にゃんこ ごうもん。 にゃんこ大戦争4コマの人気記事ランキング [ファミ通App] 7ページ目

にゃんコマ

にゃんこ ごうもん

スポンサードリンク 拷問部屋@魔王の豪邸の攻略 序盤は 赤顔が1体で襲ってくるので、 狂クジラ・狂UFOで対応。 その後はお金がたまったら 狂キリン・ネコライオンを生産し、 一気に敵城に攻撃を仕掛けます。 働きネコ・お財布のレベルは 一切上げなくてOKです。 敵城の体力は10000しかないので、 最初に生産した狂キリン・ライオンで 削り切ることができます。 ちなみに・・・ いつも通りの戦略で進めていくと、 戦闘開始から約30秒後に ブラックマが大量に襲ってきます。 合計で20体の有限湧きですが、 物理的に考えて20体のブラックマを 倒しきるのはムリゲー。 完全なまでの初見殺し。 敵城の体力が少ないからといって 油断しているとヤられてしまいます。 サクッと赤顔を倒して、 狂キリン・ライオンなどで 敵城の体力を削りましょう。 拷問部屋@魔王の豪邸のまとめ• 赤顔を素早く倒さないと ブラックマにヤられてしまう。 安価で赤い敵にめっぽう強い 狂乱クジラが有効。 赤顔を倒す直前くらいで 狂ライオン・キリンを出せると 余裕を持って敵城体力を削れる。 招待コード交流場を新しくしました。 こちらも新しくしました。 PONOSへの署名(コメント)を募る!• 新レジェンド攻略しています• 新システム『にゃんこコンボ』情報• [nekokankikaku] 進撃シリーズ 新ステージ登場!!• にゃんこ大戦争 キャラ図鑑 まとめました• 開眼ステージ攻略してます• EXキャラの第三形態が可能に• 新イベント開催中 ウルトラソウルズ 進撃の天渦• You Tubeチャンネルで最新攻略動画配信中です。 新イベント登場した時はなるはやで動画UPしてます。 今更ながら狂乱シリーズも実況解説しています• 秋だよ運動会イベント開催中• 【超速報】レジェンドストーリー「脱獄トンネル」攻略記事• 誰も作らないのでこんなの作っちゃいました^^• 【特集】レアガチャ以外でのにゃんこ軍団の強化• 過去ステージの攻略動画が音無しで寂しかったので 実況解説付きの動画を作っています• にゃんこ大戦争 キャラ図鑑 まとめました• 進撃シリーズ攻略特集• 【速報】レジェンドストーリー新ステージ 最新攻略記事• 1000万ダウンロード記念 難関ステージ攻略記事更新!!• ドラゴンポーカーのコラボイベント開催!!• にゃんこ大戦争 メルクストーリアコラボステージ攻略• にゃんこ大戦争新コラボ開催!!• 拡散性ミリオンアーサー ドラゴンポーカーのコラボステージ攻略!!• 【新ガチャイベント】にゃんこ初の美少女ガチャ登場!!• [nekokankikaku] ケリ姫コラボステージ攻略!!• レジェンドストーリー難関ステージ解説中• 新要素レアガチャを検証• 期間限定 ケリ姫ガチャやってみた• 期間限定ガチャ 超激ダイナマイツを連続ガチャで検証• 新ガチャイベント 戦国武神バサラーズガチャを検証してみた• レジェンドストーリー攻略解禁!!• 最新情報シェアしてます。 にゃんこ大戦争 基礎知識• 軍備データー• 基本キャラクター• EXキャラ• 超激ダイナマイツ• 大人気記事! このタイミングが絶妙!! ぶんぶん先生攻略を動画で解説• 気になるにゃんこキャラグッズ特集• 敵キャラクター• 都道府県別攻略• 基本戦略• 強敵・難敵攻略• チャレンジ攻略• 欲しい超激レアを 手に入るまでガチャまわし• イベントの超激レアは即入手• にゃんチケチャンス統率力即回復で 1時間でにゃんチケ30枚• 基本キャラ第三形態は基本 +40まで一気に上げる• 狂乱・開眼・レジェンド イベントステージ全コンプ コンテンツ一覧• 421• 111• 107•

次の

【にゃんこ大戦争】攻略星3 拷問部屋

にゃんこ ごうもん

おすすめ• なりきりチャット• イラスト• ゲーム• マンガ・アニメ• TRPG• エンターテイメント• テレビ・芸能• 文化・芸術• その他エンタメ• 趣味・旅行• 乗り物• おもちゃ模型• ガーデニングDIY• その他趣味• 相談・雑談• 恋愛相談• 人生相談• その他相談• 地域ネタ• 世界各国• その他雑談• スポーツ• サッカー• ゴルフ• 格闘技• 冬スポーツ• その他スポーツ• 家電、IT• スマホ、携帯• コンピュータ• インターネット• ソフトウェア• プログラミング• その他IT• 資格・試験• お酒、飲料• ファッション• 病気・医療• 職業・雇用• ニュース• 海外、IT• 地震・災害• 株、FX、為替• 外国為替• オンライントレーディング やっぱり違う。 耳に入ってくる近所でやっている工事の重機の音とか、テレビが映し出しているアニメの音声とか、会話の内容で脳がどろどろにとけていく。 肢体を。 四肢を。 心臓を。 ぱーんって飛ばしたらどうだろう。 …… まっぷたつに分かれた思考回路。 がたがたになった薬指の爪の形。 毒虫が好んでいた腐ったチーズ。 ごうもんがすきとか言って御仕舞いに嘘を吐いてしまった同級生のペンチ。 今思えば思うほどに。 欠陥だらけのにんげんとか考えるようになった。 すべては無駄だと思えてた。 空白の日日ばっかとか。 綱でしめて溶かそうかと覚悟したかも。 かっこよく死にたいとか。 でも、かっこわるくても、生きろとか、言ってた。 ひっしに言ってた。 言いたいことがいえなくて、ずっと独りになって、避けられて、自分の人生いいことないなとかマイナス思考がぐるぐるとループしていた。 *** 階段を登った先は何も無くて、地上がほど遠かった。 そこにはいなくなった人たちの身体はかたちを無くして堕ちていく。 そして最後に、口の中で言葉を転がした。 自分が好きな言葉。 「欠落者はもういない。 夢は死なせた。 君を育てるのに失敗した。 そして」 最後の言葉は、もう発されなくなった。 持ち主を失った声は、地上を彷徨った。 ダイスは[ ]でくくることで指定できます。 dodontof. たいたい竹流様に感謝致します。

次の

【にゃんこ大戦争】攻略星3 拷問部屋

にゃんこ ごうもん

溺死です。 ビールに酔って、カメに落ちて死にました。 我輩は猫である 「にゃんこ、惨死」 2006年11月27日・ジョーク「【世界文学】名作のあらすじを1行で 詳しくは「青空文庫より」 吾輩は我慢に我慢を重ねて、ようやく一杯のビールを飲み干した時、妙な現象が起った。 始めは舌がぴりぴりして、口中が外部から圧迫されるように苦しかったのが、飲むに従ってようやく楽(らく)になって、一杯目を片付ける時分には別段骨も折れなくなった。 もう大丈夫と二杯目は難なくやっつけた。 ついでに盆の上にこぼれたのも拭(ぬぐ)うがごとく腹内(ふくない)に収めた。 それからしばらくの間は自分で自分の動静を伺うため、じっとすくんでいた。 次第にからだが暖かになる。 眼のふちがぽうっとする。 耳がほてる。 歌がうたいたくなる。 猫じゃ猫じゃが踊りたくなる。 主人も迷亭も独仙も糞を食(くら)えと云う気になる。 金田のじいさんを引掻(ひっか)いてやりたくなる。 妻君の鼻を食い欠きたくなる。 いろいろになる。 最後にふらふらと立ちたくなる。 起(た)ったらよたよたあるきたくなる。 こいつは面白いとそとへ出たくなる。 出ると御月様今晩はと挨拶したくなる。 どうも愉快だ。 陶然とはこんな事を云うのだろうと思いながら、あてもなく、そこかしこと散歩するような、しないような心持でしまりのない足をいい加減に運ばせてゆくと、何だかしきりに眠い。 寝ているのだか、あるいてるのだか判然しない。 眼はあけるつもりだが重い事夥(おびただ)しい。 こうなればそれまでだ。 どうやられたのか考える間(ま)がない。 ただやられたなと気がつくか、つかないのにあとは滅茶苦茶になってしまった。 我に帰ったときは水の上に浮いている。 苦しいから爪でもって矢鱈(やたら)に掻(か)いたが、掻けるものは水ばかりで、掻くとすぐもぐってしまう。 仕方がないから後足(あとあし)で飛び上っておいて、前足で掻いたら、がりりと音がしてわずかに手応(てごたえ)があった。 ようやく頭だけ浮くからどこだろうと見廻わすと、吾輩は大きな甕(かめ)の中に落ちている。 この甕(かめ)は夏まで水葵(みずあおい)と称する水草(みずくさ)が茂っていたがその後烏の勘公が来て葵を食い尽した上に行水(ぎょうずい)を使う。 行水を使えば水が減る。 減れば来なくなる。 近来は大分(だいぶ)減って烏が見えないなと先刻(さっき)思ったが、吾輩自身が烏の代りにこんな所で行水を使おうなどとは思いも寄らなかった。 水から縁(ふち)までは四寸余(よ)もある。 足をのばしても届かない。 飛び上っても出られない。 呑気(のんき)にしていれば沈むばかりだ。 もがけばがりがりと甕に爪があたるのみで、あたった時は、少し浮く気味だが、すべればたちまちぐっともぐる。 もぐれば苦しいから、すぐがりがりをやる。 そのうちからだが疲れてくる。 気は焦(あせ)るが、足はさほど利(き)かなくなる。 ついにはもぐるために甕を掻くのか、掻くためにもぐるのか、自分でも分りにくくなった。 その時苦しいながら、こう考えた。 こんな呵責(かしゃく)に逢うのはつまり甕から上へあがりたいばかりの願である。 あがりたいのは山々であるが上がれないのは知れ切っている。 吾輩の足は三寸に足らぬ。 よし水の面(おもて)にからだが浮いて、浮いた所から思う存分前足をのばしたって五寸にあまる甕の縁に爪のかかりようがない。 甕のふちに爪のかかりようがなければいくらも掻(が)いても、あせっても、百年の間身を粉(こ)にしても出られっこない。 出られないと分り切っているものを出ようとするのは無理だ。 無理を通そうとするから苦しいのだ。 つまらない。 自(みずか)ら求めて苦しんで、自ら好んで拷問(ごうもん)に罹(かか)っているのは馬鹿気ている。 「もうよそう。 勝手にするがいい。 がりがりはこれぎりご免蒙(めんこうむ)るよ」と、前足も、後足も、頭も尾も自然の力に任せて抵抗しない事にした。 次第に楽になってくる。 苦しいのだかありがたいのだか見当がつかない。 水の中にいるのだか、座敷の上にいるのだか、判然しない。 どこにどうしていても差支(さしつか)えはない。 ただ楽である。 否(いな)楽そのものすらも感じ得ない。 日月(じつげつ)を切り落し、天地を粉韲(ふんせい)して不可思議の太平に入る。 吾輩は死ぬ。 死んでこの太平を得る。 太平は死ななければ得られぬ。 南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)南無阿弥陀仏。 ありがたいありがたい。

次の