アズレン ヘレナ 編成。 【アズールレーン】艦隊編成のコツとおすすめ編成一覧【アズレン】|ゲームエイト

【アズレン】13章(13

アズレン ヘレナ 編成

海域では自爆ボートに少し弱い 長門は自爆ボート迎撃が得意なものの、空母を多く編成する都合上自爆ボートに少し弱い。 しかし、その弱点を補って余りある強力な航空攻撃を行うことが可能だ。 燃料消費は多め 全体的にキャラのレアリティが高いので、消費燃料が多い。 通常海域では対ボス用の艦隊として使うか、高難易度用の艦隊などに使おう。 三笠のスキルで強化した戦艦の主砲攻撃が特徴の艦隊だ。 自爆ボートに強い 三笠は副砲を2つ装備でき、自爆ボート迎撃が得意。 他にも戦艦を多めに編成する都合上、自爆ボート迎撃に強い編成になる。 燃料消費はそこそこ 重桜戦艦には低レアリティに優秀なキャラが多いので、消費燃料はそこそこに収まる。 とはいえ戦艦を多めに編成するので、ある程度の消費は覚悟しておこう。 演習はやや厳しい 強化された戦艦主砲のダメージは魅力的。 しかし演習ではより強力な戦艦が存在する「ロイヤル艦隊」のほうが優秀。 全く活躍できないわけではないが、演習目的で育成するのはおすすめしない。 編成難易度はそこそこ 必須キャラの三笠が限定キャラだが、それ以外は恒常のキャラでも組めないことはない。 育成も低レアリティが多いので比較的楽なほう。 全段発射も魚雷を放つ強力なもの。 雷装値も高く、全段発射も魚雷を放ちダメージもだせる。 旗艦の被ダメ軽減スキルも主力艦隊への攻撃が多い高難易度では有効。 長門のスキルと合わせて更に航空攻撃を強化したい場合に編成。 対空を重視する場合に編成しよう。 ステータスも高水準で安定感抜群のキャラ。 使用時は翔鶴と同時編成しよう。 航空攻撃のタイミングを調整できるとよりスキルを活かしやすい。 ほんの僅かだが扶桑のほうが副砲の発射が早い。 近代化改修直前まで改造してステータスをアップさせるのがおすすめ。 ある程度好みで決めてしまって構わない。 金剛型2隻で編成する場合の片方にはこのキャラを編成したいところ。 火力値だけでなく対空も上がるので、対空目的での編成も悪くない。 扱いづらいので、他の戦艦よりは優先度は低め。 主砲ダメージを2倍にするスキルと三笠の火力値アップスキルの相性が良い。 こちらも三笠の火力値アップスキルと相性が良い。 巡洋艦強化のスキルを持つので、編成時の前衛は巡洋艦で統一したいところ。 雷装値も高いのでダメージもだせる。 巡洋艦へのダメージUPスキルも軽巡が多い演習環境では自然と発動する。 魚雷のアタッカー枠は比較的自由に選択してOK。 魚雷の命中率がアップするので、戦闘の安定感が増す。 神通のスキル対象にはならないが、それでも雷装特化の駆逐艦に並ぶ魚雷ダメージをだせる。 低燃費重桜艦隊編成 低難易度では低燃費編成に適さない 低難易度の周回なら、重桜艦隊で挑む必要はほとんどない。 極力低燃費に抑える事は可能だが、他の低燃費編成を使用したほうが効率が良い。 この場合、周回する海域のボスに応じて調整する必要はあるが、基本的には攻略時とほぼ同じ編成でOKだ。 Point レベル差が開いていたり海域危険度を下げきっている場合は、キャラ数を減らすなどして極力燃費を良くしてみましょう。 開発艦用の低燃費重桜編成は別ページにまとめてあるので、そちらもチェックしておこう。 おすすめの編成記事はこちら.

次の

【アズレン】12章(12

アズレン ヘレナ 編成

スポンサーリンク 海域ステージ:12-4「タスクフォース」ステージ解説 12章の最終ステージである12-4「タスクフォース」のステージについて解説していきます。 敵レベルは護衛艦隊が113、中枢艦隊が114と非常に高いレベルになっている。 SSR艦がドロップする通常海域は8-4以来(ドロップはSSR重巡洋艦「摩耶」) SSR艦は相変わらずドロップ率が低く、その上に難易度がメチャクチャに高いので周回にはかなり苦しめられる。 そもそも周回以前に攻略自体も難しい。 今までのステージの中でもトップクラスの難易度のステージになっている。 ただ、前ステージの12-3の方が難易度が高いと感じる指揮官も多く。 12-4に到達できているのであれば、現戦力で攻略できる可能性は高い(個人的にも12-4よりも12-3の方が厳しかった) 12章全体を通して敵艦載機の攻撃が熾烈。 12-4でも同様で、防空対策をしておかないとすぐに主力が沈む。 ボス出現までに6戦が必要になり、消耗がかなり激しいので雑魚処理用の艦隊には工作艦を入れておくと攻略が楽になる(工作艦は防空能力が高いので防空面でのシナジーもある) 珍しく弾薬マスがあるので、弾薬不足になるケースは少ない。 12-4唯一の良心的な設計ではないだろうか… 何よりも「ボスが強すぎる!」ということが12-4の特徴。 はボスドロップ限定なので、周回時にはボスを倒す必要がある。 効率を考えるのであればS勝利を安定させる必要があるのだが、S勝利を目指すのがとても難しい。 12-3の方がボスが強力と判断する指揮官は多いが、12-3のユニークドロップであるR軽空母「」は道中でドロップするのでボスを倒す必要がない(僕はボス無視して12-3周回をしていました) よって、12-3より攻略難易度自体は低いが、ユニークドロップを狙うという意味では格段に難易度が高いというのが12-4というステージになっています。 最初のうちは海域危険度を下げることを第一に考えて、B勝利でも問題ないと割り切って周回することをオススメします。 海域危険度が安全海域状態になってからが周回の本番ということでいいんじゃないのかなって思います。 でないとS勝利が安定しない…。 戦闘は途中で撤退すれば最初に挑んだ状態と同じ状態で再戦できるので、確率スキルの発動がスカったとか、魚雷が当たらなかったとか、敵弾幕をもろに喰らったとかで不利な状況になったら撤退を選択すればよい。 最初のうちはボス戦では勝利すら安定しないので、ギリギリでも勝てそうなら何度も撤退して勝利を目指すのが良い。 とにかく勝って海域危険度を下げるのが重要。 とりあえずステージ情報についてはこんな感じ。 長くなるので、道中の護衛艦隊攻略編成とボス攻略編成については分けて解説していきます。 海域ステージ:12-4「タスクフォース」護衛艦隊攻略 編成において年頭に置くべきことは「 防空能力を高くする」ということと「 6戦に対応できる構成にする」ということ。 弾薬自体は弾薬マスがあるので最大で弾薬3つを追加でき、雑魚処理艦隊が弾薬切れになることは少ない。 ボスがメチャクチャに強力なので、ボス戦用艦隊で雑魚の相手をすることは何としても避けたい。 ボス戦用艦隊は最高の状態でボスにぶつけないと厳しい戦いになる。 自爆ボートがほとんど出現しないので、自爆ボートの処理はあまり考える必要はない。 工作艦を入れることで、主力の攻撃力がイマイチになるので前衛は対空と敵艦処理を両立したキャラを採用したい。 やなどが特にオススメのキャラになる。 前衛に1体でも駆逐艦を入れておくと待ち伏せ回避率が大幅に上昇するので余裕があれば入れておくと良い。 当然ながらSGレーダーT3は必須。 陣形は対空能力が上昇する「 輪形陣」推奨。 陣形を変更するだけで、敵艦載機攻撃による消耗がかなり緩和される。 編成例 主力は対空に優れるを採用。 は期間限定でしか入手できないので、所持していないのであればでも代用できる。 と祥鳳改で艦隊の消耗を抑えている。 主力は対空が強力な、を採用、プラスして攻撃能力が非常に高いも採用。 対空性能がぶっちぎりで高いを採用しておくと主力の消耗がかなり抑えられる。 のスキル「定期メンテ」のおかげで艦隊全体の耐久力回復も可能。 大型艦とぶつかっても6戦なら十分に持つ( 陣形は輪陣形推奨) ここまで対空能力の高いキャラクターで固めれば装備はそれほど対空に寄せなくても、問題はないだろう。 対空攻撃による消耗が激しい場合は「」を複数個装備させることで一気に楽になる。 装備は一応下のような感じ(画像がいっぱい並んで幅をとるのでアコーディオン表示にしています) 海域ステージ:12-4「タスクフォース」ボス攻略 12-4は雑魚艦隊も強いといえば強いが、ボスは雑魚敵と比べものにならないほど強力。 しかも鳥海掘りを効率的に行うためには安定してS勝利をする必要がある。 海域危険度システムがあるので、初回からS勝利を目指す必要はない。 というか初回から安定してS勝利を狙うのはかなり難しいので諦めた方がいい。 まずはB勝利でもいいので、とにかく海域危険度を下げることを第一に考えて攻略を進めていくと良い。 ボスはとの2体。 は体力ゲージ108では40となっている。 は一切移動せず中央で固定、はを中心にして8の字を書くように移動し続ける。 航空機攻撃が激しいが、最も厳しいのは敵の弾幕攻撃。 とは広範囲によけにくい追尾弾幕を高頻度で放ってくる。 威力もかなり高く、ある程度意識して避けるようにしないと前衛の耐久がゴリゴリ削られる。 空母を多めに編成しての弾消しを推奨。 さらにツライのが視認性の高い弾幕攻撃に隠れて視認性の低い魚雷攻撃も仕掛けてくるということ。 こちらもダメージが大きいので、喰らい続けると前衛が落ちる。 少なくとも先頭のキャラにはを装備しておきたい。 特に前衛先頭のキャラクターの消耗が激しくなるので、前衛先頭には耐久の高いキャラを置いておく必要がある。 オススメはやなど。 も耐久力があるが火力が足りないのでジリ貧展開になると厳しい。 ボスは攻撃能力が高い上に、耐久力も非常に高い。 敵の体力を削り切れる編成をする必要もある。 オススメはでバリアを張って、綾波改でゼロ距離魚雷を打ち込むスタイル。 また、のスキル「レーダー探知」も有効。 発動すれば敵に与えるダメージが40%も上昇するので、を起用してスキル発動を祈る戦法はオススメ。 発動回数が少なければ、戦闘から撤退して再度戦闘を挑めばよい。 また、 配置によっては潜水艦がボス線に参戦可能な場合もある。 潜水艦がいるとかなり戦闘が楽になるので、潜水艦もしっかりと装備を整えておくことをオススメする。 編成例 自分がクリアしたときの編成としてはこんな感じ。 対空能力の高いを旗艦にしてとで前衛の保護&敵の弾幕消しを行う。 前衛は先頭に耐久の高いを置いて盾役に。 はのバリアを張った直後にゼロ距離魚雷を発射するメインのダメージソース。 はぶっ壊れスキルの「レーダー探知」用に採用。 イラストリアスにはを2機搭載して敵艦載機の撃墜能力を高めています。 スキルの回転率が速くなるメリットもあるので、基本はこの装備構成でいいと思います。 グローリー・オブ・ロイヤル発動時ののダメージ性能が非常に高いので、可能であれば主砲攻撃はのレーダー探知に合わせるか、とが重なる時に行いたい。 タイミングが合えばのゲージを1発で10以上持っていくことができる。 敵航空攻撃による主力の消耗に余裕があるのであれば、には「」「」などを装備しておくと良い。 勝てそうな雰囲気があるのであれば、何度か撤退と戦闘を繰り返して、スキルが上手くかみ合うのを待つとあっさり勝てたりする。 最初は僕も何度か撤退しながらスキルガチャをしていました。 陣形は主力の消耗が激しいのであれば「輪形陣」を、前衛の消耗が激しいのであれば「複縦陣」を、時間切れで勝てない場合には「単縦陣」を選択すると良い。 敵の航空攻撃が厳しければ「」を装備すると楽になります(ただし他のステータスを犠牲にすることになる) 低燃費周回について 12-4は敵が強すぎるので低燃費周回をするのが難しいステージになっている。 特にボスが強力なので、危険度が最低になった時でもS勝利を安定させるためには6艦編成を余儀なくされる。 道中は危険度が下がれば多少は安定はするので5艦構成でも攻略は可能。 弾薬マスがあるので上に書いた護衛艦隊の編成から工作艦を抜くのが良いと思います。 上の構成だとの消費が大きいのでに変えたりすると多少は燃料消費が抑えられる。 これで低燃費?と思うかもしれないけど、難易度が高すぎるので致し方ない… スポンサーリンク まとめ どのサイトよりも詳細な12-4攻略記事を書いた感がある。 おそらく12-4に苦戦している人の参考になるのではないでしょうか。 はかなりドロップしにくい上に、周回における燃料消費が激しいのでガンガン周回するのは燃料を買わない限り難しい。 12-4は期間限定というわけでもないし、レベリング用の海域としても優秀なので、のドロップを狙いながらレベリングをしていくと良いでしょう。 僕自身始めてがドロップするのに200周くらいかかった上に、それ以降もレベリングでずっと周回しているのに一向に2体目が落ちない。 本当に&とかと同じドロップ率なんですか… 良い記事にしていきたいと思っているので、追記として必要な部分や参考になったなど、何かコメントあれば気軽にいただければ幸いです。

次の

【アズールレーン】ヘレナの詳細と評価|入手方法や装備【アズレン】

アズレン ヘレナ 編成

オートなので制御は出来ませんが、 モナークの特殊砲撃+流星のタイミングが一致すると一気にボスを削ることが出来ました。 モナーク 主砲は、回転重視の『 381mm連装砲改』『 試作型406mmSKC連装砲』を装備しています。 設備は、火力を高めるために『 一式徹甲弾』『 SHS』を装備しました。 シャングリラ・エンタープライズ 航空値を高めるために『 Me-155A艦上戦闘機』『 F6Fヘルキャット』を装備しています。 ローン 『 強化油圧舵』『 バルジ』という耐久装備としています。 サンディエゴ 『 高性能対空レーダー』を装備し、対空値を上げることを優先しました。 『 ビーバーズエンプレム』は『強化油圧舵』の代用品です。 伊吹 『 磁気魚雷』+『 九三式酸素魚雷』を装備させ魚雷に特化させています。 『 強化油圧舵』も装備し回避面も万全にしました。 潜水艦隊 指揮ニャ 参謀ニャ しゅている うすゆきそう 潜水艦を強化する鉄板の組み合わせです。 道中艦隊 指揮ニャ 参謀ニャ ビシャマル イーグル 海域MAPでの無駄なダメージや戦闘を極力回避する編成です、 『待ち伏せ艦隊遭遇率を低下させる』『空襲に遭遇する確率を軽減する』効果がありがたいです。 ボス艦隊 指揮ニャ 参謀ニャ アンテナ おすかー 主力艦隊が戦艦2隻の構成なので、 戦艦を強化するオフニャを選択しました。 戦艦を強化し、旗艦の与えるダメージをアップすることで、少しでも早くボス戦を終わらせるのが目的です。 ボス攻略 オート攻略なので、これといって操作はありません。 潜水艦は、支援が可能であれば活用しましょう 呼び出すタイミングは、敵の第2波ぐらいが良いかと思います。 このタイミングで呼べば『ショウカク』『ズイカク』にも潜水艦の支援が活かせるのでおすすめです。 また、私は潜水艦の配置を間違えてますが、 ボスが出現したタイミングで下の方にひっそりと『工作艦』が出現しています。 これに対応するため、 U-101を下に配置するのも効果的です。 まとめ 13-3から難易度が跳ね上がった印象があります。 13-2までは何となくでクリアできましたが、ここからはそうはいきませんでした。 13章は難易度が高すぎて似たような編成になりがちですが、運営もエンドコンテンツ的位置づけとしているので仕方ないかなとも思います。 レベルや装備が十分に揃っていない方は、焦らずに次の海域実装を待ってみてはどうでしょう。 アズレンはキャラクターを愛でるゲームですから! 13章に関する記事は、以下にまとめました。

次の