嫁が口を聞いてくれない ネタバレ。 離婚日和|ネタバレ2巻(5〜8話)旦那の浮気はエスカレート!嫁は不眠に

私の幸せな結婚ネタバレ13話(2巻)あらすじ感想も!美世に忍び寄る怪しい影

嫁が口を聞いてくれない ネタバレ

本記事では、2019年8月5日発売のコミックガーデン掲載漫画『魔法使いの嫁』最新61話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。 前回のラストで気になった、ルーシーを抱えてテントに戻ろうとしたチセを見下ろす巨大な何者か。 ケンタウロスのように下半身が馬で上半身が人のような風貌をしていましたが、やはりエッヘ・ウーシュカなのでしょうか? 間違いなく善き隣人って感じではなさそうなので、夜の森で出会ったからにはバトルか逃げるのかの展開になっていくのではないかと思われますが…。 どんな展開になるのかがとっても気になってしまいますよね。 そこで今回は、2019年8月5日発売のコミックガーデン掲載漫画『魔法使いの嫁』最新61話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。 私の中の花弁のイメージって、ロードス島戦記のテレビシリーズのOPが原風景なんですよ。 真綾さんの奇跡の海とともにあの美しい映像がお茶の間に流れる異次元感が凄かったの。 毎週OPだけ正座して見ていました。 — イガワ gorouziro 海妖馬に襲われたチセ 腕が変わってしまったあの日から、チセは前にも増し色々な感覚が広がったのを認識していました。 それはおそらく竜の感覚であり、あらゆる影の中に見えなかったものの輪郭が見えるようになっており、どううごめくか・どうささやくか・どう触れてくるかわかりやすくなっていた。 そのため、少しだけ油断してしまっていたのだ。 わからないものはまだ闇の中にあるのという事を…。 チセは倒れていたルーシーを抱えキャンプに戻ろうとしたが、その途中で人馬(セントール)のような姿をした何者かに行く手を遮られることになった。 いきなり襲われてしまったチセは、あいつは真水にふれられないというエリアスの助言を受け川へと向かった。 その途中で、エリアスから海妖馬について説明を受けることになったが、あれはとにかく人を見たら殺さずにはいられないらしい。 毒の霧を吐き畑をあらしもするとのことで、その上で久々に視えるのがきたから海から上がってきたのかもしれないと語った。 チセはルーシーは海妖馬に襲われたのかと考えたが、エリアスが言うにはやり方が違うとのことだった…。 海妖馬がゾーイ・リアン・アイザックの3人に!? エアリスとそんな会話をしながら逃げるチセだったが、先生の元へと向かったルツと共にゾーイ・リアン・アイザックの3人が姿を見せた。 ゾーイ達は嫌な予感がしたようで、先生の元へ向かったが気配がなくルツもまた先生を見つけられなかったのだった。 そんな話をしていると界妖馬が、すぐ後ろにまで迫っていることに気づいたチセは、「早く川の向こうに!」と声をかけた。 しかし海妖馬が狙ったのはゾーイ達3人だったが、辛うじて攻撃を躱した3人。 だが、その際に転んでしまったゾーイのヘッドホンが外れ、その髪は蛇へと変化してしまっていた。 海妖馬は転んだゾーイに狙いを定め襲い掛かろうとしたのだが、次の瞬間にゾーイの蛇たちの力であるゴルゴーンの邪眼により動けなくなっていた。 だが、その代償なのかゾーイも倒れてしまったのだった…。 スポンサーリンク 魔法使いの嫁 ネタバレ最新61話『誘喰馬と泉へ向かうチセとリアン』 全然話してないけどまほ嫁も好きなのよ。 うん — えいニャン(ちろる) opankotabetai エアリスに助言を求めるチセ アイザックが駆け寄る中で、チセは海妖馬が毒の霧を吐き出したことに気づく。 皆に川の向こう側へと向かうようにと声をかけたが、アイザックたちはそれが理解できていなかったが、チセとルツが向こう側へ移動したので着いていくことにした。 その行動は正しかったようで同じく追いかけようとした海妖馬だったが、川を渡ることは出来ないようで怒り狂い叫び声をあげたのであった。 チセはエリアスにどうするべきか尋ねたが、今のうすさでは何にもできないと言われてしまった。 海妖馬を引き付けこの場から遠ざけ追い払うのに川の先の湖が使えるか、昨日の誘喰馬の力を借りた場合、どうすれば食べられずに済むのかをエアリスを頼るチセ。 エリアスは相談ならのれると嬉しそうにし、チセの考えに賛成なようで目の前にある川を使い誘喰馬をここへ呼び寄せていました。 チセの願いを受け誘喰馬から嬉しそうに乗レと告げられると、チセはルーシーをルツに預けて誘喰馬に乗ろうとした。 するとリアンも一緒に行くと言い出し、「一人の方が危ないに決まってんだろ」と言われリアンと共にチセは誘喰馬に乗ったのだった。 リアンはアイザックから君なにも武器持ってないと、鍵のようなものを渡された。 チセたちが誘喰馬と共に挑発するような仕草で湖へと向かうと、追いかけるように海妖馬がチセたちの方へ眼を向ける。 上手く引き付けられたチセ達は、海妖馬に追いかけられながらも、なんとか目的だった湖に到着した。 だが、そこには隠れる場所はなく、降りる場所もなく隠れることも出来ない状況の中で、チセたちが隠れたいと考えていた。 それに気づいた誘喰馬は、ならば任せろと言わんばかりに突然湖の上で立ち上がり、チセたちを背から落とし湖の中へと…。 追いかけてきた海妖馬は、チセたちの姿がないことに気づき、湖の上にいる誘喰馬を睨みつけた。 だが次の瞬間、背後に回った誘喰馬に湖へと蹴り落とされてしまったのだった。 チセは湖に落とされ苦しむ海妖馬の様子に、海妖馬にとって真水は毒なんだと理解した。 だが、その一瞬の隙を突かれ沈む海妖馬に足を取られてしまい、チセは湖の中へと引きずり込まれてしまうのであった…。 チセの呪われた左腕の力 海妖馬はこちらを知覚し、認識するものを逃がすつもりはないようだった。 口を大きく開け、チセを引きずり落とし喰らわんとしていた。 しかし次の瞬間、チセの耳に何者かの声がしたのだ。 「こわい、こわいものはこわさなきゃ」と告げる声に同調したようにチセの呪われた左腕が動き出したのだ。 まるで竜の腕のように変化したチセの左腕は、瞬く間に捕えていた海妖馬の腕を斬り飛ばす。 そして、その身体までもを破壊したのだが、チセには何が起こったのかわからず困惑していた。 一方で先に湖から上がったリアンは、誘喰馬がまだ水の中にいるチセを食おうとしていることを聞きアイザックから受け取った鍵のようなものをギュッと握りしめた。 すると次の瞬間、リアンの手には鉄の斧が握られていたのだった。 アイザックから受け取ったのは倉庫と呼ばれるもので、アイザックの武器庫の中から武器を呼び寄せるものだった。 リアンはあいつの倉庫を使うのは久しぶりだが、相変わらず気が利いて助かると感謝していたのだった…。 水の中へ姿を消した誘喰馬 スコットランドの島の古い話に、娘を喰われた鍛冶屋の男が誘喰馬を殺す話があるという。 鉄の武器を前にした誘喰馬は明らかに警戒を強め、リアンが誘喰馬と相対する中でチセもなんとか湖から出ることができたようだった。 だが、あれは一体なんだったんだろうかと、先程起こったことを消化しきれずにいました。 チセが水の中から上り誘喰馬も手出しができず、水の中からその様子を窺っていたのだが、それに気づいたチセは誘喰馬のもとへ向かった。 そしてチセは私の肉はあげられないが、背中に乗せてくれたお礼だと髪を切り誘喰馬に渡した。 誘喰馬はチセの髪を食らうと、「夜道のヨッパライモ夜通シ歩ク奴モ立チ止マル奴モイナイ」と語った。 そして、チセに「オ前ヒサビサニ夜ヲ歩ク奴、喰エナイノ残念ダッタ」と言い残すと水の中へ姿を消したのであった…。 スポンサーリンク 魔法使いの嫁 ネタバレ最新61話『学院に報告された人外の存在に襲撃』 「魔法使いの嫁」11巻! 人外好きには堪らない作品だよ……. — Liuche りうちぇ Liuche88 海妖馬の騒動を聞いた学園長 キャップ実習中に人外の存在に襲撃されたとの報は、学院にも届いていました。 学園町のライザは、組織の手の者の仕業かと疑っていました。 しかし相手が原住生物である海妖馬によるものだと聞き、魔力を扱う集団が一堂に集まった以上危険はあるとしながらも死人が出なくて良かったと胸をなでおろした。 そして次からは、別地方を実習に当てるようにと指示したのであった。 要観察の子があの学年に集まっていたことを思い出し、ライザは意識不明ということで保護者に連絡を頼むように指示したのだった。 しかし彼女の家には、何かあるのかためらう様子を見せる部下。 それに対し「承知の上だ、地球のどこにいようと来てもらう」と語った。 その上で守る手がなければ代わり、手を差し伸べるのが学院としながらも、その手があるうちは思う存分関わってもらわねばなと告げるのであった。 曰く付きの書物? 学院の中にはなにか曰く付きのものがあるのか、厳重に保管してある一室があった。 職員らしき男は保管されてある棚を一つ一つ確認しては、問題があるかどうか確かめていた。 その中の一つに一冊の本が納められており、男は確認した結果問題なしと判断しその場を後にすのであった…。 スポンサーリンク 『魔法使いの嫁 ネタバレ 最新 確定』まとめ 私の最近の癒し。 「魔法使いの嫁・アニメ版」 全25話を2順目中、たぶん何度観ても飽きないだろうなぁ😍 全キャラ好きだけど、エリアスが一番好き。 父親、夫、恋人、息子、と男の属性を全て持ってる。 学園長もルーシーの保護者に関して、思うところがありそうな様子でしたし彼女の家に何かあるのは間違いなさそうですね。

次の

私の幸せな結婚ネタバレ13話(2巻)あらすじ感想も!美世に忍び寄る怪しい影

嫁が口を聞いてくれない ネタバレ

本記事では、2019年8月5日発売のコミックガーデン掲載漫画『魔法使いの嫁』最新61話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介します。 前回のラストで気になった、ルーシーを抱えてテントに戻ろうとしたチセを見下ろす巨大な何者か。 ケンタウロスのように下半身が馬で上半身が人のような風貌をしていましたが、やはりエッヘ・ウーシュカなのでしょうか? 間違いなく善き隣人って感じではなさそうなので、夜の森で出会ったからにはバトルか逃げるのかの展開になっていくのではないかと思われますが…。 どんな展開になるのかがとっても気になってしまいますよね。 そこで今回は、2019年8月5日発売のコミックガーデン掲載漫画『魔法使いの嫁』最新61話のネタバレ確定・あらすじ・考察をお届けしていきます。 私の中の花弁のイメージって、ロードス島戦記のテレビシリーズのOPが原風景なんですよ。 真綾さんの奇跡の海とともにあの美しい映像がお茶の間に流れる異次元感が凄かったの。 毎週OPだけ正座して見ていました。 — イガワ gorouziro 海妖馬に襲われたチセ 腕が変わってしまったあの日から、チセは前にも増し色々な感覚が広がったのを認識していました。 それはおそらく竜の感覚であり、あらゆる影の中に見えなかったものの輪郭が見えるようになっており、どううごめくか・どうささやくか・どう触れてくるかわかりやすくなっていた。 そのため、少しだけ油断してしまっていたのだ。 わからないものはまだ闇の中にあるのという事を…。 チセは倒れていたルーシーを抱えキャンプに戻ろうとしたが、その途中で人馬(セントール)のような姿をした何者かに行く手を遮られることになった。 いきなり襲われてしまったチセは、あいつは真水にふれられないというエリアスの助言を受け川へと向かった。 その途中で、エリアスから海妖馬について説明を受けることになったが、あれはとにかく人を見たら殺さずにはいられないらしい。 毒の霧を吐き畑をあらしもするとのことで、その上で久々に視えるのがきたから海から上がってきたのかもしれないと語った。 チセはルーシーは海妖馬に襲われたのかと考えたが、エリアスが言うにはやり方が違うとのことだった…。 海妖馬がゾーイ・リアン・アイザックの3人に!? エアリスとそんな会話をしながら逃げるチセだったが、先生の元へと向かったルツと共にゾーイ・リアン・アイザックの3人が姿を見せた。 ゾーイ達は嫌な予感がしたようで、先生の元へ向かったが気配がなくルツもまた先生を見つけられなかったのだった。 そんな話をしていると界妖馬が、すぐ後ろにまで迫っていることに気づいたチセは、「早く川の向こうに!」と声をかけた。 しかし海妖馬が狙ったのはゾーイ達3人だったが、辛うじて攻撃を躱した3人。 だが、その際に転んでしまったゾーイのヘッドホンが外れ、その髪は蛇へと変化してしまっていた。 海妖馬は転んだゾーイに狙いを定め襲い掛かろうとしたのだが、次の瞬間にゾーイの蛇たちの力であるゴルゴーンの邪眼により動けなくなっていた。 だが、その代償なのかゾーイも倒れてしまったのだった…。 スポンサーリンク 魔法使いの嫁 ネタバレ最新61話『誘喰馬と泉へ向かうチセとリアン』 全然話してないけどまほ嫁も好きなのよ。 うん — えいニャン(ちろる) opankotabetai エアリスに助言を求めるチセ アイザックが駆け寄る中で、チセは海妖馬が毒の霧を吐き出したことに気づく。 皆に川の向こう側へと向かうようにと声をかけたが、アイザックたちはそれが理解できていなかったが、チセとルツが向こう側へ移動したので着いていくことにした。 その行動は正しかったようで同じく追いかけようとした海妖馬だったが、川を渡ることは出来ないようで怒り狂い叫び声をあげたのであった。 チセはエリアスにどうするべきか尋ねたが、今のうすさでは何にもできないと言われてしまった。 海妖馬を引き付けこの場から遠ざけ追い払うのに川の先の湖が使えるか、昨日の誘喰馬の力を借りた場合、どうすれば食べられずに済むのかをエアリスを頼るチセ。 エリアスは相談ならのれると嬉しそうにし、チセの考えに賛成なようで目の前にある川を使い誘喰馬をここへ呼び寄せていました。 チセの願いを受け誘喰馬から嬉しそうに乗レと告げられると、チセはルーシーをルツに預けて誘喰馬に乗ろうとした。 するとリアンも一緒に行くと言い出し、「一人の方が危ないに決まってんだろ」と言われリアンと共にチセは誘喰馬に乗ったのだった。 リアンはアイザックから君なにも武器持ってないと、鍵のようなものを渡された。 チセたちが誘喰馬と共に挑発するような仕草で湖へと向かうと、追いかけるように海妖馬がチセたちの方へ眼を向ける。 上手く引き付けられたチセ達は、海妖馬に追いかけられながらも、なんとか目的だった湖に到着した。 だが、そこには隠れる場所はなく、降りる場所もなく隠れることも出来ない状況の中で、チセたちが隠れたいと考えていた。 それに気づいた誘喰馬は、ならば任せろと言わんばかりに突然湖の上で立ち上がり、チセたちを背から落とし湖の中へと…。 追いかけてきた海妖馬は、チセたちの姿がないことに気づき、湖の上にいる誘喰馬を睨みつけた。 だが次の瞬間、背後に回った誘喰馬に湖へと蹴り落とされてしまったのだった。 チセは湖に落とされ苦しむ海妖馬の様子に、海妖馬にとって真水は毒なんだと理解した。 だが、その一瞬の隙を突かれ沈む海妖馬に足を取られてしまい、チセは湖の中へと引きずり込まれてしまうのであった…。 チセの呪われた左腕の力 海妖馬はこちらを知覚し、認識するものを逃がすつもりはないようだった。 口を大きく開け、チセを引きずり落とし喰らわんとしていた。 しかし次の瞬間、チセの耳に何者かの声がしたのだ。 「こわい、こわいものはこわさなきゃ」と告げる声に同調したようにチセの呪われた左腕が動き出したのだ。 まるで竜の腕のように変化したチセの左腕は、瞬く間に捕えていた海妖馬の腕を斬り飛ばす。 そして、その身体までもを破壊したのだが、チセには何が起こったのかわからず困惑していた。 一方で先に湖から上がったリアンは、誘喰馬がまだ水の中にいるチセを食おうとしていることを聞きアイザックから受け取った鍵のようなものをギュッと握りしめた。 すると次の瞬間、リアンの手には鉄の斧が握られていたのだった。 アイザックから受け取ったのは倉庫と呼ばれるもので、アイザックの武器庫の中から武器を呼び寄せるものだった。 リアンはあいつの倉庫を使うのは久しぶりだが、相変わらず気が利いて助かると感謝していたのだった…。 水の中へ姿を消した誘喰馬 スコットランドの島の古い話に、娘を喰われた鍛冶屋の男が誘喰馬を殺す話があるという。 鉄の武器を前にした誘喰馬は明らかに警戒を強め、リアンが誘喰馬と相対する中でチセもなんとか湖から出ることができたようだった。 だが、あれは一体なんだったんだろうかと、先程起こったことを消化しきれずにいました。 チセが水の中から上り誘喰馬も手出しができず、水の中からその様子を窺っていたのだが、それに気づいたチセは誘喰馬のもとへ向かった。 そしてチセは私の肉はあげられないが、背中に乗せてくれたお礼だと髪を切り誘喰馬に渡した。 誘喰馬はチセの髪を食らうと、「夜道のヨッパライモ夜通シ歩ク奴モ立チ止マル奴モイナイ」と語った。 そして、チセに「オ前ヒサビサニ夜ヲ歩ク奴、喰エナイノ残念ダッタ」と言い残すと水の中へ姿を消したのであった…。 スポンサーリンク 魔法使いの嫁 ネタバレ最新61話『学院に報告された人外の存在に襲撃』 「魔法使いの嫁」11巻! 人外好きには堪らない作品だよ……. — Liuche りうちぇ Liuche88 海妖馬の騒動を聞いた学園長 キャップ実習中に人外の存在に襲撃されたとの報は、学院にも届いていました。 学園町のライザは、組織の手の者の仕業かと疑っていました。 しかし相手が原住生物である海妖馬によるものだと聞き、魔力を扱う集団が一堂に集まった以上危険はあるとしながらも死人が出なくて良かったと胸をなでおろした。 そして次からは、別地方を実習に当てるようにと指示したのであった。 要観察の子があの学年に集まっていたことを思い出し、ライザは意識不明ということで保護者に連絡を頼むように指示したのだった。 しかし彼女の家には、何かあるのかためらう様子を見せる部下。 それに対し「承知の上だ、地球のどこにいようと来てもらう」と語った。 その上で守る手がなければ代わり、手を差し伸べるのが学院としながらも、その手があるうちは思う存分関わってもらわねばなと告げるのであった。 曰く付きの書物? 学院の中にはなにか曰く付きのものがあるのか、厳重に保管してある一室があった。 職員らしき男は保管されてある棚を一つ一つ確認しては、問題があるかどうか確かめていた。 その中の一つに一冊の本が納められており、男は確認した結果問題なしと判断しその場を後にすのであった…。 スポンサーリンク 『魔法使いの嫁 ネタバレ 最新 確定』まとめ 私の最近の癒し。 「魔法使いの嫁・アニメ版」 全25話を2順目中、たぶん何度観ても飽きないだろうなぁ😍 全キャラ好きだけど、エリアスが一番好き。 父親、夫、恋人、息子、と男の属性を全て持ってる。 学園長もルーシーの保護者に関して、思うところがありそうな様子でしたし彼女の家に何かあるのは間違いなさそうですね。

次の

鬼神の贄嫁~婚前恋戯~第5話のネタバレと感想|めちゃコミック|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

嫁が口を聞いてくれない ネタバレ

俺はリヴァイ、調査兵団で兵士長をやっている。 嫁は人類の希望とうたわれているエレン・イェーガー15歳。 は?ショタコン?ふん、笑わせるな。 愛し合う二人に歳の差なんて関係ねぇんだ。 まあ、確かに一回り以上歳が離れているからな、話が通じない事も多々ある。 が、俺らの関係に言葉なんて必要ない。 ほら、またエレンがこっち見てる。 可愛いなチクショウ。 こんな真昼間から物欲しそうな顔しやがって。 俺と目が合うと顔を赤らめながらすぐ走り去ってしまう。 恥ずかしがり屋だからな、俺の嫁は。 そんな嫁もいざと言う時は人格がガラッと変わって別人みたいになっちまう。 まあ、そんな所も惚れた一つなんだけどな。 初めてあいつと会った時、あいつは鎖に繋がれ牢に入れられていた。 殺されたっておかしくない状況なのに、あいつのあの目。 エルヴィンの前という事も忘れて見惚れちまった。 あの歳であんな威勢張れる奴なんてそうそう居ないぜ?何も知らねぇ癖に生意気な事ばかり抜かしやがる。 でもそこがまた可愛いんだよなチクショウ。 俺も歳を取ったのか?嫁のお願いに弱いんだよ、俺は。 審議所でボッコボコに蹴り倒してやったら、あいつまたあんな目をしやがって。 まあ、俺のモノと見せつけるにはいい機会だったな、本当に。 そしたらエルヴィンの野郎、俺の嫁にベタベタしやがって。 握手?させるかよ。 ドンッとソファに腰かければ嫁はビクッとしてこちらを見た。 なんだよあの目。 さっきの今にも殺してやるって目はどうしたんだよ。 オロオロして今にも泣きそうじゃねぇか。 可愛すぎんだろ。 なんだこのギャップは、チクショウ。 古城に移り、嫁の寝場所は地下室になった。 これは俺も大賛成だ。 なんたってうちの嫁は可愛いからな、変な奴にちょっかい出される心配もねぇ。 この頃だったか?寝てる嫁が余りにも可愛すぎて・・、まあ、その、なんだ・・味見?いや、味見ってか、結構ガッツリ美味しく頂いちまった訳だが。 最初こそ嫌だとかやめろとか騒いでた嫁も、イイ所を攻めちまえば、まあイチコロだったな。 それから2~3日に一回は嫁の部屋に侵入した。 嫁もだいぶ慣れた様子で、古城を出る頃にはいっちょ前に自分から誘ってきたりしてたな。 あれは今思い出しただけでもニヤついちまう。 小屋は狭くてな。 俺は自分の部屋があったが、104期メンツは男子と女子と二部屋しか無かったんだ。 ヤるにヤれなかったんだよ。 したらエレンが「今夜、兵長のお部屋・・行ってもいいですか?」なんて目ウルウルで言ってきたんだよ。 まあ、その夜は、あれだ。 激しくしすぎちまったよな。 次の日なんてベッドから起き上がれずにハンジには体調不良だって事にして実験中止してもらったからな。 流石にあれは俺も反省した。 後、もう一つ嫁にも内緒にしてる事があってな。 巨人化実験で嫁が3日間ぐらい眠ったままの時があったんだが、その時にな、ちょっとな・・・まあ、出来心でな。 その、なんだ、イタズラと言うか、まあ、ガッツリやっちまった訳だが。 俺は何回ガッツリやっちまってんだって話だ。 まあ、睡姦ってやつか。 いや、あれは結構良かったんだよな。 普段と締まり具合が違っててだな・・・まあ、そんな生々しい話はどうでもいいか。 とりあえず嫁の寝顔が可愛いこと可愛いこと・・・。 内緒でモブリットにスケッチしてもらってな。 モブリットは真面目だから『普段の寝顔をスケッチする必要性は何ですか?』なんて聞くもんだから適当に「傷の治り加減を見比べたいんだ」とか何とか言って描いてもらったんだよ。 今じゃ俺の家宝だ。 たまに一人でムラムラしちまった時はだいぶ世話になってるな。 そんであの小屋を出た後、ケニーに嫁を囚われちまって俺は焦りに焦った。 なんたってケニーと俺の好きな物は大体同じだからな。 絶対嫁にちょっかい出すと思ったから必死になって探したぜ。 途中でエルヴィンが捕えられちまって拷問されたらしいが、エルヴィンには申し訳ないが、嫁のが最優先だったからな。 まあ、あいつはちょっと殴られる位どうって事ねぇだろうと思ったし、ハンジも傍についてたしな。 ようやくエレンを見つけ出したと思ったらケニーの一味がめちゃくちゃ攻撃してきやがって。 しかも、しかもだ。 何とか奴らを掻い潜り爆発音と共に最深部についてみれば、俺の・・おれの嫁が・・・上半身裸で縛り付けられてるじゃねぇか・・・。 チクショウ。 うちの嫁はそんな安売りしてねんだよ。 この可愛くて厭らしい乳首を拝めるのはこの俺だけなんだよ。 あぁ、胸糞悪ぃ。 地上に出た瞬間、速攻で俺の服を着せてやった。 あの黒いやつな。 俺が着た服を嫁が着た・・・=彼シャツってやつか?かなり萌えたな。 まあ、あの時はそんな事言ってられる余裕なんか無かったからな。 今にして思えばの話だ。 そして嫁が着たやつをまた俺が着てる訳だが。 まあ、最高だな。 もう絶対洗濯しねぇ。 あ?潔癖だ?んなもん嫁となれば話は別だ。 なんとでも言ってくれ。 しっかし、あの根暗女。 あいつには本当に困ってる。 『私のエレン』とか連呼しやがって、ベッタベタくっついてるしよ。 お前のじゃねぇって。 俺のだってのによ。 まあ、根暗女は知らねぇだろうが、その服の下はな、俺の印で埋め尽くされてるからな。 嫁が恥ずかしがるから見える所にはつけられないんだがな。 服の下はそりゃびっちりだ。 腹も腰も、長くて綺麗な脚にもだ。 ただ残念な事に巨人化の影響からか、その印はすぐに消えちまう。 なんてこった。 まあ、消えればまた付けるだけなんだがな。 今日の実験でな、嫁が鼻血を出しちまったんだ。 嫁は大丈夫だ、なんて言っていたが、俺は気が気じゃ無かったぜ、本当によ。 こりゃ巨人化実験も考えもんだな。 俺の大切な嫁が死んじまったら俺は生きてけねぇよ。 その夜は嫁を優しく抱いてやったんだ。 抱くって厭らしい意味じゃ無いぞ?単純に抱き合って眠っただけだ。 今は二人だけの幸せを噛み締めたいんだ。 次の日目覚めたら隣に嫁が居なくて焦った。 ベッドから落ちて腰を痛めちまった。 人類最強が聞いて呆れるよな。 結局嫁は朝ご飯を取りに出かけていただけで、後でベッドから落ちた事を笑われた。 あぁ、お前のその笑顔絶やしたくねぇなぁ。 早くこの戦いが終わらないもんか。 今は比較的暇な時期だからな。 嫁とずっとイチャイチャしている。 一緒にご飯食ったり、一緒に風呂に入ったり、まあ、そのアレだ。 一緒に寝たり、な。 最近は嫁からキスしてくるんだ。 本当に可愛いくて仕方がない。 あんなに恥ずかしがり屋だった癖に、最近はヤケに大胆なんだよな。 どっかで変な事吹き込まれたんじゃないかと心配でしょうがねぇ。 何せ暇と言っても俺は会議だし、嫁は孤児院の手伝いだしな。 そんな楽しかった時期はすぐに過ぎ去り、最後の戦いに向けて兵団は準備をしていた。 その夜は兵団に肉が振る舞われた。 あの馬面とイチャイチャしてるからよ、腹が立って蹴り飛ばしちまった。 ちょっとDVっけがあるのか俺は?気をつけなきゃな。 その夜は本当にあっという間だった。 嫁は幼馴染みと話し終えた後俺の部屋に来た。 凄く震えていた。 怖いんだろうな。 そりゃそうだ。 なんたってまだ15のガキだ。 威勢を張っても隠しきれない感情が出てきちまったんだろうな。 慰めるように強く抱き締めてやった。 殆ど寝れないまま朝がやって来た。 まあ、どんな結果になろうとも、俺も嫁も死にゃしない。 いや、死なせてたまるか。 平和になった後、俺は嫁と二人で暮らすんだ。 家は大きくなくたっていい。 街から外れてても構わない。 嫁と静かに暮らすって決めてんだ。 畑に野菜を植えてな。 二人で収穫すんだ。 太陽の下で光り輝く嫁の笑顔。 あぁ、俺は産まれてきて良かった。 こんな幸せに巡り会えるなんてな。 だから・・・・・・ そんな悲しい顔で泣くなよ・・・・・・・・・。 「やだ、やだよぉ・・・死んじゃ・・・うぅっ、やだあ、ねぇ?兵長、一緒に、住むって、約束、したじゃない、ですかぁ・・・ううっ、ねぇ、なんとか、言って、くださいよぉ・・一緒に、畑、作って、静かに、暮らすって、やくそく、どうするんですか・・ねぇってばぁ・・・」 悪いな、エレンよ。 そんな悲しい顔させちまって。 こんな所でくたばる俺じゃないと、思ってたんだがな・・・。 それでも俺は幸せだった。 お前と一緒に過ごせて。 なに、少しのお別れだ。 きっとまた、どこかで巡り会えるさ。 だから、そんな悲しそうな、顔を・・、しないで、くれ・・・。 「へいちょお!!! へいちょおおお!!! や、やだやだ、ねぇ、ねえ!!! 一人に、しないでよおぉ、お願い、ねぇ・・・・・・・・・へいちょう、リヴァイ、さん、ねぇ、ねえ、やだ、やだあぁ、いかないで、ねぇ!!! うぅっ・・・くっ・・・」 「き、っと、また、あ・・える・・・」 リヴァイの顔はそれはそれは幸せそうだった。 果ての無いくらい広い壁の外で、エレンの泣き叫ぶ声が無情にも響き渡っていた。 [newpage] 俺はリヴァイ、この広い土地一帯で嫁と農業を営みながら生活している。 うちで採れる野菜や果物達は大人気でな。 改良に改良を重ねて、味、品質も一流のブランドだ。 それもそのはず。 なんたって、うちの可愛い可愛い嫁が愛情込めて毎日育てているからな。 不味い訳がない。 最近の悩みと言えば嫁が可愛すぎる事だ。 しょっちゅう卸売業者の野郎にナンパされちまって、もう俺は毎日ヒヤヒヤだ。 かと思いきやうちの野菜を置いてもらってるスーパーの女共からも遊びに行ことかちょっかい掛けられてよ。 男女問わずモテるモテる。 まあ、常日頃から片時も離れず俺が監視してるから大事には至ってないがな。 今日も太陽の下で輝く野菜達と嫁の笑顔。 俺はなんて幸せなんだろうな。 「リヴァイさーーん!!! そろそろ、お昼休憩しましょーー!!! 」 隣の畑から嬉しそうにお弁当を抱えて走って来る嫁。 あぁ、もう、幸せすぎる。 「今日の昼飯はなんだ?」 「今日はですね、昨日採れたアスパラを炒めてベーコンで巻いてみました~!!! ほら見て!アスパラこんなに大きいよ!!! 」 そこには色艶ともに最高級のアスパラが贅沢にもベーコンに巻かれてお弁当を彩っていた。 見ろ、この美しいアスパラを。 いや、美しいのはアレだ、嫁だ。 美しい嫁が美しく野菜を育てりゃ、野菜も美しくなって当然だ。 あぁ、もう俺はなんて幸せもんなんだろうな?まあ、まだまだ嫁については語りたい事ばかりなんだがな。 話しすぎても限りがないからなぁ。 まあ、なんにせよ、俺の自慢の嫁なんだよ。 「リヴァイさん、ほっぺにご飯粒付いてますよ?」 パコっと口を開けてほっぺをかじられた。 可愛すぎて俺はノックアウト寸前だ。 うちの嫁はこういう所も可愛いんだよな・・・・・・ってまた嫁自慢が始まっちまう所だった。 また嫁自慢を聞きたくなったらいつでも語ってやるからな。 暑い日差しが降り注ぐ8月の青空の下。 二人の笑顔は日差しに負けない位キラキラと輝きに満ちていた。 fin.

次の