ゆうちょ ic キャッシュ カード。 ゆうちょのキャッシュカードが破損したときの対処法は?割れたカードをATMへ投入してもだいじょうぶなのか?

ゆうちょ銀行のキャッシュカードが故障したので再発行してきた

ゆうちょ ic キャッシュ カード

磁気不良• 破損・変形• 盗難 ゆうちょ銀行のキャッシュカードが必要になる場面として、主に4つあります。 それぞれの詳細が次の通り。 磁気不良 ゆうちょ銀行のキャッシュカードは、 磁気不良を起こすことがあります。 例えば、• 他のキャッシュカードの磁気と干渉する• クレジットカードの磁気と干渉する• 経年劣化で磁気が弱くなる• 手帳型スマホケースの磁石の影響を受けた …といったことが原因で磁気不良を起こします。 磁気不良は自然回復する症状ではありません。 なので、所定の方法でキャッシュカードを再発行する必要があります。 破損・変形 ゆうちょ銀行のキャッシュカードは消耗品です。 また、それほど頑丈なものではありません。 地面に落とした衝撃で割れてしまう、他のカード類に圧迫されて変形してしまう。 さらに、長く使うほど劣化していきます。 磁気不良と同じく、劣化は回復する症状ではないので、再発行が必要になります。 もう一点。 変形・破損したキャッシュカードは、絶対に使ってはいけません。 ATMから出てこなくなるなど、二次トラブルの恐れがあるからです。 紛失 財布をまるごと落としてしまったとか、たまたまキャッシュカードを無くしてしまったとか。 このような場合も再発行が必要になります。 ただし、紛失した場合は再発行よりも先に「 利用停止」の手続きをしてください。 不正利用される可能性がゼロではないので、まずは利用停止手続きをしましょう。 盗難 いつ・何時・どんなタイミングで盗難にあうか?わかりません。 財布やカードの盗難にあったら、こちらも 利用停止の手続きを最優先してください。 盗難・紛失ダイヤルは24時間受け付けているので、時間や曜日に関係なくすぐ電話しましょう。 まとめ• キャッシュカードの再発行は「店頭窓口」で手続き• 取引店以外でも再発行手続きできる• 必要な持ち物があるので忘れず持参を• 手数料として1,000円ほどかかる• 再発行にかかる時間は1〜2週間ほど.

次の

「Suica」と「ゆうちょ銀行のICキャッシュカード」が一体になった電子マネー搭載キャッシュカード『ゆうちょICキャッシュカードSuica』

ゆうちょ ic キャッシュ カード

カードローン 実質年率 最短融資 特徴のまとめ 4. ゆうちょダイレクト ネットバンキング に加入している人も、ネットではなく窓口での手続きが必要です。 手続きに必要なものは、次の3つです。 届出印• 本人確認書類• 通帳 本人確認書類は顔写真付きのものが必要ですが、ない場合は健康保険証と年金手帳など2通用意しましょう。 2通目は公共料金の領収書でもOKです JR東日本の交通カードSuicaを付帯している場合は、「Suica規約同意書」にも記入して提出する必要があります。 クレジットカード一体型のカードの場合は、通常の手続きだけでOKです。 カード会社にはゆうちょ銀行から連絡が行きます。 不明な点はコールセンターで確認してから窓口に行きましょう。 ゆうちょコールセンター 0120-108-420(通話料無料)• 受付時間 平日 8:30~21:00 土・日・休日 9:00~17:00 再発行手数料 キャッシュカードを再発行するときは、再発行手数料が1,050円(税込み)かかります。 ただし、ICチップへの切替の場合は手数料がかかりません。 また、カードが使えなくなった原因が、磁気テープの磨滅によると考えられる場合も手数料はかかりません。 本人が窓口に行けないとき 入院中などで本人が郵便局の窓口に行けないときは、委任状があれば代理人が手続きできます。 委任状の用紙は郵便局にありますが、インターネットからダウンロードすることもできます。 キャッシュカードが届くまでの日数 再発行されたキャッシュカードは、簡易書留で届けてある住所に郵送されます。 カードが届くまでに、手続きしてから10日前後の期間が必要です。 Suicaやクレジット機能を付帯している場合は3週間前後かかります。 紛失・盗難の際に必要な対応 キャッシュカードを落としたり盗まれたりしたときは、悪用されるのを防ぐために、再発行手続きの前に「カード紛失センター 0120-794-889(通話料無料)」に電話して、カードの利用を停止する必要があります。 紛失センターは24時間年中無休で対応しています。 海外で紛失したときはフリーダイヤルが使えないので、<045-279-6201(通話料有料)>へ電話してください。 盗まれた場合は、警察へも届けなければなりません。 ATMにキャッシュカードを置き忘れたときは、機械にカードが回収されている場合があります。 その場合はゆうちょ銀行から電話がかかるか、銀行に紛失届を出したときに分かります。 紛失したカードが見つかったときは? 紛失届をした後でキャッシュカードが見つかった場合も、窓口での手続きが必要です。 カードを発見した場合は、再発行ではなく利用停止を解除するだけなので、手数料はかかりません。 ただし、キャッシュカードに交通カードのSuicaを付けているときは、再発行が必要になり、手数料1,050円(税込み)が必要です。 カードにSuicaを付けているとき キャッシュカードにSuicaを付帯している場合は、カード紛失センターへ届けると同時に、最寄りのSuica発行駅にも届け出て、利用停止をする必要があります。 Suicaを付帯している場合、盗難にあったときは、ゆうちょ、警察、Suica発行駅の3か所に届けが必要なことになります。 紛失・盗難のときの補償 ゆうちょ銀行では、キャッシュカード、通帳などが紛失や盗難に遭い、窓口などにおいて不正に引き出された場合、被害の全部または一部を補償しております。 ただ、下記の要件を満たしている方は、不正の対象とならないので注意が必要になってきます。 故意・重大な過失がある場合(他人に通帳を渡した、記入・押印済みの払戻請求書や諸届を渡した場合、それと同程度の注意義務違反)• 通知、十分な説明、警察への被害届などがなされなかった場合• ゆうちょ銀行への被害届が被害日の30日後までに行われなかった場合• 配偶者、二親等以内の親族、同居の親族、同居人の払戻請求の場合• 紛失・盗難についての被害に関する重要事項に偽りがあった場合• 戦争、暴動などの著しい社会秩序の混乱に乗じた被害の場合 カードを破損したとき カードを傷つけたり割ったりしたときも再発行が必要です。 見た目には破損していなくても、ATMで使えなくなったときは磁気テープかICチップが破損している可能性があります。 磁気テープやICチップが破損した場合も、再発行手数料が必要ですが、先ほど触れたように、磁気テープの経年劣化と見られる場合は無料になることがあります。 ゆうちょの通帳をなくした場合 磁気テープカードからICカードへ切替えるときには、次のものが必要です。 現在使っているカード• 届け出印• 届け出後に見つかった時は キャッシュカードや通帳の紛失をゆうちょ銀行に届け出た後に、通帳が見つかった場合はゆうちょの窓口へ行き解除の手続きを行います。 手続きに必要なものは以下の通りです• 発見した通帳• 届け印• 顔写真付きの本人確認書類 免許証など 代理人が解除の申し込み行う場合は、委任状が必要です。 通帳が不要!ゆうちょダイレクトプラスもオススメ 通帳を紛失したということを防ぐためには「ゆうちょダイレクトプラス」がおすすめです。 現金の預け入れと払い戻しはキャッシュカードで行い、残高照会や入出金明細照会などはWebサービスのゆうちょダイレクトで行います。 ゆうちょダイレクトプラスのメリットは下記のとおりです。 Web上で時間や場所を気にせずにいつでも利用できる• ゆうちょ銀行の口座間の送金は即時入金• セキュリティ対策がバッチリなので安心して利用できる• 記帳の為だけに窓口やATMへ向かう必要がない ゆうちょダイレクトプラスにはデメリットもあります。 入出金の履歴が最大15か月間と決められている• ネット環境が整っていないと利用できない• ゆうちょダイレクトプラスから通帳発行口座へ変更するときは窓口へ行き、書面で手続しなくてはいけない• 総合口座のみ利用できるサービスなので振替口座や通常貯蓄貯金口座など使えない口座がある ゆうちょダイレクトプラスのメリットとデメリットを理解し、申し込みを考えてみてはいかがでしょうか。 新規の場合は申し込み書の請求はWebから行え、すでにゆうちょ口座を持っている人は申込書の他にWebからも申し込みができます。 磁気テープカードをICカードに切り替えることもできる? ゆうちょのキャッシュカードを従来の磁気ストライプからICカードに切り替えることも可能です。 ICカードはIC 集積回路 チップを搭載したカードで、磁気ストライプよりも偽造が困難で安全性が高いことが特徴です。 磁気タイプよりも劣化もしにくいため、現在利用している人でこだわりがない人は、早めに切り替えを検討してください。 ICカードの新規発行、切り替えの申し込みは、全国のゆうちょ銀行と郵便局の貯金窓口で行えます。 ICチップによる取引に対応していないATMもありますが、その場合は磁気ストライプによる従来の方法での取引が可能です。 他の銀行は通帳を再発行の時にどんな申し込みをする? どの銀行でも最初に通帳を紛失したことを、専用のコールセンターまたは窓口に届け出る必要があります。 銀行によりますが、そのあとに通知書が銀行から届き必要なものをもって手続きに窓口へ向かう必要があります。 ただし、JAバンクの場合は直接取引店に電話連絡をしてください。 銀行名 再発行手数料 通帳の再発行手続きができる方法 銀行名 再発行手数料 通帳の再発行手続きができる方法 三菱UFJ銀行 1,100円 税込み アプリ、窓口 みずほ銀行 1,100円 税込み Web、窓口 りそな銀行 1,100円 税込み Web、窓口 三井住友銀行 1,100円 税込み テレホンバンキング、郵送、窓口 JAバンク 1,100円 税込み 直接取引店に連絡 まとめ キャッシュカードを紛失したときは、再発行の前にすぐ紛失届を出しましょう。 キャッシュカードに暗証番号が設定されているとはいえ、悪用されてしまう危険性は十分に考えられるため、早めに届け出を出しておきたいところです。 また、再発行は郵便局の窓口での手続きが必要で、新しいカードが届くまでに10日前後かかります。

次の

ゆうちょ銀行のキャッシュカードが故障したので再発行してきた

ゆうちょ ic キャッシュ カード

ゆうちょ銀行ATMキャッシュカード利用申込書に必要なもの 本人が窓口に来店して申し込む場合• ゆうちょ銀行のATMキャッシュカードを作りたい通帳• 通帳のお届け印鑑• 通帳名義人の身分証明書(保険証や免許証など) 代理人(妻)が窓口に来店して夫のATMキャッシュカードを申し込む場合 (妻である私が夫の代わりにキャッシュカードの申し込みをする場合に必要なものです。 妻以外の代理人の場合は分かりません)• 委任状• ゆうちょ銀行のATMキャッシュカードを作りたい通帳• 通帳のお届け印鑑• 通帳名義人と妻の身分証明書(保険証や免許証など) ゆうちょキャッシュカード利用申込書の記入方法 これは、ゆうちょ銀行のATMキャッシュカードの申し込み用紙ですが、ICキャッシュカードへの切り替えやICカードの追加申し込み(共用カード利用者に限る)も同じ用紙になります。 キャッシュカード利用方法の選択 ・カードおよび通帳を利用 ・カードのみ利用 と2つから選びます。 通常の場合、カードとゆうちょ通帳のどちらでもATMで使いたいですよね。 うちも「カードおよび通帳を利用」にチェック入れました。 ICキャッシュカードの種類を選択 ・JP BANKカード ・一般カード この2種類のカードの違いですが、一般カードは、ゆうちょ銀行のATMでお金の出金入金をするのに利用するだけのカード。 JP BANKカードは、キャッシュカードにクレジットカードサービスがついたカードです。 うちでは、クレジットカードは、すでに持っているので必要ありません。 一般カードにチェックを入れました。 代理人カードの利用 貯金通帳名義人(申込人)以外で代理人専用のキャッシュカードを作りたい場合、ここの「要」にチェックを入れます。 よく分からなかったので、窓口で説明を受けました。 つまり、我が家を例に取ると、 主人が通帳とキャッシュカードのどちらも持っていたい場合、私にはお金を引き出す手段がありません。 そこで代理人カードを作っておけば、私もATMで主人の口座からお金を引き出せるというわけです。 ただし、「JP BANKカード」を希望した場合は、代理人カードの申し込みはできなくなっています。 うちの場合は、いまのところ、私が主人名義の通帳もカードも管理しているので、必要ありません。 「不要」にチェックしました。 キャッシュサービス新規利用 これは、新規でカードを作る場合のみ有効です。 デビットカードサービス デビットカードとしても、ゆうちょ銀行のATMキャッシュカードを利用しますか?ということ。 デビットカードを使えるお店で現金代わりにカードでお支払い。 ゆうちょ銀行の口座から代金が引き落としされるということですね。 クレジットカードとデビットカードとの違いは、クレジットカードだと、通帳に預金残高がなくても限度額まで買い物できます。 でも、デビットカードでの支払いは通常、預金口座からの即時支払になるので、預金残高以上の買い物ができないこと。 うちでは、デビットカードは使う予定がないので、「利用しない」にチェックを入れました。 暗証番号必須取り扱い これも内容が分からなかったので、ゆうちょ銀行の窓口で尋ねました。 「暗証番号必須取り扱い」を「申し込む」にすると、窓口でお金を引き出す場合、通帳と印鑑以外に暗証番号を窓口で入力しないと出金できないのだそうです。 セキュリテイ的には素晴らしいと思いましたが、面倒そうなので「申し込まない」にしました。 昔は磁気ストライプカードでしたが、最近はICカードに移行していますよね。 いまさら作ろうと思ったのには理由があります。 本人以外が窓口で預金引き出しするのに、窓口の対応が厳しくなっているのを感じるからです。 再度ゆうちょ銀行の窓口で確認したところ、 ATMでは1日に50万円まで引き出しが可能。 窓口では本人でない場合通帳と印鑑で50万円未満まで引き出し可能とのこと。 本人以外が50万円以上出金するのには、通帳と印鑑以外に委任状と身分証明書が必要。 ただし、同居家族の場合は、通帳名義人と代理人の身分証明書(原本)と通帳、印鑑を窓口に持参すれば委任状無しで100万円まで出金が可能になる場合もある。 といった内容でしたが、私が以前ゆうちょコールセンターに電話して尋ねた場合の解答は前記したものとは違って、さらに厳しい内容でした。 それで、いつ最寄りのゆうちょ銀行も同じく厳しい規律になるとも分からないと思い、キャッシュカードを作っておくことにしたのです。 クレジットカードでもキャッシュカードでも持っていると便利なのですが、カードの保管と暗証番号を覚えておくのが面倒で、できれば増やしたくなかったですが、仕方ないですね。 - name ぽゆら 50代からを楽しく豊かに暮らす情報をのんびり収集中。 子供はすでに手を離れて気楽になったけど、ちょっぴり淋しいかな、夫との二人生活。 40代は夫と別居したくて迷走してたけど、今はどーでもよくなった(笑)。 40代で持ち家ローン完済済み。 実家の近くにマンション買おうかともくろんでるけど、通帳の残高が減るのが嫌で躊躇中。。 老後はグレイヘアの素敵なマダム目指して健康美を追及してみたり。 損することが嫌いで、貯金大好き。 方向音痴なので主要都市の駅周辺の素敵なホテルでひとりまったりするのが趣味。 よろしくです。 カテゴリー•

次の