じゃ けん 方言。 『え!コレ方言だったの?!』関東出身者が標準語と勘違いしている神奈川・埼玉・千葉の言葉まとめ

伊予弁

じゃ けん 方言

群馬県総合教育センター. 2020年3月31日閲覧。 赤は存在が確認された国。 ピンクは、少なくとも一部の人は知っている国。 黄色は存在が否定的な国。 に当選したやに当選したなどがその典型である。 札埜和男『大阪弁「ほんまもん」講座』2006年、新潮社、p132• 日刊スポーツ. 2020年3月31日. 2020年3月31日閲覧。 中日スポーツ. 2020年3月30日. 2020年3月31日閲覧。 All Things Considered. 2003年10月24日. 2011年11月3日閲覧。 Canoe leading Canadian portal. Canoe Inc. 2007年10月25日. 2011年6月28日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2011年11月3日閲覧。 大山美和子(他共著)『たのしく遊べるこどものうた 改訂版』、1983年初版、1993年改訂版、163頁。。 初回放送1988年08月〜09月• エンタメRBB. iid. 2018年12月15日閲覧。 スポーツ報知. 2020年3月30日. 2020年3月31日閲覧。

次の

女子のかわいい方言ランキング。1位の都道府県は2位の京都に4倍差

じゃ けん 方言

「けん」という方言は、言葉の語尾につけて使われることが多く、広い範囲で使われています。 なぜ「けん」が広い地域でれるのでしょうか。 今回は語尾に使われる 「けん」の意味や使い方。 使っている地域と、使われ方と違いなどを例文を用いてご紹介します。 「けん」を使う地域の方でも、他の土地ではどう使われているのか興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。 けんの意味と使われる地域 「けん」は九州や四国、中国地方など西日本のかなり広い範囲で使われています。 福岡県、熊本県、宮崎県、佐賀県、大分県では日常的に若い人も使っています。 「けん」の方言の意味は言葉の 語尾の「~だよ」「~だ」「~ぞ」と同じです。 「けん」という言葉に意味があるわけではないのですが、イントネーションの違いがあるので他の土地の人が聞くと何か意味があるのかと思うこともあります。 「けん」を使っている地域はとても広いですが、使い方のルールがとくに決まっているわけじゃないのも共通しています。 けんを標準語に言い換えると「です」 「けん」を使う方言を 標準語にすると「~です」という言葉に言い換えることができます。 もっとカジュアルな言葉使うをする場合は 「だよ」とか「でしょ」などと言い換えることもできます。 けんの漢字 「けん」はその言葉自体に意味があるわけじゃないので、漢字にはせずに ひらがなで「けん」と書きます。 けんの発祥や由来 「けん」を使っている地域がかなり広いので、発祥や由来を突き止めるのは難しいですね。 とくに九州で使っている土地が多いので、発祥は九州からではないかと推測できます。 けんを方言として使っている地域 「けん」は九州の方言とか、博多弁だとか、色んな説がありますが、実際には九州でも広く使われます。 四国や中国地方でも使われるので、「けん」を特定の土地の方言というのは無理があるのかも知れませんね。 いったいどこまで「けん」を使っているのかまとめてみました。 福岡県 九州を代表する都市である福岡県は、方言が可愛いことで有名です。 「けん」は「だね」とか「でしょ」のように気軽に話せる相手に使う言葉です。 福岡では、「けん」と同じように「ちゃ」を語尾につけることもあります。 イントネーションが強い特徴があり「~けん!」と普通に使っていても強く聞こえてしまうため、慣れていない他県の人が聞くと、怒っている?と思われてしまうことがあります。 佐賀県 「がばい」で一躍有名になった佐賀の方言ですが、 「けん」は年代、性別を超えて語尾に使っています。 「~だ」とか「~だから」という時に使っています。 長崎県 長崎県でも「けん」は使いますが、福岡ほどは使いません。 「~っさ」とか「~っさ」は「けん」と同じように語尾につける長崎の方言ですから、こちらの方が馴染みがあるのでしょう。 熊本県 熊本県でも 「けん」を語尾につけた会話は多いです。 軽い感じで使われているので、若い世代にも浸透しています。 イントネーションが他の地域と比べて軽いのも特徴です。 大分県 九州の中でも大分県は 「けん」をあまり使わない土地です。 まったく使っていないわけではありませんが、「けん」よりも「ちょ」「ちょん」「ちゃ」「っち」 という語尾の方言が馴染まれて使われています。 例えば「あんたがしんけんだったの、しっちょん(あなたが一生懸命だったの、知ってる)」というように語尾に使います。 大分弁では「しんけん」という方言は、「一生懸命」という意味です。 宮崎県 宮崎県は 「けん」と「ちゃ」の両方を使っています。 語尾が同じでも、イントネーションやアクセントが平坦な宮崎県の方言なので、同じ「けん」でもあまり目立たないのが特徴です。 中国地方 「けん」は島根県や広島県など、 中国地方でも使われますが、九州とは少し違います。 島根県や広島県では「~だけん」とか「~じゃけん」のように「~だ」とか「~じゃ」のあとにくっ付いて使われています。 そのためさらになまり感が強く、他県の人が聞くと言葉が分からない場合があります。 使用例として、「明日は休みじゃけん、ドライブにでも行くど(明日は休みだから、ドライブにでも行くよ)」このようになります。 四国 四国では 愛媛県と香川県の一部で「けん」を語尾に付けて使います。 香川県では、語尾に「きん」を使う地域もあり、「けん」か「きん」を使うかでどこの出身かがある程度分かります。 東讃地域の高松方面では「けん」が使われて、丸亀より西の地域では「きん」が使われます。 日本で一番狭い香川県ですが、語尾の方言で出身地域が分かる面白い例ですね。 「けん」が一部に限られているのは、九州との関りが濃かった歴史が影響しているのではないかと伝わっています。 鹿児島県では使わない ほぼ九州全体で使われますが、鹿児島県では 「けん」は使いません。 「けん」ではなく「け」と短くなった語尾や「~っど」と独特の語尾が付きます。 鹿児島県の方言は薩摩訛りといって、外国との交易を幕府に悟られまいとするための暗号の役割もあったという説があります。 九州の中でも難しい方言が残っている理由としては一理あるのではないでしょうか。 けんの例文 様々な土地で使われる 「けん」ですから、その土地の方言によっては印象も違うでしょう。 そこで、色んな「けん」の例文を見てみましょう。

次の

岡山県の方言とは?岡山弁の特徴まとめ

じゃ けん 方言

神奈川弁を南北に隔てる丹沢山地 基本的には全県的によく似通っており、特に音韻やアクセントはほとんど共通しているが、文法や語彙を見ていくと方言対立が認められる。 一番大きい方言対立はを挟んだ南北同士で、その次に大きいのはを挟んだ東西同士である。 ただし、相模川河口付近(平塚市と茅ヶ崎市など)はで対岸が強く結ばれてきたため、川を挟んでもそれほど違いがない。 南北・東西の違いのほかには、沿岸部(いわゆる)、、足柄地域(・)でそれぞれ特色が見られるほか、旧武蔵国やの支配を受けた地域はやとの共通点も強い。 以下は、に日野資純が発表した旧相模国地域(を除く)の方言区画(市・郡・区は発表当時のもの)。 (大部分)、はとともに「 」として括られている。 横浜地方における方言については、によると「横浜発祥と言い切れる方言はない」と言う。 旧相模国地域の方言区画• 北部方言 - 、(以北)• 南部方言• 相模川東部方言• 、、、西部• 三浦半島(の一部、、)• 相模川西部方言• 愛甲郡(以南)、、、、• 相模湾沿岸部方言 - 、、、、三浦半島相模湾部など 特徴 [ ] 発音・文法ともに西関東方言の典型であるが、一部に珍しいものが存在する。 発音 [ ]• 母音の「アイ」が「エー」と変化するが激しい。 足柄や津久井では「ャア」と変化することがある。 静岡県および山梨県の方言と共通する特徴である。 語中カ行音が有声化することがある。 ラ行音の撥音化が盛ん。 相模湾沿岸で「いぇ」「しぇ」という珍しい音韻が使われることがある。 三浦半島で「じぇ」という珍しい音韻が使われることがある。 アクセント [ ] 全県で東京と同じ中輪型であるが、相模川以西の県西部では共通語と異なるアクセントの単語もある。 例えば「カボチャ」は共通語では平板型アクセントであり、「キノコ」や3拍名詞に属する「朝日」「涙」「枕」「眼鏡」は共通語では頭高型アクセントであるが、県西部ではいずれも中高型に発音されることがある。 また共通語では起伏型になるものが、平板型に変化するという例が若干みられる。 これは昨今の首都圏方言にも見られる傾向である。 特殊な平板型• 文法 [ ]• 関東方言の特徴である「 べ」「 だべ・ だんべ」が神奈川でも多用される。 出身であるのや、同じく藤沢市に6歳より家族で移住した外国人タレントのが、よく語尾に付けていることでも知られる。 ただし、他の関東方言の様に語尾がにならない。 また、湘南地区に多いのが、語尾「 べ」に更に下記「 よ」が付いた語尾である「~ べよ」をよく使用する。 例)横浜「さっきから、そう言ってるじゃん」に対し、湘南「さっきから、そう言ってんべよ」等。 文末詞「 ねー」「 さー」「 よー」を多用する。 「ね」「さ」「よ」の多用は東京方言を含む西関東方言に共通の特徴であるが、東京と比べて、独特のイントネーションとともに伸ばして使うのが特徴的である。 荒っぽい言葉と捉えられることがあり、1960年代にはを中心にこれらの文末詞を使わないよう呼びかける「ネサヨ運動」が展開されたことがある。 東京と比べて、敬語をあまり使わない。 これも東京方言を除く関東方言に共通の特徴であるが、日野資純は「同県人に対しても県外の人に対しても分けへだてをせず、早く親しみを以て交わりを結んでゆくという、大らかな気持ちから出ていることであろうと思う。 」「いかにも神奈川県人らしい、包容力の大きさといったものが感ぜられて、好ましいとさえ思うこともある。 」と述べている。 「・・・ください」というのを、丹沢以北では「 ・・・くんろ」、丹沢以南では「 ・・・けーろ、けんろ」または「 ・・・くんな」と言う。 湘南では「 ・・・せぇ、さっせぇ、らっせぇ」とも言い、これは伊豆半島沿岸部と共通する表現である。 相模川以西では疑問の終助詞を「 けー」と言うことがある。 逆接の接続助詞「けど」を「 けんど」と言うことがある。 足柄や津久井の一部で推量の助動詞「 ずら」を使うことがある。 静岡県や山梨県と共通する表現。 (例)そうずら• 秦野市などで「 え」「 だえ」を「べー」「だべー」と同じ意味で使うことがある。 相模川以西では副助詞「ばかり」を「 べー」と言うことがある。 (例)酒べー飲んじゃダメだべー• 人に物を示す際、威勢良く名詞を繰り返して言うことが多い。 「だ」は繰り返さないのが特徴的である。 (例)「この魚は何なの? 」「あー、サバだ、サバ」• じゃん(か) [ ] 神奈川県、とりわけ横浜市の方言(横浜弁)と勘違いされているものには、「そうじゃん(か)」のような終助詞「 じゃん(か)」がよく挙げられる。 しかし、神奈川県内で「じゃん(か)」が盛んに使われるようになるのは昭和からで、新しい表現である。 「じゃん(か)」の語源については、「そうじゃ、あんか(=そんなことがあるか)」から転じたとする説や、「そんなことあんか(=そんなことあるのか)」と「そうじゃねーか」が混交して成立したとする説などがある。 しかし、「じゃん(か)」は横浜発祥の表現ではなく、元々は愛知の・静岡県方面から東海道、もしくは山梨県方面から甲州街道や [ ]を経由して伝わったとする説が有力である。 なお三浦半島の一部では「 じぇー」「 じぇん」と言うことがある。 語彙 [ ] 秦野市付近の語彙を中心に記述。 あんべぇ:【形】塩梅、塩加減など。 「ちょうどいいあんべえ」のように使う。 うっちゃる:【動】捨てる。 うねう:【動】耕す。 うんねっかる:【動】寄りかかる。 おっぺがす:【動】はがす。 おっぺす:【動】押す。 かったりぃ:【形】面倒と疲れる、疲れた。 不足や足らないこと。 かっぺらう:【動】盗み取る。 かどっこ:【名】角。 かんます:【動】かきまわす。 きける:【動】載せる。 くっちゃべる:【動】しゃべる。 けっさらう:【動】蹴り飛ばす。 しゃっこい:【形】冷たい。 すばしっけえ:【形】動きが機敏。 のうのうさん:【名】仏様。 ほかる:【動】捨てる。 ぼこす:【動】ひどい目に合わす。 ぼっこす:【動】ぶっ壊す。 ゆんべ:【名】昨夜。 よこっちょ:【名】横。 よこはいり:【サ変名】割り込み。 神奈川県の方言の模擬会話例 「こんちわ、おばさん、いられるかよ(=いらっしゃいますか)」 「ああ、ちっと散歩に行ぐせえって(=ちょっと散歩に行くと言って)、今さっき出たとこだけんどよー」 「じゃあ、これおばさんにさー、渡しといてよー」 「お茶でも飲んできなよー」 「ありがとう。 でも、わりいからいいよー」 「そう言わねえで、ちっとぐれえ、いいじゃんかよー。 そうこうすんうちにけえってくんべえよ(=そうこうするうちに帰ってくるだろうよ)」 「じゃあ、お言葉に甘えて、そうさしてもらうべえかな(=そうさせてもらおうかな)」 神奈川県方言を使う作品など [ ]• - の漫画。 湘南地方の言葉が的確に表現されているが、時代とともに変わってきている部分もある。 - の漫画。 作者は横須賀出身。 作中キャラの言葉に方言が見られる• - 内で放映された短編アニメ。 郷土の名産をモチーフにした犬たちが登場する。 神奈川県は、がモチーフの神奈川犬として登場し、『この差し色鮮やかなグリンピースを乗っけるじゃん!! 』など話す。 声優は、神奈川県出身のが担当している。 - 神奈川県出身のの曲• - 横浜駅西口エリアのキャッチコピー「やっぱ、横浜西口じゃん。 - の漫画。 錫高野与四郎などの風魔忍者キャラクターが使う。 - 横浜を始めとした神奈川県下が舞台。 神奈川方言を使う著名人 [ ]• - アイドルグループのリーダー(出身)• - 音楽家、ロックバンドのリーダ(育ち)• - お笑いトリオのボケ・ツッコミ担当(横浜市神奈川区出身)• - 外国人タレント(前述および当該記事のとおり、6歳より家族で藤沢市に移住し、以後長く藤沢市で暮らす)• - お笑いコンビ• - (出身) 脚注 [ ] []• はまれぽ. com 2011年9月22日 、2018年3月8日閲覧。 平山編 1992-1994。 相模原市のアクセント• 佐藤編(2009)。 田中(2003)。 ・鑓水兼貴編『辞典〈新しい日本語〉』東洋書林、2002年• 2015年4月25日. の2015年4月25日時点におけるアーカイブ。 田中(2003)。 参考文献 [ ]• 井上史雄・篠崎晃一・小林隆・大西拓一郎編『日本列島方言叢書6 関東方言考2 群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県』、、1995年• 「相模方言の素描」(『国語学』9集)、、1950年• 日野資純「神奈川県の方言」(シリーズ6『神奈川県の歴史』)、、1961年• 田中ゆかり「〈小辞典〉ふるさとのことば 神奈川県」(『言語』2003年1月号)、、2003年• 編『都道府県別 全国方言辞典 CD付き』、、2009年• 日野資純「神奈川県」• 編 『現代日本語方言大辞典』、明治書院、1992-1994年• 田中ゆかり編 編集委員代表『日本のことばシリーズ14 神奈川県のことば』、、2015年 関連項目 [ ]• - 愛甲郡(現・厚木市)出身の作家。 和田の作品にはかつての厚木付近の農村の方言がよく描写されている。

次の