コンテン ジェンシー プラン と は。 コンティンジェンシー理論とは

【解説】コンティンジェンシープランとは? BCPと何が違う? 意味や効果

コンテン ジェンシー プラン と は

企業を守るコンテンジェンシー・シナリオ と言われる考え方とは!! みなさんこんにちは! ウィル・スキル・アソシエイトの武内です。 今回は、予期せぬ事態に備えて、予め定めておくコンテンジェンシー・シナリオについて ご紹介させていただければと思います。 コンテンジェンシー・シナリオとは? コンテンジェンシー・シナリオとは、期せぬ事態に備えて、予め定めておく緊急時対応計画です。 これがあることで、組織は、予期せぬ事態によって中断する範囲を最小限にし、迅速かつ効率的に必要な業務の復旧を行うことが可能になります。 例えば、自社の企業業績が悪化し、三期連続で減収減益になり累積赤字は1000億円を 超えてしまったことが引き金となり、いくつかの事業から撤退するとなったと仮定します。 この際に、コンテンジェンシー・シナリオを通じて導き出されるシナリオは、• 自社の最も大きな事業の売却により、他の5つの事業部を活かす• 5つの小さな事業を売却し、中心事業1つだけを残す。 外資による経営支援を受けて再生を図る など このように巨大なリスクに対しての選択は、実行可能な範囲で3つ以上は常に考えておく必要があると言えます。 コンテンジェンシー・シナリオをつくるには? コンテンジェンシー・シナリオを構築するには、 1.調査と基本方針の決定 リスクの洗い出し 業務と経営資源の整理 リスク評価、業務の優先順位付け コンテンジェンシー・シナリオの基本方針の決定 2.コンテンジェンシー・シナリオの立案 リスクシナリオの設定 緊急時体制の構築 代替手段の詳細決定 各対応手順の文書化 3.コンテンジェンシー・シナリオの周知徹底 経営者によるコンテンジェンシー・シナリオの承認 全社へ周知 4.コンテンジェンシー・シナリオの維持、改善 定期的な教育、訓練の実施 コンテンジェンシー・シナリオの見直しとなります。 コンテンジェンシー・シナリオ策定後も訓練などを通じ改善点を洗い出します。 定期的に見直し教育することによって実効性のあるものが組織に定着します。 以上のような流れで構築すると、 うまくコンテンジェンシー・シナリオが作成できると思いますし、 企業を守るうえでは重要な役割をもつと思いますので参考にしていただければと思います。 代表竹内慎也の書籍一覧です。 ・1000社以上の企業で研修を行い、約2万人を育てた実績。 ・結果を出したやり方を再現するので、誰でも同じ結果を出せる。 ・個人はもちろん、チームの力も上がる。 そんな悩みも、「MAPS」でダントツの結果を出せば解決できます! 営業組織コンサルタント 竹内慎也 ウィル・スキル・アソシエイト株式会社 代表取締役 1979年生。 兵庫県出身。 リフォーム訪問販売、ネットショップ起業、株式会社インテリジェンスにて求人広告営業を経て営業コンサルタントとして独立。 現在、年間200回以上の講演、研修活動および、自社「WSAスクール」での200回の研修開催をしている。 営業研修、接客研修、販売研修、マーケティング研修、マネジメント研修など、 「人と接するコミュニケーションスキル」「人が購買を決める心理」「誰でも出来るプロセス・仕組み構築と組織活性化」を得意分野とし、 講演活動、執筆活動、研修企画、実施をしている。 講師業の多くは、1人で会社経営している事に疑問を持ち、自らの実践の場として、従業員を雇用し、 さらなるスキルのブラッシュアップ、開発を行っている。 著書「非エリートの思考法」「仕事の本質」がある。 近年、社内におけるコミュニケーション活性化においても意欲的に取り組み、マネジメント研修、メンター研修を不定期で開催するなど、効果的な部下の指導方法や先輩社員による新入社員への関わり方、指導者育成に力を入れている。

次の

コンティンジェンシー・プランの意味

コンテン ジェンシー プラン と は

ここでは大災害などの不測の事態が起こった時に企業にとって大いに助けとなる「コンティンジェンシープラン」について解説します。 現代は企業活動を進めるうえで予測できない事態がいつでも起こりうる時代です。 「コンティンジェンシープラン(Contingency Plan)」とは、不測の事態が起こった時にできる限り迅速に通常業務に復旧させその被害を最小限に留めることを可能にする、リスク発生時に企業や従業員が取るべき行動指針や事前対策を定めたもののことです。 【社員の管理に、お困りではありませんか?】 「カオナビ」は使いやすさで選ばれる、人材管理システムです。 多様化する社員の個性も一目で把握、活用が進む人材マネジメントを実現します。 高度情報化社会における企業活動ではいつ、何がリスク要因となるかはわかりません。 リスクは多種多様化しており、対応を誤った場合には企業は莫大な損害を被りかねません。 つまりリスクに対して対策を練らないことは、最悪の場合、企業の存亡危機につながりかねないとも言えるのです。 それゆえコンティンジェンシープランを策定して、従業員への事前教育を徹底することはリスク社会における企業活動にとって必要不可欠なことであると考えられるのです また、不測の事態に備えてコンティンジェンシープランを策定することは企業だけでなく社会一般にとっても非常に意味のあることでもあります。 たとえば、金融業界や生活インフラ業界の企業活動は社会インフラ的な意味もあるため、不測の事態が起こったときに企業活動が全てストップしてしまったら一般生活者にも多大な影響を与えてしまいます。 また、生活インフラに関らず、あらゆる企業活動はクライアントとの関係によって成立しています。 そのため、もし企業活動が長い期間にわたり機能不全に陥ってしまったらクライアント及びその関係者にも被害を与えてしまいます。 つまり、コンティンジェンシープランを用意してリスク発生時の被害を最小限にとどめることは、当該企業だけではなくそのクライアントにとっても意味のあることだとも言えるのです。 コンティンジェンシープランはBCPと何が違うのか? コンティンジェンシープランと混同されがちなのが「BCP(事業継続計画)」です。 これはリスク発生時の企業活動が制限された状況下でも最低限の企業活動を継続させるために事前に策定したリスク発生時の行動指針のことです。 コンティンジェンシープランと何が違うのでしょうか? 最も大きな違いは、業務を停止させることでどのような影響が出るかを把握してリスク発生時における継続業務と停止業務を決定する「事業インパクト分析(BIA)」を行うかどうかだと言えます。 BCPでは事業インパクト分析を行って継続業務を決めますが、コンティンジェンシープランでは行わずに継続業務を決めます。 しかし近年では事業インパクト評価を行ってコンティンジェンシープランを策定する企業も出てきていることから、BCPとコンティンジェンシープランの腑分けは徐々になくなっているとも言えるでしょう。

次の

「コンティンジェンシー」の意味と使い方・理論の特徴・プランの特徴

コンテン ジェンシー プラン と は

概要 [ ] コンティンジェンシープラン はしばしばやによって勘案される。 例えば、会社の多くの従業員が1台の飛行機に搭乗したところ、衝突事故で全員死亡してしまうと想定する。 そうした損失では、会社がひどい苦境に陥ったりしてしまいかねない。 したがって、多くの企業はこうした災害の発生に備えて対応策を講じる。 従業員に別々で旅行するよう要請したり、飛行機1台あたりの従業員数を制限する、などがあり、潜在的な災害の影響を緩和するための常備的な方針もコンティンジェンシープランに含まれる。 危機が起きている最中では、実態を調査して万が一に備えるために、しばしばコンティンジェンシープランが策定される。 時代に、多くの政府はから自国と国民を守るためのコンティンジェンシープランを策定した。 核攻撃から生き残る方法を市民に知らせるために策定された具体例としては、英米の政府によって発行された小冊子「 」「 」「 」がある。 2017年には日本政府が、の発射した着弾に備えた緊急行動を取りまとめ、内閣官房の「」に公開した。 これもコンティンジェンシープランの例である。 今日も、や他の災害に対処するためのコンティンジェンシープランが存在している。 米国 [ ] 金融サービス企業の ()は、ビジネスのコンティンジェンシープランを実施して、成功した好例である。 2011年、同社はでニューヨークにいた従業員960人のうち658人を失った。 事務所スペースも取引先施設の多くも失われた。 これらの重大損失にもかかわらず、同社は1週間以内に事業を再開させることができ、今日も成功を収めている。 出典 [ ].

次の