げはを。 山椒の爽やかな香りと、ピリッとした刺激が新しい!山椒焼酎 「AGEHA」 新発売

【wrwrd!】軍にいるのは笑う子供 (ページ5)

げはを

1話 新たなる一日 ページ5 あの例の事件から1ヶ月経つ。 結局は正式に幹部候補にされて、ショッピ先輩の下に着くことになった。 グルッペンさんは最後まで幹部にすると駄々を捏ねていたが、最後はトントンさんがシバいて黙らせていた。 「オラァ!かかってこいや!この不人気ポメラニアンが!!!」 ドカーン!!!! 「なんやと!?このくそチワワ!!!」 ドドーンッ!!!! 「相変わらずの騒がしさっすね」 「ですね。 あーあ、また訓練場の壁が…」 シャオロンがコネシマさんを攻撃しようとして壁をぶっ壊してる。 「地面も大変なことになってるっすよ」 「はぁ…止めるの面倒なんですけどねぇ…」 ここ1ヶ月ずっと内ゲバ状態だ。 というのも、前に止めた時のことを根に持ってるらしく、自分の前で内げはをおっぱじめては止めてくれるまで戦い続けるのだ。 「だからって止めないって選択は…」 ガシャーンッ!!! 「なさそうっすね」 「はぁああああ…」 そろそろ我慢の限界なので、銃を取り出し激しく動く2人の耳すれすれを撃ち抜く ダンッダンッ すると、2人して止まり壁にめり込む弾丸をみてこちらに振り返る。 「「あの…Aさん?」」 「おすわり」 「「???」」 ダンッダンッ 「おすわり ニコォ」 次はねーぞ?というように笑うと、2人はすぐ様正座をする。 「何か言うことは?」 「「すいませんでした」」 「ふざけ過ぎなの分かった?」 「「はい」」 「それじゃあ、この後やること分かるよね?」 「「はい!精一杯片付けさせて頂きます!」」 「よろしい。 んじゃ、1時間で片付けてね?」 「「えっ!?」」 「ん?文句かな?」 「「いえ!!!滅相もございません!1時間で片付けさせて頂きます!!!」」 「それじゃあ、2人で仲良く協力して片付けてね?」 そう言って先輩の元に戻ると、少し青い顔をしている。 「引きました?んまぁ、あれが素って訳じゃないですよ?ただ、聞き分けの悪い子はああやって躾けるとちゃんとするんですよ」 あの国で少しの間だけ隊長を任されたのだが、その時に俺を舐め切った態度をとってまともに動かなかったので、ああやって躾けていたのだ。 「そうなんすね…次からAに頼むっす」 「是非。 躾けがいのある子はその分従順にさせますから」 「 Aだけは怒らせないでおこう 」 この時にそう誓ったショッピだったという.

次の

山椒の爽やかな香りと、ピリッとした刺激が新しい!山椒焼酎 「AGEHA」 新発売

げはを

1話 新たなる一日 ページ5 あの例の事件から1ヶ月経つ。 結局は正式に幹部候補にされて、ショッピ先輩の下に着くことになった。 グルッペンさんは最後まで幹部にすると駄々を捏ねていたが、最後はトントンさんがシバいて黙らせていた。 「オラァ!かかってこいや!この不人気ポメラニアンが!!!」 ドカーン!!!! 「なんやと!?このくそチワワ!!!」 ドドーンッ!!!! 「相変わらずの騒がしさっすね」 「ですね。 あーあ、また訓練場の壁が…」 シャオロンがコネシマさんを攻撃しようとして壁をぶっ壊してる。 「地面も大変なことになってるっすよ」 「はぁ…止めるの面倒なんですけどねぇ…」 ここ1ヶ月ずっと内ゲバ状態だ。 というのも、前に止めた時のことを根に持ってるらしく、自分の前で内げはをおっぱじめては止めてくれるまで戦い続けるのだ。 「だからって止めないって選択は…」 ガシャーンッ!!! 「なさそうっすね」 「はぁああああ…」 そろそろ我慢の限界なので、銃を取り出し激しく動く2人の耳すれすれを撃ち抜く ダンッダンッ すると、2人して止まり壁にめり込む弾丸をみてこちらに振り返る。 「「あの…Aさん?」」 「おすわり」 「「???」」 ダンッダンッ 「おすわり ニコォ」 次はねーぞ?というように笑うと、2人はすぐ様正座をする。 「何か言うことは?」 「「すいませんでした」」 「ふざけ過ぎなの分かった?」 「「はい」」 「それじゃあ、この後やること分かるよね?」 「「はい!精一杯片付けさせて頂きます!」」 「よろしい。 んじゃ、1時間で片付けてね?」 「「えっ!?」」 「ん?文句かな?」 「「いえ!!!滅相もございません!1時間で片付けさせて頂きます!!!」」 「それじゃあ、2人で仲良く協力して片付けてね?」 そう言って先輩の元に戻ると、少し青い顔をしている。 「引きました?んまぁ、あれが素って訳じゃないですよ?ただ、聞き分けの悪い子はああやって躾けるとちゃんとするんですよ」 あの国で少しの間だけ隊長を任されたのだが、その時に俺を舐め切った態度をとってまともに動かなかったので、ああやって躾けていたのだ。 「そうなんすね…次からAに頼むっす」 「是非。 躾けがいのある子はその分従順にさせますから」 「 Aだけは怒らせないでおこう 」 この時にそう誓ったショッピだったという.

次の

【wrwrd!】軍にいるのは笑う子供 (ページ5)

げはを

1話 新たなる一日 ページ5 あの例の事件から1ヶ月経つ。 結局は正式に幹部候補にされて、ショッピ先輩の下に着くことになった。 グルッペンさんは最後まで幹部にすると駄々を捏ねていたが、最後はトントンさんがシバいて黙らせていた。 「オラァ!かかってこいや!この不人気ポメラニアンが!!!」 ドカーン!!!! 「なんやと!?このくそチワワ!!!」 ドドーンッ!!!! 「相変わらずの騒がしさっすね」 「ですね。 あーあ、また訓練場の壁が…」 シャオロンがコネシマさんを攻撃しようとして壁をぶっ壊してる。 「地面も大変なことになってるっすよ」 「はぁ…止めるの面倒なんですけどねぇ…」 ここ1ヶ月ずっと内ゲバ状態だ。 というのも、前に止めた時のことを根に持ってるらしく、自分の前で内げはをおっぱじめては止めてくれるまで戦い続けるのだ。 「だからって止めないって選択は…」 ガシャーンッ!!! 「なさそうっすね」 「はぁああああ…」 そろそろ我慢の限界なので、銃を取り出し激しく動く2人の耳すれすれを撃ち抜く ダンッダンッ すると、2人して止まり壁にめり込む弾丸をみてこちらに振り返る。 「「あの…Aさん?」」 「おすわり」 「「???」」 ダンッダンッ 「おすわり ニコォ」 次はねーぞ?というように笑うと、2人はすぐ様正座をする。 「何か言うことは?」 「「すいませんでした」」 「ふざけ過ぎなの分かった?」 「「はい」」 「それじゃあ、この後やること分かるよね?」 「「はい!精一杯片付けさせて頂きます!」」 「よろしい。 んじゃ、1時間で片付けてね?」 「「えっ!?」」 「ん?文句かな?」 「「いえ!!!滅相もございません!1時間で片付けさせて頂きます!!!」」 「それじゃあ、2人で仲良く協力して片付けてね?」 そう言って先輩の元に戻ると、少し青い顔をしている。 「引きました?んまぁ、あれが素って訳じゃないですよ?ただ、聞き分けの悪い子はああやって躾けるとちゃんとするんですよ」 あの国で少しの間だけ隊長を任されたのだが、その時に俺を舐め切った態度をとってまともに動かなかったので、ああやって躾けていたのだ。 「そうなんすね…次からAに頼むっす」 「是非。 躾けがいのある子はその分従順にさせますから」 「 Aだけは怒らせないでおこう 」 この時にそう誓ったショッピだったという.

次の