たこの酢の物。 NHKきょうの料理「たこときゅうりの酢の物」のレシピby土井善晴 7月7日

たこの栄養と効能とは?

たこの酢の物

業務スーパーの冷凍たこ・たこぶつ(岩だこ)の評判1つ目は、「たくさん入って安い」です。 とにかくたっぷり入っているので、1度ではなかなか使い切ることができません。 しかし、たくさんたこを使用するたこ焼きパーティーには、必ず業務スーパーの冷凍たこを購入するというコメントがいっぱいありました。 たこを1Kg購入すると、何に使ったらいいのか分からず余ってしまうことも多いかもしれませんが、数家族で購入して小分けにするのもいいかもしれません。 冷凍なので、小分けにしておけば1か月ほどは使用できそうです。 大量のたこを使用するたこ焼きを準備する際、買ってきたたこをカットするという作業は結構大変です。 業務スーパーのたこぶつは、最初からカットされて冷凍されていますので、解凍したらそのままたこ焼きに使用できます。 切って炊くだけなのでとても簡単ですが、食卓がレベルアップするような1品です。 たこをたっぷりと入れると、たこの触感を楽しめるご飯になります。 余ったら焼きおにぎりにすると、翌日も楽しめますよ! たこ飯の材料• 冷凍たこ 150g• 米 2合• しょうが 1片• 酒 大さじ1• 醤油 大さじ1• みりん 大さじ1• 小葱 適量 たこ飯の作り方• 米を研ぎ酒、醤油、みりん、砂糖、和風だしを入れます。 水を2合の目盛よりも少なめに入れて混ぜます。 冷凍たこを解凍し、食べやすい大きさに切ります。 油揚げは短冊切り、しょうがは千切りにします。 水を加えた米の上に、切ったたこ、油揚げ、しょうがを乗せます。 炊飯をスタートさせます。 炊き上がったら5分ほど蒸らし、混ぜます。 切った小葱をたこ飯の上に散らします。 カット済の冷凍たこなので、解凍してそのまま使用します。 味も濃いめなので、ビールなどのお酒によく合う居酒屋メニューです。 漬け汁をしっかり切ってから、粉の中に入れないとべたべたになってしまいますので、注意しましょう。 たこのから揚げの材料• 冷凍たこ 400g• 酒 大さじ1. 砂糖 大さじ1• みりん 大さじ1• 醤油 大さじ3• にんにく(チューブ) 3cm位• しょうが(チューブ) 1cm位• 小麦粉 大さじ3• 片栗粉 大さじ2 たこのから揚げの作り方• ボウルに酒、砂糖、みりん、醤油、にんにく、しょうがを入れて混ぜます。 解凍して水気を切ったたこを調味料の中に入れて混ぜ、半日漬けておきます。 片栗粉と小麦粉を混ぜ、漬けたたこを加えてまぶします。 油を170度に熱し、粉をまぶしたたこを入れます。 きつね色になったら、しっかり油をきります。 手間のかかりそうなおしゃれ料理だって、冷凍たこを使えばとても簡単です。 アヒージョと一緒にバケットなどを添えてあげると、立派なおもてなし料理になります。 ワインとよく合いますよ! たこのアヒージョの材料• 冷凍たこ 150g• ミニトマト 10個• マッシュルーム(しめじでも可) 5個• にんにく 1片• オリーブオイル 100㏄• パセリ 適量• 鷹の爪 1本 たこのアヒージョの作り方• 冷凍たこは解凍して水気を切っておきます。 マッシュルームを食べやすい大きさに、にんにくはみじん切りにします。 フライパンにオリーブオイル、クレイジーソルトを入れて軽く混ぜます。 たこ、トマト、にんにく、マッシュルームを加えます。 火をつけて弱火にし、5~7分ほど煮ます。 上からパセリを散らします。 たことにんにくと鷹の爪だけの、とてもシンプルなペペロンチーノです。 触感が楽しく、たこをしっかりと楽しむことができます。 大葉やアスパラ、キャベツなどを加えていろんなアレンジを楽しめますよ! たこのペペロンチーノの材料• パスタ 100g• 冷凍たこ 60g• にんにく 1片• オリーブオイル 大さじ1• 塩こしょう 適量• 鷹の爪 1本 たこのペペロンチーノの作り方• 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、分量外の塩を入れてパスタを茹でます。 冷凍たこは解凍しておきます。 鷹の爪は輪切り、にんにくはみじん切りにします。 フライパンに鷹の爪、にんにく、オリーブオイルを入れて火をつけます。 にんにくの香りが出てきたら、たこを入れて炒めます。 パスタの茹で汁をおたまに1杯分とパセリをフライパンの中に入れます。 アルデンテに茹でたパスタを入れて、よく和えます。 塩こしょうで味を調えます。 バケットの上にのせて食べたり、パスタに和えて食べると美味しいです。 もちろん、そのまま食べても絶品ですよ!トマトは生のものを使ったレシピですが、トマト缶でも代用できます。 トマト缶の方が酸味が少なく仕上がりますよ。 たこのトマト煮の材料• 冷凍たこ 150g• セロリ 80g• 玉ねぎ 80g• トマト 3個• じゃがいも 3個• にんにく 2片• 白ワイン 大さじ2• オリーブオイル 大さじ1• 水 100cc• パセリ 大さじ1• 塩 少々• ナツメグ 少々 たこのトマト煮の作り方• 冷凍たこは解凍しておきます。 トマトとじゃがいもは乱切りにします。 玉ねぎ、にんにく、セロリはみじん切りにします。 オリーブオイルとにんにくを鍋に入れて火をつけ、弱火で香り出るまで熱します。 セロリと玉ねぎを入れて炒めます。 白ワインを入れて強火にし、トマトとナツメグを加えます。 たこと水を加えて煮立たせ、30分煮ます。 最後にじゃがいもを加え、柔らかくなるまで煮込み、塩で味を調えます。 業務スーパーのたこを活用しよう! いかがでしたか?1kgとたっぷり入った業務スーパーの冷凍タコですが、使い道はたくさんあります。 こんなに使わないと購入を躊躇する方も多いかもしれませんが、今回ご紹介したレシピだけでも1kg使い切れてしまいますよ!是非、業務スーパーのお得な岩だこを使って、美味しいたこ料理を楽しんでくださいね!•

次の

「たこときゅうりの酢の物 レシピ」胡瓜、わかめ、タコの酢の物

たこの酢の物

「きゅうり、わかめ、タコの酢の物」 つまみにもなるし、あともう一品という時に重宝するタコの酢の物。 基本は三杯酢で作りますが少し旨味に欠けるので、鰹節を加えた土佐酢を使い旨味を強めます。 素材の味を大事にした、旨味のある美味しいタコときゅうりの酢の物の作り方です。 ・火にかけて沸騰寸前で鰹節をひとつまみ入れて火を止める。 ・冷めたら鰹節を網などで濾す。 ・塩をふって混ぜ合わせ、5~10分寝かせる。 ・きゅうりをぎゅっと力を入れて水気をしぼる。 ・冷蔵庫に入れて冷やしておく。 ・タコをぶつ切りにする。 酢は米酢でも穀物酢でも大丈夫、特に種類は問いません。 今回はリンゴ酢を使いました。

次の

NHKきょうの料理「たこときゅうりの酢の物」のレシピby土井善晴 7月7日

たこの酢の物

こんにちは。 沖縄好き、発酵食品コーディネーターの名畑 です。 今回は蒸し暑い時期に食べたくなるお酢料理。 食欲の無いときでもさっぱりといただけますし、何よりお酢の効果で体がシャキッとします。 暑くなってくると、食べたくなるのが酢の物ですが、でも作るのにちょっとだけハードルが高いって思いませんか? 醤油麹を使えば、醤油麹で作るのであらかじめ塩もみしなくてもいいんですよ。 魔法で作ったみたいに簡単にできます! 食欲がない時でも美味しく食べられますし、しかも超簡単ですので是非お試しくださいね。 たこときゅうりの酢の物 材料 ゆでだこ100g、きゅうり1本、みりん大さじ1、しょうゆ麹、酢、各大さじ1 (醤油麹は、米麹にしょうゆをひたひた程度加えて、1週間ほど常温で置くだけで出来上がりです)• みりん大さじ1は耐熱容器に入れて、ラップをかけずに電子レンジで10秒加熱します (煮きりみりんを作ります)• 醤油麹大さじ1と酢大さじ1を和えます• たこときゅうりは乱切りにします• ボウルですべてを和えたら出来上がり!! 簡単に出来上がり~~~~、美味しく食べてくださいね。 疲れた身体が元気になります。 今日のレシピの脳にいいところ たこ たんぱく質を含みますが、カロリーは低めです。 血液中の中性脂肪や余分なコレステロールを身体の外に出す働きがあり、動脈硬化や血栓を予防するアミノ酸の一つ、タウリンがたくさん含まれます。 亜鉛も多く、味覚異常や食欲不振、成長障害、皮膚障害を防いでくれます。 よく噛んで食べる事で顎が丈夫になり、脳の刺激にもなります。 醤油こうじ 発酵食品は善玉菌の宝庫です。 腸の中には色々な腸内細菌がたくさんいますが、 私たちの健康に大きな影響を与えています。 お通じも関係していますし、美肌やダイエットにも。 腸の中の細菌バランスを整えることは、何より免疫を上げることに繋がります。 健康で元気に過ごすためには、 自分の身体の中の免疫をあげることが大切です。 そのために、塩こうじなどの発酵食品を毎日の食卓にさりげなく使うことをお勧めします。 作り方は、麹にしょうゆを入れておくだけ!簡単ですので、マイ調味料としていつも冷蔵庫に置いておくと便利ですよ! 酢 腸の中の不要な最近を減らして、腸中環境を整える働きがあるので便秘の解消に効果的です。 便秘には食物繊維のことばかり上げられますが、お酢も便秘に役立つんです。 お酢を使った手作りドレッシングでサラダにすれば、困った便秘もあっという間に解消されます。 次に上げられるのは血液を流れやすくしてくれるということ。 酢酸が血管を拡張させて、滞っていた血液を流れやすくしてくれます。 これによって、肩こりや疲れ目を改善してくれたり、高血圧の予防にもなります。 三つ目に、腸内環境が整うことで、自律神経が整います。 それによって血液や冷え性、落ち込み気味な気持ちも改善してくれます。 脳も体も栄養がないと働くことができません。 いくつになっても元気で過ごすためには、しっかり栄養を取らなければなりません。 食材を組み合わせて、いろいろな食べ方をして、楽しく栄養補給してくださいね。 健康情報、そして時々沖縄情報を更新中です。 よろしければをお願いします。 笑顔で元気な毎日を応援いたします。 は、簡単に料理を作って健康になりたい方のための教室です。 バランスの良い食事をあなたに合わせて提案させていただきます。 名畑 のぞみ 山形県庄内町出身、横浜在住。 病院に医療事務として勤務後、健康食品の会社に勤務。 子供のアトピーや、親の胃がん、脳梗塞などから、病気にならないには何がいいのか、どうしたらいいのかを深く追求し始める。 サプリメントアドバイザー、フードライフコーディネーターの資格を持ち健康食プロデューサーとして日々食のことを発信しています。 人は食べ物から出来ているので、体に合った良いものを食べればおのずと病気も遠ざかります。 忘れがちなことを、いつものご飯から改善して家族の笑顔を守ろうと活動をしています。 ・講演 ・脳にいい簡単レシピの提案、健康料理の記事制作 ・健康料理教室の主催 ・各種イベントの企画などの活動しています。 お気軽にお声かけください。 詳しくは「」をご覧ください。

次の