ご理解頂けますと幸いです 英語。 「~していただけると幸いです」を英語にすると?ビジネスで役立つ敬語を表現する英語フレーズ

ご了承頂けますよう、ご理解のほど、ご容赦頂けますか?

ご理解頂けますと幸いです 英語

「何卒ご理解いただけますように」という表現は相手にわかって欲しい、悪意はないことを理解して欲しい、などの意味で使う言葉です。 「放送前は電源をお切りいただけますよう、何卒ご理解いただけますようによろしくお願いします」というように、承認を乞う際の説明で、この言葉を用います。 「何卒ご理解」の後の文章で丁寧さなどのイメージが変わる 「何卒ご理解いただけますようお願いします」も、より丁寧で綺麗な言い方を心がけると「何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます」という表現になります。 申し上げます、の方が、致します、などの表現よりも丁寧なイメージを持たれやすいのです。 それ以外にも、「何卒ご理解」の言い方を変えて「話の内容をお汲み取りのうえ宜しくご了承くださいますようお願い致します」という表現も存在します。 「何卒ご理解」と同じような意味の言葉は豊富にある 「何卒ご理解いただけますようお願いします」と同じような意味の言葉として、「たいへん勝手を申し上げますがご承諾いただけませんでしょうか」という表現もあります。 それ以外にも「申し訳ございませんがご承諾いただけますか」や「ご理解いただきたくお願い申し上げます」「ご理解いただけませんでしょうか」など、様々なバリエーションで相手に承認を求める言葉が存在するのです。 これらは書簡文などにも使われる言葉であり、相手の健康を願うような形式や、挨拶の場合に用いられます。 本来漢語としてではなく、日本で生まれた言葉が「何卒」ですので、日本語表記で「なにとぞ」と表現すれば、ソフトで奥ゆかしい印象が与えられます。 「何卒ご理解ください」という言葉の例文 ・何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ・何卒ご容赦のほどご理解お願い致します。 ・明日のセミナーには何卒ご参加いただけるようご理解くださいませ。 ・ご自愛専一になさいますよう何卒ご理解くださいませ。 何卒ご理解くださいという言葉だけでも、このように多種多様な表現と使い方ができます。 多くの日本語と組み合わせれば、言葉の使用の幅も広がります。 「何卒ご理解」という言葉は仕事の面で使うと好印象 「何卒ご理解お願いいたします」などの言語表現は、仕事の場でも多用されます。 さまざまな場所におけるアナウンスや連絡の際にも使用され、特に接客などの場は、言葉とともにホスピタリティが大事な場面でもあります。 表情と声の大きさに気をつけて、心を込めて話せれば、相手にとってとても好印象な言葉遣いとして記憶に残るでしょう。 「何卒ご理解」という言葉は仕事などの場で承認を乞う意味として使おう このように「何卒ご理解いただけますようお願いします」の正しい意味や同じ意味の言葉の種類だけでなく、様々なシーンでの使い方、その言葉の意味を知ることにより、幅広いコミュニケーションと対応、相手に与える印象の幅が広げられます。 このように言葉を使う場所と意味をしっかり把握して、仕事や日々の生活、あらゆる際に使用してみましょう。

次の

英語メールの催促表現!返事がこない時のビジネスフレーズ15選!

ご理解頂けますと幸いです 英語

I would appreciate if you could V. 〜していただければ幸いです。 V(動詞)にしてもらいたいことを入れて文章をつくってみてね。 〜コピペ専用 よく使う例文10選〜 I would appreciate it if you could reply as soon as possible. I would appreciate it if you could inform when you find it. 分かり次第教えていただければ幸いです。 I would appreciate it if you could send us more detailed information about it. 詳細情報が分かり次第お送りいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could investigate with this matter. この件に関してご検討いただければ幸いです。 I would appreciate it if you could answer my questions. 質問にお答えいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could call me when you have a time. お時間がある時にお電話をいただければ幸いです。 I would appreciate it if you could spare time for meeting. お打合せのお時間をいただければ幸いです。 I would appreciate if you could give me feedback on meeting. ミーティングのフィードバックをいただければ幸いです。 I would appreciate it if you give me instructions. ご指示を頂ければ幸いです。 I would appreciate it if you could inform us whether you will attend or not. 出欠席に関わらず、ご返信をいただければ幸いです。 できるだけ早く.

次の

「ご理解」の意味と使い方、類語「ご了承・ご容赦」との違い、敬語、英語表現

ご理解頂けますと幸いです 英語

「英語には日本語のような敬語はない」と思っている人は多いかもしれません。 けれども、英語にも敬語は存在します。 とくにビジネスの現場では、敬語を使わないと相手を怒らせたり不快な気分にさせたりすることも……。 上司、顧客、取引相手などに対して丁寧な対応が必要なのはどの言語を使っていても同じですよね。 というわけで今回は、ビジネスの現場で使う敬語の英語表現をクイズ形式で紹介します。 「どのようなご用件でしょうか?」 会社に顧客や取引先から電話がかかってきました。 「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときに適切なフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. May I help you? How may I help you? AのMay I help you? は、お店の店員などが「何かお手伝いしましょうか?」や「何かお探しですか?」と尋ねるときの定番表現です。 質問をした時点では、相手が手伝いを必要としているかどうかはわかっていません。 BのHow may I help you? は、「どのようなご用件でしょうか?」と尋ねるときの定番表現です。 会社で外部からの電話を受けたとき、カスタマーサービスでの顧客対応のときなど、相手が自分(または会社の誰か)に用事があることがわかっているときに使います。 ですから、クイズの正解はBです。 「しばらくお待ちください」 ビジネスで頻繁に使われる「しばらくお待ちください」というフレーズ。 相手を不快にさせないように丁寧に伝えたいですよね。 そこでクイズです!下のA、B、Cの例文は、どれも「しばらくお待ちください」というときに使えます。 丁寧な順に並べましょう。 Please wait for a while. Could you please wait for a while? Can you wait for a while? 英語圏の子どもたちは、Pleaseは頼みごとをするときのMagic Word(魔法の言葉)だと習います。 けれども、ビジネスの現場では、何か依頼するときにPleaseと言っただけでは、失礼になることも。 とくに顧客や目上の人を待たせたいときは、Aの例文のような表現は避けましょう。 英語で依頼をするときの定番表現「Can you ~?(~してもらえますか?)」の敬語表現が「Could you~?(~していただけますか?)」です。 「しばらくお待ちください」を丁寧に言いたいときはBのCould you please wait for a while? を使います。 「大変お待たせいたしました」 相手を待たせたときに使う「お待たせいたしました」は、どれくらい相手を待たせたかによって表現が変わります。 では、そこまで長い時間を待ってもらっていない時に適したフレーズはAとBのどちらでしょうか? A. Thank you so much for waiting. (お待ちいただき大変ありがとうございます。 ) B. Sorry to keep you waiting so long. (長らくお待ちいただき申し訳ございませんでした。 ) 日本人はすぐにSorryと言ってしまいがちです。 けれども、待たせた時間が少しの場合は「Thank you ~」で感謝の気持ちを伝えましょう。 ですから、クイズの正解はAです。 「~していただけると幸いです」 「~していただけると幸いです」というのは、とても日本語的な表現なので、英語で言いたいときに悩む人は多いかもしれません。 そこで問題です。 (来週の月曜日にお越しいただければ幸いです。 ) 「happy=幸せ」と習うので「幸いです」と表現したいときにも、It would be happy if you could ~と言いたくなるかもしれません。 けれども英語では、It would be great if you could ~が自然です。 ただ、このフレーズは、とても丁寧であると同時にかなり控えめな表現でもあります。 ですから、相手に本当に何かをしてもらいたいときには、下の例文のようなフレーズを使うことをお勧めします。 Could Would you come to see me next Monday? (来週の月曜日にお越しいただけますか?) Could you ~?とWould you~?は、英語で依頼をするときの定番の敬語表現です。 英語の敬語をマスターすると仕事が円滑に進む!? たとえ悪気がなかったとしても、失礼な言葉遣いのせいでビジネスが上手くいかなくなることも……。 ビジネスで英語を使うときも、日本語で会話しているときと同じように、相手に対する気づかいを言葉で伝えることが重要です。 では、ビジネスのさまざまな場面で使える「承知しました」を紹介しています。 今回の表現と合わせてマスターしましょう! Please SHARE this article.

次の