大原麗子。 大原麗子、整形失敗?若い頃の画像は?孤独死の真相がシンソウ坂上で語られる!

大原麗子、整形失敗?若い頃の画像は?孤独死の真相がシンソウ坂上で語られる!

大原麗子

Sponsored Link 渡瀬恒彦との馴れ初めは? 大原さんは、1973年、同じ東映に所属していたさんと結婚されています。 当時、大原さんの方が先輩で、渡瀬さんはまだ駆け出しの俳優だったのですが、大原さんが渡瀬さんを好きになって交際をスタートしたそうで、 晩年の渡瀬さんは、すっかり穏やかで優しそうな外見となられていましたが、実は、子どもの頃から喧嘩がめっぽう強く、芸能界でもがあるほどなので、ファザコンを自認する大原さんにとっては、渡瀬さんは、まさに理想の人だったのかもしれません。 (大原さんは、好きなタイプとして、「毅然としている人、強い人、繊細な人、おとなしい人が好き」と答えられています) 大原さんは、自宅マンションに、渡瀬さんにしか番号を教えていない 「専用電話」があったそうで、その電話のベルが鳴るとどんなに夜遅くでも飛んでいくほどだったそうです。 その理想の人と結婚したことから、さぞ、甘い新婚生活を送られたのかと思いきや・・・ 新婚生活は、渡瀬さんのお母さんと同居で、家事が一切できない大原さんは、渡瀬さんのお母さんに厳しく家事を教え込まれ、 そのうえ、渡瀬さんが京都の東映撮影所での仕事が多くなって、京都に行きっぱなしだったことから、実質、姑との二人暮らしとなり、相当、気詰まりな新婚生活だったようです。 ただ、渡瀬さんが、そんな大原さんを気遣い、京都に生活の場を移して夫婦一緒に暮らそうと提案されるも、すでに売れっ子女優だった大原さんの仕事場はほとんどが東京。 そのため、大原さんは、女優を辞めてまで京都に移り住むことができず、このことが原因で、お二人の間にすれ違いが生じてしまったそうで、大原さんは、そのことにかなり落ち込まれたようです。 そして、追い打ちをかけるように、女性週刊誌などで、渡瀬さんの女性問題や、格差婚、嫁姑関係のことなどを書き立てられ、離婚説がささやかれるようになると、ついにお二人は、1978年2月、本当に離婚してしまったのでした。 離婚理由は? ちなみに、大原さんは、声明文に、 恒彦さんと私はけっして憎み合って別れたのではない。 夫婦という絆は切れても私は恒彦さんを男性として人間として心から尊敬しています・・・ と、綴られたほか、マスコミの取材に対し、 離婚を考えだしたのは去年夏頃から。 今年1月になって、彼から子どもを産むか仕事をとるかと迫られた。 私はどうしても子どもをつくる方をとることができなかった と、離婚理由を明かされると、 渡瀬さんも、取材に対し、 彼女は僕が女優として認めている数少ない一人。 だから、仕事をやめろとは言えなかった。 彼女をちゃんと包んでやれなかったのが原因です。 と、語っておられるのですが、 実は、大原さんは、1975年8月頃、 「ギラン・バレー症候群」という、手足の筋肉に力が入らなくなる病気を発症されており、京都に住んでいた渡瀬さんが、忙しい撮影の合間をぬって、頻繁に帰京し、献身的に大原さんの看病をされていたそうで、その甲斐あって、大原さんは、半年後に退院。 その後、大原さんは、すぐに仕事に復帰され、翌年の1976年、テレビドラマの製作発表会見の際、 今回、主人がしょっちゅう見舞いに来てくれて。 お互い忙しくて、なかなか話す暇がなかったんですけど、不幸中の幸いというか、十分に話しあえました と、語っておられ、病気をきっかけに、すれ違いがちだった二人の心が、再び一つになったかと思われたのですが、 皮肉なことに、大原さんの病気が癒えたことで、大原さんが以前のように仕事に邁進するようになって、家庭に入ることができず、破局となったのでした。 ちなみに、渡瀬さんのお兄さんのさんご夫婦は、奥さんが子育てをしながら、病気がちの夫を懸命にフォローされていたことから、 渡瀬さんのお母さんは、正反対の大原さんに対し、 仕事を休んで京都で一緒に暮らすべき と、ますます不満を募らせていったようで、以前にも増して、嫁姑の関係が悪くなったことも、離婚の原因になったと言われています。 Sponsored Link 離婚後も・・・ ところで、後に、大原さんの弟・政光さんは、 姉は結婚前に渡瀬さんの子を身籠り、それが子宮外妊娠だったため、泣く泣く緊急手術をしました。 そのとき、渡瀬さんから輸血を受けています。 離婚後も姉は「渡瀬さんの血が今でも体に流れているから嬉しいの」と言っていました。 と、語っておられ、 デビュー当時からのマネージャーである、佐藤嘉余子さんも、大原さんが、離婚後も渡瀬さんと連絡を取り合い、 渡瀬さんの家に電話すると再婚した奥さんが出て、私が「大原です」と名乗ると、「ギャッ」と驚かれちゃうのよ、なんて笑って話すんです。 テレビを見ていても、「カヨさん、渡瀬さんが出てるわよ、フフフ」って、いつも嬉しそうにしていました。 と、語っておられるほか、 大原さんは、晩年、車で外出される時、 渡瀬さんの家の前を通ってね と、運転手に頼んでおられたそうなので、 大原さんが、離婚後も渡瀬さんへの想いが変わることがなかったにもかかわらず、仕事までは捨てられなかったことがわかります。 に続く.

次の

大原麗子の元旦那は渡瀬恒彦!馴れ初めは?離婚理由は?

大原麗子

【2009年8月07日付デイリースポーツ紙面より】 女優の大原麗子さんが6日、東京都世田谷区の自宅で亡くなっているのが見つかった。 62歳だった。 大原さんは99年ごろからギラン・バレー症候群を発症し芸能活動を休止。 その後仕事復帰したが、昨年11月に自宅で転倒。 右手首骨折などの重傷を負い、再休業中だった。 人気女優の非業の死に衝撃が走っている。 女優業の再開を夢見て難病と闘病中だった大原さんの悲報に、衝撃が走った。 警視庁成城署によると、大原さんと2週間前から連絡がとれないことを心配した大原さんの弟が、3日に警察に相談。 6日午後7時ごろ、弟と4、5人の署員が自宅を訪れ、寝室のベッドであおむけ状態の大原さんの遺体を発見した。 死因は現在調査中。 遺体の腐敗はあまり進んでいないものの、死後数日が経過しているという。 自宅の出入り口と窓はすべて施錠されており、事件に巻き込まれた可能性は低く、自殺の痕跡もないという。 大原さんの死去の報に、午後9時過ぎには自宅前に50人以上の報道陣が集結。 周辺には立ち入り禁止の黄色いテープが張られ、警察官が「指紋をとるので、下がってください」と記者やカメラマンを自宅から遠ざけるなど、騒然とした雰囲気。 警察官が慌ただしく走り回り、大原さんの遺体を乗せたとみられる警察車両も現場を後にした。 キュートな魅力で大女優の名をほしいままにしていた大原さんだったが、プライベートは波瀾(はらん)万丈だった。 73年に俳優・渡瀬恒彦(65)と結婚するも78年に離婚。 80年には歌手・森進一(61)と再婚したが84年に離婚し、バツ2となった。 99年ごろには歩行障害などを引き起こす難病のギラン・バレー症候群を発症し芸能活動を休止。 03年ごろに一度は仕事復帰したが、昨年10月末に再発。 同11月には自宅で転倒し重傷を負い、リハビリ生活を送っていた。 今年4月には関係者と「私ももう60になっちゃったしね」と電話で明るく話していたという大原さん。 生前、「仕事に関しては、死ぬまで限界がない」と女優魂を燃やしていたが、志半ばで天国へ旅立った。 大原麗子さんは東京都出身。 10代後半に加賀まりこ、峰岸徹らを輩出した、富裕層の子女の集まり「六本木野獣会」のメンバーとして頭角を現したのが、芸能界入りのきっかけだった。 1964年、NHKの新人オーディションに合格し、ドラマ「幸福試験」でデビュー。 65年東映に入社し、高倉健主演の映画「網走番外地」シリーズ、渥美清主演の「男はつらいよ」シリーズなどに出演した。 その後、芸能プロに所属し、日本的美人の代表としてテレビ局の好感度調査でも幅広い支持を集めた。 サントリーウイスキーのCMでも知られ、和服姿で「すこし愛して、ながーく愛して」とささやくコピーは70年代の流行語になった。 独特の低い声と落ち着いた演技に存在感があり、映画「おはん」、テレビでもNHK大河ドラマ「春日局」(89年)に主演したほか「獅子の時代」「山河燃ゆ」などで活躍。 舞台でも好演した。 86年には映画「新・喜びも悲しみも幾歳月」で山路ふみ子賞(女優賞)を受けた。 私生活では78年に俳優の渡瀬恒彦、84年に歌手の森進一と2度の離婚を経験。 森との離婚会見では「仕事をやめたくなかった。 家庭に男が二人いた。 慰謝料をもらう立場ではない」と語った。

次の

孤独死から10年の大原麗子さん 支え続けた元夫渡瀬恒彦さん(2019年6月28日)|BIGLOBEニュース

大原麗子

スポンサーリンク 大原麗子さんが整形失敗? これだけ美人なんだから整形する必要ないですよね…。 ただ大原麗子さんにとってどうしても直したい部分があったんです。 それは左目のまぶた。 大原麗子さんは右目が二重で左目が一重だったんです。 左目はメイクで二重にしていました。 毎回二重にするのが面倒だったんでしょうね。 1999年に左目の二重手術を受けます。 有名な美容整形外科に行くと「大原麗子が整形!!」と噂になってしまうので、モグリの医者にお願いしました。 左目には細菌が入りまぶたが腫れあがってしまい整形失敗…。 このことにより主演が決定していた映画『天城越え』を降板。 その後再手術を行い可能な限り元に戻しましたが、自宅に引きこもるようになりました。 1999年11月、ギランバレー症候群発症も重なり、芸能活動を休止しました。 休止中にギランバレー症候群の主治医が亡くなりショックを受け、お母さんの介護も重なり大原麗子さんはそううつ病に。 ギランバレー症候群とそううつ病の薬と、薬漬けの毎日だったそうです。 スポンサーリンク 大原麗子さんの整形後の画像は? 整形後の画像を探してみたのですが、芸能活動を休止されていたためか見つかりませんでした。 その代わりに、大原麗子さんが芸能界復帰後に出演したドラマの画像があったのでご紹介しますね。 こちらは大原麗子さん最後のテレビドラマ出演となった、2004年放送『十津川警部シリーズ 東北新幹線「はやて」殺人事件』の画像。 この時になぜか大原麗子さんだけ紗がかかりぼやけていました。 噂によると自身のしわやたるみを気にした大原麗子さんが、修正して欲しいと言ったとかなんとか。 とはいえこの修正はなんとも…今のような修正技術がない当時はこれが精いっぱいだったんですかねぇ…。 こんな修正をするのであれば出演を断ればいいと思うのですが、十津川警部といえば渡瀬恒彦さん。 渡瀬恒彦さんは大原麗子さんの元夫。 渡瀬恒彦さんが大原麗子さんに出演依頼をしたということなので、「渡瀬さんのお願いなら」と出演を快諾したのかもしれませんね。 ところでこちらが若い頃と十津川警部出演時の大原麗子さんを並べた画像になりますが、 獄門島des大原麗子、十津川警部des大原麗子 — Je m'appelle ホリック生子。 casattey 十津川警部の大原麗子さんも全然お綺麗ですよね! 若い頃と比べたらそりゃ老いは見えますが、当時57歳ということを考えれば十分若いしお綺麗です。 スポンサーリンク 大原麗子さんの孤独死の真相とは? 2009年8月3日に自宅2階の寝室の床の上でひとり亡くなった大原麗子さん。 大原麗子さんと連絡が取れなくなった家族が不審に思い警察に通報し、2009年8月6日に発見されました。 死因は不整脈による脳内出血。 異変を感じた大原麗子さん、誰かに助けを求めようとしたのでしょう。 携帯電話に手を伸ばした状態で発見されたそうです。 携帯電話までの距離は15cm…もし携帯電話に手が届いていたら、今でも大女優大原麗子さんの活躍を見れていたかもしれません。 真夏にエアコンなしで死後3日経っていたのに、死臭や腐敗はなかったそうです。 不謹慎かもしれませんが、神秘的というかまさに大女優大原麗子、と感じました。 冷蔵庫の中身はお中元でもらったスイカが2切れ半だけ入っていたそうです。 生前「死ぬときはスーッと消えていなくなりたい」と言っていた大原麗子さん。 自分の死期を察し、自分で食料を用意しなかったのでは、と語られています。 孤独死ではなく孤高死と…。 6月20日の『直撃!シンソウ坂上』で大原麗子さんのすべてが紐解かれるかもしれません。 大原麗子さんの一生を前田忠明さんが執筆。 2003年には内山理名さんが大原麗子さん役を演じ、スペシャルドラマにもなりました。 ドラマみたい!!と思ったのですが、どの動画配信サイトでも配信されてないよう…残念…。 大原麗子さんの渡瀬恒彦さん、森進一さんとの結婚・離婚、中絶についてはこちら。

次の