たか を くくる 短文。 「たかをくくる」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!

「たかをくくる」の意味と使い方を解説!「たかをくくる」を使った例文を紹介

たか を くくる 短文

高を括る たかをくくる : 物事の程度を予想すること。 大したことはないと甘く見ること。 「高を括る」の意味を詳しく 「高を括る」とは、 相手の力量や物事の程度を予想すること、また大したものではないと甘く見ることを意味することわざです。 「高」は、生産高などの言葉にも表れているように、物事の程度を表しています。 「括る」は、「括弧 かっこ で括る」のように、ひとまとめにして区切ることを指しています。 何事においても、事を行う前に何かしらの推測をするでしょう。 たとえば、スポーツの試合前に相手の力量がどれぐらいなのか、買おうとする物がどれぐらいの役に立つのか等です。 「高を括る」は、そういった 事前の予測が甘い場合に多く使われます。 このことわざが含む意味は、「高を括る」という言葉を発するタイミングによって少し異なります。 事前に予測を行う際に、「高を括る」と言う場合には、ただ単に相手を下に見ているという意味しか持ちません。 なぜなら、まだ実際の力量や機能などがどの程度なのかという事実を知り得ないからです。 つまり、実際の力量や機能が、事前の予測と同等の場合、ひいてはさらに下回る場合も考えられるのです。 一方で、事前に予測を行い、その力量や機能を目の当たりにした際に、「高を括っていた」と言う場合もあります。 その場合は、相手を侮ってしまい、自分の予測が甘かったという一種の後悔がそこにあります。 事前の予測が「高をくくる」と言えるほど至らないものであったかどうかは、実際に相手と対峙しなければわからないことです。 そのため、「高を括っていた」という形が最も多く用いられます。 また、ただ単純に、「事前に予測する」という意味で使われることもあります。 この場合、下に見るという意味は一切持ちません。 しかし、この意味で使われることはあまり多くありません。 「高を括る」は、ほとんどが侮るという意味合いを含みます。 「高を括る」の由来 「高」は、生産高・売上高・取れ高といった言葉があるように、「数量の程度」を表す漢字です。 「括る」とは、物事を1つにまとめて区切りをつけるという意味を持ちます。 つまり、大体この程度 高 だろうとまとめる 括る ことを、「高を括る」と表現するようになりました。 では、なぜ「高を括る」に侮るというニュアンスがあるのでしょうか。 それについては、昔の戦の場面に由来があるとされています。 武士の戦において、勝敗の見込みを立てる際に参考にしたのが「 石高 こくだか 」でした。 石高とは、土地からとれる米の量を表したものです。 当時、米の生産力が高い地域にはそれだけ人がいて兵士の数も多い、つまり兵力は石高に比例すると言われていました。 したがって、兵力を概算するには石高を計算することが通例でした。 しかし、石高は指標の1つに過ぎず、必ずしもそのまま兵力を意味しません。 そのため、勝つ見込みが立った時に戦を仕掛けるものの、石高と兵力が比例しておらず、負け戦になることも多くあったと言います。 このように、 実際より下回る兵力を石高から算出してしまった事例から、「高を括る」には力量を低く見積もるという意味が含まれるようになったとされています。 「高を括る」の使い方• 次の相手チームは、そんなに強くないだろうと 高を括る。 予約していたホテルは安かったので、どうせ大したことないであろうと 高を括っていたが、びっくりするほど綺麗だった。 海外旅行で必要な代金を、 高を括っておく。 また、この時点ではまだ実際の力量を知り得ません。 当初は下に見ていましたが、実際には予想よりもずっと良く、プラスの感情が働いていると考えられます。 この場合は、油断が悪い結果を生むのではなく、かえって喜びを倍増させていますね。 この場面では、特にその予測の程度はわかりません。 頭痛を侮ってはいけません。 Though I took the player lightly at first, it turned out that he was a person with a unique talent. 初めはその選手を見くびっていたが、類まれなる才能の持ち主であることが後にわかった。 It is better not to underrate the next test because the questions are very difficult. 今度の試験は難しいから、見くびらない方がよいです。 まとめ 以上、この記事では「高を括る」について解説しました。 読み方 高を括る たかをくくる 意味 物事の程度を予想すること。 大したことはないと甘く見ること。 由来 「高」は程度、「括る」はまとめるを意味する。 戦の際、石高を計算して相手の兵力を推測したことから。 類義語 見縊る、安く見る、鼻で笑う 対義語 贔屓目に見る、買い被る 英語訳 make light of ~, take ~ lightly, underrate ~ 意味の項目で述べたように、「高を括る」と発するタイミングによってニュアンスは若干異なりますが、「下に見る」「侮る」という意味は共通しています。 何事においても、甘く見ると痛い目を見ることになりかねません。 「油断大敵」という四字熟語があるように、「高を括」り過ぎないように注意したいですね。

次の

【たかをくくる】の例文集・使い方辞典

たか を くくる 短文

「あの店員は、 木で鼻をくくるような接客態度だね。 店長はちゃんと指導しているのだろうか?」 この場合は、要するに、 「 店員の態度が無愛想で冷たい」ということです。 具体的には、• 「笑顔が一切ない」• 「明るさを感じられない」• 「返事をちゃんとしない」 といった感じです。 このように、 「相手に対してぶっきらぼうに接する態度のこと」を 「木で鼻を括る」と言うわけです。 したがって、この慣用句は、 基本的にはあまり良い意味では使いません。 主に、相手に対して不機嫌な対応や 冷たい対応をする人を批判して言うことが多いです。 木で鼻をくくるの語源・由来 ところで、「木で鼻をくくる」の語源は、 どこから来ているのでしょうか? まず、「 くくる」ですが これは漢字だと「 括る」と書きます。 意味としては、 何かをひもで縛りつけたりまとめたりすることです。 しかし、 実際に木で鼻を縛りつけることなど、痛すぎてできませんよね? やわらかい木ならできなくもありませんが・・・ 実は、 「くくる」は「 こくる」の誤用が慣習化したもの だと言われています。 「 こくる」とは、「 こする」という意味の動詞です。 つまり、 「 木で鼻をこする」が元々の言い方だったのです。 それがいつの間にか、 「木で鼻をくくる」という言い方に変わっていったのです。 ことわざの世界では、 このように本来の言い方から派生し、 言いやすい表現へ変わることがよくあります。 では、「木で鼻をこする」とはどういう意味だったかと言うと、 これは「 人が鼻水をかむ様子」だと言われています。 昔は、紙自体が貴重品であったため、 木で鼻をこすって鼻水を処理していました。 もちろん木で鼻をこすったら、痛くて顔がゆがむでしょう。 その時の不機嫌な顔が、 現在の「無愛想な様子」の由来だと言われています。 「拍子木(ひょうしぎ)」とは、 リズムをとるために叩く木の棒のことです。 (同じく、棒で鼻をこすっても痛いため) 以上、3つの「類語」となります。 共通しているのは、 どれも木を使ったものということですね。 これらのことわざは全て、 「木で鼻をくくる」を言い間違えた結果、 生まれたものだと言われています。 また、木を使ったもの以外だと 以下の言葉も「類語」と言えるでしょう。 にべもない• けんもほろろ• 冷淡な• 取り付く島もない いずれも、 相手からの相談や要求に対して、 無愛想にふるまう場合に使います。 逆に「対義語」としては 以下のような言葉が挙げられます。 愛想がよい• 人当たりが良い• 温和な• 柔和な• ソフトな こちらは相手に対して柔らかい印象を与える言葉ですね。 反対語なので、 基本的にはポジティブな意味で使います。 ちなみに、四字熟語だと 「 木鼻答弁(きはなとうべん)」があります。 「木鼻答弁」とは、 「相手を小バカにして、質問に答えない様子」という意味です。 「木で鼻をくくる」とは微妙に意味が異なりますので、 両者を混同しないように注意してください。 木で鼻をくくるの英語訳 続いて、英語訳です。 「木で鼻をくくる」は英語だと次のように言います。 「 give a blunt answer(manner). 」 直訳すると、 「 ぶっきらぼうな答え(態度)を与える」となります。 「blunt」は「無愛想な」、 「answer」は「返事」「manner」は「態度」という意味です。 これらを組み合わせることで、 「無愛想な態度をする」という訳になります。 例文だと、以下のような形ですね。 「She gave me a blunt answer. (彼女は無愛想な返事をした)」 また、「blunt」以外だと「curt」を使うこともできます。 「curt」とは、「そっけない・ぶっきらぼうな」などの意味です。 こちらも同じように 「 give a curt answer. 」のように使います。 どちらも使うことができますが、 「cur」の方がより冷淡なイメージの言葉だと考えてください。 スポンサーリンク 木で鼻をくくるの使い方・例文 では最後に、「木で鼻をくくる」の使い方を 実際の例文で確認しておきましょう。 お気に入りの店に行ったが、 木で鼻をくくるような接客をされた。 木で鼻をくくるような挨拶に、続きを話す気持ちが失せてしまった。 彼女はアイドルにもかかわらず、 木で鼻をくくるような態度が目に付くね。 あの人にメールを送っても、いつも 木で鼻をくくるような返事をされるよ。 部下たちの 木で鼻をくくったような挨拶にはびっくりした。 木で鼻をくくるような態度なので、あいつは面接に落ちたに違いない。 飲み会を毎回断るなんて、あいつは 木で鼻をくくるような奴だ。 「木で鼻をくくる」は上記のように、 人の態度や言動に対して使う言葉だと思ってください。 特に多いのが、会話や挨拶、接客など 人同士が基本的なコミュニケーションをとるような場合ですね。 これらの場面で、 「冷たい態度をとる人」「そっけない態度をとる人」といった意味で使われます。 基本的には日常生活で使うことが中心ですが、 最近ではビジネスでも使われているようです。 ビジネスでは、 「無愛想」といった意味に付け加え、 「 不親切・非社交的」といったニュアンスも含まれます。 例えば、最後の例文では、 「飲み会を毎回断る非社交的な人」という意味で使われていますね。 このように、ただ無愛想な人というイメージではなく、 「 相手と積極的にコミュニケーションを取ろうとしない人」 というイメージも頭に入れておくとよいかと思います。 関連: 関連: まとめ では、今回のまとめです。 「 木で鼻をくくる」= 無愛想な態度や素っ気ない態度のこと。 (「くくる」は「こする」の誤用が広まったもの) 「 類語」=「杵で鼻をこくる・擂粉木で鼻をこくる・拍子木で鼻をこくる」など。 「 英語」=「give a blunt answer(manner)」 なかなか面白い語源でしたが、いかがだったでしょうか? この記事をきっかけに、ぜひ使い方を覚えておきたいですね。

次の

【たかをくくる】意味と使い方をわかりやすく解説!【例文あり】

たか を くくる 短文

短文作り(もしよかった直してくださいませんか?)1,先生から日本語の辞書をいただきました。 4、大した病気ではない、心配しないでください。 5、理沙はピエールと同じような物をくれました。 I didn't understand this sentence mean completely.. you wanna say: The party started at 40 to 7 or The party started before at 7:40 Please answer me that• 留学生の田中さんは、日曜日に浦東の世紀公園へ行こうと思いました。 警察官なら「交番で道を尋ねて」、駅の係員なら「駅員に道を尋ねて」になります。 地下鉄の駅では、駅員がマイクでアナウンスをしたり、車内放送を流したりしていました。 上海の道に詳しくない田中さんは、地下鉄で乗客にいろいろ尋ねました。 みな親切に田中さんに教えてくれました。 学校に通っている学生はみんな通学生です。 例えば通信制の学校で、校舎に通わずに家で勉強をしている学生などは通学生ではない、ということになります。 田中さんは寮に住んでいますが、学校に通っていることにはかわりないので、田中さんも通学生です。 「徐さんは家が学校から遠いので」だけでいいと思います。 ですから、朝も夕方も満員電車に乗らなければなりません。 それでも、徐さんは地下鉄の中でMP3を聞きながら、日本語を熱心に勉強しています。 本当に感心します。 事故が起これば、いくら待っても電車は来ないので、授業に遅れてしまうでしょう。 ラッシュ時の電車はすし詰め状態で、身動きがとれません。 そこで、田中さんは毎朝早めに家を出るようにしています。 それでも電車は混んでいますが、いくらかましです。 上海の交通問題は今ますます深刻になってきていますが、悲観することはありません。 日本のように地下鉄の路線ををどんどん増やせば、少しずつよくなっていくでしょう。

次の