海外 ドッグフード。 【海外発!Breaking News】ドッグフードが原因か 警察犬や飼い犬の死で製造会社が自主回収へ(豪)

ドッグフードメーカーはどこが安全?43種の中からランキング!|ドッグフードのおすすめは?安全な犬の餌を完全比較!

海外 ドッグフード

知恵袋では、ビタワンを安いドッグフードと思い込んでいる人が多く、ビックリしています。 ビタワンは大袋 7キロぐらい で1400円もする高級品です。 日本で一番売れている「愛犬元気」は6.5キロ1140円で売られています。 私は、7キロ800円の国産品を犬に与えています。牛乳をかけ、少し湿らせると愛犬はドッグフードをガツガツ丸飲みします。 海外の得体の知れないドッグフードを与えて喜んでいる飼い主は、まともではないと思います。 アレルギーなどがなく健康な犬に、7キロ800円の国産ドッグフードを与えて、健康被害が出た飼い主がいますか。 補足質問に答えていない回答ばかり! アレルギーなどがなく健康な犬に、7キロ800円の国産ドッグフードを与えて、健康被害が出た飼い主がいないということか。 高い餌がよいと狂信している飼い主にビックリ 実家で飼っていた犬が、知人の家で生まれた子犬でした。 4匹生まれ、1匹は母犬と共に暮らし、他は近所の方にもらわれていきました。 うち1匹は私の実家へ。 兄弟犬4匹中、3匹がドッグフードでした。 種類はそれぞれ違うと思いますが、18年前の事ですのでホームセンターで買える物だと思います。 ネットも普及してない時代ですので、海外製品などはあまり知られていない時代でした。 ドッグフードのみの3匹共、12. 13歳でガンで亡くなりました。 肝臓ガン2匹、腎臓ガン1匹でした。 母犬も肝臓ガンで13歳の時亡くなりました。 母犬も父犬も遺伝疾患などない、良いブリーダーの元で生まれました。 実家の犬は17歳でなくなりました。 甘やかされたもんで、肉しか食べないワガママ犬でしたが、ガンになりやすい遺伝子を持ってたと考えたら、余計な添加物を取らせなかったのが良かったんでしょうね。 また、知人のシベリアンハスキーも国産ドライフードだけでしたが、10歳の誕生日を迎えてすぐにガンでなくなりました。 これだけで安い国産フードはダメと決め付けるのも横暴ですが、添加物などの弊害は10年くらい摂取し続けないと結果が出ない場合が多いですよね。 人間も同じですね。 日本の食材は、添加物まみれだそうです。 日本人は、添加物の害に疎いとか。 すぐに症状がでないから大丈夫だろう、と思えるのは医療大国だからこそかもしれませんね。 食べ物に関係なく、長生きする犬は長生きします。 輸送代も加算された高いフードをわざわざ買う必要があるのかと思うのはもっともです。 が、短い犬生、健康で長生きしてほしいと思うのが飼い主です。 何でも大丈夫かもしれないけどもっと良いものを、と求めるのは良い事だと思います。 色んな情報があるので、自分が一番いいと思ったことがいいのではないかと思います。 法律でほとんど決まりがない国産フードの添加物や危険な食材の事を考えたら、法律で規制されてる海外製品の質を求めるのも納得できます。 国産でも、中小企業でとてもよいフードを作ってる会社もありますが。 フードは安くても牛乳をかけると言う手間をかけてる主様は、愛犬の事をとても考えてあげていると思います。 私個人の考えですが、体に良い物を探すのも良い事ですが、主様のように愛犬が喜ぶ食事を見つけてあげるのもとても良い事だと思います。 毎日の生活の中で、犬を大事にしてるんだろうなぁと思います。 ちなみに、カルシウムの過剰摂取はカルシウム結石の原因などにつながります。 ドライフードである程度のバランスが取れているところに、毎食牛乳では多いのでは?と思います。 そして、数日前にもまったく同じ質問を見かけました。 他人がどんなドッグフードをあげようと、自分が良いと思った物を与えていれば問題ないのでは? 私は、パピー時期からの手作り食はダメといわれてますが、生後半年から手作り食にしています。 私がいいと思ったやり方なので。 もちろん、最善はつくしていますが。 長々と失礼しました。 ドッグフードが原因かはっきりわかりませんが。。。 先住犬が小さい時に安い国産フードをあげていました。 しかし、肝臓数値が悪かったために医師推奨のアメリカ産フードに 切り替えました。 後住犬は先住犬と同じドッグフードをあげてましたが、 胃腸が弱くて下痢嘔吐を繰り返してました。 そのため、消化のいいナチュラルフードに切り替えたところ、 食い付き、うんちの状態も良くなり嘔吐もしなくなりました。 先住犬は4kg 約3800円、後住犬は1kg 約1500円のフードをあげてます。 フードが高いからいいとは思いませんが、犬により合う合わないがあると思います。 我が家の犬達には安い国産フードは合いませんでした。 ご参考までに。。。 お望みの回答ではないかもしれませんが・・・ フードのお値段の違いは、だいたいは原材料におけるたんぱく質の量の違いです。 お求めやすい値段のフードの原料は、ほとんど最初に「穀類」が表示されていると思います。 人の食べ物同様、割合の多い順で表示されます。 つまり「炭水化物」がメインのフードなのです。 もともと犬は肉食なので、もっとも必要な栄養はたんぱく質です。 乾燥肉が多く含まれているのは お値段が張ります。 必要な栄養を取るために、お求めやすい値段のフードは量を食べないとなりません。 その結果、炭水化物の取りすぎになったり(本来犬にはあまり必要ない栄養です)、嗜好性を上げるため吹きつけられている油を多く取ることになったり、 添加物も取ってしまう事になり、大抵は時間をかけて内臓を痛める事になり、内臓や皮膚などに病気が出て、持って生まれた寿命を全うできないわけです。 と、かかりつけの獣医さんがおっしゃっていました。 これが、主様のおっしゃるところの「健康被害」です。 実家で飼っていた雑種です。 フードは愛犬元気とぺディグリーでした。 わたしと私の実家の家族が「健康被害が出た飼い主」です。 15年生きたから、メーカーに文句を言う気はありませんが。 影響がでるのは大抵シニアになってからなので、老化もからんできますので立証は困難だと思います。 でも、大きな原因のひとつが「毎日食べるフード」なのです。 牛乳をかけてたんぱく質を補うのは良い方法だと思います。 乳糖を消化できないワンちゃんが多いのと、かけすぎるとカロリー過多になるのでその点注意すれば、 フードの量を減らせるので炭水化物等の取り過ぎを防止できますよね。 舶来をありがたがってはいませんが、今の犬には舶来のプレミアフードを与えています。 先代に対する反省を含めて。 ひと月の餌代は1500円程度なので、高い餌ではないと思います。 7キロ800円、1400円のフード。 1キロ当たりに換算するととてつもなく激安フードですw 7キロ1400円が高級品なら、うちの9キロ約12000円のフードは 超高級品で、うちはセレブ扱いでもしてくれるのでしょうか^^ これでも普通レベルのフードですが。 最近になって国産のものでも1キロ1000円程度のフードくらいであれば 品質はぐんと良くなってきていますが、それ以下のものは所詮その程度・・・ といったところです。 海外のフードの品質はよく、日本のものより上質なものが圧倒的に 多いと思いますよ。 7キロ800円のフードで健康被害が出た飼い主がいますか? って飼い主が食べてってことですか?w そりゃぁ体の調子悪くなる人いるでしょうね、ドッグフードですから 人間が食べて検査はしていても100%ではないでしょう。 ご自身で実験してみては?w 飼い犬に健康被害がでるかという点でも同じです。 中には原材料によっては何らかの影響を受けることがあるでしょうから。 アレルギーの有無にかかわらず。 ただ、今のところ大丈夫でもいいものを食べさせている犬と 安価で保存剤や添加物のたくさん入ったものを食べさせている犬とでは 年齢を重ねてきたときにどれだけの違いがあるかはわかりませんよ。 もちろん逆のパターンもないとは言えませんが。 添加物や保存料によっては体内に蓄積されるものもありますし。 できる限りいいものを与えて健康に長生きしてもらえるように 管理するのは飼い主の義務です。 命の責任があるのですから。 私は犬の体に合わない牛乳を与えていたり、 消化に悪く、内臓に負担をかける食べさせ方で フードを丸呑みさせるような飼い主の方がまともじゃないと思いましたけど。 その値段で国内で作っている、国産ってことはないです。 フードは外国で作って、袋詰めを国内ですれば国産と表示できるそうです。 値段的にも、売値がその値段なら原価は数百円。 まともな食材が入ってないのは当たり前です。 フードが原因で体調を崩す犬は、患者さんの中で何頭もいます。 多いのは下痢や嘔吐 (特に安い缶詰で多いです) 次いで毛艶が悪い、栄養失調(量を食べても消化吸収率が悪い物が多いから) 尿石症や皮膚病、アレルギー(食物以外の化学物質による物もあります) 慢性的な肝臓、腎臓病等があります。 すぐに体調を崩す犬もいれば、長期的に食べることで慢性的な病気になる犬もいます。 これらの病気は犬にもよるかもしれません。 質の悪いフードを食べても元気な犬もいれば、高いフードでも体調を崩す犬もいます。 飼い主の考え方次第だと思います。 でもフードが原因で体調を崩すと、ほとんどの飼い主さんは、もっと良いフードをあげればよかったと言います。

次の

ヒューマングレードドッグフードの定義!日本と海外は違うって知ってた?

海外 ドッグフード

危険なドッグフードとは ペットショップ等に行くとドッグフードは多数販売されておりどの商品も愛犬にとって良いドッグフードに見えてしまいます。 食いつき?原材料?価格?何が本当に安心して愛犬に与えられるドッグフードなのか。 愛犬は家族というのは当たり前で、いつまでも赤ちゃんの様に愛おしい存在ですよね。 いつまでも元気で側にいて欲しいという願いは皆さん同じ想いだと思っています。 だからこそ、愛犬の口に入るドッグフードはちゃんと選んであげたいですよね。 しかしドッグフードによっては 愛犬が喜ばない商品も存在しています。 ここでは愛犬に危険を及ぼす可能性のあるドッグフードについてご説明していきます。 畜殺場廃棄物 4Dミート の危険性 4Dミート Dead=死んでいる・Dying=死にかけている・Disabled=不具合Diseasd=病気である 実は、お肉がランク分けされていることをご存知でしょうか。 お肉の質などに決まっており 7ランクまでが人間の食べられるランクと言われています。 それ以下の8ランク、9ランクのお肉を4Dミートと言い病気にかかっていた動物のお肉などが含まれます。 人間の食用にならなかったこのような4Dミートはドッグフードの原材料と使用されることがあります。 そのお肉を使用したドッグフードを愛犬に与えてしまうとその成分が体内に取り込まれることになり、下痢や嘔吐などの体調不良を起こす可能性もあります。 ドッグフードに使用されている添加物は重病の原因 ドッグフードの成分表を見ると甘味料や、酸化防止剤などの添加物が含まれていることがあります。 添加物全てが愛犬にとって悪影響を及ぼすわけではないのですが物によっては重病の原因となる恐れもあります。 酸化防止剤として使用される添加物には愛犬にとって危険なものがあります。 エトキシキンは日本では使用が認められていない為あまり見かけないかもしれませんが海外製のドッグフードには含まれていることのある強力な酸化防止剤です。 アメリカ軍が兵器として使用した枯葉剤にも含まれていた成分と言われており愛犬や人間にとっても危険な成分です。 エトキシキンを基準値以上摂取してしまうと愛犬はガンを発症する恐れや、アレルギー反応を起こす可能性があると言われています。 危険な添加物は酸化防止剤だけでなく着色料にも存在しています。 赤色3号はエリスロシンとも呼ばれる成分です。 タール色素と呼ばれる分類の合成着色料です。 かまぼこや、福神漬けなどに使用されている着色料なのですがネズミに使った実験では甲状腺腺腫が増加する等の症状が見られ発がん可能性があると言われています。 保存料に使われるソルビン酸カリウムも愛犬に危険な成分です。 摂取することで肝臓障害や発育不良の症状を引き起こす可能性があると言われています。 危険なドッグフードの成分・原材料• 動物性油脂• ボーンミール• 肉類副産物• 動物性乾燥消化物• 家禽類副産物• 鶏肉副産物の消化物• 肝臓腺粉• 鶏副産物• 乾燥レバー消化物• 魚類副産物など 4Dミートや添加物が愛犬にとって危険であることをご説明してきました。 ここでは危険な成分や原材料についてもう少し詳しくご紹介していきます。 ドッグフードを購入する際に成分表を確認する参考にしてください。 原材料でも一番避けてあげないといけない4Dミート 死んだ動物や、病気になっていた動物等の肉を使用している4Dミート。 愛犬の為にも4Dミートを使用しているドッグフードは絶対に避けてあげないといけません。 実際に成分表を見ても4Dミートという記載はされていないので判断が難しいと思われます。 4Dミートはミール肉として使用されることが多いです。 ドッグフードを購入する際には原材料の原産国を確認するようにすると危険を回避できます。 お肉の部位なども書かれていないものは選ばないようにしましょう。 危険な添加物一覧• プロピレングコール• ソルビン酸カリウム• グリシリジンアンモニエート• 没食子酸プロピル• エトキシキン• ブチルヒドロキシトルエン BHT• 亜硝酸ナトリウム• 赤色40号・青色2号• ブチルヒドロキシアニソール BHA など 添加物も愛犬に悪影響を与えるものがある為、成分表を見て確認しておく必要があります。 先ほど少し添加物をご紹介しましたがここではもう少し危険性のある添加物をご紹介していきます。 ジブチルヒドロキシトルエン 日本のドッグフードにもジブチルヒドロキシトルエンを使用している物はあります。 発がん性、染色体異常、脱毛といった症状を引き起こす可能性がある危険な成分です。 亜硝酸ナトリウム ハムやソーセージなどに含まれている事がある亜硝酸ナトリウム。 色をきれいに見せるために使用される添加物です。 ドッグフードにも使用されていることがありますが発がん性、アレルギー等を引き起こす危険のある成分です。 不要とされる着色料・食材一覧 ここではドッグフードには不要と言われている着色料や食材をご紹介していきます。 着色料、赤、青、黄色等 赤色3号、黄色5号、黄色6号、青色1号、青色102号、赤色105号、ビートパルプ、セルロース、塩、砂糖など 着色料はドッグフードの見た目をきれいに見せるために使用されていますが品質をごまかせる方法でもあると言われています。 着色料は原材料が石油の物もあり発がん性や染色体異常、アレルギーを引き起こす可能性があるので使用されているドッグフードはできれば選びたくありません。 トウモロコシ ドッグフードにはトウモロコシ等の穀類が入っている場合があります。 安いドッグフードなどはトウモロコシでかさましをしていることもあるのですが使用しているのはトウモロコシの芯や皮等の事があります。 その為栄養は少なく犬にとって消化もしにくいという非常に不必要な食材になる事があります。 トウモロコシはアレルギーを引き起こす可能性も高く摂取することで下痢等の症状を発症する可能性があります。 愛犬に合ったドッグフードの選び方 愛犬のドッグフードが切れてしまってたまたまホームセンター・スーパー・コンビニのドッグフードを数回与える事も絶対にダメとは言いません。 しかし、そのドッグフードを長期間やずっと与え続ける事は最適とは思えません。 ドッグフードを選ぶ際にはここまでご紹介した危険な成分が含まれていない事を確認しつつ、また愛犬に合わせたドッグフードを選んであげる必要もあるのです。 年齢や愛犬の趣向、体調等を考慮したドッグフードを選んであげるようにしましょう。 愛犬の年齢 ドッグフードを選ぶ際に愛犬の年齢は重要なポイントとなります。 愛犬のライフステージ毎に必要な栄養の種類、量、摂取カロリーは変わってきます。 例えば成長期の愛犬に高齢期のドッグフードを与えてしまうと成長に必要な栄養素やカロリーが明らかに不足していて成長不良や栄養不足になってしまいます。 逆も同じでシニア犬 老犬 になると体力も衰え、活発に運動したりしなくなるのでカロリーは抑えてあげる必要がありますが消費カロリーの多い成長期用のドッグフードを与えてしまうとカロリー過多になり肥満を引き起こす可能性があります。 ドッグフードはライフステージ毎に必要なカロリーや栄養素を計算して作られています。 ご自分の愛犬の年齢に合わせてドッグフードを変えてあげるようにしましょう。 愛犬の体調 ドッグフードによっては愛犬が体調不良を起こす可能性があります。 愛犬も人間と同じでそれぞれアレルギーなどが違う為よその愛犬が食べて健康だというドッグフードがご自分の愛犬にとっても良いものであるとは言えません。 いつものドッグフードが無くて代替で他のドッグフードを与えたら下痢をしてしまったと言う事もあります。 ご自分の愛犬の体調をよく見てあげながらドッグフードを選んであげるようにしましょう。 飼い主が何を求めているか ドッグフードを購入する際には飼い主の方は愛犬にとって安全であるかと言う事と価格などを気にしていると思います。 ドッグフードは安い物も多く販売されているのですが価格が安い分含まれている成分が愛犬にとって良くないものであることもあります。 愛犬は家族の一員ですから価格より安全性、健康を考えたドッグフードを求めるようにしましょう。 ドッグフード安心・安全・無添加おすすめランキング 最近はペットショップ・ホームセンターだけに限らず、コンビニやスーパー、パソコンなどインターネットの通販サイト等、色々な場所でドッグフードが販売されていて、商品の種類もたくさんあります。 ここでは、愛犬に合ったドッグフード選びをするうえで安心・安全しかも無添加なプレミアムドッグフードをランキング形式で紹介します。 1位 モグワンドッグフード 原産国 イギリス 容量 1. 8㎏ 価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜) 定期購入 1袋 3,564円(税抜) どちらも3袋以上で送料無料!! 主な原材料 チキン・サーモン・ココナッツオイル リンゴ・カボチャ・海藻 特長 高タンパク・動植物性タンパク質50%以上 グレインフリー(穀物不使用) 着色料・香料不使用 は、イギリスのドッグフード生産工場で製造された栄養満点のドッグフードです。 主原料は、新鮮なチキンの生肉と生サーモンを使用し、動物性タンパク質が全体の50%以上を占めています。 多くの愛犬が、食いつきがよくなり美味しそうに食べてくれると評判です。 2位 カナガンドッグフード 原産国 イギリス 容量 2㎏ 価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜) 定期購入 1袋 3,564円(税抜) どちらも3袋以上で送料無料!! 主な原材料 チキン・サツマイモ・海藻 マリーゴールド・クランベリー・カモミール 特長 生肉などの動植物タンパク60% 野菜など植物成分40% グレインフリー(穀物不使用) は、ドッグフード先進国として有名なイギリス産の高級グレインフリードッグフードです。 全犬種、全ライフステージの犬におすすめです。 栄養価が高いため、獣医師がおすすめするドッグフードとしても有名です。 他のドッグフードと比べて肉の配合比率が60%、残り40%が野菜、ハーブなどの植物成分です。 子犬や小型犬でも食べやすいように、小粒サイズです。 3位 アランズナチュラルドッグフード 原産国 イギリス 容量 2㎏ 価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜) 定期購入 1袋 3,564円(税抜) どちらも3袋以上で送料無料!! 主な原材料 生ラム肉・玄米・全粒オーツ麦 特長 アレルギー対応 不使用:人口添加物・肉の副産物・添加物・着色料・保存料・香料 不配合:小麦・大豆・乳酸菌・とうもろこし・牛肉・豚肉 は、イギリス産のドッグフードです。 アランズナチュラルドッグフードは、自然給餌の原則に従ってドッグフードを作っています。 アランズナチュラルドッグフードは良質なタンパク質、消化にいい穀物から炭水化物を摂取、野菜やハーブからビタミンやミネラルなどを摂取すると言う栄養をバランスよく摂取する考え方です。 無添加に拘っているので、アレルギーがある愛犬にも安心して与える事が出来ます。 愛犬が一生食べ続けるものだからこそ、安心で安全の商品を提供する事を心掛けています。 4位 ネルソンズドッグフード 原産国 イギリス 容量 2㎏ 価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜) 定期購入 1袋 3,564円(税抜) どちらも3袋以上で送料無料!! 主な原材料 チキン・サツマイモ・ジャガイモ・エンドウ豆 特長 グレインフリー(穀物不使用)・人口添加物・肉の副産物不使用 遺伝子組み換え食品不使用 はイギリスでも、ワンランク上のドッグフードとして大勢の人に支持され、イギリス国内での販売累計は100万袋を突破しています。 ネルソンズドッグフードは、主に動物性タンパク質で、ドッグフードには珍しいグルコサミン・コンドロイチンなど様々な栄養素が配合され、栄養バランスが抜群です。 グレインフリーで、人工添加物は一切使用していないため、安心で安全です。 しかも愛犬の健康と元気、そして美しさをサポートしてくれるので、自信を持っておすすめする事が出来ます。 5位 ピッコロドッグフード 原産国 イギリス 容量 1. 8㎏ 価格 通常価格 1袋 3,960円(税抜) 定期購入 2袋以上の場合 1袋 3,168円(税抜) 3袋以上で送料無料!! 主な原材料 チキン・サーモン・リンゴ・サツマイモ マリーゴールド・グルコサミン 特長 脂質控えめでヘルシー 原材料は100%ナチュラル素材 は、特にシニア犬におすすめしたいドッグフードです。 イギリス産で、主原料はチキンとサーモンで70%を占めているので、食いつきが抜群によいです。 動物性タンパク質で、犬の健康に必要な栄養素をしっかり摂取しつつ、チキンとサーモンで低カロリーな食事を提供してくれます。 小麦などのアレルギーの原因になる食材は一切含まれません。 まとめ 愛犬は自分でご飯を選ぶことができません。 愛犬に安心して与えられるドッグフードを選ぶ事も飼い主の一つの責任ではないでしょうか。 大切な愛おしい愛犬を元気にするか体調が悪くなってしまうのもドッグフード選びも一つの要因だと思っています。 愛犬の体調管理の一つであるドッグフード選びをもう一度じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

次の

良い悪いが一目で分かる!ドッグフード【全ランク】解析一覧|ドッグフードの達人

海外 ドッグフード

ワンちゃんの成長や体づくりに欠かせないドッグフード。 定番のシリーズであるユーカヌバ・アイムス・ピュリナワンなどの商品だけでなく、最近ではモグワン・カナガン・アカナなど自然の素材にこだわった高級なフードも増えています。 さらに安全面を考えると無添加・国産・グレインフリーなど、注目したい部分はたくさんありますよね。 ドッグフードは非常に種類が多いので、一体どのように選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、 Amazon・楽天・価格. comなどの売れ筋上位と口コミで人気のドッグフードをすべて集めて検証し、最もおすすめのドライフードを決定したいと思います。 検証には、 獣医師の彦坂道子先生にご協力いただき、以下の3点 を比較しました• 原材料の信頼度とこだわり• 食いつきの期待度• まずは各商品の原材料表を確認していきます。 持ち点を3. 0とし、以下の5つに当たる表記があった場合、それぞれ0. 5点(最大2. 0点)の加点をしていきます。 パーセンテージやグラム数など、原材料の含有量原材料の産地「生」「乾燥」など肉・野菜等の加工前の状態や保存方法「骨を含まない」「副産物を含まない」「ホルモン剤不使用」など、肉に関する詳細その他「遺伝子組み換えでない」「人間用の食材を使用」などの原材料に関する説明逆に「等」「類」「家禽」などの表現の後に補足がなく、細かい原材料の記載がない箇所が1つでもあった場合は0. 5点の減点と設定します。 こちらも1つあるごとに0. 5点加点し、根拠のない効果の記載など、表記のガイドラインに反する表現があった場合は-1. 0点とします。 まず初めに、基本的なドッグフードの種類について確認しておきましょう。 ドッグフードには、大きく分けて2つの種類があります。 ひとつは、 コスパ優秀なドライフード。 カリカリとした食感で、一般的にドッグフードといえばだいたいこちらを指します。 栄養がたっぷり詰まっていて、保存期間も長めで使い勝手がよく、普段あげるごはんとして非常に人気。 そのため、売れ筋上位のドッグフードを集めた今回の検証も、基本的にドライフードを徹底比較しています。 なお、嗜好性が高く 食の細い犬やシニア犬にも食べやすいウェットフードに関しては、下記記事で選び方とおすすめ商品を紹介しています。 ウェットフードをお探しの方は、ぜひこちらをチェックしてください。 原材料においてまず考えるべきなのは、愛犬が アレルギーを持つ食材が使われていないかということ。 鶏肉を使ったドッグフードは定番ですが、チキンアレルギーのある犬は意外にも多いので注意しましょう。 その他に牛やラムもアレルギーを発症しやすい食材ですので、原材料の表記を隅々まで確認してください。 また最近は穀類を全く使用していないグレインフリーのフードが多く販売されており、 穀物アレルギーのある犬には有効です。 グレインフリーフードは「肉食である犬にとって消化しやすく健康的」と言われ人気の傾向がありますが、アメリカの政府機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)が拡張型心筋症との関係性を指摘しているという懸念点もあります。 今回検証した商品• アカナファミリージャパン|アカナ アダルトスモールブリード• アカナファミリージャパン|アカナ クラシックレッド• ナチュラルバランス|ホールボディヘルスドッグフード• オリジン|オリジナル• レティシアン|モグワンドッグフード• レティシアン|カナガン チキン• ロータスジャパン|ロータス アダルト ラムレシピ 小粒 1kg• 日本ペットフード|コンボ ドッグ ドライ 角切りビーフ・キャベツブレンド 920g• 2kg• レッドハート|ジウィピーク エアドライ・ドッグフード トライプ&ラム 454g• マースジャパンリミテッド|ニュートロ シュプレモ 小型犬用成犬用 1㎏• 森乳サンワールド|スーパーゴールド チキンプラス 成犬用 800g• ネスレ日本|ピュリナワン 1~6歳 ほぐし粒入り 成犬用 チキン 2. 6kg• 日清ペットフード|JPスタイルゴールド 和の究み 小粒 1歳からの成犬用 900g• 日本ペットフード|ビタワン 5つの健康バランス ビーフ味・野菜入り 小粒 1. 2kg• ヒルズ|サイエンス・ダイエット アダルト 小型犬用 成犬用 1歳~6歳 750g• ロイヤルカナンジャポン|ロイヤルカナン ミニ インドア アダルト 800g• 京都ダイゴ犬舎|ネイティブドッグ プレミアムチキン 成犬用 3kg• 日本ペットフード|ビューティープロ ドッグ 成犬用 700g 1つ目は「原材料の信頼度とこだわり」です。 まずは各商品の原材料表を確認していきます。 持ち点を3. 0とし、以下の5つに当たる表記があった場合、それぞれ0. 5点(最大2. 0点)の加点をしていきます。 パーセンテージやグラム数など、原材料の含有量• 原材料の産地• 「生」「乾燥」など肉・野菜等の加工前の状態や保存方法• 「骨を含まない」「副産物を含まない」「ホルモン剤不使用」など、肉に関する詳細• その他「遺伝子組み換えでない」「人間用の食材を使用」などの原材料に関する説明 逆に「等」「類」「家禽」などの表現の後に補足がなく、細かい原材料の記載がない箇所が1つでもあった場合は0. 5点の減点と設定します。 こちらも1つあるごとに0. 5点加点し、根拠のない効果の記載など、表記のガイドラインに反する表現があった場合は-1. 0点とします。 ワンちゃんの健康のために「もっと身体に優しいドッグフードを探している」「今食べさせているドッグフードで必要な栄養が取れているのか心配」という方におすすめなのが、 国産・無添加で低アレルゲン設計にこだわった自然派ドッグフードです! 低温・低圧による独自製法で作られており、熱をあまり加えることなく素材本来の栄養価を閉じ込めているのが大きな特徴です。 主原料は生肉50%以上でできており、おいしさと栄養をしっかり取ることができます。 また、 乳酸菌・オリゴ糖も配合されているためワンちゃんの免疫力の維持をサポートしてくれるのもポイント。 また各原材料のパーセンテージの記載、「使用している肉のうち3分の1が無冷凍」という表記など、嘘のない親切な書き方が非常に好印象でした。 小型犬にとっての食べやすさを考えた小さめの平粒は魚の匂いが強め。 人間にとっても嫌な匂いではなかったので、きつい匂いが苦手な飼い主さんでも問題ないでしょう。 味の深みもありそうで、 飽きずに食べ続けてくれることが期待できます。 製造工程の 全てを自社工場で行っているというのも安心できますね。 価格は安くありませんが、愛犬にいいものを食べさせたい!と考える方にはぜひ購入してもらいたいフードです。 ラム・牛肉・豚肉という 3種類の肉を使ったフードで、原材料にそれぞれの含有量が細かく表記されています。 加工前の状態も記載されており、安心感と信頼感がありました。 匂いの評価はそこまで高くありませんでしたが、素材へのこだわりから たんぱく質を含む材料をふんだんに使っているので、味の深みはかなり期待できるでしょう。 粒は大きめで平べったく、小判のような形でした。 小型犬には少し食べづらいかもしれないので、 中型犬以上に与えるのがおすすめです。 サイズバリエーションも豊富で、このレベルのフードにしては比較的求めやすい価格です。 ただし大すぎるサイズを購入すると酸化が懸念されるので、愛犬が1ヵ月以内に食べられる量を選んでください。

次の