石川 県 コロナ 速報。 県内の最新感染動向

【まとめ読み】コロナウイルスのニュース 4月17日 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

石川 県 コロナ 速報

こうした問いに、安倍晋三首相は記者会見で「夜の飲食店などへの外出を含めてどうするかは、今から断定的なことを申し上げることではない」と慎重に言葉を選んだ。 首相は「まさに未知のウイルスであり、十分に確信をもって予見することはできない。 政治的に決めることではなく、専門家の意見をうかがった上で判断したい」と強調した。 会見には政府の諮問委員会の尾身茂会長が同席した。 尾身氏は「ほぼ間違いなく言えることは、感染が仮に下火になっても、その後、ゼロになることはありえない」と指摘。 「小さな山がまた何度か繰り返してくることは当分、覚悟した方がいいと思う」と語った。 19:40 大阪府内で新たに55人感染 大阪府の吉村洋文知事は17日、府内で新たに55人が新型コロナウイルスに感染したと記者団に明らかにした。 府内で確認された感染者は計1075人になった。 19:00 プロ野球、交流戦が初の中止 5月中の開幕も断念 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は17日、12球団による代表者会議を行い、5月26日から予定されていた「日本生命セ・パ交流戦」の中止を決めた。 2005年の導入後、中止となるのは初めて。 斉藤惇コミッショナーは会議後のウェブ記者会見で「選手のコンディションを考えても、プロ野球の開催日について、5月中は断念せざるを得ない。 レギュラーシーズンの試合数も(143から)削減せざるを得ない」と述べた。 記者会見 首相「10万円給付、郵送やオンラインで」 安倍晋三首相は記者会見で、国民に一律10万円を給付する申請手続きについて、「スピードを重視するとともに、申請する人が殺到して感染リスクが高まることを避ける観点から、手続きについては市町村の窓口ではなく、郵送やオンラインによることにしたいと考えている」と述べた。 16:10 東京都内で新たに201人感染 過去最多を更新 東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに201人確認されたと発表した。 1日の感染者数が200人を超えるのは全都道府県で初めて。 都内で確認された感染者は計2796人になる。 13:13 麻生氏「手あげたら10万円」 給付は自己申告との見方 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として、安倍晋三首相が所得制限を設けず国民に一律10万円を給付する考えを示したことについて、麻生太郎財務相は17日の記者会見で「手を上げた方に1人10万円ということになる」と述べた。 申請に基づいて給付する自己申告制になるとの見方を示したものだ。 麻生財務相は、リーマン・ショック後の2009年に実施した「定額給付金」に触れ、「あのときはこちらから決めて一方的に1人1万2千円を支給した。 今回は、それを要望される方々ということになるので、前回と違う」と述べた。 「富裕層の方々、こういった非常時に受け取らない人もいるんじゃないか」とも語った。 梨田さんは重度の肺炎と診断され、3月31日から入院し、集中治療室に入っていた。 容体は安定しており、14日に人工呼吸器を外していたという。 事務所は「まだ梨田本人より直接皆様にメッセージをお届けすることはかないませんが、現在容体は安定しております。 今後は一般病棟にて快方に向けて治療に専念いたします」としている。 感染状況に応じて3段階にわけて制限を徐々に緩和する内容で、各州知事の判断で実施する。 「米国を再び開く」と名付けられたガイドラインでは、制限緩和の前提として新型コロナウイルスの症状を訴える人や感染者数が2週間にわたって減少し、病院が緊急対応なしにすべての患者を治療できる、などの条件を提示。 この条件を満たした地域は「第1段階」、感染拡大の再発の兆しがなく、2週間の条件を2回満たした地域は「第2段階」、3回にわたって満たした地域は「第3段階」に該当するとして、段階ごとに外出自粛を緩和し、学校や職場、店舗を再開させることを提案している。 10:16 英議会がZoom導入 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、英国の議会下院(定数650)は16日、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を審議の一部に導入すると発表した。 700年の歴史を持つ下院で、初の試みという。 英議会によると、一度に最大120人の議員が、ズームで審議に参加できる。 また、約50人の議員は、他の議員と距離をとりながら実際の議場に入り、「ハイブリッド型議会」になるという。 議場には複数のスクリーンが設けられ、ズームで参加している議員の顔が見えるようにする。 ただ、120人と50人を足しても170人にしかならず、残りの議員の参加をどう確保するかは明らかではない。 米トランプ政権の中でこのような見方が広がっていると、複数の米メディアが報じている。 ワシントン・ポストのコラムニストは14日、米政府当局者が2018年に訪問し、「コウモリのコロナウイルスの研究をしているが、安全対策などが不十分だ」との懸念を示し、米国が安全管理などを支援すべきだと訴える公電を送ったと報じた。 また、この公電によって、研究所が感染源ではないかという議論が米政府内で広がったとも伝えた。 5:00 「全国拡大は不要」のはずが 見え隠れする「10万円」 東京や大阪など7都府県の指定からわずか9日。 緊急事態宣言の対象区域が全都道府県に拡大された。 政府は大型連休中の人の移動を抑えると説明するが、もともと対象区域の知事は域外への移動自粛を促すことができるため、「全国拡大は不要」との見方が強かった。 決断の背景に何があったのか。

次の

【まとめ読み】コロナウイルスのニュース 4月17日 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

石川 県 コロナ 速報

こうした問いに、安倍晋三首相は記者会見で「夜の飲食店などへの外出を含めてどうするかは、今から断定的なことを申し上げることではない」と慎重に言葉を選んだ。 首相は「まさに未知のウイルスであり、十分に確信をもって予見することはできない。 政治的に決めることではなく、専門家の意見をうかがった上で判断したい」と強調した。 会見には政府の諮問委員会の尾身茂会長が同席した。 尾身氏は「ほぼ間違いなく言えることは、感染が仮に下火になっても、その後、ゼロになることはありえない」と指摘。 「小さな山がまた何度か繰り返してくることは当分、覚悟した方がいいと思う」と語った。 19:40 大阪府内で新たに55人感染 大阪府の吉村洋文知事は17日、府内で新たに55人が新型コロナウイルスに感染したと記者団に明らかにした。 府内で確認された感染者は計1075人になった。 19:00 プロ野球、交流戦が初の中止 5月中の開幕も断念 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)は17日、12球団による代表者会議を行い、5月26日から予定されていた「日本生命セ・パ交流戦」の中止を決めた。 2005年の導入後、中止となるのは初めて。 斉藤惇コミッショナーは会議後のウェブ記者会見で「選手のコンディションを考えても、プロ野球の開催日について、5月中は断念せざるを得ない。 レギュラーシーズンの試合数も(143から)削減せざるを得ない」と述べた。 記者会見 首相「10万円給付、郵送やオンラインで」 安倍晋三首相は記者会見で、国民に一律10万円を給付する申請手続きについて、「スピードを重視するとともに、申請する人が殺到して感染リスクが高まることを避ける観点から、手続きについては市町村の窓口ではなく、郵送やオンラインによることにしたいと考えている」と述べた。 16:10 東京都内で新たに201人感染 過去最多を更新 東京都は17日、新型コロナウイルスの感染者が新たに201人確認されたと発表した。 1日の感染者数が200人を超えるのは全都道府県で初めて。 都内で確認された感染者は計2796人になる。 13:13 麻生氏「手あげたら10万円」 給付は自己申告との見方 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として、安倍晋三首相が所得制限を設けず国民に一律10万円を給付する考えを示したことについて、麻生太郎財務相は17日の記者会見で「手を上げた方に1人10万円ということになる」と述べた。 申請に基づいて給付する自己申告制になるとの見方を示したものだ。 麻生財務相は、リーマン・ショック後の2009年に実施した「定額給付金」に触れ、「あのときはこちらから決めて一方的に1人1万2千円を支給した。 今回は、それを要望される方々ということになるので、前回と違う」と述べた。 「富裕層の方々、こういった非常時に受け取らない人もいるんじゃないか」とも語った。 梨田さんは重度の肺炎と診断され、3月31日から入院し、集中治療室に入っていた。 容体は安定しており、14日に人工呼吸器を外していたという。 事務所は「まだ梨田本人より直接皆様にメッセージをお届けすることはかないませんが、現在容体は安定しております。 今後は一般病棟にて快方に向けて治療に専念いたします」としている。 感染状況に応じて3段階にわけて制限を徐々に緩和する内容で、各州知事の判断で実施する。 「米国を再び開く」と名付けられたガイドラインでは、制限緩和の前提として新型コロナウイルスの症状を訴える人や感染者数が2週間にわたって減少し、病院が緊急対応なしにすべての患者を治療できる、などの条件を提示。 この条件を満たした地域は「第1段階」、感染拡大の再発の兆しがなく、2週間の条件を2回満たした地域は「第2段階」、3回にわたって満たした地域は「第3段階」に該当するとして、段階ごとに外出自粛を緩和し、学校や職場、店舗を再開させることを提案している。 10:16 英議会がZoom導入 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、英国の議会下院(定数650)は16日、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」を審議の一部に導入すると発表した。 700年の歴史を持つ下院で、初の試みという。 英議会によると、一度に最大120人の議員が、ズームで審議に参加できる。 また、約50人の議員は、他の議員と距離をとりながら実際の議場に入り、「ハイブリッド型議会」になるという。 議場には複数のスクリーンが設けられ、ズームで参加している議員の顔が見えるようにする。 ただ、120人と50人を足しても170人にしかならず、残りの議員の参加をどう確保するかは明らかではない。 米トランプ政権の中でこのような見方が広がっていると、複数の米メディアが報じている。 ワシントン・ポストのコラムニストは14日、米政府当局者が2018年に訪問し、「コウモリのコロナウイルスの研究をしているが、安全対策などが不十分だ」との懸念を示し、米国が安全管理などを支援すべきだと訴える公電を送ったと報じた。 また、この公電によって、研究所が感染源ではないかという議論が米政府内で広がったとも伝えた。 5:00 「全国拡大は不要」のはずが 見え隠れする「10万円」 東京や大阪など7都府県の指定からわずか9日。 緊急事態宣言の対象区域が全都道府県に拡大された。 政府は大型連休中の人の移動を抑えると説明するが、もともと対象区域の知事は域外への移動自粛を促すことができるため、「全国拡大は不要」との見方が強かった。 決断の背景に何があったのか。

次の

石川県/新型コロナウイルス感染症の県内の患者発生状況

石川 県 コロナ 速報

注意事項• 「令和2年3月4日版」以後は、陽性となった者の濃厚接触者に対する検査も含めた検査実施人数を都道府県に照会し、回答を得たものを公表しています。 なお、国内事例のPCR検査実施人数は、疑似症患者(感染が疑われる者)報告制度の枠組みの中で報告された数を計上しており、各自治体で行った全ての検査結果を反映しているものではありません(退院時の確認検査などは含まず)。 これまで延べ人数で公表されていたクルーズ船のPCR検査の結果については、3月5日以後、実員数で精査された結果になったため、3月5日のデータで下方修正されています。 令和2年5月8日公表分から、データソースを従来の厚生労働省が把握した個票を積み上げたものから、各自治体がウェブサイトで公表している数等を積み上げたものに変更した。 一部のデータについて、マイナスになったり大きく増減しているのは、都道府県からの報告に訂正または集計されていないデータを加わった結果になります。 参考: PCR検査人数(日次) 新型コロナウイルス感染速報 🇯🇵日本語 このプロジェクトは、 R言語で shinyおよび他のオープンソースパッケージを用いて、日本のCOVID-19発生状況をリアルタイムで可視化しているサイトです。 主に検査人数・感染数・退院数・死亡数などの各種指標およびその傾向を、全国または都道府県別で示しており、クラスターネットワーク、対数グラフなど多数のグラフが用意されています。 オンラインアクセスリンク• スクリーンショット サイトのデータについて 当サイトで使用しているデータは全て公開されているデータで、主に以下の3つに分類されます。 ニュースメディアによるリアルタイムデータ:感染者数・死亡者数の速報値はと一致しています;• PCR検査人数、退院者数、コールセンターの受付回数などのデータはが毎日更新しているページからデータを取得しています;• 企業()、個人が整理しているデータセット()、またはから派生した自治体または個人がメンテナンスしているサイトから自治体のデータを取得し、本サイトで異なる可視化手法でデータを再利用しています。 各種データセットの集計時間や、集計標準などが異なるため、数値周りに多少のズレが発生する可能性があります。 各メディアの集計方法も異なるため、サイト間にデータの不一致が生じることも珍しくありません。 従って、掲載された情報の内容の正確性については一切保証しません。 また、当サイトに掲載された情報・資料を利用、使用、ダウンロードするなどの行為に関連して生じたあらゆる損害等についても、理由の如何に関わらず、本サイトおよび運営メンバーは一切責任を負いません。 予めご了承ください。 開発メンバー 主催者• データ収集、 shinyを利用した可視化開発:• インフラ、サーバーのメンテナンス: 貢献者• Rの技術サポート:• データの自動化更新:• 日本語ローカライゼーション: 協力できる有志がいれば、お気軽にご連絡ください。 Rのことがわからなくても貢献できることは必ずありますmm。 例えば日本語の文言の修正、データセットの収集など。

次の