オードリータン 女性。 台湾の「ITの神」オードリー・タン 若き天才デジタル大臣の歩みと“すごさ”をわかりやすく解説!

「3つの史上初」台湾のオードリー・タン大臣とは何者か?|Nana|note

オードリータン 女性

「大人になってからの IQについて議論することに意味はありません。 」 「それに、IQ試験の時、携帯電話を持ち込めば、誰でも160くらいは簡単に取れてしまいます。 」 「デジタル機器をうまく使えれば、大人も子どもも関係なく、仕事を有意義にできると思います。 」 「 ちなみに、私の身長は180センチです。 」 と、なんともIQ180の頭脳から出てくる言葉にはユーモアがあって、奥が深いです…こんな凄い経歴を持った人が台湾にいたとは…日本にも来てくれないかなぁ… オードリー・タン 唐鳳 は台湾の天才IQ180!デジタル担当の政務委員 オードリー・タン 唐鳳 氏の輝かしい経歴がかわれて 2016年8月に林全内閣の政務委員に任命されています。 10月1日にデジタル担当の政務委員に就任することになり、35歳での閣僚就任は台湾史上、最年少となっています。 この経歴は世界が注目したそうです。 だからグローバル思想家100人にも選出されたのでしょうね。 台湾中の薬局情報がマップ上に表示され、三角形のアイコンをクリックすると、現時点での成人用マスクと子ども用マスクの在庫数が表示される仕組みとなっていて在庫確認が素早く一元化できるようになっています。 購入希望者は、マスクを求めて路頭に迷わず、無駄な時間を費やすこともありません。 在庫のある薬局を効率的に目指すことができるようになったのです。 さらに、マスクの在庫を確認できるマップはいくつも作成されていて「マスクマップ」のまとめページまで作成されていて、かゆい所に手が届く仕様となっています。 まさに神対応です! この神対応を日本に来て作って欲しいと願うのは私だけでしょうか… オードリー・タンは台湾の天才!イケメン画像に驚愕! 経歴が凄すぎるオードリー・タンさんですが、驚くべきことに 超イケメン画像が存在していました。 現在の画像を見ると、ちょっと想像がつかないかもしれませんがw こちらがイケメンの頃のオードリー・タンさんです。 この画像なんてちょっとエアロスミスの若い頃のウルフカットっぽくてロックしてる感じです。 それなのに銀縁メガネをかけているところがチョットって感じですがw こちらのイケメン画像が衝撃的でした! まるで、お子様のように見えるのは私だけでしょうかw 天才的な経歴の持ち主で、このお顔ですから相当モテ期があったのではないでしょうか? ロン毛の感じも、かなりのイケメンスタイルだしパッと見、アイドルっぽいですよね。 メガネをやめてコンタクトにした方がいいような気がします。 あ、今でも十分イケメンなんですけどねw.

次の

トランスジェンダーである台湾の天才IT大臣が新型肺炎で「神対応」

オードリータン 女性

天才プログラマーとして世界的に認知されている台湾のデジタル担当政務委員(大臣)でありトランスジェンダーのオードリー・タン(唐鳳)氏が、新型肺炎の流行への対応としてマスクに関するプログラマーならではの神対応を実践したと称賛されています。 日本では、1月下旬頃から新型肺炎の予防として使い捨てマスクを買い占める人が続出し、全国の薬局でマスク品切れの状態が続いていますが、お隣の台湾でもマスク不足が深刻化するなか、タン大臣や台湾の衛生福利部の公務員たちは、台湾のエンジニアたちが自由に開発できるよう、台湾中の各薬局のマスク在庫状況のデータを公開、これを数日というほんのわずかな時間で成し遂げ、実際に公開されたのが、台湾のエンジニアたちがボランティアで作成した「マスク在庫マップ」です。 台湾中の薬局情報がマップ上に表示され、三角形のアイコンをクリックすると、現時点での成人用マスクと子ども用マスクの在庫数が表示される仕組みです。 購入希望者は、マスクを求めて薬局を回るも、在庫がなくてがっかり…という徒労感を味わうことなく、在庫のある薬局を効率的に目指すことができるようになりました。 ほかにも、マスクの在庫を確認できるマップはいくつも作成されており、上記のマップを含む「マスクマップ」のまとめページも作成されています。 その他、台湾疾病管制署のオフィシャル「新型肺炎情報LINEボット(疾管家)」や、iPhoneのSiriに聞くだけで一番近いマスク在庫ありの薬局を教えてくれる質問(找出最近有口罩庫存的藥局)などなど、台湾のエンジニアたちが無償で開発したプログラムが大活躍しているそうです。 さらに台湾政府は、健康保険証のシステムを利用し「マスク購入の実名制」を導入。 市民はマスクを買う際に保険証を持って買わなければならず、IDカード(身分證)のナンバーによる購入ルールも設定し、月水金は身分證の末尾が奇数の人が購入可能で、火木土は末尾が偶数の人、日曜は無制限といった分け方をすることで、買い占めを防いでいます。 オードリー・タン(唐鳳)氏は2016年9月、(同性婚を実現した)蔡英文総統の下で史上最年少(当時35歳)、中卒の人として初、そしてトランスジェンダー(MTF)としても初の台湾の閣僚になり、同時に、世界初のトランスジェンダーの閣僚となった方です。 新聞記者出身の両親のもとに生まれ、IQ180と天才級の頭脳を持ち、8歳からコンピュータプログラミングに関心を持ち、あまりにも早熟だったため、かえって学校に適応できず(「お前さえいなければトップなのに」と殴られたそうです)、14歳の時に中学校を離れ、独学を選択、わずか15歳で起業し、プログラミング言語「Perl(パール)」など世界的に使われているオープンソースのプラグラミング言語の発展に寄与したことで、IT産業では誰もが注目する天才として認められました。 その後、台湾内外のIT企業の顧問として活動し、米アップル社のコンサルタントとしても働いています。 タン氏は米国の外交政策研究季刊誌『Foreign Policy』で「世界の頭脳100」に選出されています。 の記事によると、タン氏は20歳の頃、男性ホルモンの濃度を検査して、だいたい男女の中間だと判明したそうです。 「両親が『男性はこう、女性はこうあるべき』という教育をしなかったので、私はずっと性別に関して特定の認識がありませんでした。 12歳のころに出合ったインターネットの世界でも、性別について名乗る必要も聞かれることもなかったですし。 10代で男性の、20代で女性の思春期も経験しました。 自分が男性か女性のどちらかに属する存在だとは思っていないんです」 2005年、24歳のときに両親の応援のもとで性別適合手術を受け、名前も唐宗漢から唐鳳に変更(「性別は流動的なもの」として中性的な名前に変えたそうです)、ブログ上でカミングアウトしました。 IT大臣に任命された際、台湾の行政院(内閣)に出した身上書の性別欄には「無」と書いたそうです。 トランスジェンダー(Xジェンダー)であることで「物事を考えるときに男女という枠にとらわれずにいられるから、大半の人よりも自由度が高い」とタン氏は語ります。 ニュース) ITの神童はトランスジェンダー 台湾の最年少閣僚・唐鳳(日経新聞) 台湾初のトランスジェンダー閣僚 幼少から「天才」発揮(朝日新聞)• よく見られている情報•

次の

台湾の「ITの神」オードリー・タン 若き天才デジタル大臣の歩みと“すごさ”をわかりやすく解説!

オードリータン 女性

あれは春節休みがそろそろ終わる1月末のこと・・・。 中国からの情報が早い台湾では、新型コロナウイルスを恐れて、薬局やスーパーからマスクが一瞬で消えました。 その後、政府の対策により、マスクをコンビニやドラッグストアのレジで、1人2枚まで購入できるようになりましたが、店員による買い占めや、別の店舗での重複購入により、1人2枚買えるはずのマスクが公平に行き渡りませんでした。 「1人2枚まで」という曖昧な規則では不正購入が絶えず、ついに2月6日からICチップ内臓の保険証による実名購入という方法が実施され、それによってみんなが公平に購入できるようになりました。 実名制が始まった直後は、薬局に長蛇の列ができ、店舗によってはマスクが売り切れるところもありました。 (2月7日撮影) しかし実名制にしたことで国民たちに心の余裕ができたのか、健康な若者たちはSNSで「私は大丈夫です。 お先にどうぞ」というタグを使い、マスクをいますぐに必要とする人に先に並んでもらおうとする動きも広がりました。 3月5日からは7日間で大人3枚、子供5枚のマスクを購入できるようになっています。 オードリー・タンさんが台湾で注目を浴び出したのは2016年から 私が台湾で初めてオードリー・タン氏をテレビで見たのは2016年。 民進党の蔡英文氏が総統に当選した時でした。 当時、強い勢力を持った国民党の総統候補人を民進党の蔡英文氏が破り、台湾での初の女性総統として世界中のメディアで取り上げられました。 当時タン氏は35歳。 台湾史上最少年の閣僚就任として話題を呼び、テレビにも多く出演しています。 そのタン氏、 実はなんとIQ180の持ち主。 さぞかし高学歴のエリートなのかと思いきや、 最終学歴はなんと中学中退! オードリー・タン氏の幼少時代 オードリー・タン氏の幼少期の名前は「唐宗漢」。 (2005年に「唐鳳」に改名) 新聞社の副編集長である父と、同じ新聞社のジャーナリストである母の影響もあってか、5歳の時には各国の名作を漢字で読めたといいます。 ちなみに台湾では拼音(アルファベット)ではなく、注音(記号)を用いて漢字の読み方を覚えます。 普通は幼稚園で注音、小学1年から漢字を学びます。 天才であるがための苦悩 小学生の頃のオードリー・タン氏は物忘れがひどく、よくハンカチやティッシュを忘れ、先生に体罰を受けていました。 (当時の台湾では教師による体罰は日常茶飯事でした) 学習面では、天才によくある「もっと知りたい」という欲求が抑えられず、算数の授業中には先生に質問攻め。 小学1年生で連立方程式を理解していたタン氏は、算数の授業の時は図書室で本を読むことを特別に許されました。 しかし図書館の本を全て読み尽くした後はやることがなくなり、学校に行くのがつまらなくなってしまいました。 先生のアドバイスのもと、「資優班(成績の良い生徒だけを集めたクラス)」を併設する小学校に転校。 転校後もやはり天才ぶりを発揮し、優秀な生徒を集めたクラスでも成績は1位。 そんな彼女に悲劇が襲います。 小学2年生の時、事件は起こりました。 タン氏の天才ぶりを妬んだクラスメイトが椅子でお腹を攻撃。 それがトラウマになり、彼女は学校を休学。 その後も学校には行ったり休んだりで、6年間で6つの小学校を転々とします。 最終的に通った小学校では、国立台北師範学院の講師の助言により、週に3回学校に行ってお友達と人間関係を構築、そして残りの3回はその講師のところで「知りたい欲求」を満たすというスタイルになりました。 中学校でも学校になかなか馴染めなかった彼女は14歳の時に学校を中退、その後は家族でドイツ留学に渡りました。 コンピューターとの出会い オードリー・タン氏が初めてパソコンに興味を持ったのは8歳の時。 数学が好きなタン氏は「Applesoft Basic」という本を手に取ります。 英語は分かりませんでしたが、本に書かれた数理に興味を持ち、母親にパソコンを買ってくれるように頼みます。 しかしパソコンをゲームの道具だと思っていた母親は頼みを拒絶しました。 またこんなエピソードも。 8歳の時、家族で街をぶらぶらしていたら、教学用のパソコンを発見。 タン氏の両親はそれをタン氏の弟に購入したいと考えます。 しかしタン氏は、その教学用パソコンの数学の教え方に納得できず、自分でパソコンを書き換えたいと考えます。 それがタン氏のプログラミング勉強の始まりでした。 本を手にしたのが先か、プログラミングへの興味が先かは分かりませんが、これらのエピソードが天才プログラマー誕生のきっかけになったことは確かです。 その後タン氏は独学でプログラミングを学び、9歳の頃にはプログラムを書いていたと言われています。 14歳で中学中退した後、16歳で企業を立ち上げ、その後も天才プログラマーとして様々な場で活躍し、今は台湾のIT大臣として世界中に名を轟かしています。 最後に 最後に、日本で報道されたタン氏の紹介動画をご紹介します。

次の