ミスター サンデー リアルタイム。 中居正広 X Mr.サンデー

MrサンデーのMr.サンデー・ミスターサンデー・宮根が話題

ミスター サンデー リアルタイム

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 『 Mr. サンデー』(ミスター サンデー)は、(22年)より、・の共同制作により、(・) で毎週 22:00 - 23:15()にされる。 概要 [ ] から2010年にかけて放送された情報番組『』のが低迷したため、この枠の全面リニューアルを実施することとなり、情報番組『』(制作・全国放送)などで活躍する(元、現在は)と、かつて同局の『』で活躍していた(フリーアナウンサー)が起用された。 同枠における滝川の担当は同時間帯で放送がされていたと司会を務めていた情報番組『』以来である。 宮根はを拠点とすることに変わりはなく、「ミヤネ屋」は読売テレビのスタジオ(大阪市中央区)で生放送しているため毎週末のみ東京へ移動し、本番組に出演する。 2020年4月19日から6月14日までは大阪から移動している宮根が感染対策のため、宮根は関西テレビのスタジオから出演した。 (三田はフジテレビから出演) 2014年10月には『EZ! 2020年4月には番組開始10周年を迎えた。 長きにわたり()は行われなかったが、放送分よりリアルタイム字幕放送を実施した。 沿革 [ ] 放送開始から2010年10月まで 前半部はその週の主なニュースから2・3項目を取り上げ紹介。 後半部は・の話題をの解説を交えて紹介するコーナーを設けた。 この時は司会二人によるミニコントや放送後の生反省会などバラエティー的な要素を取り入れていた。 2010年10月 - 2013年3月24日 番組フォーマットが全編にわたりリニューアル。 まず、その週で一番注目されたニュースを20分- 30分かけて紹介。 その後、そのほかの話題をインデックス形式で報じる形式になった。 また、生反省会に変わる話題商品の紹介コーナーが設けられた(2011年3月まで)。 さらに、ビジネスの特集コーナーが終了し、一般的な特集コーナーに変わった(から形式のものまで多様)。 2013年4月1日 - 2014年3月23日 が2代目アシスタントキャスターとして加入し、スタジオセットが一新。 2014年3月30日 - 2019年3月24日 番組ロゴ・セット・テーマ曲が番組開始以来初めて一新され、タイトルロゴはピンクのパズルの形をしたものになった。 番組フォーマットにおいては変わらず。 2019年4月7日 - 現在 (フジテレビアナウンサー)が3代目アシスタントキャスターとして加入し、5年ぶりのリニューアルを行う。 また2020年に入ってからは新型コロナウイルスの話題を中心に取り上げており、外出自粛の影響からか東西で視聴率が増加している。 2020年放送分で関東地区で17. 出演者 [ ] 総合司会• より月 - 木曜日の『』を兼務。 なお、三田は過去に代理として本番組のアシスタントを担当したことがある(後述)。 コメンテーター 週により「Dr. サンデー」のコーナーやその他のコーナーの解説者が出演することがある。 ただし、「Dr. サンデー」の解説者はが兼ねることもある。 (ジャーナリスト)• (音楽プロデューサー、元のキーボーディスト)• (作家、音楽家)• (女医、)• (女優、脚本家、小説家)• (メンタルトレーナー、五輪メダリスト)• (作家)• (弁護士、元フジテレビアナウンサー)• ほか 過去の出演者 [ ] メインキャスター(MC)• からまで月 - 木曜日の『』、より月 - 木曜日の『』をそれぞれ兼務。 2018年10月の結婚後に第1子を懐妊したため、をもって番組を降板。 代役キャスター• (フジテレビアナウンサー)• (フジテレビアナウンサー) 特別企画のMC• (、2020年4月12日・)• 本番組の特別編である『 Mr. 』が放送された際に引き続き出演している。 2019年の特別企画「Mr. 生で納得させて! 」には相方のとともに、同年の同様の企画には太田のみがスペシャルゲストとして出演した。 コメンテーター• (元ニューズウィーク日本版編集長)• に木村太郎が加入してからは、木村と交互に出演。 放送分での手術の話題を取り上げた際に、自身もがんを治療中であることを告白した。 以降も闘病を続けながら出演していたが、の午後に、のため51歳で逝去。 木村と共に出演した2015年の最終放送(放送分)が、生前最後のテレビ出演になった。 逝去当日は2016年最初の放送日でもあったため、本番組では、エンディングで竹田の訃報を伝えた。 その際には、MCの宮根が「『こうやって生きていって、こうやって旅立っていくんだな』と本当に体現した人ですよね。 スタッフ一同ご冥福をお祈りいたします」というコメントを述べることで、竹田への弔意を示した。 また、逝去翌週()の放送では、番組の後半を竹田の追悼特集に充てた。 お天気キャスター(異常気象時、台風時のみ)• (気象予報士)(2012年7月15日、8月26日、2013年4月7日、7月28日、10月20日)• 滝川は、 と の本番組を休み、フジテレビのが代理を務めた。 また、は滝川が取材のためからリポートを入れ、スタジオでは同様に加藤が代理出演した。 宮根は、は取材のため、翌週12日は夏休みのため、フジテレビアナウンサーのが代理出演した。 2013年・2014年・2017年・2018年の夏休みは代理が置かれず(椿原だけで番組進行)、その代わりに隔週コメンテーターの木村太郎と竹田圭吾が同時出演した。 2019年はが出演。 椿原は、とは夏休みのため、が代役を務めた。 、とは夏休みのため、が代役を務めた。 は夏休みのため、が代役を務めた。 2016年はアメリカ大統領選挙の取材のため、が代役を務めた。 三田は、は夏休みのため、佐々木恭子が代役を務めた。 2019年12月22日の2時間スペシャル(21:15 - 23:24)は『』の取材のため、が代役を務めた。 主なコーナー [ ] 現在のコーナー [ ] ぶっちゃけ部屋(不定期) 宮根とコメンテーターの1人が「ぶっちゃけ部屋」(スタジオ前控え室)へ移動し、そこで1つのニュースについてコメンテーターが自らの見解を述べる。 終了間際には画面左下にカンペを模したテロップでカウントダウンが表示される。 がんの闘病中に短距離の移動でを使用していた竹田は、自身の意思から、スタジオおよび「ぶっちゃけ部屋」にもっぱら徒歩で出入りしていた。 天気予報 三田が伝える。 1週間の予定 過去のコーナー [ ] 宮根家のギモン 宮根と滝川が宮根家の夫婦役を演じる事前収録のミニコントで、社会問題や気になるニュースを提起するコーナー。 原則的に「Dr. サンデー」の前振りとしての役目を持ち、その週に提起するテーマはサブタイトルとして、コーナーロゴとともに画面に表示される。 このサブタイトルとは別の「嫁はん・・・する」といったサブタイトルを宮根が告げることでコーナーが開始することも多く、また、この「嫁はん・・・する」というサブタイトルは、宮根がエンディングコーナーで、来週の予告として発表することも多い。 第1週目は、宮根のみが帰宅し、嫁はん役の滝川が出演するニュース番組を見るという形でのミニコントであったが、2週目以降は、嫁はんも帰宅し、宮根家の自宅でのミニコントが二人の掛け合いで進められる。 サンデー交通 宮根演じるサンデー交通のタクシー運転手が、番組出演後の滝川を家へと送るという設定での生反省会、生ボヤキのエンディングコーナー。 宮根は毎週違う運転手名を名乗り、滝川と車中で会話する形で進められた。 Na-ze? (ナゼ) 取り上げるVTR中で、キーワードとなる部分でコーナーロゴが登場する。 サンデー 社会問題や気になるニュースを、週替わりの専門家であるDr. サンデーが解説していくコーナー。 スタジオに設置されたスクリーンに表示された項目に宮根がタッチする「ミヤネタッチ」でコーナーを進めていく。 10月24日は「特別版」として滝川が「COP10」関係のリポートを担当した。 今夜の一大事 今週一番注目した話題を取り上げる。 今夜の一品 2010年10月から「サンデー交通」に替わって登場したエンディングコーナー。 2011年3月まで話題の商品を紹介した。 ニッポン新書 毎回一つのテーマについて深く掘り下げ、日本の今を読み解く。 カメラが捉えた1週間 1週間の間に撮影された報道カメラや防犯カメラ、一般視聴者提供の映像を紹介し、1週間のニュースを振り返っていた。 NEWSストーリー 話題になったニュースの詳細や裏側を、当事者へのインタビューや資料などを基に再現ドラマで紹介すしていた。 テーマ曲 [ ] 期間 テーマ曲 エンディング曲 2010. 18 2012. 18 「Mr. サンデー」 () 「」 (宮根誠司と2T) 2012. 01 2014. 23 「」 () 2014. 30 2015. 22 「BEGINNING」 () 「KING」 () 2015. 12 2016. 27 「」 () 2016. 03 2017. 26 「follow me」 () 2017. 02 2018. 25 「ヒーロー」 () 2018. 01 2019. 24 「Power of love」 () 2019. 07 2020. 28 「Ripples」 (櫻井真一) 「SUN DAY」 () 2020. 05 現在 「」 () スタッフ [ ] 2019年11月17日現在• ナレーター: 、(2012年10月 - )、、、原扶貴子• 構成:石井成和、、村井聡之、川島浩司、望月佐一郎、• TD:大嶋徹(以前はSW兼務)• カメラ:堀田香菜美• 音声:村脇昭一• VE:富田祐介• 照明:毛利克也• 音楽:櫻井真一• 音響効果:星川秀一• LED:東京チューブ• 編集:テレモーションマックス、• 技術協力:• 美術制作:古川重人(フジテレビ)• アートコーディネーター(2018年3月まで美術進行):服部孝志• デザイン:齋田崇史(フジテレビ)• 大道具:新屋貴之• アクリル装飾:今井輝彦• 電飾:石井誠• メイク:• 校正:黒木勝己()• 電子タイトル:小池潤• CG:TELESIGHT• CGタイトル:齋藤一広(フジテレビ、以前は手書きタイトル)• マルチデザイン:島内麻衣• 制作デスク:加用有香里(フジテレビ)• TK:菊地瑞穂• 海外リサーチ:岩田久美子• リサーチ:片山幸 行 信、金山亜希子、石尾陽子• AD:中澤勇、桐山真之介、山本真子、大村一平、河西美佐子、繁田絢也、片山玲菜、井上いちご、小林美海、島元絵美理、野元章世、丸岡健、原田美智瑠• FD:藤木伸一郎(フジテレビ)• 制作著作:、 過去のスタッフ [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年3月)• ナレーター:(2010年4月 - 2012年9月)• 構成:張眞英、、、橋本有一、小林学、平和紘• 統括編集長:(フジテレビ)• 統括:大野高義(フジテレビ、以前は統括編集長)、濱潤(フジテレビ、2018年4月29日までプロデューサー、2018年7月29日まで統括)• リサーチ:インテージ• TD:上村克志• SW:村野哲也• カメラ:伴野匡• 音声:藤橋浩司郎• VE:佐藤光• 音楽:• 大道具:毛利彰、井田正也、島田秀樹• 電飾:菅田重樹• 校正:加藤武人・岡本淳・中島幸司(3人共)• CG:井上明裕・多田圭・園田護(3人共フジテレビ)• CGタイトル:岩崎光明(フジテレビ)• 手書きタイトル:湯浅信人• 電子タイトル:タイトルアート、宮戸夏美、若林夏生、藤原佑亮、清水えりか• 制作協力:• TK:上野和美、長里朝実• AD:金澤朋代、宮崎泰樹、安田将太、小池純子、松澤瑞希、北村優香、高橋良太、石上祥、浦瀬皓介、酒井優太、堤航太、土屋良太、鬼山妃菜、山下紫苑、尾崎友香、鎌田郁実、畑山穂• スタジオ演出:杉崎朋子(フジテレビ)、近藤兵衛(関西テレビ)• チーフディレクター:尾形征輝・西村陽次郎(2人共フジテレビ)• 総合演出:渡辺貴(フジテレビ、以前はチーフディレクター)、加藤正臣(フジテレビ)• FNNの系列局では同時ネット。 2018年4月より、19:00または19:57開始の前拡大放送の場合はNST新潟総合テレビ ・長野放送・富山テレビ・東海テレビ・サガテレビ・沖縄テレビではフジテレビ・関西テレビの放送終了6分前に飛び降り となる。 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 (CX) 共同制作局 日曜 22:00 - 23:15 (KTV) 共同制作局 (UHB) (mit) (OX) (AKT) (SAY) (FTV) (NST) (NBS) (SUT) (BBT) (ITC) (FTB) (THK) ・ (TSK) (OHK) (tss) (EBC) (KSS) (TNC) (STS) (KTN) (TKU) (KTS) (OTV) 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• (クロスネット局であるとでは、本番組の放送時間帯は制作の『』『』を同時ネットで放送しているため、この2局を除く)• 『』をのみ降板となって1クール後の2010年7月より、概ね隔週出演。 の『スーパーニュース』完全降板後も出演ペースは変わっていない。 3月31日は、番組休止のため、3月24日に降板となる• この日は夏休みのため出演休止だった。 この日はにかかったことによる出演休止だった。 作詞・作曲は。 高野は以前にも、同枠で放送された『』や『』のテーマ曲を手掛けている。 フジテレビアナウンサー時代から担当。 2018年4月以降に『』の末尾6分がローカルセールス枠に転換されたためである。 出典 [ ].

次の

中居正広 X Mr.サンデー

ミスター サンデー リアルタイム

(終了した番組・中継を含みます)は、での販売や公式な、またはが紹介するまで、 出典として用いないで下さい。 に基づき除去される場合があります。 『 Mr. サンデー』(ミスター サンデー)は、(22年)より、・の共同制作により、(・) で毎週 22:00 - 23:15()にされる。 概要 [ ] から2010年にかけて放送された情報番組『』のが低迷したため、この枠の全面リニューアルを実施することとなり、情報番組『』(制作・全国放送)などで活躍する(元、現在は)と、かつて同局の『』で活躍していた(フリーアナウンサー)が起用された。 同枠における滝川の担当は同時間帯で放送がされていたと司会を務めていた情報番組『』以来である。 宮根はを拠点とすることに変わりはなく、「ミヤネ屋」は読売テレビのスタジオ(大阪市中央区)で生放送しているため毎週末のみ東京へ移動し、本番組に出演する。 2020年4月19日から6月14日までは大阪から移動している宮根が感染対策のため、宮根は関西テレビのスタジオから出演した。 (三田はフジテレビから出演) 2014年10月には『EZ! 2020年4月には番組開始10周年を迎えた。 長きにわたり()は行われなかったが、放送分よりリアルタイム字幕放送を実施した。 沿革 [ ] 放送開始から2010年10月まで 前半部はその週の主なニュースから2・3項目を取り上げ紹介。 後半部は・の話題をの解説を交えて紹介するコーナーを設けた。 この時は司会二人によるミニコントや放送後の生反省会などバラエティー的な要素を取り入れていた。 2010年10月 - 2013年3月24日 番組フォーマットが全編にわたりリニューアル。 まず、その週で一番注目されたニュースを20分- 30分かけて紹介。 その後、そのほかの話題をインデックス形式で報じる形式になった。 また、生反省会に変わる話題商品の紹介コーナーが設けられた(2011年3月まで)。 さらに、ビジネスの特集コーナーが終了し、一般的な特集コーナーに変わった(から形式のものまで多様)。 2013年4月1日 - 2014年3月23日 が2代目アシスタントキャスターとして加入し、スタジオセットが一新。 2014年3月30日 - 2019年3月24日 番組ロゴ・セット・テーマ曲が番組開始以来初めて一新され、タイトルロゴはピンクのパズルの形をしたものになった。 番組フォーマットにおいては変わらず。 2019年4月7日 - 現在 (フジテレビアナウンサー)が3代目アシスタントキャスターとして加入し、5年ぶりのリニューアルを行う。 また2020年に入ってからは新型コロナウイルスの話題を中心に取り上げており、外出自粛の影響からか東西で視聴率が増加している。 2020年放送分で関東地区で17. 出演者 [ ] 総合司会• より月 - 木曜日の『』を兼務。 なお、三田は過去に代理として本番組のアシスタントを担当したことがある(後述)。 コメンテーター 週により「Dr. サンデー」のコーナーやその他のコーナーの解説者が出演することがある。 ただし、「Dr. サンデー」の解説者はが兼ねることもある。 (ジャーナリスト)• (音楽プロデューサー、元のキーボーディスト)• (作家、音楽家)• (女医、)• (女優、脚本家、小説家)• (メンタルトレーナー、五輪メダリスト)• (作家)• (弁護士、元フジテレビアナウンサー)• ほか 過去の出演者 [ ] メインキャスター(MC)• からまで月 - 木曜日の『』、より月 - 木曜日の『』をそれぞれ兼務。 2018年10月の結婚後に第1子を懐妊したため、をもって番組を降板。 代役キャスター• (フジテレビアナウンサー)• (フジテレビアナウンサー) 特別企画のMC• (、2020年4月12日・)• 本番組の特別編である『 Mr. 』が放送された際に引き続き出演している。 2019年の特別企画「Mr. 生で納得させて! 」には相方のとともに、同年の同様の企画には太田のみがスペシャルゲストとして出演した。 コメンテーター• (元ニューズウィーク日本版編集長)• に木村太郎が加入してからは、木村と交互に出演。 放送分での手術の話題を取り上げた際に、自身もがんを治療中であることを告白した。 以降も闘病を続けながら出演していたが、の午後に、のため51歳で逝去。 木村と共に出演した2015年の最終放送(放送分)が、生前最後のテレビ出演になった。 逝去当日は2016年最初の放送日でもあったため、本番組では、エンディングで竹田の訃報を伝えた。 その際には、MCの宮根が「『こうやって生きていって、こうやって旅立っていくんだな』と本当に体現した人ですよね。 スタッフ一同ご冥福をお祈りいたします」というコメントを述べることで、竹田への弔意を示した。 また、逝去翌週()の放送では、番組の後半を竹田の追悼特集に充てた。 お天気キャスター(異常気象時、台風時のみ)• (気象予報士)(2012年7月15日、8月26日、2013年4月7日、7月28日、10月20日)• 滝川は、 と の本番組を休み、フジテレビのが代理を務めた。 また、は滝川が取材のためからリポートを入れ、スタジオでは同様に加藤が代理出演した。 宮根は、は取材のため、翌週12日は夏休みのため、フジテレビアナウンサーのが代理出演した。 2013年・2014年・2017年・2018年の夏休みは代理が置かれず(椿原だけで番組進行)、その代わりに隔週コメンテーターの木村太郎と竹田圭吾が同時出演した。 2019年はが出演。 椿原は、とは夏休みのため、が代役を務めた。 、とは夏休みのため、が代役を務めた。 は夏休みのため、が代役を務めた。 2016年はアメリカ大統領選挙の取材のため、が代役を務めた。 三田は、は夏休みのため、佐々木恭子が代役を務めた。 2019年12月22日の2時間スペシャル(21:15 - 23:24)は『』の取材のため、が代役を務めた。 主なコーナー [ ] 現在のコーナー [ ] ぶっちゃけ部屋(不定期) 宮根とコメンテーターの1人が「ぶっちゃけ部屋」(スタジオ前控え室)へ移動し、そこで1つのニュースについてコメンテーターが自らの見解を述べる。 終了間際には画面左下にカンペを模したテロップでカウントダウンが表示される。 がんの闘病中に短距離の移動でを使用していた竹田は、自身の意思から、スタジオおよび「ぶっちゃけ部屋」にもっぱら徒歩で出入りしていた。 天気予報 三田が伝える。 1週間の予定 過去のコーナー [ ] 宮根家のギモン 宮根と滝川が宮根家の夫婦役を演じる事前収録のミニコントで、社会問題や気になるニュースを提起するコーナー。 原則的に「Dr. サンデー」の前振りとしての役目を持ち、その週に提起するテーマはサブタイトルとして、コーナーロゴとともに画面に表示される。 このサブタイトルとは別の「嫁はん・・・する」といったサブタイトルを宮根が告げることでコーナーが開始することも多く、また、この「嫁はん・・・する」というサブタイトルは、宮根がエンディングコーナーで、来週の予告として発表することも多い。 第1週目は、宮根のみが帰宅し、嫁はん役の滝川が出演するニュース番組を見るという形でのミニコントであったが、2週目以降は、嫁はんも帰宅し、宮根家の自宅でのミニコントが二人の掛け合いで進められる。 サンデー交通 宮根演じるサンデー交通のタクシー運転手が、番組出演後の滝川を家へと送るという設定での生反省会、生ボヤキのエンディングコーナー。 宮根は毎週違う運転手名を名乗り、滝川と車中で会話する形で進められた。 Na-ze? (ナゼ) 取り上げるVTR中で、キーワードとなる部分でコーナーロゴが登場する。 サンデー 社会問題や気になるニュースを、週替わりの専門家であるDr. サンデーが解説していくコーナー。 スタジオに設置されたスクリーンに表示された項目に宮根がタッチする「ミヤネタッチ」でコーナーを進めていく。 10月24日は「特別版」として滝川が「COP10」関係のリポートを担当した。 今夜の一大事 今週一番注目した話題を取り上げる。 今夜の一品 2010年10月から「サンデー交通」に替わって登場したエンディングコーナー。 2011年3月まで話題の商品を紹介した。 ニッポン新書 毎回一つのテーマについて深く掘り下げ、日本の今を読み解く。 カメラが捉えた1週間 1週間の間に撮影された報道カメラや防犯カメラ、一般視聴者提供の映像を紹介し、1週間のニュースを振り返っていた。 NEWSストーリー 話題になったニュースの詳細や裏側を、当事者へのインタビューや資料などを基に再現ドラマで紹介すしていた。 テーマ曲 [ ] 期間 テーマ曲 エンディング曲 2010. 18 2012. 18 「Mr. サンデー」 () 「」 (宮根誠司と2T) 2012. 01 2014. 23 「」 () 2014. 30 2015. 22 「BEGINNING」 () 「KING」 () 2015. 12 2016. 27 「」 () 2016. 03 2017. 26 「follow me」 () 2017. 02 2018. 25 「ヒーロー」 () 2018. 01 2019. 24 「Power of love」 () 2019. 07 2020. 28 「Ripples」 (櫻井真一) 「SUN DAY」 () 2020. 05 現在 「」 () スタッフ [ ] 2019年11月17日現在• ナレーター: 、(2012年10月 - )、、、原扶貴子• 構成:石井成和、、村井聡之、川島浩司、望月佐一郎、• TD:大嶋徹(以前はSW兼務)• カメラ:堀田香菜美• 音声:村脇昭一• VE:富田祐介• 照明:毛利克也• 音楽:櫻井真一• 音響効果:星川秀一• LED:東京チューブ• 編集:テレモーションマックス、• 技術協力:• 美術制作:古川重人(フジテレビ)• アートコーディネーター(2018年3月まで美術進行):服部孝志• デザイン:齋田崇史(フジテレビ)• 大道具:新屋貴之• アクリル装飾:今井輝彦• 電飾:石井誠• メイク:• 校正:黒木勝己()• 電子タイトル:小池潤• CG:TELESIGHT• CGタイトル:齋藤一広(フジテレビ、以前は手書きタイトル)• マルチデザイン:島内麻衣• 制作デスク:加用有香里(フジテレビ)• TK:菊地瑞穂• 海外リサーチ:岩田久美子• リサーチ:片山幸 行 信、金山亜希子、石尾陽子• AD:中澤勇、桐山真之介、山本真子、大村一平、河西美佐子、繁田絢也、片山玲菜、井上いちご、小林美海、島元絵美理、野元章世、丸岡健、原田美智瑠• FD:藤木伸一郎(フジテレビ)• 制作著作:、 過去のスタッフ [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年3月)• ナレーター:(2010年4月 - 2012年9月)• 構成:張眞英、、、橋本有一、小林学、平和紘• 統括編集長:(フジテレビ)• 統括:大野高義(フジテレビ、以前は統括編集長)、濱潤(フジテレビ、2018年4月29日までプロデューサー、2018年7月29日まで統括)• リサーチ:インテージ• TD:上村克志• SW:村野哲也• カメラ:伴野匡• 音声:藤橋浩司郎• VE:佐藤光• 音楽:• 大道具:毛利彰、井田正也、島田秀樹• 電飾:菅田重樹• 校正:加藤武人・岡本淳・中島幸司(3人共)• CG:井上明裕・多田圭・園田護(3人共フジテレビ)• CGタイトル:岩崎光明(フジテレビ)• 手書きタイトル:湯浅信人• 電子タイトル:タイトルアート、宮戸夏美、若林夏生、藤原佑亮、清水えりか• 制作協力:• TK:上野和美、長里朝実• AD:金澤朋代、宮崎泰樹、安田将太、小池純子、松澤瑞希、北村優香、高橋良太、石上祥、浦瀬皓介、酒井優太、堤航太、土屋良太、鬼山妃菜、山下紫苑、尾崎友香、鎌田郁実、畑山穂• スタジオ演出:杉崎朋子(フジテレビ)、近藤兵衛(関西テレビ)• チーフディレクター:尾形征輝・西村陽次郎(2人共フジテレビ)• 総合演出:渡辺貴(フジテレビ、以前はチーフディレクター)、加藤正臣(フジテレビ)• FNNの系列局では同時ネット。 2018年4月より、19:00または19:57開始の前拡大放送の場合はNST新潟総合テレビ ・長野放送・富山テレビ・東海テレビ・サガテレビ・沖縄テレビではフジテレビ・関西テレビの放送終了6分前に飛び降り となる。 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 (CX) 共同制作局 日曜 22:00 - 23:15 (KTV) 共同制作局 (UHB) (mit) (OX) (AKT) (SAY) (FTV) (NST) (NBS) (SUT) (BBT) (ITC) (FTB) (THK) ・ (TSK) (OHK) (tss) (EBC) (KSS) (TNC) (STS) (KTN) (TKU) (KTS) (OTV) 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• (クロスネット局であるとでは、本番組の放送時間帯は制作の『』『』を同時ネットで放送しているため、この2局を除く)• 『』をのみ降板となって1クール後の2010年7月より、概ね隔週出演。 の『スーパーニュース』完全降板後も出演ペースは変わっていない。 3月31日は、番組休止のため、3月24日に降板となる• この日は夏休みのため出演休止だった。 この日はにかかったことによる出演休止だった。 作詞・作曲は。 高野は以前にも、同枠で放送された『』や『』のテーマ曲を手掛けている。 フジテレビアナウンサー時代から担当。 2018年4月以降に『』の末尾6分がローカルセールス枠に転換されたためである。 出典 [ ].

次の

ミスターサンデーの橋下徹・ひろゆき・テレワークが話題

ミスター サンデー リアルタイム

好きな女性の口調について悩んでいます。 私は大学生の男子で、去年の4月から好きな同級生がいます。 4月末にデートに誘いましたが、彼氏がいたらしく断られて、そして12月にしっかりと告白しましたが、振られました。 (彼氏とはまだ付き合っています) しかしLINEはこの1年間ずっと続いています。 そんな関係なのですが、私と彼女は二人とも嵐が好きで、昨日の「嵐活動休止」の件でミスターサンデーという番組が特番をやってくれたのですが、そのCMの間にお互いにLINEで色々意見を言い合っていました。 その時の話なのですが、彼女のLINEでの口調がとても気になりました。 というのも、彼女は大学では清楚系のキャラで、今までのLINEでもそんなことなかったのに、その時に「ミスターサンデーあざす」や「〜やれんくね笑笑」などの、若干汚い?言葉を言ってきました。 今までの彼女とのラインが互いに4、5時間ほど空けての返信だったの対して、昨日のLINEはリアルタイムでの会話だったから、文章を考える暇がなかった?のかもしれませんが、それでも私はショックを受けました。 普段はそんなこと本当に言いません。 彼氏でもないし、しかも振られた身分なんだから、そんなことに口出すな とおっしゃる方もいるかもしれませんが、大変勝手ながらここで質問させてください。 1、彼女は絶対に普段の口調はそんなこと言わないのに、LINEで言ったのはなぜか。 いい意味で仲良くなったから、悪い意味では恋愛対象ではないから? 2、皆さんは、好きな人とのLINEだったら、リアルタイムの会話でも口調気をつけますよね? 3、彼女にはやはり注意というか、「そんな口調するんだ笑」とかは言ってはいけませんよね? 1 完全にわたしの意見ですがその子は元々そういう口調が出る子だったのでは? なのであなたや周りには普段から気を使っていたけど彼氏には前から素で接していたからそんな感じではあったかもしれない。 ずっと時間をあけてのラインのやりとりだったのが急に自分の好きなグループの話になって盛り上がるし興奮するし、リアルタイムでばんばんラインしてたからなんとなく素の部分が出せた。 仲良くなったからじゃない?恋愛対象ではなかったら彼氏がいるのにラインしてたりしないと思う。 2 好きな人だったら気をつけるだろうけど、好きでも素の自分を受け入れてくれる人じゃないと一緒にいられないからどこかで素は出さなきゃいけないとおもう。 リアルタイムでのラインだからなんか気持ちが楽になって、少し素の部分出してもいいかなって、思えたのかな。 3 注意なんてそんなのうざすぎる 笑 普段家とかではそんな感じなの? 笑 イメージと違くてびっくりしたよ〜! 笑 くらいでいいんじゃない? それをあなたが嫌ならもうその子にまとわりつくのはやめてあげて。 ましてや彼氏がいるんだから。 その子のギャップというかそういう部分も可愛いな、好きだな、って素直に思えるなら頑張ればいいと思うけど。 ただわたしが思うに、彼氏がいるのに他の男とずーっとラインしてるような女の子だよ。 清楚ではないでしょ間違いなく 笑 言葉遣いも気を使ってただけだと思うよ。 でもそのくらい緩い女の子の方が付き合いやすいと思うけどね〜。 素を出し始めてくれてるんだから、今までよりもっと仲良くなるチャンスではあると思うよ。 とても丁寧な回答ありがとうございます。 心がだいぶ軽くなりました。 では、仮に彼女がそういう口調が本当に出ない子だったとすると、普段しない口調がLINEで出ることってあるのでしょうか? 3、ですよね笑 私もそう思っています。 私の気持ちは「彼女がどうしてそんな口調が出たのか気になる、でも口調ごときを気にする男だとは思われたくない」という気持ちです。 なので、言うとしたら「やれんくね?笑 イメージと違う言葉が出てきた笑笑」という感じで、回答者さんの意見を参考にした形にしたいのですが、そもそも言った方がいいか、言わない方がいいか、どちらだと思いますか?上記のセリフを言ったら、彼女にうっとおしく思われてしまいますかね?それとも別になんとも思われないですかね? 1. 実は彼女のスマホを彼氏が使って返信してきたのでは? 自分の女の周りをうろちょろする男がどんなもんかと気になったのかもしれませんね。 私の場合、彼女とのリアルタイムのLINEは誤字脱字はたまにありますが口調は変わりません。 あなたは注意できる立場にいません。 「そんな口調するんだ笑」はいいと思います。 女は星の数ほどいるのに、わざわざ他人の星を攻めるあなたはフリーザ様なんですね。 正直、その方を攻めるのはやめた方がよいと思いますよ。 最悪相手の彼氏さんがでてきて、剣であなたを小間切れにしてしまうかもしれません。 「私の戦闘力は53万です。 ドヤァ 」なんてやってる場合ではなくなります。 相手の戦闘力は6億ですよ? 他にも魅力的で良い女性はたっくさんいます。 そちらを攻めてみましょう。

次の