? ピープロテインがおすすめな人、ソイプロテインがおすすめな人はもちろん分かれておりますので、下記でご紹介しましょう。 健康志向の人 健康志向の方で多いのが 植物性の食事から栄養素を摂取している方です。 今まで ホエイプロテインを飲んでいたけれど 植物性プロテインに切り替えている方は多く見受けられます。 ピープロテインは、 えんどう豆からできていると上記で述べましたが、 えんどう豆は低GI食品として有名です。 健康志向の方は 血糖値を元々気にしている方、また、 健康診断で血糖値の数値が引っ掛かってしまったという方が多いかと思います。 このえんどう豆は 血糖値の急上昇を防ぎますので、 健康的な生活を送っている方、 これから送ろうと思っている方にはかなりおすすめのプロテインです。 質の良いプロテインを探している人 続いておすすめなのが、 コスパではなく質の良いプロテインを探している方です。 筋トレをメインにやっている方は、 コスパの良いホエイプロテインを選ぶかと思いますが、 しっかりとした量が配合されていない場合があります。 プロテインにはよく ビタミンが配合されていますが、しっかりと 含有量を確認しましょう。 ピープロテインの場合は、 産地にこだわっているものが多く、また、 人工甘味料や保存料、 着色料不使用のものが多くあります。 質の良いプロテインは、通常のプロテインに比べると 価格は若干高いのですが、 身体の栄養をしっかり補給するためには 価格ではなく、 成分や配合量を見て決めましょう。 また、ピープロテインは、厚生労働省が定める アレルゲン27品目を含んでいないため、 大豆アレルギーがある方でも飲むことができます。 グルテンも含まれていないため、 質の良いプロテインを飲みたい!という方はこのピープロテインがおすすめです。 筋トレをしている人 最後が筋トレをしている方です。 特に トップアスリートにはピープロテインがおすすめ! ピープロテインには パフォーマンスアップや成長ホルモン分泌を促すアルギニンがホエイプロテインの約3倍程度含まれていますので、1つのプロテインから タンパク質とアルギニンを摂取することができます。 また、 植物性プロテインは筋肉がつかないという意見が多いかと思いますが、下記の研究では、 動物性プロテイン摂取群と植物性プロテイン摂取群では同じ程度の筋肥大がみられたとのこと。 つまり、ピープロテインには、 ホエイプロテインと同様の筋肉増強効果があり、 植物性プロテインは筋肉がつかないというイメージを覆したと言えるでしょう。 参考 : ピープロテインは 健康にも、 筋トレにも、また、 腹持ちがいいのでダイエットにも最適な 最先端の植物性プロテインということですね。 ソイプロテインがおすすめの方 続いては ソイプロテインがおすすめな方をご紹介していきましょう。 自分の目的に合わせて選んでみてください。 ダイエットをしている人 ソイプロテインと言えば ダイエット用のプロテインですよね。 この成分は 痩せるモルモンと言われている「 アディポネクチン 」を増やす働きがあり、 飲むだけで痩せるスイッチを入れることが可能です。 もちろん 飲み続けることは大切ですが、 飲むだけで痩せる可能性があることはダイエットをしている方からすると魅力的でしょう。 また、 吸収がゆっくりされるため腹持ちもよく、 間食に飲むことで暴飲暴食を防ぐことができるのもポイント。 朝 スムージーにして飲むのもおすすめです! コスパが良い植物性タンパクを求めている人 ソイプロテインは、プロテインの中でも 比較的安い価格で販売されています。 そのため、 毎日プロテインを飲んでいる方は コスパの良いソイプロテインがおすすめです。 また、ソイプロテインは 種類が多いため、 自分好みの味を見つけやすいことが挙げられます。 プロテインを飲もうと思ったとしても、 味が美味しくないと飲み続けることは難しいので、色々試してみましょう。 ソイプロテインを選ぶコツは、 遺伝子組み換えがなしのものを選ぶことです。 遺伝子組み換えなしの商品であった場合でも、上記で述べたように 原産国によっては遺伝子組み換えと謳っていいパーセンテージが異なりますので、気になる方は製造会社に問い合わせましょう。 プロテインを飲み続けるコツ プロテインを飲み続けようと思っても、 1日でやめてしまったり、 長くても1週間でやめてしまう方が多いかと思います。 確かに プロテインは慣れていないと飲みにくいのですが、習慣になってしまえば話は早いですよね。 まず1つ目のプロテインを飲み続けるコツは、 同じ味を飲み続けないこと。 やはり同じ味を飲み続けると 飽きてしまうので、 1ヶ月ごとまたは1週間ごとに違う味を飲んでみましょう。 続いて2つ目は、 オリジナルのプロテインを作ることです。 例えば水以外の 豆乳で割ってみたり、 アーモンドミルクで割ってみたりと味に変化をつけてみましょう。 アレンジレシピで特におすすめなのが スムージーです! バナナやブルーベリー、 イチゴなどを入れてスムージーにすることでプロテインとは思えないほど美味しくなります。 スムージーにする際は、フ レーバーに合った材料を使ってみてください。

次の