プリント ヘッド の 種類 が 違い ます。 生地のプリント方法ってどんな種類があるの??

プリンターの種類について解説。それぞれの特徴について知ろう!

プリント ヘッド の 種類 が 違い ます

メーカー販売が停止。 web. fc2. htm PIXUS(ピクサス)MP510で「プリントヘッドの種類が違います 正しいプリントヘッドを装着してください」と言うエラーが出て故障したら 長くプリンターを使用しているとプリントヘッドの中のチップ(回路)に問題が起こって、「プリントヘッドの種類が違います 正しいプリントヘッドを装着してください」と言う警告が出ることがあります。 多くのケースでは、プリントヘッド(プリンターヘッド)を交換すると、この警告は消えていつものように使えるようになります。 極希に本体に問題があって交換しても直らないことがあるようです。 問題は、直すにはどうやってプリントヘッドを手に入れるかですね。 もし手に入れば、愛着のあるプリンターを今までの様に使用し続けることが出来るでしょう。 もちろん、本体に異常がなければですが。 お探しの方はクリックして下さい!! また、これは新品を買う良い機会なのかも知れません。 しかし、新品のプリンターを買う場合の問題が、いくつか発生します。 <問題点> 1. ヘッドを単品で買うよりも多くの場合本体の価格が高い。 2. 新しい機種になればなるほど、インク代を節約したい方には厳しくなる。 (互換インク・詰め替えインクが使えない場合がある)その為、純正しか使えず、非経済的。 3. 最新機種は、「廃インクタンクがいっぱいになりました」の警告が出た場合。 高額で修理に出すか、また新しい機種を買い換えるしか方法がない。 4. 今まで使っていた。 もしくは、ストックしていたインクがカートリッジの変更によって使えなくなることが非常に多い。 5. まだ使える筈の愛着のあるプリンターを捨てなければならない。

次の

生地のプリント方法ってどんな種類があるの??

プリント ヘッド の 種類 が 違い ます

Q このコーナーでよく「プリントヘッドの種類が違います。 正しいプリントヘッドを装着してください。 」と言うエラー表示が出るがどうすればよいかという質問を見かけます。 一般的に何台もプリンターを所有していて、ヘッドを間違えて取り付けることは考えられません。 それでは何故このようなエラーメッセージが出るのでしょうか。 起動時に制御基盤のCPUからヘッドに確認信号が送られ、アンサーバックを確認しているためと思いますが、ヘッドの不良のため正しいアンサーバック信号が出ないときにこのような表示が出るのでしょうか。 ヘッド以外に制御系統のトラブルでもこのような表示が出る可能性もあるのでしょうか。 対応策として、ヤフオクで電源の入らないジャンクを買って、ヘッドを交換すれば、エラー表示は出なくなるでしょうか。 (但し、ノズル詰まりのリスクはここでは考えないものとして) 詳しい方の、コメントをお願いいたします。 A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 詳細の情報は公開されていませんけど、アンサーバックなんて言うほど大げさではありません。 ヘッド内部の特定の部分の抵抗値を測定しているはずです。 ヘッドの種類によって抵抗値を変えているはずですから、抵抗値が既定値から外れればエラーを出します。 おそらく、過熱のための安全回路を兼用で作っているはずですから、非純正インクを使ったことによってノズル部分でのオーバーヒートの影響、それらのインクによって絶縁部分が侵食されて漏電のような現象が起こる、と言うのが圧倒的に多いですね。 ただ、間違えてはいけないのが、純正インクばかりを使い続けても発生する可能性はあるという事。 絶縁部分が侵される件は以下のページに出ています。 canon. html ただ、純正インクであっても僅かには発生しますので、長年使っていれば発生する可能性があるわけです。 メーカーが想定した使い方では5年。 クリーニングをやたらに行うなど機械的な負荷が多くなると早く発生することがあります。 また、大量に印刷することが多い場合ヘッドはオーバーヒート気味になりますね。 さらに、電気を通す素子全般にいえるのですけど、極端な言い方をすれば電球と一緒で、いつ切れるか判らないけど、いつかは必ず切れます。 さて、肝心の質問ですけど・・・・ 「ヘッド以外に制御系統のトラブルでもこのような表示が出る可能性もあるのでしょうか。 」・・・無いとはいえませんね。 数多くの素子が詰まった部品を何点も組み合わせて作っている商品です。 いろんな可能性はありますけど、今回の質問のトラブルに関して言えば、ヘッド不良の可能性は非常に高いはず。 「対応策として、ヤフオクで電源の入らないジャンクを買って、ヘッドを交換すれば、エラー表示は出なくなるでしょうか。 」・・・残念ながら、無駄な行為でしょう。 逆に、余計な故障を引き起こす可能性のほうがはるかに高いです。 まず、電源が入らなく現象ですけど、(現在は)かなりの確率で、非純正インクを使ってヘッドが故障し、そのときに流れる過電流(先ほどの絶縁不良による漏電と思われます)でメイン基板を焼ききった感じです。 そんな機械についていたヘッドを移植すれば、そちらの機械のメイン基板も焼ききれる事があります。 我々だって、電源が入らないなんていう機械は身構えます。 (そういう事例は何件も見ていますので) 昔は、偶発的な原因で、メイン基板の安全回路などが切れる感じでしたが、現在では非純正インクを使う人が激増したようで、ヘッドとセット交換しなければならないことが多いです。 メーカーの補修部品の在庫計画にも影響を与えるほどですから。 プリンタの修理屋です。 詳細の情報は公開されていませんけど、アンサーバックなんて言うほど大げさではありません。 ヘッド内部の特定の部分の抵抗値を測定しているはずです。 ヘッドの種類によって抵抗値を変えているはずですから、抵抗値が既定値から外れればエラーを出します。 おそらく、過熱のための安全回路を兼用で作っているはずですから、非純正インクを使ったことによってノズル部分でのオーバーヒートの影響、それらのインクによって絶縁部分が侵食されて漏電のような現象が起こる、と言うのが圧倒... Q canonPIXUS950iを使用しています。 つい先日から印刷が出来なくなってしまいました。 プリンタの電源ランプが点滅(緑1回の後、橙7回の点滅)を繰り返していています、 説明書を見たのですがプリントヘッドの故障が原因なのでしょうか? (購入してからインクカートリッジ以外の部品等は交換していません) 一年位前から詰め替え用のインクを使ったり(黒のみ)、エコリカの リサイクルインクカートリッジを使っています。 インクの残量の警告が出てからも少し使ったり、またクリーニングもほとんどしませんでした。 ここ一ヶ月ほどプリンタを使用していなかったのですが、先日使用してみたところ、たまに印刷が出来なかったり、色が変になっていたのでインク切れかと思い、新しいインクカートリッジに交換したのですが、印刷どころかクリーニングもヘッドリフレッシングも出来なくなってしまいました。 (実行するとプリンタと通信できませんというコメントが出て、電源ランプの点滅は緑1回の後、橙7回の点滅です) プリントヘッドを交換すれば直るのでしょうか? また今回の故障の原因として考えられるのは、 ・純正インク以外を使用したこと、 ・一ヶ月ほどプリンタを使用していなかったこと ・クリーニングもほとんどしなかったこと ・インクの残量の警告が出てからも少し印刷したこと これらが主な原因なのでしょうか? どなたか詳しい方教えて頂けますでしょうか? 宜しくお願い致します。 canonPIXUS950iを使用しています。 つい先日から印刷が出来なくなってしまいました。 プリンタの電源ランプが点滅(緑1回の後、橙7回の点滅)を繰り返していています、 説明書を見たのですがプリントヘッドの故障が原因なのでしょうか? (購入してからインクカートリッジ以外の部品等は交換していません) 一年位前から詰め替え用のインクを使ったり(黒のみ)、エコリカの リサイクルインクカートリッジを使っています。 インクの残量の警告が出てからも少し使ったり、またクリーニングもほとんどしま... A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 PIXUS 950iは2002年10月の発売です。 設計寿命は10,000ページもしくは5年となっております。 今回のトラブルは「カートリッジエラー」となり、ヘッド不良を現しているのですが、ヘッドも高価なものですので躊躇してしまうのも分かります。 100%確実とはいえませんが、確認の方法がありますので紹介します。 電源を入れてエラーの点滅がはじまったら蓋を開けます。 このエラーの場合、ヘッドが交換位置に出てきます。 インクを取り外し、右横のレバーを持ち上げヘッドをはずします。 レバーを戻し、蓋を閉めます。 エラーが発生するはずですので、点滅回数を見ます。 ヘッドをはずした状態ですので本体が正常ならば「ヘッドなし」エラーでオレンジの6回点滅になるはずです。 この方法で本体のメイン基板の不良の有無が分かります。 このようになった原因は時間的な寿命と考えることも出来ますが(仕事で使う場合、枚数がオーバーするケースも少なくありません)、リサイクルインクの影響は無視できないとは思います。 また、長年使ったことで、パージユニット(ヘッドをクリーニングするためのポンプ)が不調になったり、リサイクルインクの影響で廃インクの排出口付近で廃インクが固まってしまい、ポンプ動作を妨げるなどの事例もあります。 修理に出すのが一番確実でしょう。 定額修理の対象機種ですのでキヤノンの窓口で9,000円(税別)です。 部品代も全て込みで3ヶ月の再故障の保証もつきます。 インクははずして出したほうが良いでしょう。 ヘッド単品で6,750円ですので、修理の方がお得ではないかと思います。 ただ、最近は修理せずに新しいものに買い換える方も少なくなく、時間的にも買いかえ時期と見ることが出来ます。 現行機種では950iの後継機種はなく、複合機のMP970がその流れを汲んでいます。 単機能プリンタではiP4500が一番近くなりますが、実質4色プリンタです。 (黒は2色装備していますが、普通紙用と光沢紙用の黒ですので同時に使うことはありません) 画質は950iと比べて遜色はないと思います。 CD-R印刷が簡単になったこと(トレイガイドの脱着はありません)両面印刷が出来るようになったことなど、使い勝手は確実に向上しています。 プリンタの修理屋です。 PIXUS 950iは2002年10月の発売です。 設計寿命は10,000ページもしくは5年となっております。 今回のトラブルは「カートリッジエラー」となり、ヘッド不良を現しているのですが、ヘッドも高価なものですので躊躇してしまうのも分かります。 100%確実とはいえませんが、確認の方法がありますので紹介します。 電源を入れてエラーの点滅がはじまったら蓋を開けます。 このエラーの場合、ヘッドが交換位置に出てきます。 インクを取り外し、右横のレバーを持ち上げヘッドを... Q キャノンプリンタ MG6130を使用しております。 普通に印刷していて、3枚目に入るところで突然エラーが出ました。 B200とあり、サービスへ修理に出してくださいとあります。 何もしてない状態で突然とまってしまったので、、、。 プリンターなので、純正のインクを使用していないとか紙を挟んだとか・・・そういったこともしていません。 いろいろサイトを調べたところ、過去の機種で自力で直した方もいて、 初期化するとエラーデータが消えたとかありました。 MG6130で初期化はできるのでしょうか。 修理には1万+3千円かかるといわれたので、だったらもう新しいのをかったほうがいいのか。 ぼったくり?と思ってしまいました。 A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 残念ながら、修理に出していただくしかないでしょうね。 あとは、購入時期の問題になりますけど、保証期間が残っていればそれを使うとか。 なお、修理代金は総額はほぼ一緒ですけど、内訳は違います。 canon. jsp? 純正インクを使用されていたという事なので、バラツキによる部品不良、インクが少ないまま使い続けた等の理由が考えられるのですけど、原因の特定が出来ないのが普通です。 「初期化するとエラーデータが消えたとかありました」と言うのは、ネットで広まっているガセネタといっても良いでしょう。 誰かの書き込みを見て都合よく解釈してどこかに書き込んで、それが広まったと思います。 たしかに、今回のB200エラーも含めて、電気系のトラブルは、ごく軽い初期段階では何かをすると復活することがありますけど、大半は再発して動かなくなります。 極めれ稀に、そのまま使える場合もありますけど、数百台に1台あるかどうかという程度。 エラーは、その原因を取り去れば勝手に復帰します。 廃インクのエラーだけは例外的に部品交換後にメモリをリセットしなければなりませんが、これが広まったのでしょう。 なお、ひとつだけ試してみてください。 現在は、ヘッド部分がロックされていない可能性が高いはずなので、電源を切った状態で、インク取付部分に指を引っ掛け、中央まで引っ張りだしてください。 インクを取り出し、インクの周りのグレーの枠を引き上げ、プリントヘッドを取り出します。 枠を閉じて、スキャナ部を閉じ、電源を入れます。 この状態で、「ヘッドが装着されていません」吐出ればヘッドだけの故障という確率が高いです。 (80%くらいと思います) どこかでプリントヘッドを調達すれば、ご自分で直すことも不可能ではありません。 ただ、それでメイン基板も不良だった場合は大きなロスになります。 最初から修理に出したほうが確実でしょうね。 プリンタの修理屋です。 残念ながら、修理に出していただくしかないでしょうね。 あとは、購入時期の問題になりますけど、保証期間が残っていればそれを使うとか。 なお、修理代金は総額はほぼ一緒ですけど、内訳は違います。 canon. jsp? 純正インクを使用されて... A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 新しいものを購入すると決めたのですから、蒸し返すような感じになるかも知れませんけど・・・・ まず、「5010」というのは、スキャナ関連の故障ですから、基本的にインクを交換しても発生するものではないですね。 ただ、互換インクを使ってプリントヘッドを痛め、それが原因でヘッドの回路にか電流が流れて、メイン基板を損傷して、本来と違うエラー表示になったという経験はあります。 全く別のところが故障したのに、液晶に表示する回路が不調になってしまい誤った表示をしているかも。 エラーが出た状態で電源ランプとエラーランプ(オレンジ)が交互に点滅するはずですので、オレンジの点滅回数を数えてみてください。 必ず、何回かで一度休みます。 ただし、MAX20回以上点滅しますので気長に数えてみてください。 こちらの表示のほうは影響を受けないようです。 ただ、交互点滅は修理が必要という意味です。 そのため、サービスモードにも入れません。 サービスモードは、正常でなければ入ることが出来ません。 時々書くのですけど、「エラーを解除」という考え方は勘違いです。 故障した箇所を修理すれば出なくなります。 おそらく、廃インクが満杯になったときにメモリをリセットすることから、すべてのエラーが解除できると勘違いされているのでしょうね なお、この機種の修理サポートは今年の7月末までです。 また、現在の機種(2008年以降)はメーカーの登録済のツールが無ければサービスモードも起動しません。 インク代も額面上は上がっています。 使用量の問題はありますけど、MP600を修理して使うという目もあったかも。 プリンタの修理屋です。 新しいものを購入すると決めたのですから、蒸し返すような感じになるかも知れませんけど・・・・ まず、「5010」というのは、スキャナ関連の故障ですから、基本的にインクを交換しても発生するものではないですね。 ただ、互換インクを使ってプリントヘッドを痛め、それが原因でヘッドの回路にか電流が流れて、メイン基板を損傷して、本来と違うエラー表示になったという経験はあります。 全く別のところが故障したのに、液晶に表示する回路が不調になってしまい誤った表示をしてい... Q というか、メンテナンスモードに入れない!というのが的確でしょうか。 2、リセットボタンを何度か押したり、再起動かけたりしたが直らなかった。 そんなことをしていたとき「廃インクエラー」の表示に気がつく。 3、廃インクの吸収体を分解して取り出し洗ってまたアッセンブルした。 4、廃インクカウンタをリセットするためのコマンドを実行したが、メンテモードに入れず、 最後は緑ランプ点灯2秒後くらいにオレンジランプが点滅するという状態が続く。 5、先人の情報でそんな場合は、 「まだ廃インクエラーの状態>リセットを一度押せばメンテモードになる」 ということだったが一向にこの状態から打破できないでいます。 この機種で廃インクリセットを完了できた方、やっぱりできなかった方、 コメントビシバシお願いします! Q Canon MP610を3年ほど使用しております。 リサイクルインクを新しく購入して取り付けした所、 赤く印字されるようになり、クリーニングを毎回しないと 印字できなくなり、最終的には全く印字されなくなりました。 (真っ白の紙が出る) リサイクルインクの9BKを使用する時に、上部の穴から インク漏れしており、別のインクはそういう状態ではなかったので 不良?とは思いましたがセットして使ってしまい、 印字されなくなってから中を開けてみた所、9BKだけが空になっており 他のインクタンクの側面にまで黒インクが付着しているような状態でした。 どうやら9BKが不良で上部の穴や下から大量にインクが漏れ出して 汚してしまったようです。 内部を覗いてみた所、内部の右側(停止時にインクがある場所)も 黒インクで真っ黒になっていました。 Yのインクを外した所、インク内部にスジのように黒いインクを 吸ってしまっていた状態でした。 (少量ですが・・・) ダメもとでとりあえず今プリントヘッドのクリーニング液を購入して プリントヘッドを浸している状態なのですが、画像のインクタンク<1>部分の 茶色い所も黒いインクで真っ黒になっていました。 何時間か放置とかかれているのですが、汚い液にそのまま浸していて よいのか?どこで洗浄を止めたらいいのかわかりません。 一応2本クリーニング液を購入したのですが、もう1本は使い果たして しまいました。 他の質問で見かけたのですが、プリントヘッドの問題ではなく 内部にまでYインクが多少なりとも入ってしまっていた場合、 強力クリーニングなどの方法でやってみても修復は不可能なのでしょうか? とりあえず、購入と同様の修理費用がかかるとの事なので ダメもとで出来る事をしてみたいので、その他やれるべき処置など ありましたら教えて下さい。 詳しい方、ご回答よろしくお願い致します。 Canon MP610を3年ほど使用しております。 リサイクルインクを新しく購入して取り付けした所、 赤く印字されるようになり、クリーニングを毎回しないと 印字できなくなり、最終的には全く印字されなくなりました。 (真っ白の紙が出る) リサイクルインクの9BKを使用する時に、上部の穴から インク漏れしており、別のインクはそういう状態ではなかったので 不良?とは思いましたがセットして使ってしまい、 印字されなくなってから中を開けてみた所、9BKだけが空になっており 他のインクタンクの側面にまで... A ベストアンサー 文面から推察すると相当重症のようです。 クリーニング液の効果がどれ程あるか分かりませんが、最初は水道水で充分です。 これを使って色が出なくなるまで繰り返してください。 その後でクリーニング液を使えば充分でしょう。 クリーニング液の効能書きに溶剤性と説明されているものもあるようですが、インクが元々水溶性なので水で洗っても全く問題ありません。 ヘッドを水に浸けている間にインク供給口にスポイドなどで水を垂らします。 (添付写真で円形状で光っているところ)ここに盛り上がるよう垂らします。 (垂らしすぎて周りにこぼれたら綿棒、ティッシュなどで拭き取る)ヘッドが詰まっていなければこの水が毛細管現象で浸けている水に吸い込まれ、砂に水が吸い込まれるように減ってゆきます。 水が減れば追加します。 これを繰り返せばヘッド内は相当綺麗になります。 これがダメなら少々面倒な処理が必要です。 写真の注射器はこの目的のために取り付けたものです。 内径4ミリのビニールチューブをインク供給口にはめ込み注射器を差し込み、中のインクを吸い出したり、水の圧入を繰り返します。 この時クリーニング液が有効かも知れません。 なお、黒インクが逆流したYカートリッジは修復不可能です。 ヘッド洗浄後にテストプリントするときには決して新しいカートリッジは使用しないでください。 ヘッドの詰まりが解消されていず、再度インクの逆流が起こり、カートリッジがパーになる恐れがあります。 ヘッドは完全に乾燥させる必要はありません。 ティッシュなどで丁寧に水分を拭き取るだけで充分です。 文面から推察すると相当重症のようです。 クリーニング液の効果がどれ程あるか分かりませんが、最初は水道水で充分です。 これを使って色が出なくなるまで繰り返してください。 その後でクリーニング液を使えば充分でしょう。 クリーニング液の効能書きに溶剤性と説明されているものもあるようですが、インクが元々水溶性なので水で洗っても全く問題ありません。 ヘッドを水に浸けている間にインク供給口にスポイドなどで水を垂らします。 (添付写真で円形状で光っているところ)ここに盛り上がるよう垂らします。 A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 C000 というのは、内部のメカの動作不良を表しています。 基本的にサービスマンが分解して部品交換を行う修理になりますが、特殊事情が2つほど。 まず、この機械は部品交換による修理は行わずに現品交換での対応になります。 後継の機種が修理代と大差ない価格で販売されていますので、買い替えのほうが送料分は確実に有利。 もうひとつ、C000 はメカの動作不良と書きましたけど、メカ自体の故障ではなく紙を巻き込んだりして動作不良になることもあります。 右の奥の方に入り込むことがあり、その紙の影響でプリントヘッドが規定位置まで戻りきらず、動作不良になることがあります。 ところが、何度か使っていると紙がつぶれてきて動作不良を起こさない位置までプリントヘッドが移動する可能性があります。 ただし、完全に正しい位置まで行ってはいませんので、クリーニングを行うときに吸引のキャップが正しく当たらなかったり、キャップとプリントヘッドの間に紙が挟まったりして吸引漏れをおこしてクリーニングが正常にお行われないことがあります。 今回の症状は、これに似た感じがします。 クリーニング不良で使い続けると、ノズルでインクが詰まって本格的な不良になってしまうこともあります。 インク交換の手順で、インクが中央まで出てきたら電源コードを抜いて左側に押し込みます。 懐中電灯を使って右奥の方を点検してください。 もし、紙片があるようでしたら取り除いてください。 長いピンセットか、割りばしのようなもので結構ですが、内部に触れないように注意してください。 プリンタの修理屋です。 C000 というのは、内部のメカの動作不良を表しています。 基本的にサービスマンが分解して部品交換を行う修理になりますが、特殊事情が2つほど。 まず、この機械は部品交換による修理は行わずに現品交換での対応になります。 後継の機種が修理代と大差ない価格で販売されていますので、買い替えのほうが送料分は確実に有利。 もうひとつ、C000 はメカの動作不良と書きましたけど、メカ自体の故障ではなく紙を巻き込んだりして動作不良になることもあります。 右の奥の方に入り込むこと... A ベストアンサー プリンタの修理屋です。 機種が機種ですので、対応は微妙ですね。 まず、この機種の場合、ヘッドとインクが一体型になっていますので、クリーニングで変化が無ければインクを交換するという事になります。 質問では触れられていませんが、詰め替えなどを行っているのでしたら、インク交換で直る可能性は充分あるでしょう。 もし、純正インクばかり使ってきていたのでしたら、本体故障の確率も考えなければなりません。 また、何を印刷したのかも問題。 一番はっきりするのはノズルチェックパターンを印刷することです。 全く何も出なければ、本体の故障か、両方のカートリッジがダメになっています。 でも、同時に両方のカートリッジがダメになるという事も考えにくいので、本体の故障の可能性があります。 これをはっきりさせるにはインクカートリッジを純正品に交換するしかありません。 微妙といったのは価格の問題。 この機種はシリーズの中でも一番安いクラスの機種で、我々の見方としては(ホンネですけど)パソコンのオマケに付けるくらいの機種という感覚です。 そのため、価格的には矛盾っぽく感じる部分も多く、それが悩みになります。 この機種は現在は販売されていませんけど、後継機種のMP493があります。 同じインクですけど、インクを両方購入すると、5,000円近くします。 ところが、MP493は5,000円以下で入手可能です。 もし、本体の不良と判断してメーカーに修理に出すと、修理代金は7,350円の定額。 ただ、この機種は部品交換はせずに、現品交換で対応します。 さらに、交換用のMP490は無かったはずで、現在はMP493に化けてかえってくるはず。 新品が5,000円以下で購入できて1年の保証つき。 修理は9,000円近くかかって、3ヶ月の再故障の保証のみ。 どっちが得かは考えるまでも無いでしょう。 プリンタの修理屋です。 機種が機種ですので、対応は微妙ですね。 まず、この機種の場合、ヘッドとインクが一体型になっていますので、クリーニングで変化が無ければインクを交換するという事になります。 質問では触れられていませんが、詰め替えなどを行っているのでしたら、インク交換で直る可能性は充分あるでしょう。 もし、純正インクばかり使ってきていたのでしたら、本体故障の確率も考えなければなりません。 また、何を印刷したのかも問題。 一番はっきりするのはノズルチェックパターンを印刷するこ...

次の

プリントヘッドの種類が違います と表示される

プリント ヘッド の 種類 が 違い ます

電源を入れなおしたりインクカートリッジを着脱してみたりしましたが変化なし。 このあたりでピンときました。 「さては廃インクタンク(インク吸収体)が一杯になったな!」 MG5630は普段私が使っているものではないので使用者に聞いたのですが、「インク吸収体」うんうんの表示は無く、いきなり「プリントヘッドの種類が違います」メッセージが出たそうです。 「プリントヘッドの種類が違います」でググッてみると、その言葉通りプリントヘッドの不具合の可能性もありますが、インク吸収体が一杯になった可能性が高いようです。 MG5630の方が新しい機種なのにメッセージが不親切になっているじゃないか!というか「嘘」じゃないか?「インク吸収体」と言われても普通の人はわからないから…という理由なのかもしれませんが。 順番から言えばまずはプリントヘッドの掃除をすべきなのですが、手が汚れるのも面倒なのでいきなりカウンタリセットを試みます。 インクは純正以外は使っていませんのでプリントヘッドが極度に汚れていることも無いでしょう。 検索してみてもMG5630のカウンタリセットというピンポイントな情報にはたどり着けませんでしたが、他機種を参考に試みます。 まずはメンテナンスモードへの入り方。 1・ストップボタンを押したまま電源ボタンを押す(5秒以上そのまま) 2.電源ボタンを押したままストップボタンを離す 3.電源ボタンを押したままストップボタンを6回押す 4.電源ボタンを離す 参考サイトの情報とは違い、3を行ってもランプの状況が変化せず、面テンスモードへ移行した兆候は見られませんが、かまわずそのまま続行します。 ヘタをすると壊れる可能性があるそうなのですが、そうせこのままじゃ動かないですし、かまいません。 (修理するより買い替えを選びます) PCとUSBケーブルでつなぎ、「Service tool v3400」を実行。 (Service toolはググれば簡単に見つかります) PCはWindows10 Home 64bit なのですが、文字バケしていました。 見当はつくのでそのまま実行します。 上のキャプチャーだとボタン類が無効になっていますが、プリンターを認識すると有効になりました。 いろいろ機能がありますが、今回はカウンターリセットだけなので、「Counter Value」が「0」になっていることを確認して横にある「Set」ボタンを押すたけ。 何の変化もないですが、プリンタの電源を入れなおします。 結果、普通に起動しました!その後、普通に印刷できましたので、やはりカウンタリセットが効いたようです。 最新機種はどうなのか知りませんが、いまだにこんなビジネスモデルをしているのでしょうか?メーカーはやっとインクコスト削減に(も)注力するようですが、個人的にはもう遅いような気が…。 印刷自体しない・するとしても自分ではやらない、という人が増えているように思います。 それにしても年賀状の印刷時でなくて良かった。 (いつもギリギリなので…)• 173• 177• 200• 295• 308• 142•

次の