日本 オワタ。 日本オワタ\(^o^)/

[B!] 【日本オワタ】 日本では9歳以下の児童の行方不明者は年々増加していることが判明 | 保守速報

日本 オワタ

膨らむ借金と高齢化しながら減る人口という大きな問題に直面している日本。 これから30年後の日本はどんな国になっているのか。 大の親日家でありながら、日本の将来について非常に悲観的なことで知られる世界3大投資家のジム・ロジャーズ氏と、フリーランスの人材マッチングを手がけるみらいワークスの岡本祥治社長。 ともに世界各国を旅行し、日本以外の状況を知る2人が日本の未来と末路について語り合った。 ロジャーズ:実は数カ月前までは、今よりもっと楽観的でした。 日本経済の先行きは世界経済に左右される部分があり、私は、世界経済は今後数カ月のうちに「終わり」を迎え始めると考えている。 つまり、日本もこの影響を受けることは避けられません。 そしてその「問題」が発生する日はどんどん近づいている。 だから私は昨年秋に日本株は全て売却した。 日本が増税を行うとわかったタイミングでね。 増税で得する人などいない。 岡本:日本経済の行方は世界経済に左右されるのは確かです。 日本には高齢化や人手不足など構造的な問題もある。 しかし、私たち日本人はそうした問題を解決しなければいけないと考えています。 成熟社会である日本は、世界に先駆けてこうした問題に直面していますが、もし解決策を打ち出すことができれば、その解決策を世界に「売る」ことができるのではないでしょうか。 現時点ではその解決策は見いだされていませんが、日本人ならできると思います。 ロジャーズ:日本は長きにわたって繁栄してきました。 確かに大変な問題を乗り越えてきたことも、何度もありました。 しかし今直面している問題に対して、どんな解決策があるのか私にはわからない。 日本の借金は日々膨れ上がっている一方で、人口はどんどん減っている。 これは意見ではなく、事実です。 日本の将来を考えた時、ものすごい勢いで子供を増やすか、移民を受け入れるか、とんでもないスピードで借金を減らすかしない限り、日本の長期低迷は不可避です。 借金が増えて人口が減る。 単純な算数の問題です。 あなたは私が知らない何かを知っているのかもしれませんが、このままいけば悲惨な末路しかありません。 日本がすぐに消滅することはありませんが、そのうちなくなってしまう可能性だってあります。

次の

日本オワタは本当か?日本実はすごい?日本オワタ論の人の心理も紹介

日本 オワタ

そこには『天皇陛下を元首にする』と 書かれていました。 正直なぜそんなことをしなくてはいけないのかわかりません。 今までどおり『日本の象徴』で良いのでは? 憲法の1条すらも変えようとする安倍さんに 恐怖を感じました。 9条はまだわかるとして、天皇の立場まで 変えるとは・・・・。 また、非常事態に総理に権力を集中する法律も危なく思いました。 秘密保護法といい、自民党のやり方は戦前の軍部と同じで危機感を覚えます。 民進は東日本大震災の対応、反対はしても 具体策がなさすぎてダメだし、 共産党とか反日は論外です。 そこには『天皇陛下を元首にする』と 書かれていました。 天皇陛下を国家元首とするメリットの1つが対外的な対応と国内での扱いの整合性が取れる様になる事ですね。 それから、天皇陛下の憲法上の地位を確定する事によって、皇室を廃止しろなどという不快で愚劣な戯れ言を封じる為でもありますね。 因みに、国家元首と主権者はイコールでは有りません。 主権者は依然として国民です。 陛下が元首となって変わることは、陛下の憲法上の立場が明確化されると言う事だけで、国政に関する権限が附与されるわけでも、何らかの権限が生じるわけでもありません。 >また、非常事態に総理に権力を集中する法律も危なく思いました。 法学的には国家緊急権条項と言います。 これは、普通の国家なら有って当然で、無い国の方が異常なんですけどね。 国家の存亡に関わる様な、本当に切迫した緊急事態が発生した場合に、平時の法体系で対応していたのでは国民の生命や自由や財産が致命的に損なわれ、国家の滅亡すら考えられる様な場合に発動される権限です。 国家緊急権を憲法にて定める意義は、かかる緊急事態に対しても、国家権力が超法規的な措置を講じる事を許さず、憲法の枠内で事態の対処に当たらせるという事です。 国家緊急権には乱用の危険性が常に付きまといますので、その発動要件・解除要件・受権内容・解除後審査等が厳格に定められます。 自民党の改憲草案の緊急事態条項は、それらの規定が最低限しか定められておらず不十分に感じましたので、そのまま成立させるのは反対なのですが、国家緊急権条項を憲法に定める事は必要不可欠ですよ。 日本国の代表者は誰ですか 元首を明記しないといつまでたっても日本国の元首は誰だ〜?って意味のない論争が続きますよ? 学校の代表者は誰だ〜?校長?生徒会長?いやいや、生徒全員だ!みたいな論争です。 天皇を元首に定めたところで何ら天皇の権能に変更はありません。 元首はたんに国の代表者をさすだけです。 日本国の代表者を明確にするだけです。 国事行為以外にも公的行為もしっかり明確になりました。 もちろん内閣の進言を要します。 元首は誰か論争なんてしてる国、日本国くらいですよ(笑) 君主国の元首は君主 共和国の元首は大統領 極めて当たり前の常識 海外では日本国の元首は天皇であると当たり前に周知してます。 日本国の元首である天皇が来たから最上級のお客様「国賓」として遇する、元首だから条約に基づき外交接受を天皇に求める。 電報を天皇に贈り敬意を表する。 元首という最上位だから最高位の勲章を帯びて、もって叙勲する。 天皇が日本の代表者なんだってのは当たり前。 実際、アメリカ合衆国憲法には、「大統領を元首とする」「大統領を統治権者とする」などという規定はありません。 この点についての日本政府の公式見解(国会での政府側答弁)は、 ・元首の定義にもよるが、さしあたり天皇を日本の元首としても問題無い。 というものです。 そしてこの見解は、数年前の民主党政権ですら、変えようとはせず、そのまま踏襲しています。 国会では、そんなほぼ自明のことより、もっと実務的で建設的なことを論じた方が効率的ではありませんかね? 非常事態条項と特定秘密保護法については、amashiminnさんとほぼ同じです。

次の

【日本オワタ】 日本では9歳以下の児童の行方不明者は年々増加していることが判明

日本 オワタ

日本オワタ論は時代に逆行している! 日本オワタと、日本をネガティブに捉える論調、一見かっこよさそうに見えますが、実は時代遅れです。 というのも、国民世論は、確実に「日本大好き」です。 2011年の東日本大震災がきっかけで、震災を発端に「がんばろう日本」というフレーズが一般的になりました。 これを機に、国民の中に潜在的に眠っていた、日本人が自然に生まれ育った国・日本に親しみを持つ心が、オープンに表現できる風土が出来上がったと思います。 最近は日本の歴史や文化に積極的にアクセスする人が増えました。 各地の観光地を巡ったり、神社仏閣を訪れたりと、日本の良さ、素晴らしさを見直す動きは広がりを見せています。 これは、日本オワタ論を掲げて悦に入っている人には気づきにくい現実です。 「グローバルな思考を身に着けて時代の先端を行く考え方をしている」と思っている人ほど陥りやすい罠なのです。 日本オワタどころか、日本にはポテンシャルがありまだまだ伸びしろがある。 日本の良くするために自分にできる活躍をしよう、と考える方がよほど健康的ですし、時代にも会っています。 日本オワタという人の心理 では、日本オワタという人って、どんな心理がこめられているのでしょうか?考えられる3つの要素をご紹介します。 日本を批判して自分の箔をつける 特にIT関連で成功した人に多く見られるのですが、日本のことをネガティブに捉える投稿などをすることは、「世界は進んでいるのに日本は遅れている。 それを指摘する自分はすごい」という意識が働いています。 「日本を批判している自分はカッコいい」という発想になっているのです。 それがトレンディだと思っている節があります。 でも実際には、思った以降に批判コメントをもらう、ということもあるのです。 日本をネタにしたらプラスになるとわかっている 日本をDisることをネタにすることで、賛否はどうであれ注目を積め、アクセスも稼げるため、結果的にプラスになります。 批判を受けることも織り込み済みで、成果重視の言論に徹するということですね。 本人には強い思想性があるわけではないケースがほとんどです。 逆に思想を明確に持っていると、そういう成果狙いの投稿は難しいでしょう。 日本好きがゆえに叱る もちろん、日本への深い愛情ゆえに叱っている人もいます。 強い口調で叱ると反発もされるので、ソフトなしかり方として、「日本オワタ」というスラング的なフレーズを使ってマイルドにする、という人もいます。 ただ、多少なりとも日本をDisる言論は、直接反発はされなくとも、不愉快に思う人も覚えておきましょう。 日本を否定する人が日本で生きずらいのは当然 生まれ育った国のことを肯定できないことは、実は不幸なことです。 自分の国のよろしくない部分にばかりフォーカスを当てすぎるあまり、日ごろの生活の中でこの国で生まれ生活している恩恵に気づきにくくなっているのは、残念なことです。 私は海外留学していたことがありました。 外国に住んで初めて、日本はなんていい国だ、住み心地のいい国だ、ということに気づけました。 美味しい食べ物に恵まれ、医療や社会保障も手厚いです。 日本にいると認識しづらいけど・・・ だからこそ、日本を卑下するような言論を繰り返している人をSNSなどで見ていると、せっかく日本に生まれ済んでいるのに、もったいないなあと思います。 もっと、日本のいい所に気づいてほしいなあと思います。 もちろん、知っていながらパロディ目的で、もしくはあいわゆる「炎上目的」で日本を不定するひともいるかもしれませんが、生まれ住んだ国を否定することは自分自身の歩みを否定することでもあり、本人のメンタル的にもいい影響を与えるとは思えません。 日本に対する不満ばかりを募らせてしまうと、日本にいること自体がつまらなくなります。 もちろん改善すべき点は多々ありますが、日本の素晴らしい所にも目を向けてみることも大切です。

次の