楽天 モバイル エリアマップ。 楽天モバイルが使えるかどうかを確認する方法

楽天モバイルでネットに繋がらない原因と楽天回線エリアにならない問題の解決方法

楽天 モバイル エリアマップ

楽天モバイル(UN-LIMIT)で現在接続している回線が楽天回線エリアなのかパートナーエリア(auネットワーク)なのかを判定する方法です。 [2020年5月27日 追記] Galaxy A7が実質ほぼ0円で販売されています。 1へのアップデートでAndroid 10でも利用できるようになっていることを確認しました。 まだまだ楽天エリアは狭い。。 無制限ではないパートナーエリアだと要注意 今後、楽天回線エリアが拡大されてくると思いますが、現在だと都市部以外はauのパートナーエリアが多いです。 通信規制となった場合は1Mbpsとなります。 この記事では、 楽天モバイル(UN-LIMIT)で現在接続している回線が楽天回線エリアなのかパートナーエリアを判定する方法を紹介します。 Android、iPhoneどちらもいちおう判定できます。 他にも確認できる手段が分かり次第、追記していきます。 my楽天モバイルアプリを起動します。 ホーム画面の消費データ通信量の上に現在通信しているエリアが表示されます。 月間データ通信量が消費される無制限ではないエリアとなります。 このmy楽天モバイルアプリのホーム画面を下に引っ張ると最新情報に更新されます。 ちょっと再表示(リロード)に時間がかかりますが、Androidスマホを使っているのであれば、一番間違いない確認方法だと思います。 一目でバンドが確認できて便利です。 バンドが「3」であれば楽天エリア、「18」だとパートナーエリアということになります。 1からAndroid 10でもクラッシュせずに利用できるようになっていました。 この場合はパートナーエリアで通信中ということになります。 先に紹介したLTE Discoveryのようにステータスバーに常駐するような機能はありませんが、シンプル&サクサクで使えるアプリです。 iPhoneで接続中の楽天モバイルのネットワークを判定する方法 次にiPhoneで楽天モバイル(UN-LIMIT)を利用している場合に接続中のエリアを調べる方法を紹介します。 ただ、楽天モバイルは現在のところiPhoneを正式サポートしていません。 関連記事: 【面倒】iPhoneのフィールドテストモードでバンドを確認 iPhoneでネットワークのバンドを調べるには「フィールドテストモード」を利用します。 バンドが「3」であれば楽天エリア、「18」だとパートナーエリアということになります。 関連記事: こんな感じで面倒ですがiPhoneでもフィールドテストモードからバンドを確認して楽天エリアなのかパートナーエリアなのかを判定することができます。 楽天エリアでは無制限の楽天モバイル(UN-LIMIT) パートナーエリアでデータ通信量が気になる人は「データ制限モード」を活用してみて 楽天エリアでは、高速データ通信が月間データ容量無制限と大盤振る舞いな楽天モバイル(UN-LIMIT) ただパートナーエリアでは、月間5GB(4月22日までは2GB)というデータ量の制限があります。 そして楽天エリアは、正直そこまで広くありません。 楽天モバイル(UN-LIMIT)ユーザーで利用する場所がパートナーエリアがメインという人でデータ通信量が気になるという人は、環境によって「データ制限モード」を使い分けてみてください。 関連記事: UN-LIMITが提供中の通信エリアの確認はウェブからでOK。 また通信エリアについて質問や要望の問い合わせは専用フォームから行うこともできます。 関連記事: 楽天モバイル(UN-LIMIT)は先着300万人は1年間無料!さらに楽天ポイントがガッツリもらえるキャンペーン継続中 また、楽天モバイル Rakuten UN-LIMITは先着300万人は「1年間無料」で利用できます。 記事作成時の現在も1年間無料キャンペーンは継続されています。 最低利用期間や契約解除料もなく、楽天ポイントもガッツリ還元されるのでお試し程度で契約するのもアリなくらいおトクです。

次の

楽天モバイルでネットに繋がらない原因と楽天回線エリアにならない問題の解決方法

楽天 モバイル エリアマップ

らく 楽天モバイルはデータ通信が使い放題のプランが1年間無料で利用できます。 さらに今なら、 最大22,800円分の楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。 ただ、魅力的なキャンペーンの一方で 楽天モバイルは繋がらない、接続しにくいという声があるのも確かです。 楽天モバイルは自社回線エリアが現時点では非常に狭く、実際に使い放題が使える人は少ないでのが現状なんですね。 しかし、 楽天エリア内であれば電波状況は比較的良好で、使い勝手は悪くありません。 楽天エリア外でも月5GBまでauの回線を利用できるので、1年間無料であることを考えると十分お得です。 契約縛りや違約金も一切ないので、迷っている人は とりあえず申し込んでしまうのも全然ありだと個人的には思っています。 とはいえ、申し込み前に「エリアはどんな感じなのか」と知っておくのは重要であることには間違いので、本記事では楽天モバイルの対応エリアについて徹底解説します! 契約前にぜひ参考にしてみてくださいね。 埼玉県:さいたま市、川口市、春日部市、蕨市など• 千葉県:千葉市、市川市、船橋市、松戸市、浦安市など• 東京都:23区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、西東京市• 神奈川県:横浜市、川崎市• 愛知県:名古屋市、春日井市、津島市、大府市、尾張旭市など• 三重県:木曽岬町• 京都府:京都市 北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区)• 大阪府:大阪市、堺市、吹田市、八尾市、門真市、東大阪市、四条畷市など• 兵庫県:神戸市(東灘区、灘区、兵庫区、長田区、中央区)、芦屋市 しかも、上記の都府県内でも楽天エリアはごく一部です。 例えば神奈川県のうち楽天エリアは横浜市と川崎市の一部の区のみで、その他の場所はパートナーエリアとなっています。 今後、楽天エリアも少しずつ広がっていくでしょう。 しかし、 現時点では楽天エリアでデータ通信使い放題を利用できる人はかなり限られてしまいます。 らく 一部の口コミでは楽天エリア内でも接続しにくい、繋がらないという声があります。 しかし、そういった口コミの多くは無料サポートプログラムのものです。 4月8日の正式スタート以降は楽天エリア内にいれば割としっかり電波を掴みます(実際に私も利用していますが、とても快適です)。 通信速度も比較的速く安定しています。 ただ、 家の中や建物内など、屋内だと楽天の電波が届かないところもあるようです。 今後、基地局が増えれば屋内でも電波は届くようになるでしょうが、1つ注意点があります。 それは 楽天回線エリア内では楽天の電波しか掴まないこと。 楽天の電波に入りが悪いからau回線に切り替える、といったことはできません。 楽天エリアで楽天回線の入りが悪いと、スマホで通信ができなくなってしまいます。 らく 楽天エリアに住んでいるなら、1年間無料である今のうちに契約するのがベスト。 しかし、ここまで何度もお伝えしている通り 楽天モバイルの自社回線が使えるエリアは非常に狭いです。 調べてみたら自分の住んでいる場所や活動エリアは楽天エリア外だった、という人が多いと思います。 では楽天エリア外に住んでいる場合、楽天モバイルは契約すべきなのでしょうか? 【結論】今なら1年間無料なので、とりあえず契約するのはあり!毎月5Gに収まるなら問題なし 結論から言うと、 今なら楽天エリア外に住んでいても楽天モバイルを契約してOKです。 楽天モバイルは先着300万人まで無料で使えます。 ほとんど費用をかけることなく運用できるので、とりあえず契約するのは全然ありです。 違約金がかからないのは安心ね。 楽天モバイルはサブ回線として使うのがおすすめ もし楽天モバイルを使うなら、現段階ではメイン回線ではなくサブ回線として使うのがおすすめです。 楽天モバイルは現在無料(先着300万名様まで)で使えるので、契約すること自体は何ら問題ありません。 とは言え、 まだまだ不安定なところがある楽天モバイルをメイン回線として使うのは心もとないです。 大手キャリアや格安SIMなど他の回線をメインで使い、楽天モバイルはサブとして使いましょう。 2枚のSIMカードを同時に待受けできる DSDV デュアルSIMデュアルVoLTE 対応スマホを使えば、1台のスマホで済みます。 2台持ちが面倒な人は、DSDV対応スマホを使うことも検討してくださいね。 楽天モバイルのエリアは楽天エリアとパートナーエリアの2つ• 楽天エリアはデータ通信が使い放題だが、対応エリアがとにかく狭い• エリアは楽天モバイル公式サイトのエリアマップから確認可能• どちらの回線に繋がっているかはmy 楽天モバイルアプリからチェック• キャンペーンがお得なので、楽天エリア外でも契約してOK• 楽天モバイルはサブとして使うのがおすすめ 楽天モバイルの特徴の1つがデータ通信の使い放題ですが、 使い放題なのは楽天エリアだけです。 現時点では楽天エリアは非常に狭く、恩恵を受けられる人は限られます。 ただ、 楽天エリア内にいれば電波の掴みは悪くありません。 楽天エリア以外はパートナーエリアとなり、au回線を月5GBまで利用可能です。 使い放題と比べると物足りないかもしれませんが、使い勝手は悪くありません。 なにより、 楽天モバイルはキャンペーンにより1年間無料で使えます。 無料で月5GBでも十分お得ですね。 楽天エリア内はもちろん、楽天エリア外に住んでいる人が楽天モバイルを契約するのも「十分にあり」と言えるかと思いますよ。

次の

楽天モバイルのサービスエリアマップ(のようなもの)が公開

楽天 モバイル エリアマップ

らく 楽天モバイルはデータ通信が使い放題のプランが1年間無料で利用できます。 さらに今なら、 最大22,800円分の楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンも実施中です。 ただ、魅力的なキャンペーンの一方で 楽天モバイルは繋がらない、接続しにくいという声があるのも確かです。 楽天モバイルは自社回線エリアが現時点では非常に狭く、実際に使い放題が使える人は少ないでのが現状なんですね。 しかし、 楽天エリア内であれば電波状況は比較的良好で、使い勝手は悪くありません。 楽天エリア外でも月5GBまでauの回線を利用できるので、1年間無料であることを考えると十分お得です。 契約縛りや違約金も一切ないので、迷っている人は とりあえず申し込んでしまうのも全然ありだと個人的には思っています。 とはいえ、申し込み前に「エリアはどんな感じなのか」と知っておくのは重要であることには間違いので、本記事では楽天モバイルの対応エリアについて徹底解説します! 契約前にぜひ参考にしてみてくださいね。 埼玉県:さいたま市、川口市、春日部市、蕨市など• 千葉県:千葉市、市川市、船橋市、松戸市、浦安市など• 東京都:23区、武蔵野市、三鷹市、調布市、狛江市、西東京市• 神奈川県:横浜市、川崎市• 愛知県:名古屋市、春日井市、津島市、大府市、尾張旭市など• 三重県:木曽岬町• 京都府:京都市 北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区)• 大阪府:大阪市、堺市、吹田市、八尾市、門真市、東大阪市、四条畷市など• 兵庫県:神戸市(東灘区、灘区、兵庫区、長田区、中央区)、芦屋市 しかも、上記の都府県内でも楽天エリアはごく一部です。 例えば神奈川県のうち楽天エリアは横浜市と川崎市の一部の区のみで、その他の場所はパートナーエリアとなっています。 今後、楽天エリアも少しずつ広がっていくでしょう。 しかし、 現時点では楽天エリアでデータ通信使い放題を利用できる人はかなり限られてしまいます。 らく 一部の口コミでは楽天エリア内でも接続しにくい、繋がらないという声があります。 しかし、そういった口コミの多くは無料サポートプログラムのものです。 4月8日の正式スタート以降は楽天エリア内にいれば割としっかり電波を掴みます(実際に私も利用していますが、とても快適です)。 通信速度も比較的速く安定しています。 ただ、 家の中や建物内など、屋内だと楽天の電波が届かないところもあるようです。 今後、基地局が増えれば屋内でも電波は届くようになるでしょうが、1つ注意点があります。 それは 楽天回線エリア内では楽天の電波しか掴まないこと。 楽天の電波に入りが悪いからau回線に切り替える、といったことはできません。 楽天エリアで楽天回線の入りが悪いと、スマホで通信ができなくなってしまいます。 らく 楽天エリアに住んでいるなら、1年間無料である今のうちに契約するのがベスト。 しかし、ここまで何度もお伝えしている通り 楽天モバイルの自社回線が使えるエリアは非常に狭いです。 調べてみたら自分の住んでいる場所や活動エリアは楽天エリア外だった、という人が多いと思います。 では楽天エリア外に住んでいる場合、楽天モバイルは契約すべきなのでしょうか? 【結論】今なら1年間無料なので、とりあえず契約するのはあり!毎月5Gに収まるなら問題なし 結論から言うと、 今なら楽天エリア外に住んでいても楽天モバイルを契約してOKです。 楽天モバイルは先着300万人まで無料で使えます。 ほとんど費用をかけることなく運用できるので、とりあえず契約するのは全然ありです。 違約金がかからないのは安心ね。 楽天モバイルはサブ回線として使うのがおすすめ もし楽天モバイルを使うなら、現段階ではメイン回線ではなくサブ回線として使うのがおすすめです。 楽天モバイルは現在無料(先着300万名様まで)で使えるので、契約すること自体は何ら問題ありません。 とは言え、 まだまだ不安定なところがある楽天モバイルをメイン回線として使うのは心もとないです。 大手キャリアや格安SIMなど他の回線をメインで使い、楽天モバイルはサブとして使いましょう。 2枚のSIMカードを同時に待受けできる DSDV デュアルSIMデュアルVoLTE 対応スマホを使えば、1台のスマホで済みます。 2台持ちが面倒な人は、DSDV対応スマホを使うことも検討してくださいね。 楽天モバイルのエリアは楽天エリアとパートナーエリアの2つ• 楽天エリアはデータ通信が使い放題だが、対応エリアがとにかく狭い• エリアは楽天モバイル公式サイトのエリアマップから確認可能• どちらの回線に繋がっているかはmy 楽天モバイルアプリからチェック• キャンペーンがお得なので、楽天エリア外でも契約してOK• 楽天モバイルはサブとして使うのがおすすめ 楽天モバイルの特徴の1つがデータ通信の使い放題ですが、 使い放題なのは楽天エリアだけです。 現時点では楽天エリアは非常に狭く、恩恵を受けられる人は限られます。 ただ、 楽天エリア内にいれば電波の掴みは悪くありません。 楽天エリア以外はパートナーエリアとなり、au回線を月5GBまで利用可能です。 使い放題と比べると物足りないかもしれませんが、使い勝手は悪くありません。 なにより、 楽天モバイルはキャンペーンにより1年間無料で使えます。 無料で月5GBでも十分お得ですね。 楽天エリア内はもちろん、楽天エリア外に住んでいる人が楽天モバイルを契約するのも「十分にあり」と言えるかと思いますよ。

次の