風邪 食べ物。 症状別!風邪をひいてしまったときにおすすめの食べ物とは?コンビニでおすすめの食べ物も紹介|からだカイゼン委員会|株式会社 明治

【風邪に効く食べ物の正しい選び方】コンビニで買える物も調べてみた

風邪 食べ物

風邪に効果のある食べ物 風邪を引いたら、あなたはどのような対処を行いますか? 薬を飲む、安静にする、しっかり睡眠をとる、病院に行く・・等、方法は色々あります。 勿論、どれも正解です。 しかし一方で、ひどくなるまでは薬は飲みたくないという方や、仕事や学校が忙しくてなかなか休む時間が取れないという方もいらっしゃるでしょう。 そのような時は、風邪を悪化させないよう食べ物を工夫をされてみるのはいかがでしょうか。 今回は、 風邪のひき始めや寒気がするとき、発熱があるとき、咳がひどいときや風邪で胃腸の調子が悪い時に良い食べ物や食事をご紹介します。 それと合わせて、逆に 風邪のときには食べていけないものもご紹介します。 風邪の諸症状に効く食べ物 風邪には様々な症状がありますが、その症状別に効果が高まる食べ物というのがあります。 それでここからは、具体的な風邪の症状と共に食べるとよいとされている食べ物をご紹介したいと思います。 現在風邪を引いている方は勿論、万が一風邪を引いた時には是非参考になさってみて下さい。 風邪のひき始めに効く食べ物 風邪の引き始め、とくに最初の2日間は風邪のウイルスの力が弱いため、この時期を上手に過ごす事が出来れば重症化することなく回復する事が出来ます。 第一には安静ですが、実は食べ物でも風邪を撃退する事が可能です。 しかし、よく風邪を引いたかなと思ったら精のつくものを食べなさいと言いますが、これは間違いです。 消化にたくさんのエネルギーを使う食べ物(肉類など)を食べすぎてしまうと、そこにエネルギーを多く使うため逆に風邪のウイルスと戦う力が少なくなってしまいます。 ですので、なるべく消化のよいものを食べるのがよいそうです。 おかゆ おかゆは、ご飯よりもやわらかいので消化にもよく体も温まるのでお勧めの食べ物です。 疲労回復に効果があるクエン酸の入った梅干しや殺菌作用に優れた長葱を入れると、より効果的です。 煮込みうどん おかゆ同様、消化によく体が温まる食べ物として風邪の引き始めに効果があるのは、煮込みうどんです。 本来、小麦を使った製品はすでに下痢や消化不良を起こしている状態には好ましくないのですが、風邪の引き始めであればまだ消化能力もそれほど落ちていないので、よいでしょう。 野菜やたまごを一緒に煮こむとさらに栄養もアップして効果があると思います。 卵酒 卵酒は日本人にとってとても馴染み深い風邪の撃退方法だと思います。 卵白に含まれるリゾチームという成分が、ウイルスを殺して、粘液の分泌を促す事で痰や鼻づまりを解消し、さらに日本酒が体を温めてくれます。 寒気がする時に体に良い食べ物 寒気がする原因の一つに、季節の変わり目による気温差があります。 冬になると気温が一気に下がるので皮膚の表面温度も下がり、それを察知して体表部分を温めようと血液が集まってきます。 しかし、これにより体の内部の血の巡りは悪くなってしまうので、俗に言う寒気や悪寒を感じるようになります。 にんにく味噌 にんにくには血の巡りをよくする効果があります。 そのため、寒気や悪寒を感じた時ににんにくを食べると冷えた体の内部まで温まり風邪を引かなくて済むというわけです。 しょうが炒飯 寒気がして、服を着こんだり布団に潜ってもなかなか温かくならないのは、体の内部が冷えているからです。 そのような時は体を温めるしょうがを積極的に食べましょう。 ねぎ豚しゃぶ鍋 長葱にも体を温める作用に優れた成分が入っているので、寒気がする時には是非食べたい食材です。 しかし長葱と言えば冷奴やざるそばなどの冷たい食べ物の薬味のイメージも強いですよね。 体を温めるのが目的なので冷奴などは寒気がある時には適した食べものではないので、そのような時は鍋にたっぷりと長葱を入れて豚肉のしゃぶしゃぶと一緒に食べるしゃぶ鍋はいかがでしょうか。 鍋なので長葱の効果を相まって2倍体が温まります。 発熱があるときに良い食べ物 風邪による発熱のメカニズムは、体内に侵入した異物(ウイルス)を免疫機能が感知して、それを退治すべく戦闘態勢に入った事を表します。 以前までは、熱はよくないものとされ解熱剤を使って早めに下げるように考えられていましたが、現在では熱は防御機能の一つとして理解されるようになり、熱の高さそのものよりも全身の症状などを見て、解熱剤を使うかどうかを判断しています。 とは言え、発熱時は体力が奪われ食欲が湧きません。 そのような時には一体何を食べるのがよいのでしょうか。 果物 果物は水分を豊富に含み、また口当たりもさっぱりしているものが多いので、食欲がない場合にでも食べやすい食べ物と言えるでしょう。 特にいちごやみかんなどはビタミンCがたくさん含まれているので、少しずつでも食べるのがよいでしょう。 梅干し 梅干しに含まれるクエン酸が、胃腸の働きを活発にして疲労回復に役立ちます。 熱が出ている状態というのは体の免疫機能がウイルスと必死に戦っている時であり、当然体力も奪われがちです。 その時に梅干しを食べると、体の回復を早め、ウイルスと戦う免疫力をサポートしてくれます。 ゼリー 高熱が出ている時などは、胃腸の動きも弱まり食欲が全くないという状態も珍しくありません。 ですが、そのような時でもつるっとしたのど越しのゼリーなら食べられるという方は以外に多いと思います。 100%のジュースと粉ゼラチンがあればすぐに作れます。 咳がひどいときに効く食べ物 咳は体にとってよくないものを、体外へと排出する働きであるため、出来ればむやみに薬などで止めない方がよいと言われています。 しかし、長く続く咳はそれだけで体力を奪い、風邪を悪化させる要因にもなってしまいます。 そこで、咳に効く食べ物を食べて体の中から少しでも咳の辛さを緩和しましょう。 はちみつ大根 乾いたような咳、痰があまり出なく切れにくいような咳の場合には、大根を食べるとよいと言います。 特に大根は肺の熱も取ってくれるので風邪による咳にはとても効果があると言われています。 ゆず湯 湿り気があり粘着性のある痰を伴う咳が出る時には、みかんの皮を乾燥させた陳皮や、ゆずを食べるとよいとされています。 ゆずを薄くスライスしたものとはちみつを瓶に入れ一晩寝かせたものを、お湯と割ってゆず湯にして飲むと体も温まり、痰が切れやすくなります。 柿のスパイス風味シャーベット 体が発熱した状態で黄緑色がかったような痰が出ている時には、柿がよいでしょう。 柿は肺の乾燥を防いで潤いを与えてくれます。 また、柿は体を冷やす効果があるので熱が高い時には体を内部から冷やしてくれますが、熱はウイルスと戦っている証拠でもあるので、あまり冷し過ぎてもいけません。 そのため、クローブやシナモンといったスパイスを使って、体を冷やしすぎない工夫も大切です。 胃腸の調子が悪く食欲がないときにおススメの食べ物 風邪を引く要因として免疫力の低下がありますが、実はその免疫力の大半は腸が関係していると言われています。 このため、風邪を引くと腸の調子が悪くなったり、腸の調子がおかしいと思ったら風邪を引いたなど、腸と風邪には密接な関係があるとされています。 このように風邪を引くと大抵胃腸の調子も悪くなってしまいますが、そのような時に是非知っておきたいのが下記の食べ物です。 れんこんのポタージュ れんこんには胃を守る働きのあるルチンと、免疫力を上げてくれるビタミンCが豊富に入っているので胃腸の調子がよくない時に食べるのがよいでしょう。 特に生のれんこんをすりおろしたものは栄養価が高く、牛乳や豆乳などで味を整えて温めてスープにすると、胃腸への負担もより和らぎ効果がアップします。 シイタケとニラの中華粥 ニラに含まれる硫化アリルは、下痢、便秘、腹痛といった胃腸に関連したものにとても効果がある成分です。 胃腸の調子を整え、スタミナを増強する働きがある事から、風邪を引いた時に限らず普段から胃腸の調子が優れない方は、常時摂取しておきたい食べ物です。 また、体を温める効果もあります。 湯豆腐 湯豆腐は、食欲がない時にもさっぱりと頂けますし、豆腐によってたんぱく質を補える他、体を温める事も出来ます。 薬味にしょうがや長葱を使えば、さらに風邪を撃退する効果が高まるでしょう。 逆に風邪の時に食べてはいけないものは? 風邪の時に食べるとよいものがあるように、食べてはいけないものもあります。 まず 1つ目は体を冷やすもの。 風邪を引くと喉が渇きやすくなり、また脱水にならないように水分補給も兼ねて、ついつい冷たい物を飲み過ぎてしまいますが、それは胃腸に負担を掛ける事になり兼ねません。 なるべく温かいものを飲むのがよいでしょう。 次に 2つ目は刺激物。 熱すぎるものや辛すぎるものは胃や喉に負担になり、炎症などを引き起こす可能性があります。 気を付けて下さい。 そして 3つ目はこってりとしたものです。 特に肉や揚げ物などは消化に時間が掛かってしまい、余計な体力が奪われてしまうだけではなく胃腸にも負担が掛かってしまいます。 風邪を引いた時は、これらの食べ物をなるべく避け、温かく胃腸に優しいものを食べるようにしましょう。 まとめ いかがだったでしょうか。 風邪に効くとされている食べ物は、症状によって実に多岐に渡る事がわかりましたし、またそれがいかに理にかなっているのかという事もご理解頂けたのではないかと思います。 風邪を引いたかも知れない・・、咳や鼻水が出て来たなと感じた時は食べ物にも気を使って、出来るだけ早く治してしまうように心掛けましょう。 風邪の関連記事.

次の

風邪に効く食べ物とは?おススメの食べ物と飲み物をご紹介!

風邪 食べ物

風邪をひいてしまったらすべきこと 頭痛や発熱、咳、身体の節々の痛み……。 気づかないうちに体力を消耗しているものです。 それをカバーするために行うことは、• 睡眠をとる• 身体をあたためて安静にする• 栄養のあるものを食べる が挙げられます。 これらは人間が本来持っている 免疫力を上げることにもなり、風邪のウィルスに打ち勝つ身体を作る上で欠かせないものです。 十分な睡眠をとろう 風邪を早く治すためには 睡眠が重要です。 睡眠時間が短くなると、風邪にかかりやすくなると言われています。 身体を休めるためにも、 普段よりも長く睡眠時間をとりましょう。 また、鼻づまりで呼吸が苦しくなることもありますので、 鼻腔を拡張するテープを試してみるのもよいでしょう。 身体をあたためて安静にする 人の身体は 体温が1度下がるだけで、免疫力も下がるといわれています。 同時にエネルギー代謝も下がり、老廃物の排出もうまくいかなくなることがあります。 逆に、 体温が1度上がると免疫力も上がるといわれています。 風邪をひいたときにも、上着などで暖かくしたり、ベッドに入ることで体温を上げることができますね。 また、発熱や咳がひどくなると、知らず知らずに体力を消耗します。 安静にすることで体力の消費を防ぎ、回復を早めることができます。 栄養のあるものを食べる 栄養価が高く、風邪でも食べやすい食事を取ることは、風邪を早く治すのに有効です。 ビタミンや ミネラル、 良質のタンパク質で体力の消耗を補うこともできます。 とくに ヨーグルトや ゼリー、 カットフルーツが手間もなく食べられるのでおすすめです。 これらはコンビニでも揃えていることが多いですね。 もし、カットフルーツが手に入らない場合は、 果汁100%のフルーツジュースなどもいいです。 注意をする点は、 フルーツジュースだけでは水分補給にはなりません。 脱水症状の予防に スポーツドリンクも一緒に取りたいですね。 風邪をひいたときにおすすめの食べ物 風邪をひいたときは身体が弱くなっています。 消化の悪い食事は避けて、 柔らかく胃に負担をかけないものを選んで取ることをおすすめします。 風邪のひきはじめに取りたい食べ物 風邪のひきはじめの食事は、まだ料理ができる状態か、できないほどひどい状態かで対応が分かれます。 無理をすると症状が悪化しますので、コンビニなどを上手に活用しましょう。 野菜の栄養を丸ごと取れる鍋料理 野菜は火を通すと嵩が減り、たくさん食べられるようになります。 栄養素の中には 熱を加えると外へ出てしまうものもありますので、汁もおいしく食べられる 鍋は風邪の時にはピッタリです。 鍋の温かさで身体もポカポカですね。 手軽に栄養を取れる味噌汁 ひきはじめだけど、身体がだるくて料理をしたくない時にちょうどいいのが、 インスタントの味噌汁です。 味噌には、身体を構成する アミノ酸が豊富に含まれています。 インスタントの味噌汁の中には、 野菜がたっぷりと入ったものも販売されていますね。 手軽に栄養を取ることが出来ます。 ひきはじめの身体は、風邪のウィルスとの闘いで 免疫力が低下しています。 それを補うために栄養を摂取してあげると、風邪の治りを助けることになりますよ。 ビタミンや ミネラル、 タンパク質は風邪をひくと減少します。 それにより疲労しやすくなりので、栄養を積極的に取り入れていきたいですね。 発熱したときにおすすめの食べ物・飲み物 熱が高い時には食欲が落ちたり、固形の食べ物を受けつけなくなったりします。 無理に食べると嘔吐や下痢になりかねませんので注意しましょう。 経口補水液またはスポーツドリンク 発熱しているときに怖いのは 脱水症状です。 汗もかきますので、こまめに水分補給をしないと死に至ることもあります。 経口補水液や スポーツドリンクは、水よりも体液の組成に近く、身体に吸収されやすいので、効率よく水分およびミネラルの補給ができます。 また、カロリーも高めになっているので、食欲がわかない時には 水の代わりに取りたいですね。 おかゆ 発熱している時には、喉が腫れて固形物を飲み込むのが難しい時があります。 そんな状態でも比較的食べやすいのが おかゆです。 水分も多く含んでいますので、 胃にも優しく消化がされやすいです。 風邪以外でも身体が弱っている時におすすめです。 発熱している時は 水分が不足している状態です。 ただの水よりも身体に吸収されやすいスポーツドリンクで水分を補うといいでしょう。 また、薬を服用するときには、スポーツドリンクではなく、 水または ぬるま湯で飲むようにしましょう。 コンビニでも買えるおすすめの食べ物 家に帰るのが精いっぱい、料理を作ることができない時にコンビニは便利ですね。 お店に行って買うこともできますし、住んでいる地域によってはインターネット注文と宅配が可能なところもあります。 おかゆ コンビニでも おかゆは手に入ることが多いでしょう。 レトルトのおかゆはお米がトロトロになるまで煮込まれており、温めるだけで手軽に食べられるので、自分で作るのがつらい時には便利です。 胃に負担をかけずに、風邪の時にも食べやすい食べ物です。 ゼリー、プリン 喉が腫れておかゆを飲み込むのがつらい! そんな時には ゼリーや プリンはいかがですか。 よく冷やしたゼリーはつるりと喉ごしがよくて食べやすく、気持ちもすっきりします。 フルーツが入っているものも数多く売られているので、 ビタミンの摂取にも役立ちます。 プリンは卵と牛乳、砂糖で作られているため栄養価が高く、熱で消耗した身体にピッタリです。 食欲が出ず、スポーツドリンクだけ飲んでいると精神的にまいってきます。 ゼリーなどの柔らかく流動的なものでも口にすることで気分が良くなります。 経口補水液またはスポーツドリンク 水よりも早く身体に吸収されやすい 経口補水液や スポーツドリンクは、熱中症の時にも活用されますね。 これらもコンビニで売られています。 もし、甘すぎると感じる場合は水で少し薄めたり、自分で甘さが調整できる 粉末タイプのスポーツドリンクもおすすめです。 免疫力を高めて、風邪を予防しよう ウィルスに対抗する 免疫力を上げることで、風邪を予防することができます。 うがいや手洗いで防ぐことができなかったウィルスも、免疫力を上げて増殖をさせなければ風邪の発症に至りません。 免疫力とは 身体に有害なウィルスや細菌が入ると撃退するシステムが作動します。 侵入した異物から身体を守ってくれるのです。 風邪のウイルスが体内に侵入すると、 免疫反応によって抗体ができ、ウイルスを排除しようとします。 それが 免疫力です。 また、身体の中では日々細胞が生まれていますが、同時にガンになる可能性のある異常な細胞も生まれています。 免疫はそれらの 異常な細胞を殺す働きもしています。 免疫力と風邪の関係性 睡眠不足や過度なストレス、偏った食事などで身体は疲弊し、結果的に免疫力も下がってしまいます。 免疫力が下がると、風邪を引き起こすウィルスが体内に入った時に十分に対処ができなくなります。 それにより、ウィルスが増殖し風邪を引き起こしたり、長引いたりします。 免疫力を高める方法のひとつに食生活の改善 免疫力を手軽に高める一つの方法が、日ごろから 乳酸菌を取ることです。 免疫細胞の多くは 腸に存在していると言われているため、乳酸菌は免疫細胞の住処である腸を整えてくれるのです。 乳酸菌はとくに ヨーグルトに多く含まれており、その他、チーズや納豆、キムチなどの発酵食品もおすすめです。 日々の食事に加えていきたいですね。 実際に、山形と佐賀で行われた臨床試験では、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べることで風邪にかかるリスクが低下し、同時にNK活性増強が認められました。 これは、山形県舟形町の70~80歳の健康な高齢者57名と、佐賀県有田町の60歳以上の健康な高齢者85名を対象に、「乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べる群」と「牛乳を1日100ミリリットル飲む群」に分けて、乳酸菌の免疫システムへの働きを調べる試験でしたが、牛乳を飲んだ群が風邪をひくリスクを1としたときに、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを食べた群は、有田町では0. 44、舟形町では0. 29と大きくリスクが減少した結果が出ています。 (2つを統合して分析すると0. 39) 免疫力を高めることで風邪は予防できる可能性が高まります。 十分な睡眠や軽い運動、健康的な生活を目指すことでも免疫力が上がりますが、継続は難しいのではないでしょうか? そんな方でも免疫力を高めるために続けやすい方法のひとつとして、日々の食事に ヨーグルトをプラスすることがあげられます。 免疫機能に大きく関わっているとされる善玉菌を含むヨーグルトを摂取することで、 免疫細胞が数多く存在している腸の環境を整えてくれます。 また、ヨーグルトに含まれる タンパク質と カルシウムは牛乳よりも吸収されやすい特徴もあります。 まとめ うがいや手洗いで風邪を予防するにも限界があります。 一度、体内に入ってしまったウィルスは免疫細胞におまかせするしかありません。 ウィルスを増殖させずに倒すことができれば、風邪は発症しませんね。 そのためには免疫力を高めることが重要です。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、食事に加えることで私たちの腸内環境を整えてくれます。 腸がきれいになることで、そこに存在している免疫細胞も元気になりますよ。 日々の食事に乳酸菌をプラスして、私たちも元気に過ごしましょう! 【監修】花ノ木睦巳 広島中央通り 内科クリニック院長。 消化器内科の専門医として、消化器がんの診断や治療(内視鏡治療や化学療法・緩和治療)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)の診断・治療に取り組む。 日本内科学会認定医。 日本消化器病学会専門医・指導医。 日本消化器内視鏡学会専門医。 日本消化管学会専門医。 日本超音波学会会員。

次の

【症状別】風邪に効く食べ物はコレだ!辛い時はコンビニでお手軽に!

風邪 食べ物

手洗いうがいやマスクの着用など、風邪予防の方法はたくさんありますが、風邪予防を意識した食事をしっかり取れていますか? 栄養が偏った食事は、体調を崩す原因になります。 日頃から栄養を摂り、体の調子を整えておくことで、ウイルスなどに負けない体を作りましょう! 風邪を予防する食べ物は? 風邪を予防する際、積極的に取り入れたい食べ物、食事の取り方を紹介します。 栄養バランスのいい食事を日頃から意識していれば、風邪をひきにくい体を作ることができます。 ビタミンAで粘膜を保護 ビタミンAは、皮膚や粘膜を保護する働きがあります。 喉や鼻の粘膜を健康に保つことで、体内にウイルスが入るのを防ぎます。 脂溶性ビタミンに分類され、水に溶けないため尿などから体の外に排出されず、必要以上に摂取すると体内に蓄積されます。 ビタミン剤などからの過剰な摂取は、過剰症に繋がるので、注意しましょう。 ビタミンCで免疫力アップ ビタミンCは、免疫力を高め、体内に入ったウイルスの増殖を阻止する働きがあります。 ビタミンCは水溶性ビタミンで、尿などから体外に排出されてしまうので、毎日の食事でこまめに摂取する必要があります。 美容効果だけでなく、健康のためにも重要な役割を果たしています。 体を温める食べ物で冷えを防ぐ 体を温める食べ物や料理で冷えを防ぐことも大切です。 普段の料理に体を温める食材を加えたり、温かいスープや鍋で体を冷やさないようにしましょう。 お味噌汁にすりおろした生姜を加えたり、鍋にネギをたっぷりいれたり、簡単に加えることができる食材が多いので、ぜひ取り入れてみてください! バランスよく栄養を摂ることが大切 風邪の予防や免疫力を高める栄養や食べ物を紹介しましたが、バランスの偏った食事を続けていては、かえって体調を崩す原因になります。 一番大切なのは、日頃から栄養バランスの取れた食事を意識することです。 バランスよく食事をとるための指標として、農林水産省などが作成した「食事バランスガイド」があります。 主食(ごはん、パン、麺類)• 主菜(肉、魚、大豆、卵料理)• 副菜(野菜、きのこ、芋、海藻料理)• 牛乳・乳製品• 果物 日々の食事を5つに分類し、バランスよく食べるための組み合わせや量をわかりやすくしたガイドです。 食事の偏りは、栄養バランスの偏りになり、体調不良に繋がります。 毎日の食生活を少し見直すことが健康への第一歩になるかもしれません。 (出典:農林水産省) 風邪予防にオススメレシピ7選! 風邪の予防にオススメのレシピを紹介します。 今回紹介した栄養を多く含む食材や、体を温めるレシピで、風邪を予防しましょう! 甘酒好きにオススメ!酒粕と金柑のスムージー 酒粕のスムージーはあまり馴染みがないかもしれませんが、ビタミンCたっぷりの金柑と整腸効果のある酒粕のスムージーのレシピです。

次の