ピラミッド。 エジプトのピラミッド

真相解明!ピラミッドの正体 ~鍵はツタンカーメンと太陽の船~│RKB毎日放送

ピラミッド

主にエジプトや中南米に建造された四角錐の巨大な建造物です。 巨大な石を四角錐に積み上げたもので、中には通路や部屋が作られています。 古代の王が築かせたもので、近年までは王の墓だとされてきました。 ところが、必ずしも棺が収められているわけではなく、一人の王でいくつものピラミッドを建造していることも分かってきました。 さらに調べを進めていくうちに分かってきたことは、どうやらピラミッドは農閑期に多くの民衆が働く場を提供すべく、与えられた公共事業だったようです。 それまではピラミットの建造に携わってきたのは奴隷とされてきましたが、建造現場に残されている古代の民衆の落書きは、王を讃えるものばかりです。 苦渋を強いて働かされていたわけではなく、皆喜んでピラミット建造に携わっていたのです。 王家の谷 第三王朝のジェセル王によって始められたピラミッドの建造。 これ以降、建造途中のものも含めて、形を変えながら数多くのピラミッドを後世に残すことになります。 第四王朝時代の王、スネフェル王は、「屈折ピラミッド」と「赤のピラミッド」を完成させました。 このスネフェル王の息子が、私たちにも馴染みの深いクフ王です。 クフ王は、ピラミッドの建造を公共事業として、農閑期の農民達に建造に関わらせ、歴史に名を残す巨大なピラミッドを完成させるのです。 クフ王の息子のカフラー王は、ギザにある父のクフ王のピラミッドの近くに、スフィンクスと共に巨大なピラミッドを残しました。 カフラー王の息子、メンカウラー王も、ピラミッドの建造地としてギザを選び、ギザの三大ピラミッドと呼ばれる巨大ピラミッドが三代に渡って築き上げられたのです。 これを境にエジプトの経済状況は右肩下がりになり、ピラミッドを建造できない王も存在しました。 第五王朝の時代に入っても、王達は伝統的なピラミッドの建造を続けてきましたが、最盛期の大きさとは比べものにならないくらい小さなもので、中には建造途中で中止され、崩れた姿を今に伝えるものまであります。 代々受け継がれてきたピラミッド建造も終わりを迎える時がきます。 第二中間期に入り、第十三王朝の財政は緊迫したものとなり、発見されているものはピラミッドではなく、ピラミッドの最先端につけられる「キャップストーン」と呼ばれる三角錐の石だけでした。 第十五王朝を引き継いだのはアジアからの商業民族で、ピラミッドの建造を引き継ぐことはありませんでした。 こうしてピラミッド建造技術を受け継ぐ者もおらず、紀元前3000年から紀元前1570年の1500年近くにも及ぶピラミッドの時代は幕を降ろしたのです。

次の

第15回 ピラミッドに新たな「未知の空間」の発見[後編]

ピラミッド

この記事の目次• エジプトの象徴!ピラミッドとは? エジプトといえば最初に連想されるイメージとして、ほとんどの方の頭の中にはピラミッドが挙がると思います。 実際に世界遺産にもなっており、多くの旅行客が訪れる場所になります。 ピラミッドは最も古いものだと、ジョゼル王によってサッカラという場所に建てられたピラミッドで、エジプト第三王朝の頃に作られ、その歴史は紀元前2700年まで遡ります。 その後ピラミッドは多くのエリアで、長い歴史の間作られ続けられました。 未だに解明されていない謎も多く、それが余計にミステリアスで、老若男女が注目する世界的な観光資源になっています。 エジプトのピラミッドは謎だらけ! エジプトのピラミッドの魅力の一つにミステリアスな謎が多くあることが挙げられます。 非常に古い歴史を持つので、様々な説があったり、最近になってようやく解明されたものまであります。 ここでは代表的な謎を3つご紹介します。 一部分だけ熱い?ホットスポットがある 有名なピラミッド、ギザの三大ピラミッドの謎のひとつで、ピラミッドの内部の一部だけが熱くなっている 「ホットスポット」と呼ばれることが、近年の研究のサーモグラフィー検査にて発覚しました。 通常の天候条件では説明ができないほどの温度になっているようです。 さらに、ツタンカーメン墓に関しても同様の検査をしたところ、一部の温度が違うことがわかり、調べたところ壁の内部に隠れた空洞があることがわかっています。 これは新たな部屋に繋がる空洞だとも考えられており、三大ピラミッドにも同様の仕掛けがあるのではないか、ということでとても注目されています。 ピラミッドは奴隷が建てたものではない説 ピラミッドが建造されている状況を想像すると、「奴隷が建てている」イメージをされる人も多いかと思います。 しかしながら、最近の研究ではこれも間違いではないか、というように言われています。 最近では、「労働対価をしっかり与えられており、熟練された技術者も多くいた」という推論に変わってきています。 その理由として、ピラミッドは非常に長い期間をかけて建造しなければならないので、奴隷としての強制労働では現実的でないこと、ミリ単位の正確性は単純労働者のみでは不可能であることなどが挙がりますが、いまだに確実な証拠は出てきていません。 ピラミッドは王の墓だけではない説 少し前までは「ピラミッド=王の墓」という説が唱えられていましたが、最近では別に王の墓が発見されたことから、様々な用途で使われていたという推論が出てきています。 富裕層が作った巨大倉庫• 洪水や砂嵐のためのシェルター• ナイル川を綺麗にするため• 女王への贈り物• 天体観測施設• 宗教の儀式用の神殿 上記の様に様々な説があり、実際は何に使われていたのかは解明されていません。 エジプト・ピラミッドの数はどれくらい? 代表的なピラミッドだとギザの「三大ピラミッド」などばかりが注目されていますが、 実はエジプトには大小含めると140個以上のピラミッドがおおくの場所で発見されています。 エリアも様々なところにあり、大きさや形にまで個性がありますので、有名なピラミッド以外にも、観光に行かれる方は事前に調べていくと、より多くの種類のピラミッドを見ることができます。 エジプト・ピラミッドの大きさ さまざまな大きさが存在するピラミッドですが、 エジプトのピラミッドで最も大きいとされているのが、ギザにあるエジプト第4 王朝時代のクフ王のピラミッドです。 約138メートル程の高さがあり、およそ270〜280万個の石を積み重ねて造られていると言われています。 そのため最も有名な観光資源となっていますが、このクフ王のピラミッドも謎が多く、世界の七不思議のひとつにも数えられる事も。 ギーザとも呼ばれますが、ここではギザで統一してご紹介します。 エジプトの首都カイロからナイル川を挟んでおよそ20km西南に進んだところに位置しています。 人口は約200万人。 古代エジプト古王国時代から存在する町で、三大ピラミッドや、大スフィンクスがある遺跡の町があることから、多くの旅行客が訪れます。 ギザ一帯からダハシュールにかけてのピラミッド地帯は、1979年に世界遺産へ登録されました。 その名称を「メンフィスとその墓地遺跡」としています。 ギザ・ピラミッドの場所・アクセス ギザのピラミッドへの行き方は大きく分けると3つあります。 一つ目は車で、タクシーかUberを使います。 タクシーですと交渉になってしまいますが、だいたい400〜500円ほど。 Uberだと250円ほどで行くことが可能です。 時間は約50分から1時間かかります。 二つ目はバスを使う方法で、「タフリール東ターミナルから355番か357番」「タフリール西ターミナルから997番」「ラムセス駅から30番」のバスを利用できます。 時間はそれぞれ1時間ほどで20〜30円ほどでいけます。 最後に地下鉄を使う方法ですが、カイロの最寄り駅からギザの「EL GIZA駅」で降ります。 金額は地下鉄は統一料金1ポンドとなっています。 ですが、駅からピラミッドまで少し距離がありますので、降りたところでローカルバスに乗ります。 お値段は2ポンドほど。 【英名】 Giza 【住所】 Al Haram Str. , Giza 12611, Egypt クフ王のピラミッド 古代のエジプト史上最大のピラミッドであるクフ王のピラミッド。 高さ146. 6メートル(現在の高さ138. 8メートル)で、完成当初の外観は今とは全く違っていて、全部の面が花崗岩の化粧石で隅々まで覆われ、非常にきらびやかで美しかったとされています。 見どころは、その圧巻の外見をみるだけでも十分ですが、内部観覧ができるようになっており、1日300人限定となっていて、旅行客にもとても人気です。 ですので、中も見たい方は早朝から行くように心がけることをおすすめします。 カフラー王のピラミッド 三大ピラミッドの中央にあるカフラー王のピラミッド。 高さおよそ136メートルで、一見すると三大ピラミッドの中で一番高いように見えます。 しかし、岩盤がクフ王に比べてやや高くなっているため、実際はクフ王のピラミッドが最も高いことになります。 見どころは、参道の入り口にはギザの大スフィンクスが存在しており、ピラミッドと一体化したように見えるスフィンクスはカフラー王のピラミッドのみとなっています。 メンカウラー王のピラミッド 他のふたつに比べると遥かに小さいメンカウラー王のピラミッド。 高さはおよそ65メートルですが、ピラミッド複合体の規模としては、ほかの2つのピラミッドにも負けないほどです。 見どころは、ピラミッドの南側に3基の王妃たちの小さなピラミッドが東西に並んでおり、それらを合わせてみることをおすすめします。 第3中間期と末期王朝時代の間に栄えた 古代の都メンフィスにおける死者の都であった為、広い範囲にたくさんのピラミッドがあるエリアです。 特に有名なのが、紀元前2650年頃に作られ、世界最古のピラミッドであるジョセル王の階段ピラミッドになります。 エジプト旅行といえばギザに行かれる方が多いですが、ピラミッド好きな方には同じくらいにおすすめな場所です。 サッカラの場所・アクセス カイロからサッカラまで行き方は、タクシーか観光ツアーがおすすめです。 タクシーだと、カイロから約50分、ギザから約30分、メンフィスから約10分で行くことができます。 バスでも行けるのですが少し手間がかかります。 カイロからギザ行のバスに乗り、マリオテーラで下車。 マリオテーヤ橋付近からアブー・セール行のバスに乗り、アブー・セールからサッカラ行きのバスに乗り換え、運転手さんにピラミッドへ行きたいと言えば、その周辺でバスを停めてくれます。 【英名】 SaqaraまたはSaqqara 【住所】 Saqqara, Egypt ジェゼル王の階段ピラミッド エジプト最古のピラミッドでもある「ジェゼル王の階段ピラミッド」。 「メンフィスとその墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」という名称で、1979年に世界遺産になっているエリアの中でも人気なピラミッドです。 高さ約60メートルの六重の階段状のピラミッドを中心に、葬祭殿、祭壇などで構成されています。 見どころは、 他のピラミッドとは違い、階段形式になっている外観です。 遠くから見てさらに近くから見てみると、その壮大さと精密さに息を飲まれるかと思います。 テティ王のピラミッド 紀元前2345年から8年在位についたテティ王が建てたピラミッド。 見どころは、古代エジプト文字が 壁一面に描かれたキレイな浮彫りと、 天井に描かれた星があり、その美しさに驚かされます。 ピラミッドの側には貴族の墓であるマスタバがあります。 そこには部屋が30以上あり、 当時の生活を知るレリーフが多くあるので、そちらもおすすめです。 ウナス王のピラミッド 見た目は瓦礫の山のようになってしまっているウナス王のピラミッド。 入場もできないのですが、見どころとしては、ピラミッドから出ている参道の周辺に色々なマスタバがあり、中でもイルカプタハの墓がおすすめです。 イルカプタハの墓は、別名 「屠殺人の墓」と言われていて、王のための食糧の動物の屠殺を行っていたので、壁面にその場面が描かれています。 いくつかのピラミッドが存在しており、中でも2つのピラミッドが特に古く大きく特徴的で保存状態もよいので、人気のスポットの一つになっています。 ダハシュールの場所・アクセス カイロからダハシュールまでは車で行くのが一般的で約1時間30分でつきます。 また、他のエリアにも行く際は観光ツアーで行った方が効率よくいけるのでそちらもおすすめです。 【英名】 Dahshur 【住所】 Dahshur, Egypt スネフェル王の屈折ピラミッド スネフェル王は、24年の間に5つの巨大建造物であるピラミッドを建造したとして有名。 中でもこの 屈折ピラミッドが代表的です。 屈折している理由は、石を積み上げていく過程で、急こう配であることに気が付き、途中で角度調整がされたために、この名前がつきました。 結果として特徴があり神秘的な形になっています。 スネフェル王の赤いピラミッド 屈折ピラミッドの北側約1kmの位置に建てられた赤いピラミッド。 側面が二等辺三角形の真正ピラミッドとしては世界最初に建設されました。 なぜ、赤いピラミッドと呼ばれるのかは、ピラミッド建造に使用された石が赤茶けた色をしているからだそうです。 エジプト・ピラミッドが見えるホテル せっかくエジプト旅行でピラミッドを見にきたのであれば、ホテルもピラミッドが見えるホテルがおすすめです。 こちらでは口コミの評価も高いピラミッドが見えるホテルをご紹介します。 グレート ピラミッド イン ギザのピラミッドとスフィンクスから徒歩5分の場所に位置し、広々とした屋上テラスと、すべてのお部屋から三大ピラミッドの景色を望めるホテルです。 旅行客の口コミでは、 「目の前のピラミッドとスフィンクスの絶景が最高」や 「屋上から見た景色が素晴らしい」という声が多く上がっています。 greatpyramidinn. また、屋外プール、ジム、サウナ、マッサージ施設を併設されているので、ホテル内でのアクティビティも充実しています。 旅行客の口コミでは、 「夜のライトアップされたプールとても美しい」や 「生活感のある部屋」といった声が寄せられています。 steigenberger. フリーフォームの大きな屋外プールとバーが併設されており、ピラミッドを眺めながらのお酒などは格別です。 旅行客の口コミは、 「客室からも見えるピラミッドが最高」「朝食バイキングが美味しい」という声があります。 marriott. 1869年創業と歴史も深く、宮殿のような建物で、ピラミッドまでは約700メートルと近距離です。 旅行客の口コミでは、 「すぐ近くに見えるピラミッドの迫力がすごい」「飲食が全て美味しかった」という声があります。 marriott. 事前にいくつか目星をつけて、概要を勉強していくことで、現地ではより一層思い出に残るエジプト・ピラミッド旅行を体験していただけると思います。

次の

エジプトのピラミッド

ピラミッド

この記事の目次• エジプトの象徴!ピラミッドとは? エジプトといえば最初に連想されるイメージとして、ほとんどの方の頭の中にはピラミッドが挙がると思います。 実際に世界遺産にもなっており、多くの旅行客が訪れる場所になります。 ピラミッドは最も古いものだと、ジョゼル王によってサッカラという場所に建てられたピラミッドで、エジプト第三王朝の頃に作られ、その歴史は紀元前2700年まで遡ります。 その後ピラミッドは多くのエリアで、長い歴史の間作られ続けられました。 未だに解明されていない謎も多く、それが余計にミステリアスで、老若男女が注目する世界的な観光資源になっています。 エジプトのピラミッドは謎だらけ! エジプトのピラミッドの魅力の一つにミステリアスな謎が多くあることが挙げられます。 非常に古い歴史を持つので、様々な説があったり、最近になってようやく解明されたものまであります。 ここでは代表的な謎を3つご紹介します。 一部分だけ熱い?ホットスポットがある 有名なピラミッド、ギザの三大ピラミッドの謎のひとつで、ピラミッドの内部の一部だけが熱くなっている 「ホットスポット」と呼ばれることが、近年の研究のサーモグラフィー検査にて発覚しました。 通常の天候条件では説明ができないほどの温度になっているようです。 さらに、ツタンカーメン墓に関しても同様の検査をしたところ、一部の温度が違うことがわかり、調べたところ壁の内部に隠れた空洞があることがわかっています。 これは新たな部屋に繋がる空洞だとも考えられており、三大ピラミッドにも同様の仕掛けがあるのではないか、ということでとても注目されています。 ピラミッドは奴隷が建てたものではない説 ピラミッドが建造されている状況を想像すると、「奴隷が建てている」イメージをされる人も多いかと思います。 しかしながら、最近の研究ではこれも間違いではないか、というように言われています。 最近では、「労働対価をしっかり与えられており、熟練された技術者も多くいた」という推論に変わってきています。 その理由として、ピラミッドは非常に長い期間をかけて建造しなければならないので、奴隷としての強制労働では現実的でないこと、ミリ単位の正確性は単純労働者のみでは不可能であることなどが挙がりますが、いまだに確実な証拠は出てきていません。 ピラミッドは王の墓だけではない説 少し前までは「ピラミッド=王の墓」という説が唱えられていましたが、最近では別に王の墓が発見されたことから、様々な用途で使われていたという推論が出てきています。 富裕層が作った巨大倉庫• 洪水や砂嵐のためのシェルター• ナイル川を綺麗にするため• 女王への贈り物• 天体観測施設• 宗教の儀式用の神殿 上記の様に様々な説があり、実際は何に使われていたのかは解明されていません。 エジプト・ピラミッドの数はどれくらい? 代表的なピラミッドだとギザの「三大ピラミッド」などばかりが注目されていますが、 実はエジプトには大小含めると140個以上のピラミッドがおおくの場所で発見されています。 エリアも様々なところにあり、大きさや形にまで個性がありますので、有名なピラミッド以外にも、観光に行かれる方は事前に調べていくと、より多くの種類のピラミッドを見ることができます。 エジプト・ピラミッドの大きさ さまざまな大きさが存在するピラミッドですが、 エジプトのピラミッドで最も大きいとされているのが、ギザにあるエジプト第4 王朝時代のクフ王のピラミッドです。 約138メートル程の高さがあり、およそ270〜280万個の石を積み重ねて造られていると言われています。 そのため最も有名な観光資源となっていますが、このクフ王のピラミッドも謎が多く、世界の七不思議のひとつにも数えられる事も。 ギーザとも呼ばれますが、ここではギザで統一してご紹介します。 エジプトの首都カイロからナイル川を挟んでおよそ20km西南に進んだところに位置しています。 人口は約200万人。 古代エジプト古王国時代から存在する町で、三大ピラミッドや、大スフィンクスがある遺跡の町があることから、多くの旅行客が訪れます。 ギザ一帯からダハシュールにかけてのピラミッド地帯は、1979年に世界遺産へ登録されました。 その名称を「メンフィスとその墓地遺跡」としています。 ギザ・ピラミッドの場所・アクセス ギザのピラミッドへの行き方は大きく分けると3つあります。 一つ目は車で、タクシーかUberを使います。 タクシーですと交渉になってしまいますが、だいたい400〜500円ほど。 Uberだと250円ほどで行くことが可能です。 時間は約50分から1時間かかります。 二つ目はバスを使う方法で、「タフリール東ターミナルから355番か357番」「タフリール西ターミナルから997番」「ラムセス駅から30番」のバスを利用できます。 時間はそれぞれ1時間ほどで20〜30円ほどでいけます。 最後に地下鉄を使う方法ですが、カイロの最寄り駅からギザの「EL GIZA駅」で降ります。 金額は地下鉄は統一料金1ポンドとなっています。 ですが、駅からピラミッドまで少し距離がありますので、降りたところでローカルバスに乗ります。 お値段は2ポンドほど。 【英名】 Giza 【住所】 Al Haram Str. , Giza 12611, Egypt クフ王のピラミッド 古代のエジプト史上最大のピラミッドであるクフ王のピラミッド。 高さ146. 6メートル(現在の高さ138. 8メートル)で、完成当初の外観は今とは全く違っていて、全部の面が花崗岩の化粧石で隅々まで覆われ、非常にきらびやかで美しかったとされています。 見どころは、その圧巻の外見をみるだけでも十分ですが、内部観覧ができるようになっており、1日300人限定となっていて、旅行客にもとても人気です。 ですので、中も見たい方は早朝から行くように心がけることをおすすめします。 カフラー王のピラミッド 三大ピラミッドの中央にあるカフラー王のピラミッド。 高さおよそ136メートルで、一見すると三大ピラミッドの中で一番高いように見えます。 しかし、岩盤がクフ王に比べてやや高くなっているため、実際はクフ王のピラミッドが最も高いことになります。 見どころは、参道の入り口にはギザの大スフィンクスが存在しており、ピラミッドと一体化したように見えるスフィンクスはカフラー王のピラミッドのみとなっています。 メンカウラー王のピラミッド 他のふたつに比べると遥かに小さいメンカウラー王のピラミッド。 高さはおよそ65メートルですが、ピラミッド複合体の規模としては、ほかの2つのピラミッドにも負けないほどです。 見どころは、ピラミッドの南側に3基の王妃たちの小さなピラミッドが東西に並んでおり、それらを合わせてみることをおすすめします。 第3中間期と末期王朝時代の間に栄えた 古代の都メンフィスにおける死者の都であった為、広い範囲にたくさんのピラミッドがあるエリアです。 特に有名なのが、紀元前2650年頃に作られ、世界最古のピラミッドであるジョセル王の階段ピラミッドになります。 エジプト旅行といえばギザに行かれる方が多いですが、ピラミッド好きな方には同じくらいにおすすめな場所です。 サッカラの場所・アクセス カイロからサッカラまで行き方は、タクシーか観光ツアーがおすすめです。 タクシーだと、カイロから約50分、ギザから約30分、メンフィスから約10分で行くことができます。 バスでも行けるのですが少し手間がかかります。 カイロからギザ行のバスに乗り、マリオテーラで下車。 マリオテーヤ橋付近からアブー・セール行のバスに乗り、アブー・セールからサッカラ行きのバスに乗り換え、運転手さんにピラミッドへ行きたいと言えば、その周辺でバスを停めてくれます。 【英名】 SaqaraまたはSaqqara 【住所】 Saqqara, Egypt ジェゼル王の階段ピラミッド エジプト最古のピラミッドでもある「ジェゼル王の階段ピラミッド」。 「メンフィスとその墓地遺跡、ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」という名称で、1979年に世界遺産になっているエリアの中でも人気なピラミッドです。 高さ約60メートルの六重の階段状のピラミッドを中心に、葬祭殿、祭壇などで構成されています。 見どころは、 他のピラミッドとは違い、階段形式になっている外観です。 遠くから見てさらに近くから見てみると、その壮大さと精密さに息を飲まれるかと思います。 テティ王のピラミッド 紀元前2345年から8年在位についたテティ王が建てたピラミッド。 見どころは、古代エジプト文字が 壁一面に描かれたキレイな浮彫りと、 天井に描かれた星があり、その美しさに驚かされます。 ピラミッドの側には貴族の墓であるマスタバがあります。 そこには部屋が30以上あり、 当時の生活を知るレリーフが多くあるので、そちらもおすすめです。 ウナス王のピラミッド 見た目は瓦礫の山のようになってしまっているウナス王のピラミッド。 入場もできないのですが、見どころとしては、ピラミッドから出ている参道の周辺に色々なマスタバがあり、中でもイルカプタハの墓がおすすめです。 イルカプタハの墓は、別名 「屠殺人の墓」と言われていて、王のための食糧の動物の屠殺を行っていたので、壁面にその場面が描かれています。 いくつかのピラミッドが存在しており、中でも2つのピラミッドが特に古く大きく特徴的で保存状態もよいので、人気のスポットの一つになっています。 ダハシュールの場所・アクセス カイロからダハシュールまでは車で行くのが一般的で約1時間30分でつきます。 また、他のエリアにも行く際は観光ツアーで行った方が効率よくいけるのでそちらもおすすめです。 【英名】 Dahshur 【住所】 Dahshur, Egypt スネフェル王の屈折ピラミッド スネフェル王は、24年の間に5つの巨大建造物であるピラミッドを建造したとして有名。 中でもこの 屈折ピラミッドが代表的です。 屈折している理由は、石を積み上げていく過程で、急こう配であることに気が付き、途中で角度調整がされたために、この名前がつきました。 結果として特徴があり神秘的な形になっています。 スネフェル王の赤いピラミッド 屈折ピラミッドの北側約1kmの位置に建てられた赤いピラミッド。 側面が二等辺三角形の真正ピラミッドとしては世界最初に建設されました。 なぜ、赤いピラミッドと呼ばれるのかは、ピラミッド建造に使用された石が赤茶けた色をしているからだそうです。 エジプト・ピラミッドが見えるホテル せっかくエジプト旅行でピラミッドを見にきたのであれば、ホテルもピラミッドが見えるホテルがおすすめです。 こちらでは口コミの評価も高いピラミッドが見えるホテルをご紹介します。 グレート ピラミッド イン ギザのピラミッドとスフィンクスから徒歩5分の場所に位置し、広々とした屋上テラスと、すべてのお部屋から三大ピラミッドの景色を望めるホテルです。 旅行客の口コミでは、 「目の前のピラミッドとスフィンクスの絶景が最高」や 「屋上から見た景色が素晴らしい」という声が多く上がっています。 greatpyramidinn. また、屋外プール、ジム、サウナ、マッサージ施設を併設されているので、ホテル内でのアクティビティも充実しています。 旅行客の口コミでは、 「夜のライトアップされたプールとても美しい」や 「生活感のある部屋」といった声が寄せられています。 steigenberger. フリーフォームの大きな屋外プールとバーが併設されており、ピラミッドを眺めながらのお酒などは格別です。 旅行客の口コミは、 「客室からも見えるピラミッドが最高」「朝食バイキングが美味しい」という声があります。 marriott. 1869年創業と歴史も深く、宮殿のような建物で、ピラミッドまでは約700メートルと近距離です。 旅行客の口コミでは、 「すぐ近くに見えるピラミッドの迫力がすごい」「飲食が全て美味しかった」という声があります。 marriott. 事前にいくつか目星をつけて、概要を勉強していくことで、現地ではより一層思い出に残るエジプト・ピラミッド旅行を体験していただけると思います。

次の