他 の 端末 で line に ログイン した こと を 通知 する メッセージ です お客 さま 自身 が line。 LINEの他端末でログイン通知について。昨日、LINEから他の端末でLINEに...

ログイン通知メールとは

他 の 端末 で line に ログイン した こと を 通知 する メッセージ です お客 さま 自身 が line

実はそもそもこのメッセージ 「他の端末で、LINEにログインしたことを通知するメッセージです」が届いた時点では、まだLINEの内容を盗み見されたというわけではありません。 これはちょっとややこしいのですが「 ログインを試みた」と一般的には解釈出来る様な状態で送信されるメッセージなのです(もう少し詳しく言うと、 二段階認証の一段階目を突破した状態です)。 まずハッキリしておきたいのは 「 LINEは複数のスマホから同時にログインすることはできない」という事です。 古いスマホから新しいスマホに替える場合、LINEのアカウントを新しいスマホに入力する際に「前のスマホでは利用出来なくなりますがよろしいですか?」と言った内容が表示されるのを覚えている人も多いと思います。 自分が普通にLINEにログイン出来ている時点で、乗っ取りの犯人はまだ乗っ取りが出来ていない、こちらのLINEアカウントの中に入れていない、ということを意味しています。 完全に乗っ取られた場合には上の様に表示されて、LINEの内容がスマホから消えます。 そして新規アカウント作成やログインの画面に切り替わります。 以下で説明しますが、この「他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」がどういうことなのかと言うと、、詳しく書くと、 「他の端末でLINEに(1段階目の)ログインをしたことを通知するメッセージです。 (2段階目の認証がまだ残ってます)」 という意味になります。 「他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」が送信されるタイミングは? 今回のこの「他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」のメッセージですが、一体どんなタイミングでコチラに送信されてくるのでしょうか? 古いスマホを使って、今回ちょっと試してみることにしました。 LINEをインストールして「ログイン」選ぶと、メールアドレスとパスワードの入力画面になります。 ここで正しいメールアドレスをパスワードの組み合わせを入力すると・・・ 現在使っているスマホに、「他の端末で、LINEにログインしたことを通知するメッセージです」が表示されました。 つまりタイミングとしては「正しいメールアドレスとパスワードを入力されたとき」ということになります。 一応ログインには成功している為に、「ログインしたこと」と表現されているのですね。 しかしこの段階ではまだ相手はLINEにしっかりとログイン出来ていません。 ログイン作業は以下の様に続くからです。 正しいメールアドレスとパスワードを入力しても、「電話番号かFacebookアカウント」を要求されることになります。 ここは何とかくぐり抜けたとしても・・・(恐らく元のLINEアカウントとは別の電話番号やFacebookアカウントでもOKになります) 2段階認証が必要となります。 先ほどのメールアドレスとパスワードの組み合わせが正解だったとしてもそれは第1段階のログインに成功したに過ぎず、次に この2段階認証の段階をクリアしないことには、アカウントの乗っ取りは成功しないのです。 方法は主に3つ用意されています。 元のスマホで「アカウント引き継ぎ」の」設定をオンにする• 元のスマホで「認証コード」を受け取って、それを乗っ取り側のスマホで入力する• コチラの手元にあるスマホでの操作が必要になるからです。 とりあえず、自分がログイン出来てる時点で、乗っ取りは失敗していると思って良さそうです。 「他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」のメッセージにどう対応すればいい? 「他の端末でLINEにログインしたことを通知するメッセージです」のメッセージが届いた場合、それは自分のLINEアカウントに第1段階目のログインをされた事を意味しています。 この事から分かるのは「乗っ取り犯はコチラのLINEアカウントの、メールアドレスとパスワードの正しい組み合わせを発見した」という事になります。 なので、メールアドレスとパスワードを変更するのが一番安全な対策となります。 メールアドレスはすぐには変えられなくても、パスワードは今すぐにでも変える様にしましょう。 もう1つ心配な事があります。 それは 「解析されたLINEのメールアドレスとパスワードの組み合わせを他のサービスにも使っていた場合」です。 もしかしたら乗っ取り犯はLINEのログイン情報の解析を足がかりに、他のサービスのログインを試みているかも知れません。 例えばLINEとAmazonのログイン情報が一緒だった場合、凄まじい量の買い物をされたりすることもあるかも知れません。 もしも解析されたログイン情報と同じメールアドレス&パスワードを設定しているサービスがあるのなら、それもパスワード変更などをしておいた方がいいと思います。

次の

LINEアカウントのご紹介

他 の 端末 で line に ログイン した こと を 通知 する メッセージ です お客 さま 自身 が line

概要 2020年2月、LINEのアカウントに対して複数の不正ログインの試みが発生し、約4千名を超えるLINEアカウントが不正ログインの被害を受け、ユーザーの意図に反するメッセージやタイムライン投稿が行われていることを確認しております。 ユーザーの皆さまからの通報内容をもとに調査したところ、これらのメッセージ及びタイムライン投稿の内容は、購買誘導をするためのスパムの他、LINEのアカウントの恒久的な乗っ取りを目的としたフィッシング詐欺のためのURLが含まれておりました。 当社では引き続き、被害の拡大防止のための対応を行っておりますが、現在、LINEの機能やメールを通じたフィッシング行為が増加しており、被害を受けた場合には、侵害されたアカウントを通じた二次被害が発生する状況となっております。 友だちからのメッセージであっても、投稿中の不審なリンクは決して開かず、LINEアカウントのパスワード確認を求めるメッセージには応じないようにしてください。 本記事では、利用者への注意喚起を目的として、被害状況についての公表及び、被害に遭われた際の対応方法についてご案内いたします。 被害状況について 本被害においては、メッセージやタイムラインの投稿機能のみを利用するものと、フィッシングを通じてLINEアカウントの恒久的な乗っ取りが行われているケースがあります。 不正ログイン被害 投稿機能を悪用されるケース• 不正ログインが行われた後、メッセージやタイムラインに意図しない投稿が行われる被害が発生しております• LINEアカウント自体の乗っ取りではなく、アカウントは継続して利用できる状態です• LINEアカウント乗っ取り被害• フィッシング詐欺を通じて、LINEのパスワード及びSMS認証コードを騙して入力させる攻撃が発生しています• 被害件数は調査中となります 3. 現在の対応状況について LINE社による対処• 悪用が確認されたサービスにおいて、当事案を発生させないための複数の技術的対策を適用済みです。 引き続き被害の拡大防止のための対応を行っております。 また、今回の被害状況の調査を続けております。 被害者の方へのアナウンス• 2020-02-24 不正ログインが成功した事が確認された方に対するパスワード変更のお願い• 2020-02-26 パスワード変更が確認できなかった方に対して、LINE公式アカウントを通じて、パスワード強制リセット及び再設定に関するご連絡 ユーザーの皆様への注意喚起• 2020-02-24 LINE公式Twitter 「アカウント乗っ取りにご注意ください」• 2020-02-20 LINE公式Twitter 「悪質な詐欺にご注意ください」• 2020-02-25 LINEタイムライン公式 4. ユーザーの皆様ご自身によるご確認と対応のお願い• 上記の通り、当社において被害が確認されたユーザーに対する通知及びパスワードの初期化を実施しておりますが、実施時点において当社が被害を認知しているユーザーが対象となります。 被害の通知が行われていない方に対して、不正ログインが行われていないことを保証するものではありません。 ユーザーの皆様においても、不審なログイン履歴や身に覚えのないメッセージやタイムライン投稿が無いかのご確認をお願いいたします。 身に覚えのないログイン通知を確認された方 ログイン通知の画面イメージ• LINE関連サービスやデスクトップアプリにログインを行うと、認証済みアカウントのバッジが表示されている「LINE」という名称の公式アカウントからログイン通知が届きます。 「送信取消」機能が利用可能な場合は、被害拡大の防止の為、メッセージの送信取り消しを行ってください。 身に覚えのない、自分自身によるタイムライン投稿を確認された方• 被害拡大の防止の為、タイムライン投稿を削除してください。 LINE上の友達からフィッシングらしきメッセージまたはタイムライン投稿を確認された方 不正なメッセージ送信の画面イメージ ,• メッセージ内容、またはタイムライン投稿内容を通報してください。 上記画像参照• 内容に、URLが書かれていても開かないでください。 万が一、URLを開いても、(パスワードなど)一切何も画面から入力しないでください。 LINEアカウントが利用不可能になった• LINEアカウントが利用不可能になっている場合は、のログイン画面で『ログインせずにつづける』を選択してください。 アカウントが回復できず、新規のLINEアカウントを作成した場合でも、スタンプやLINE Pay残高は所定の手続きで移行させることが可能です。 参考ヘルプページ: 、 大切なアカウントを守るために 5. 不正ログイン発覚からの対応時系列(日本時間)• 2020-02-13 LINE社のお客様サポート宛てに、自身のアカウントから身に覚えのないメッセージ送信が行われているという最初の報告を受ける• 更新履歴• 2020-02-26 公開 7. 本件に関するお問い合わせ LINE 不正ログインに関するお問い合わせ(個人のLINEアカウントをご利用のお客様) 被害に遭われLINEアカウントが利用不能になっている方 ログイン画面で『ログインせずにつづける』を選択してください。

次の

不正アクセス「PCでLINEにログインできませんでした。」 が頻繁に来て怖いよ

他 の 端末 で line に ログイン した こと を 通知 する メッセージ です お客 さま 自身 が line

【重要】 誰かがあなたの電話番号でラインを登録しようとしているよ! もし「4桁の番号を教えて。 怖いですね。 ラインは 電話番号と 4桁の認証番号があれば登録が出来てしまいます。 「えっ?たったそれだけで!?何だか危なそう…。 」と思うのは無理もありません。 しかし安心してください。 もし、電話番号を勝手に使われてラインを登録されそうになっても 4桁の認証番号があなたを守ってくれます。 この認証番号は持ち主(あなた)の電話番号宛てにショートメールで届くので、あなた以外が知る方法はないのです。 あなたにだけ送信されるショートメール なので、4桁の認証番号を誰にも教えなければアカウントを乗っ取られることはありません。 認証番号を他人に教えたらダメ! しかし、逆に言うと「4桁の認証番号を教えてしまうと簡単にアカウントを乗っ取られる。 」ということです。 ラインは1つの電話番号に1つのアカウントしか紐付けられません。 誰かに乗っ取られるとどうしようもないのです。 だから絶対に4桁の認証番号を教えてはいけません。 知らない人はもちろんですが、家族にも友達にもです。 ラインがこれだけ注意喚起をするのにはちゃんとした理由があるのです。 メッセージの中にある 友人や知人になりすまして、4桁のSMS認証番号を聞き出す詐欺行為の可能性があります。 これが理由です。 詐欺行為って具体的にどんなことなんでしょう? ラインを使った詐欺行為 知り合いからラインで「コンビニでウェブマネー買ってきて。 」と依頼される詐欺を聞いたことありませんか? 知り合いからの頼みなので何万円分かのウェブマネーを購入して裏面のコードを教えてしまいます。 でも実は知り合いではなくて乗っ取り犯の犯行だった…。 という手口ですね。 もし、あなたのラインアカウントが乗っ取られたらこの詐欺に利用されます。 つまり、 あなたの知り合いが被害に遭う危険性があるということです。 自分のアカウントだけならまだしも、知り合いに迷惑は掛けたくないですね。 だからこそ、 4桁の認証番号は絶対に他人に教えないでください。 あなたのためにも、あなたの周りの人のためにも。

次の