ポケモン go 道具。 【ポケモンGO】道具で進化するポケモン一覧|ゲームエイト

『ポケモンGO』持てる道具の上限が最大2000個に増加!!

ポケモン go 道具

ポケモンゲット重視の場合• バトルをあまりしなければ、 回復系は捨てる• 「ボール系」はポケモンゲットイベント前であれば 200個以上ためる• 「パイルのみ」もポケモンゲットイベント前であれば 150個以上ためる• イベントのときはお得効果系の「モジュール」「おこう」をガンガン使う! バトル重視は回復系をためておく ジムバトル(ジム内のポケモンと戦ってジムを占拠してポケモンを配置する)を中心に行う場合、 戦闘後のポケモン回復に回復系アイテムは必須です。 ジムバトルを連続でするのであれば、 開始前にキズぐすりとげんき系アイテムでそれぞれ100個ずつはためておきましょう。 レイドバトルはボスレベルにもよりますが、報酬に回復系アイテムが数多く出てきます。 それで回復はほぼ間に合ったりします。 報酬アイテムに偏りがある場合もあるので、 念のためキズぐすりとげんき系アイテムでそれぞれ50個ずつぐらい、日に数回であれば30個ずつでも十分なぐらいです。 ポケモン育成重視は「わざマシン・ふかそうち・お得効果系」を残す 高個体値のポケモンのレベルを上げたり、特定のわざ構成のポケモンを揃えるなどポケモンを育成したい場合は、 わざマシン/ふかそうち/ほしのかけら/ふしぎなアメは残しておき、「ここぞ」というときに有効に使います。 「わざマシン」はレイドバトルでも獲得率は高くないので、できるだけ残しておきます。 「ふかそうち」は孵化したときのアメ・ほしのすなゲットがおいしいので、アメ確保が難しい10kmタマゴの孵化や、残しておいて「ほしのすな」獲得倍増イベントで使いましょう。 「ふしぎなアメ」もアメ確保が難しく、かつタマゴからも孵化しない伝説ポケモンの育成中心に使います。 普段のレイドバトルでためておき、育成したい伝説ポケモンをゲットしたときに使いましょう。 ポケモン育成重視の場合• 「わざマシン」は入手率が低いので 「ここぞ」というポケモンのために残しておく• 「ふかそうち」は 10kmタマゴの孵化やほしのすな倍増イベント時に使う• 「ふしぎなアメ」は育成したい伝説ポケモン用に残しておく 進化アイテム系は最低限保有し積極的に捨てる 進化アイテム系は増え度合いが他のアイテムより低いとはいえ、 気がついたら増えています。 ときどき確認して、 基本的にドンドン捨てていきましょう。 進化アイテムを利用した進化ポケモンがまだ揃っていないとしても、 それぞれ5個もあれば十分です。 既に進化ポケモンが揃っていれば、念のため3個残しておけば良いでしょう。 ただし、「シンオウのいし」はアイテムで進化できるポケモンが多いので、進化させたいポケモンがいる場合は20個ぐらいは残しておきましょう。 確保しておくアイテム/捨てるアイテムのまとめ ここまでのためておくアイテム/捨てるアイテムの解説をまとめます。 捨てるものはさっさと捨てて、快適にポケモンGOをプレイしましょう!.

次の

【ポケモンGO攻略】道具がいっぱいのとき、捨てていいものは何? [ファミ通App]

ポケモン go 道具

ポケモンゲット重視の場合• バトルをあまりしなければ、 回復系は捨てる• 「ボール系」はポケモンゲットイベント前であれば 200個以上ためる• 「パイルのみ」もポケモンゲットイベント前であれば 150個以上ためる• イベントのときはお得効果系の「モジュール」「おこう」をガンガン使う! バトル重視は回復系をためておく ジムバトル(ジム内のポケモンと戦ってジムを占拠してポケモンを配置する)を中心に行う場合、 戦闘後のポケモン回復に回復系アイテムは必須です。 ジムバトルを連続でするのであれば、 開始前にキズぐすりとげんき系アイテムでそれぞれ100個ずつはためておきましょう。 レイドバトルはボスレベルにもよりますが、報酬に回復系アイテムが数多く出てきます。 それで回復はほぼ間に合ったりします。 報酬アイテムに偏りがある場合もあるので、 念のためキズぐすりとげんき系アイテムでそれぞれ50個ずつぐらい、日に数回であれば30個ずつでも十分なぐらいです。 ポケモン育成重視は「わざマシン・ふかそうち・お得効果系」を残す 高個体値のポケモンのレベルを上げたり、特定のわざ構成のポケモンを揃えるなどポケモンを育成したい場合は、 わざマシン/ふかそうち/ほしのかけら/ふしぎなアメは残しておき、「ここぞ」というときに有効に使います。 「わざマシン」はレイドバトルでも獲得率は高くないので、できるだけ残しておきます。 「ふかそうち」は孵化したときのアメ・ほしのすなゲットがおいしいので、アメ確保が難しい10kmタマゴの孵化や、残しておいて「ほしのすな」獲得倍増イベントで使いましょう。 「ふしぎなアメ」もアメ確保が難しく、かつタマゴからも孵化しない伝説ポケモンの育成中心に使います。 普段のレイドバトルでためておき、育成したい伝説ポケモンをゲットしたときに使いましょう。 ポケモン育成重視の場合• 「わざマシン」は入手率が低いので 「ここぞ」というポケモンのために残しておく• 「ふかそうち」は 10kmタマゴの孵化やほしのすな倍増イベント時に使う• 「ふしぎなアメ」は育成したい伝説ポケモン用に残しておく 進化アイテム系は最低限保有し積極的に捨てる 進化アイテム系は増え度合いが他のアイテムより低いとはいえ、 気がついたら増えています。 ときどき確認して、 基本的にドンドン捨てていきましょう。 進化アイテムを利用した進化ポケモンがまだ揃っていないとしても、 それぞれ5個もあれば十分です。 既に進化ポケモンが揃っていれば、念のため3個残しておけば良いでしょう。 ただし、「シンオウのいし」はアイテムで進化できるポケモンが多いので、進化させたいポケモンがいる場合は20個ぐらいは残しておきましょう。 確保しておくアイテム/捨てるアイテムのまとめ ここまでのためておくアイテム/捨てるアイテムの解説をまとめます。 捨てるものはさっさと捨てて、快適にポケモンGOをプレイしましょう!.

次の

【ポケモンGO攻略】道具がいっぱいのとき、捨てていいものは何? [ファミ通App]

ポケモン go 道具

注目記事• 掲示板• バトルリーグ バトルリーグ別の最強ポケモン• レイドバトル 難易度別のレイドボス対策• ロケット団• ランキング• フィールドリサーチ タスク• 初心者向け!お役立ち記事 序盤のトレーナー向け• 知っておくと便利• ポケモン図鑑• 地方別• タイプ別の技一覧• Game8公式Twitter ゲームライター募集•

次の