アダマ シア デッキ。 遊戯王カードWiki

【デッキ紹介・考察】魔救(アダマシア)のススメ

アダマ シア デッキ

直球ではなく可能性を追求するカード ふむふむ【アダマシア】の特徴であるトップをめくる効果を伸ばすカードですねぇ。 基本的にチューナー+非チューナーと並べた時に発動すると7枚めくってレベル7以下を手札に加える、発動後に岩石族のみの特殊召喚縛りがつくので要注意ですな。 個人的に【アダマシア】の直球強化は「アダマシア」チューナーと非チューナーを1セット追加する事だと思います、効果は無難な共通効果で充分。 あと1セットあれば安定性は半端ない物になると思っています。 今回の強化はめくる効果による補助ですが、SS条件が違う《魔救の分析者》以外の「アダマシア」チューナーがめくれると展開補助となり悪くなさそうはあります。 シンクロドラガイトは墓地に水属性さえ居ればクリスタルウィングより無効範囲が広く、対象を取らないバウンスでかなりの対応力を持っています。 墓地に水が居ない場合、「アダマシア」Sモンスターに水属性は居ないのでドラガイトの素材としてブリューナクや白闘気海豚などを利用するのも良いですね。 ドラガイトはやはり名実共にこのデッキのエースモンスター! ハリファイバーリンクロスとの噛合い 《魔救の奇縁》は発動後に岩石族縛りが出てしまうのでハリファイバー&リンクロスのギミックを使用する場合は奇縁を発動する前に使用するしかないですねぇ。 ハリファイバーのリクルート効果によって「アダマシア」チューナーを用意すればそこからめくる効果で展開に成功すると奇縁で7枚めくれるので大体ヒットしそうです。 岩石族のリンクモンスターは現在《ジェムナイト・ファントムルーツ》しか存在しないので展開次第ではハリファイバーをリンクロスに変換せず、ハリファイバーの相手ターンSチューナーSS効果を狙うのもアリかもしれませんね。 このシステムを使う場合でも奇縁はそこまで邪魔にならなさそうでなによりです。 コアキメイル出張 現在主流のコアキメイル「オーバードーズ」「ガーディアン」の出張ですがここは好みですが枠の関係上減らす事になるかもしれません。 おいさん個人としてはドラガイト等を展開していく方向での構築なので無問題なのですが、上記の様なルートを楽しむ方にとってはあまり有用では無さそうなので好みが分かれそうなところですね。

次の

遊戯王カードWiki

アダマ シア デッキ

御影志士リサーチャーとは? 《御影志士》の効果から《魔救の探索者》をサーチして自らの効果で特殊召喚する動き。 「魔救(アダマシア)」では日常的に行われているムーブですが、メインデッキ内の岩石族濃度が濃いなら「魔救(アダマシア)」以外のデッキでも使えそうな印象があるのでご紹介します。 1 :このカードのX素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。 岩石族版の《キングレムリン》的存在。 サーチだけでなく手札からの岩石族裏側守備表示特殊召喚にも対応している。 今回は岩石族サーチを主に使います。 1 :自分フィールドに「魔救の探索者」以外の岩石族モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 《御影志士》のサーチ効果に対応しているレベル2岩石族チューナー。 …ちなみに岩石族感はゼロである。 自分フィールドに岩石族モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚する事が可能なので、《御影志士》を参照すればそのまま出てきます。 任意のモンスターをデッキトップに積み込む事が出来るデッキは例外ですが、そうでないならデッキ内の岩石族濃度は重要になってきます。 ちなみに、「アダマシア」の効果からポッと出てくる「コアキメイル」達が私は大変苦手です。

次の

新規テーマ『アダマシア』デッキレシピ紹介! / 広島店の店舗ブログ

アダマ シア デッキ

御影志士リサーチャーとは? 《御影志士》の効果から《魔救の探索者》をサーチして自らの効果で特殊召喚する動き。 「魔救(アダマシア)」では日常的に行われているムーブですが、メインデッキ内の岩石族濃度が濃いなら「魔救(アダマシア)」以外のデッキでも使えそうな印象があるのでご紹介します。 1 :このカードのX素材を1つ取り除き、以下の効果から1つを選択して発動できる。 岩石族版の《キングレムリン》的存在。 サーチだけでなく手札からの岩石族裏側守備表示特殊召喚にも対応している。 今回は岩石族サーチを主に使います。 1 :自分フィールドに「魔救の探索者」以外の岩石族モンスターが存在する場合に発動できる。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 自分のデッキの上からカードを5枚めくる。 その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。 残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。 《御影志士》のサーチ効果に対応しているレベル2岩石族チューナー。 …ちなみに岩石族感はゼロである。 自分フィールドに岩石族モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚する事が可能なので、《御影志士》を参照すればそのまま出てきます。 任意のモンスターをデッキトップに積み込む事が出来るデッキは例外ですが、そうでないならデッキ内の岩石族濃度は重要になってきます。 ちなみに、「アダマシア」の効果からポッと出てくる「コアキメイル」達が私は大変苦手です。

次の