メルカリ 取引 キャンセル 理由。 メルカリでキャンセルしたい!購入後でもキャンセルはできる?その方法や評価はどうなる?

【メルカリ 取引キャンセル】商品購入されたけど、取引相手に不安があったから中止した話

メルカリ 取引 キャンセル 理由

メルカリで取引キャンセルの申請方法は? メルカリで取引が開始されると、 出品者側の取引画面の下にだけ『このお取引をキャンセルする』というキャンセル申請ボタンが出てきます。 一方、商品を購入してすぐは、購入者側にこのキャンセル申請ボタンはないです。 キャンセル申請ボタンが出てくるのは、『商品の発送予定日を過ぎる』『商品の発送通知後』など一定の条件があった場合のみです。 購入者側にキャンセルボタンが表示されない場合には、出品者からしかキャンセルすることはできません。 そんな時には、取引メッセージでキャンセル依頼をするようにしましょう。 キャンセル申請の通知をした相手には、『キャンセル申請に返答する』というフォームが届いていて、これに相手が『キャンセルに同意する』を選択するか、24時間以内に何の返答もない場合には取引はキャンセルとなります。 相手が『同意しない』を選択した場合は、強要することはできず、基本的には取引はそのまま継続されます。 しかし、一方がキャンセルしたいと申し出している以上、取引を継続したとしても良い取引には繋がらないでしょう。 たとえ納得できない理由で応じたくないとしても、キャンセルに同意しなかったことにより、取引完了時にしないことに悪い評価をつけられることも考えられます。 個人的には、縁がなかったと思って、キャンセルに同意した方がいい気がしますね。 また、 メルカリ事務局がどちらか一方に『取引継続の意思がない』と判断した場合には、自動的に事務局キャンセルとなることもあります。 なお、キャンセル申請はパソコンのweb版ではできませんので、スマホからするようにしましょう。 メルカリでキャンセルになった場合の返金方法は? メルカリで商品の代金を支払ったにもかかわらず、発送されないととても不安になりますよね。 しかし、 購入後であってもキャンセルすれば、販売手数料や振込手数料含めすべてのお金はちゃんと返金されるので安心してくださいね! 今から、入金後の返金の仕方を支払い方法別に見てみましょう。 クレジットカード払いの場合 クレジットカード払いの場合、クレジットカードにて取り消し処理が行われます。 締め日をまたいだ場合などは、次の支払い時にマイナスされます。 キャリア決済の場合 ドコモd払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払いなどケータイ払いの場合、手数料の100円も含めて、各キャリアにて取り消し処理されます。 クレジットカード払いと同じように、締め日をまたぐと翌月の返金処理になります。 コンビニ・ATM払いの場合 コンビニ・ATM払い(銀行振込)など現金払いの場合、支払い前であればそのままキャンセルになりますが、支払い後は現金で返ってくるのではなく、手数料の100円も含めて全額売上金にて返金されます。 売上金を現金化したり、メルカリ内で使ったりする場合には、期限が決まっていますので、きちんと期限内に使い切るようにしましょう。 ポイント払いの場合 ポイント利用の場合には、もともとのポイントの期限+5日延長された状態で戻ってきます。 わざわざ売上金をポイントに交換して商品を購入したとしたら、売上金ではなくポイントで戻ってきてしまうのが、少し残念ですよね。 メルカリ月イチ払いの場合 メルカリ月イチ払いの場合には、返金分がマイナスされ、利用上限額がその分増えます。 クーポンを使った場合 クーポンを使って購入した場合には、クーポンも購入者に戻ります。 メルカリでキャンセルした場合にペナルティはある? メルカリでキャンセルする際には下記のようなキャンセル理由を選ぶことになっていて、 自己都合によるキャンセルをした場合には、確実にペナルティが蓄積されていきます。 支払いが確認できない• 間違えて購入された• 商品が無い• 商品に不備が見つかった• 購入者と同意している キャンセル理由を詳細に記載することも必須となっており、メルカリ事務局がキャンセル内容を確認しています。 『即購入禁止』などのマイルールによるキャンセルや、『横取り』や『取り置き』『割り込み』などで他の人に購入されてキャンセルをお願いされたとしても、メルカリでは早いもの勝ちがルールです。 トラブルのもとですし、ペナルティにもなるのでやめましょう。 また、相手の自己都合の場合には『相手を通報しますか?』というボタンが出てきますので、悪質な場合には通報されることもあることも覚えておきましょう。 具体的にどれくらいの回数キャンセルするとペナルティをうけるのかは、メルカリの運営側にしかわかりません。 1回や2回くらいで利用制限などを受けることはありませんが、安易な理由でキャンセルを繰り返し何度もしていると、ある日突然、警告や利用制限、最終的にはアカウント停止になり、メルカリを使えなくなるようなことになってしまうかも知れません。 一度はじめた取引は、責任を持って最後まで終わらせるようにしましょう。 メルカリでキャンセルした場合に受取評価はどうなる? メルカリではお互いの取引が完了した時に評価がつくシステムになっています。 ですので、 取引が途中でキャンセルになった場合には、お互い評価はつきません。 でも、このシステムってどうなのかな?と思います。 と言うのも、評価が良いユーザーから商品を購入した場合であっても、商品が発送されないこともよくあるからです。 おそらく『値段を間違えた』などの理由だと思いますが、連絡もとれず放置して、最終的には事務局判断によるキャンセルになってしまうのです。 個人的にはヤフオクのように、自己都合でキャンセルになった場合には、『悪い』の評価がついてもいいんじゃないかと思いますね。 メルカリで発送後にキャンセルした場合はどうなる? 商品を発送後、『いらなくなった』『気が変わった』などの個人的な理由ではキャンセルすることはできません。 しかし、商品が『汚れていた』『不良品だった』『欠品があった』など不備があった場合は、送料などの費用負担を出品者と話し合って返品することができます。 着払いで返送してもらうと、らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便も利用できませんし、思いのほか料金が高いです。 1000円以下の商品などは状況によって、返品不要で購入者に破棄してもらうのも選択肢のひとつとして考えた方がいいでしょう。 また、匿名発送だった場合には、お互いの住所・氏名など連絡先を伝える必要があります。 さいごに いかがだったでしょうか? メルカリでのキャンセルのやり方はわかりましたか? 申請ボタンひとつで簡単にキャンセルできるようになった訳ですが、事前にちゃんとキャンセル理由を取引メッセージに入れて、お詫びするのは当然ですね。 もし、どうしても話が通じない相手であれば、キャンセル後は関わりを持たないようにブロックするのも仕方ないのかなと思います。

次の

メルカリのキャンセルのペナルティは?内容や理由、評価は下がる?

メルカリ 取引 キャンセル 理由

メルカリの取引キャンセル申請のメリット! 正直言いますが、 新しいキャンセル方法はメリットが少ないです。 理由は、メリットとデメリットをご覧いただければわかることなので一気に見ていきましょう。 事務局への問い合わせする手間が無くなり時間短縮 簡単にお伝えすると、 キャンセル申請が簡略化されたということ。 つまり、ボタン1つで申請ができ相手が同意ボタンをポチッと押せば即時キャンセルできるので、ストレスなくスムーズになりました。 恐らく、利用者が増えれば増えるほど事務局への問い合わせが増えるわけで、作業時間が膨大になってしまいます。 その為の策ではないでしょうか。 事務局側が「キャンセルに関しては、簡単にできるようになったからお互いでやってね!」と言っているように聞こえます。 笑 メルカリの取引キャンセル申請のデメリット 次に、デメリットですが・・。 正直、まだキャンセルに遭ったことが無いので使ってみてどうなのか!という意見は言えませんが、客観的に見てもデメリットになりそうなところだけピックアップして解説していきます。 安易にキャンセルができる 一見すると「 メリットじゃないか?」と思う人もいるでしょう。 しかし、よ~く考えてみてください! ・欲しかった商品が購入できて楽しみにしていたら、即日キャンセル申請がきた・・。 ・発送連絡をして受け取り評価を待つだけと思っていたら、即日キャンセル申請がきた・・。 あなたはどう思いますか? 許せないニャロね。 はい、同感です。 お分かりの通り、 自分の意志で安易にキャンセル申請が可能となってしまったのです。 もちろん、納得がいかなければ申請を放置せずに「同意しない」にすれば良いのですが、相手にキャンセル意志がある以上、最終的にはキャンセルになってしまいます。 嫌になる気持ちは分かりますが、素直にキャンセルをした方が無難かと僕は思います。 購入者は発送連絡後にキャンセル申請可能になったため出品者側は面倒!? 購入者側の一方的なキャンセル申請は、商品発送連絡後に可能となります。 ちょっとチグハグな感じですが、そうなっているので受け入れましょう。 100歩譲って「商品が届いて相違があった」ということであれば分かります。 ですが、発送連絡した当日にキャンセル申請だと「 おいおい、発送前に言ってくれよ!」と思ってしまうくらい面倒です。 返品のやり取りも面倒ですし、匿名発送の場合は一方的にキャンセルされた相手にわざわざ個人情報を教えないといけないのが嫌ですよね。 (仕方がありませんが・・・) まずは、申請が来ても「同意をしない」にして、返品されてから行いましょう。 いっぱいあるニャロね。 笑 特に補足する説明はありませんが、一番気を付けないといけないのは3番目と4番目。 ・キャンセル申請の「同意する」ボタンをタップした時点で取引メッセージは使えません。 ・返品した商品が出品者側に届いたことを確認したら申請をする 基本的な流れは、返品商品を購入者が発送し出品者側に届いたのを確認してからキャンセル申請を行うのが基本です。 ですが、メルカリの新しいキャンセルルールに慣れない人は、配送中にも関わらず購入者が一方的にキャンセル申請をし出品者が申請に気づかず24時間経ってしまった! なんてことが起こるかもしれません。 もちろん、慌てて同意をしてしまう出品者もいるでしょう。 そうすると、 どうなると思いますか? 商品は配送中(購入者の手元)・取引メッセージは使えず連絡が取れない! となるわけです。 この場合は、 メルカリ事務局へ早急に連絡をしましょう。

次の

メルカリでキャンセルしたい!購入後でもキャンセルはできる?その方法や評価はどうなる?

メルカリ 取引 キャンセル 理由

メルカリで取引のキャンセルや返品や不満を伝えるときに役立つ定型文!? メルカリで取引をキャンセルしたい場合は、相手にこちらの事情をよく理解してもらい、取引を中止してもらいましょう。 そして、トラブルを回避するために、相手に取引をキャンセルするメッセージを送る際には、必ずクッションとなる言葉を入れるようにしましょう。 クッションとなる言葉とは、ビジネスで必ず使用される言葉で、 「大変申し訳ありませんが」 「恐れ入りますが」 「失礼かとは思いますが」 という文章を文頭に添えることです。 この一言を添えてから自分の気持ちを伝えることによって、相手へいい印象を与えることができるので活用してみましょう。 そして、メルカリでキャンセルしたいときに、なるべくトラブルを起こさないような無難な取引メッセージの定型文を紹介します。 キャンセルしたいときの定型文はコチラ!? この度は商品を購入していただき、ありがとうございました。 大変申し訳ありませんが、お取引をキャンセルしていただきますよう、お願い申し上げます。 この度は商品を販売していただき、感謝申し上げます。 ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願い申しあげます。 また、キャンセルまではいかないけれど、取引がスムーズにいかないときの定型文も併せてご紹介しますので参考にしてみてください。 商品に不満があったときの定型文はコチラ!? 商品を郵送いただきありがとうございます。 大変申し訳ないのですが、写真よりも商品の状態が良くなかったため、返品をお願いいたします。 誠に、勝手ながら返品方法について教えていただけますと幸いです。 商品の到着が遅い時の定型文はコチラ!? お忙しいところ恐縮ですが、当方商品の発送を心待ちにしております。 つきましては、発送予定日を教えていただけると幸いです。 未だに商品の方が到着しておりません。 失礼かとは存じますが、商品の到着予定日を教えていただけると助かります。 お時間がありましたら、ご返信をお願い申し上げます。 入金されないときの定型文はコチラ!? お忙しいところ恐縮ではありますが、商品の入金はお済みでしたでしょうか。 もしお済でない場合は、お手数ですが入金をお願いいたします。 大変申し訳ありませんが、商品の入金の確認が取れません。 お忙しいとは思いますが、入金をしていただきますよう、お願い申し上げます。 このように、メルカリで取引をキャンセルするときや不満を伝えるときのポイントは、クッションとなる言葉を文頭に入れることと、状況を詳しく説明することです。 そして、メルカリの取引の進行状況により、定型文を使い分けてみましょう。 スポンサーリンク どうしてもメルカリでの取引がキャンセルできないときの対処法とは!? ところで、どんなに丁寧なメッセージを相手に送っても、取引のキャンセルに応じてもらえないケースもあります。 このように何か不都合が生じてしまい、これ以上取引ができない場合や、何をどう説明してもキャンセルに応じてもらえない場合は、メルカリ運営事務局に相談してみましょう。 メルカリ運営事務局では、相手と意思の疎通がとれない場合や、取引が困難な場合においては「お問い合わせ」フォームから連絡をするよう規約に記載されています。 しかし、メルカリ運営事務局では、取引をキャンセルするにあたって、双方がどんな取引メッセージをやり取りしたかを確認される場合があるそうです。 なので、一方的な取引のキャンセルや、キャンセルを繰り返している場合、または独自ルールの強要によるキャンセルを希望している場合は、メルカリ運営事務局にもキャンセルに応じてもらえない可能性もありますので注意しましょう。 また、キャンセルをした場合は手数料がかかりませんが、評価されることもありませんし、運営事務局から何らかのペナルティを受ける場合もありますので、なるべくであればキャンセルをしないようにしたいものです。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、メルカリで取引をキャンセルするときや返品や不満を伝えるときに役立つ定型文をご紹介しました。 取引をキャンセルするときは、メッセージの文頭に「恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」というクッション言葉を入れることがポイントでしたね。 また、何らかの不都合により、取引をキャンセルしたいけど、相手がキャンセルに応じてもらえない場合は、メルカリ運営事務局に相談してみましょう。 ただし、一方的に取引のキャンセルを繰り返している場合や独自ルールの強要などによるキャンセルは、運営事務局から何らかのペナルティを受ける場合もありますので注意しましょうね。 スポンサーリンク (関連記事1:) (関連記事2:) 「キャンセル」に関連した他の記事はコチラ!? 「返品」に関連した他の記事はコチラ!? この記事の読者が合わせて読んでいる記事はコチラ!?

次の