ウーバーイーツ おすすめ 自転車。 Uber Eatsで使う電動自転車を無料でレンタルする方法があった!

【UberEats】配達用にクロスバイクを購入!すぐに元を取れた!

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

リンク シートポストとシートステーに取り付ける伸縮自在タイプ。 あらゆる自転車に対応している上、ネジを使わずにワンタッチで取り外せます。 付属のゴムを装着部分にかませば車両が傷つくのを防げます。 サイドバッグ等をつけない人は両脇にあるステーを外すと軽量化にも。 地味に嬉しいのは「固定用ゴム」が付属していること。 実はこのゴム、 しゃくれバッグと新黒バッグを巻くのにピッタリなサイズなんです。 ちなみに買ってから気づいた笑。 これで100円均一のロープを買う必要はないですし、どのロープよりも速く巻けるので便利です。 「何がいいかわからない」とい人はこのキャリアを選びましょう。 色々こだわりがある人は探してみてくださいね。 リアキャリアの準備が終わったところで実際の固定方法に移ります。 一緒に見ていきましょう。 用意するもの• 結束バンド• 固定用ロープ 全て100円均一で揃えられる格安キャリア。 耐久性と実用性に欠ける一方で手軽さと軽さに長けています。 とりあえず移動中やピック中だけ固定したい• バッグを置ける台が欲しい という人におすすめ。 これで稼働してみて固定するメリットを感じられたら次のステップに移るというのもアリでしょう。 筆者が用意したのはウバッグと同等の大きさのワイヤーネット。 店頭で探す際はバッグを持ち込んで合わせてみてください。 付け方はワイヤーネットを結束バンドで締めるだけ。 横4本縦4本くらいで締めて前後に動かないようにします。 ネットの向きを変えればバッグの向きも変えられます。 バッグを乗せていれば見た目はさほど悪くありませんね。 ステンレスにするともう少しカッコよくなるかも。 新黒バッグは底の固定ベルトを巻けば安定しますが、しゃくれはロープやベルトのみの固定なので安定性に欠けるでしょう。 しゃくれは二段目に重い料理を載せている場合、遠心力で倒れることも。 筆者は擬似料理を入れて走ってみましたが倒れませんでした。 とはいえ不安的なので安全な稼働を心がけてください。 リンク 配達パートナーの間でも話題になるフィックスキャッチ。 しゃくれ、新型黒どちらもバランスの良い固定方法です。 で「バッグがすっぽり入る」というレビューがありましたがまさにその通りで、置くというより「ハメる」に近い感覚。 しゃくれ、新黒どちらもハマります。 底の浅さを心配する声がありますが、ロープやバンドを巻けば落ちる心配なく稼働できますね。 キャリア付属のゴムを巻けば完璧。 デメリットは1,4kgという重量。 しっかりと重いですが 重さ以上のメリットを見出せればおすすめの固定方法だといえるでしょう。 なお、バッグを拡張した状態ではハマらないので背負う必要あり。 固定方法 付属の金具でフィックスキャッチとリアキャリアを挟み込むだけです。 プラスドライバーひとつで装着可能なのは嬉しいポイント。 金具だけでガチッと固定されますが心配な人は結束バンドで挟み込みましょう。 縦にすると肩ベルトが歩行者や車とする可能性があるので、個人的には横向き固定がおすすめです。 見た目も重要!でもガッツリ固定したい! そんな人に向いているのがフィックスキャッチです。 リンク いかにも物を運びますよ感のあるコンテナ。 見た目は人によって評価が1にも5にもなるので3としましたが、筆者はこの無骨感とマットな色が好きなので4です。 使う車両にもよるね。 しゃくれは少し押し込むような感じ。 新型黒はスペースができて配達中に揺れるかなと予想しましたが全く問題ないですね。 スペースがほとんどなく揺れません。 コンテナの最大の魅力はバッグを入れるだけでほぼ固定できること。 ロープやベルトが必要ない上に出し入れもです。 間違いなく現場での稼働効率は一番なので、見た目がストライクな人はコンテナ固定で後悔しないと思います。 ちなみにフィックスキャッチより少し軽め(0,1kgほど)です。 装着方法 フィックスキャッチの金具と結束バンドを8本使用して装着。 コンテナのネジ穴と合わず、カゴを横にした状態でもリアキャリアと挟めないので中央部分に装着しました。 購入時にコチラの金具がおすすめということで表示が出ましたが、ネジ穴と合わないというレビューがあったので購入せず。 リンク ネジ穴以外の箇所で挟んだり工具で穴を空けるなどの工夫が必要そうです。 というわけで結束バンドは必須。 ブログなので「結束バンドのみでの固定はおすすめしない」と書いておきますが、正直結束バンドのみで問題ありません。 一応自己責任でね。 結束バンドは 釣具や様々な部品を結合できるほどの強度があり、大人が引っ張っても抜けないようになっています。 とはいえ強度はモノによります。 100円均一で売っている「ハード」タイプは、筋トレ好きな筆者が抜こうとしても抜けないので強度は抜群。 8本で十分ですが不安な人はもっと使いましょう。 2セット買っても安いですから。 と長くなりましたがコンテナ固定はこんな感じでしょうか。 見た目が好みならコンテナ固定一択です。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ )におすすめの電動自転車!ベロスターミニで6ヶ月配達してみたレビュー。

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーを始めようとしているんだけど、ロードバイクか電動自転車はどっちがいいのか教えてほしい。 Uber Eats ウーバーイーツ が提携しているシェアサイクルもあるけど、どれがいいのか知りたい。 本記事では、そんな疑問にお答えします。 結論としては、ロードバイク・電動自転車・シェアサイクル ドコモが運営しているサービス は、それぞれにメリットがあります。 なので、自分のライフスタイルにあったものをを選んだほうがいいですね。 ということで本記事では、Uber Eats配達パートナーを始めるにあたって、電動自転車・ロードバイク・シェアサイクル、どれを使ったほうがいいのか比較してきました。 初期費用• 維持費 ランニングコスト• 疲労度• スピード• それぞれ詳しく解説していきます。 初期費用 ロードバイクや電動自転車を持っていない人は、まず購入する必要があります。 ロードバイクの値段はピンキリで5万円以下で買えるものもあれば、100万円以上するものもあります。 値段が高いほうが少ない力でたくさんこげるし、乗り心地もいいようです。 なので、ある程度のロードバイクを買うなら10万円ほどは必要でしょう。 電動自転車も一般的な値段はだいたい10万円前後ですね。 シェアサイクルだと初期費用は一切かからないので0円です。 維持費 ランニングコスト ロードバイクも電動自転車も駐車場代や保険代がかかってきます。 あとは、壊れたときの修理やメンテナンスも必要です。 それを踏まえた上で計算しています。 駐車場代は月2000円、保険は年間4000円 ロードバイクにかかる維持費は、年間でだいたい2万円弱くらいと考えておくといいです。 なので、ロードバイクの維持費は月3000円くらいですね。 電動自転車は、壊れない限りほとんど費用がかかりません。 充電も1回10円程度なので月に20回充電しても200円程度なので、維持費は月2000円くらいですね。 シェアサイクルは、Uber専用プランであれば月に4000円で乗り放題になります。 駐車場は専用の場所があるので必要ないですし、シェアサイクルには保険が付与されているので月に4000円だけでOKです。 疲労度(疲れやすさ) ロードバイクの性能にもよりますが、街中を走る分には圧倒的に電動自転車のほうが疲れません。 特に坂道。 ドコモのシェアサイクルは、すべて電動自転車なのでめちゃくちゃ楽です。 ロードバイクは直線が多かったり、信号が少ないとかなりスイスイ行けるんじゃないでしょうか。 スピード スピードは、ロードバイクが一番速いです。 電動自転車の場合だと、24kmまでしか電動アシストが作動しません。 それ以上は自力でこぐ必要があるので辛いです。 なので、ロードバイクが一番スピードを出すことができます。 ただ、バッグの中に商品が入っているのでそこまで速いスピードを出すのは危ないかもしれません。 もちろん電動自転車でも遅いわけではないので、配達に遅れるということはないので安心しましょう。 便利さ ロードバイクは、自分の家から乗って配達エリアに行くことができるし、自分の趣味としても使えるのでロードバイクが趣味の人はめちゃくちゃいいですね。 電動自転車だと、1回の充電で3~5時間程度しか電動アシストが使えません。 なので、充電が切れたら電動アシスト無しで漕ぐか、もう一度充電すう必要があります。 シェアサイクルであれば、充電が切れたらまた別の自転車を借りればいいので問題ありません。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達エリアに駐車場はいくつかあるので大丈夫ですが、利用者が多い地域だと借りようとしても充電が切れていたり、自転車自体が無いとうことがあります。 あとは、住んでいる場所が配達エリアから離れている場合、電車でそのエリアまで行く必要があるので交通費がかかってきます。 その辺は自分の住んでいる場所や環境に合わせないといけませんね。 年間にかかる費用 コスト でも比較 一応、さいごに年間費用で3つを比較してみます。 ざっくりと費用を計算してみた シェアサイクルは、配達エリアに住んでいなくて配達エリアまで電車で行く必要がある場合で計算してみます。 1ヶ月のうち20回稼働したとして、交通費は往復で400円 ロードバイク 電動自転車 シェアサイクル 初期費用 約10万円 約10万円 0円 月額費用 0円 約200円 4000円 修理費やメンテナンス費 約2万円 0円 0円 駐車場代 月額 2000円 2000円 0円 交通費 0円 0円 8000円 初年度費用 144000円 126400円 144000円 2年目以降 44000円 26400円 144000円 結果的にそこまで変わらない結果になりました。 2年目以降は、圧倒的に自分でロードバイクや電動自転車を持っているほうが費用が安くなりますね。 ただ、上記の表はすべて費用がかなりかかった場合の計算です。 トラブルなく無駄な出費を抑えられた場合の費用 最後は、費用が抑えられる人で計算してみます。 ロードバイク、電動自転車ともに駐車場代がかからない。 配達エリア内まで交通費が必要ないとする。 ロードバイク 電動自転車 シェアサイクル 初期費用 約10万円 約10万円 0円 月額費用 0円 約200円 4000円 修理費やメンテナンス費 約2万円 0円 0円 駐車場代 月額 0円 0円 0円 交通費 0円 0円 0円 初年度費用 120000円 122400円 48000円 2年目以降 20000円 2400円 48000円 こんな感じになりました。 維持費のほとんどかからない電動自転車のコストが一番低いですね。 ただ、配達エリア内までの交通費が必要のない人だと2年経ってもシェアサイクルを利用したほうがトータルの費用は低い結果になります。 Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーはロードバイクか電動自転車かシェアサイクルどれがいい? ロードバイクがいいのはこんな人• すでに電動自転車を持っている• 配達エリア内に住んでいる• 空いた時間にだけUber Eats ウーバーイーツ 配達をするつもり 電動自転車をすでに持っている人は、電動自転車で配達するのもアリです。 あとは、配達エリア内に住んでいるなら数時間は配達することができるので、ちょっとした時間にだけ働きたい人はいいかもしれません。 ただ、電動自転車を持っていなくて、配達エリア内に住んでいないのにわざわざ買うのはもったいないので購入は避けるべきです。 電動自転車は、フル充電しても3~5時間しか使えないので、配達エリア内まできてから配達を始めたらすぐに充電が切れてしまいます。 電動アシストのない電動自転車は、普通の自転車よりも重くなります。 シェアサイクルがいいのはこんな人• とりあえずUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーをやってみたい• 1年以上続けるかわからない• 想定外の出費をしたくない とりあえずUber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーをやってみたい人は、シェアサイクル一択です。 1回30分150円から借りることができるので、お試しでやってみることができます。 本気で始める人もUber Eats ウーバーイーツ 専用プランなら月額4000円で乗り放題なので、シェアサイクルを利用するのがいいです。 ただ、シェアサイクルを自分の家まで乗っていくことは禁止されているので、毎回どこかの駐車場に返却する必要があります。 自分の住んでいる家から配達エリアが遠いと、毎回そこまで電車などで行く必要があるので、その分の交通費がかかってしまうので計算に入れておきましょう。 ぼくは、配達エリア内に住んでいて近くにシェアサイクルの駐車場もあるので他の費用が一切かかりません。 まとめ|Uber Eats配達パートナーをとりあえず始めてみるならシェアサイクル一択! Uber Eats ウーバーイーツ 配達パートナーは、ロードバイク、電動自転車、シェアサイクルの中でどれがよいのかを比較してみました。

次の

【ウーバーイーツ】配達員も保険加入が必須。おすすめは楽天の自転車保険。

ウーバーイーツ おすすめ 自転車

画像の赤丸部分に電動モーターがある 走り出す瞬間、アシスト機能によって、後ろから押されているくらい楽になります。 すぐに最高速度に達する アシスト付きだと、発進時からものすごい電力モーターで引っ張られるため、あっという間に20キロ以上でます。 ほとんどの電動自転車は、一定のスピードに達したときにアシストを停止するようです。 アシスト停止機能のため、最高速度に達した瞬間から、ノーアシストに戻るため、急に重くなったようにも感じます。 坂道でもストレスを感じない 特に料理とバッグを背負った配達中の坂道は辛いですよね... けど電動アシスト自転車なら、1の力を10に変換してくれるイメージでスイスイ上れます。 しばらく電動自転車に乗っていると、平地も坂道も区別がつかなくなります。 試しに坂道でアシストOFFにしてみると、まるで重力を30倍にしたくらい強烈に重く感じます。 長時間乗っても疲れない 長時間配達するなら、普通の自転車よりも断然電動がおすすめ。 バッテリーの性能にもよるが、最大100km以上もアシスト付で走り続けられる電動自転車もあります。 Uber Eatsの仕事を開始して、戻りがしんどいので、なるべく遠くに流されたくないのが本音... けど電動自転車なら、アシストのおかげで疲労をあまり感じません。 配達の稼動範囲も広がるし、なにより仕事にいく気力が高まりますよ。 電動自転車にはタイプがある 電動アシスト自転車 いまから紹介する電動自転車は「街乗り」に最適化すべく設計されています。 このあと紹介する「e-Bike」と比べて、最高速度と最大距離などが多少劣ります。 ママチャリタイプ 子供の送り迎えや、スポーツタイプの自転車に乗りなれていない方にピッタリです。 クロスバイクタイプ e-Bikeに劣らない走行性能をもった電動自転車で、価格帯も安く、クールなデザインを重視したいビギナーにおすすめ! 折りたたみタイプ バッテリー搭載のため通常の折りたたみ自転車よりも重くなるが、都市部へ持ち運べるコンパクトサイズを探している方におすすめかも。 e-Bike e-Bikeとは、ロードバイク、マウンテンバイク MTB 、クロスバイクなど、電動アシスト付「スポーツバイク」として、専用のフレームやドライブユニットを搭載した製品に仕上がっています。 ロードタイプ 人気モデル:YAMAHA YPJ-R YAMAHA YPJ-R 電動アシスト付きロードバイク — yunペーパーチャリダー yunkasurider 電動アシストOFFにしても、YAMAHAブランドのロードバイクとして軽量化されたアルミフレームの性能を楽しめます。 ロード好きにおすすめ! クロスタイプ 人気モデル: YAMAHA YPJ-C 街乗りクロスを電動にカスタムした快適な乗り心地、ロードバイクに抵抗がある方はYAMAHAのクロスタイプがおすすめ。 通勤や普段使いもしたい方にピッタリ! マウンテン MTB タイプ 人気モデル: YAMAHA YPJ-XC 高い段差もウェルカムなフロントサス仕様、タイヤが太く、安定した走行を実現、 電動アシスト付だから車体重量のデメリットも気にならない優れもの。 電動アシストとe-Bike 違いまとめ Uber Eats ウーバーイーツ に最適な電動自転車はコレ 電動アシスト自転車とe-Bikeのおおまかな違いがわかったところで、配達に最適な自転車をコスパで比較してみました。 試乗したコースはこんな感じ 幕張メッセの外周ストレート2kmくらい 出典元:cyclemode 幕張メッセ屋外に設置されたオフロードコース(凸凹道) というわけで、実際に乗った体験談と電動自転車に試乗できるスポットなどをご紹介します。 1kg 16. 0kg 「HIGH」モード 14km 「STD」モード 22km 「ECO」モード 48km モードとはアシストの強弱で、3段階あり、「出だし」と「最高速度」に達するアシストパワーが異なる設定です。 ほとんど感じない「ECO」モード YAMAHA YPJ-Cでエコモードを選択して走行した結果、発進するときに輪ゴムかなにかで引っ張られる感じだった。 体感レベルだが、 楽になるレベルを 最低1~MAX5として、 スターで表してみる。 発進時 坂道 「ECO」モード 「STD」モード 「HIGH」モード YPJ-C 短時間の配達なら使える 乗った感じ、配達の仕事で1日12時間くらい稼動する方には向かないかな~という印象だった。 9kg 19. 8kg 19. 6kg 「HIGH」モード 89km 「STD」モード 109km 「ECO」モード 148km バッテリー性能が格段にUPしております! バッテリー以外YPJ-Cと あまり変わらない YPJ-ECはCタイプよりもバッテリー性能がUPしており、アシスト付で最大148km走行できるのは心強い。 しかし、「ECO」モード のアシスト力はホントに弱い... デリバリーで使うなら「HIGH」モードを使い続けることになるだろう。 発進時 坂道 「ECO」モード 「STD」モード 「HIGH」モード YPJ-EC 1日12時間アシストが続く! Uber Eatsを本業にする方なら、YPJ-ECの最高距離は魅力的だろう。 逆に副業として短時間しか乗らない方にとっては車体価格が高すぎるかも... YPJ-C YPJ-ECともに凸凹オフロードは不向き... 私自身、自転車で配達した経験があるので、平らな道ばかりでないことを熟知しているつもりだ。 そこで、YPJ-CとECで試乗エリアのオフロードコースをさりげなく走ってみたところ、歩道くらいの段差を降りるだけで ガツン!ときて「 おしりが痛い!」YPJクロスタイプは凸凹道の走行に向いていないことがわかった。 今回試乗した結果、15万円~20万円でYPJクロスを買うなら、乗りやすい5万円くらいのクロスバイクを買ったほうがバッテリーも気にせずいいのでは?と感じてしまった。 ヤマハ YPJ-XC ヤマハYPJシリーズのマウンテンバイク MTB タイプに試乗しました。 さすがマウンテンバイク、全体的に作りが大きくて頑丈なイメージ! [YPJ-XC]メーカー仕様はこんな感じ YPJ-EC L YPJ-EC M YPJ-EC S タイヤサイズ:前後 27. 25 適応身長のめやす 178cm以上 165cm以上 156cm以上 車両重量 21. 4kg 21. 3kg 21. 3kg エクストラパワーモード 82km ハイモード 87km スタンダードモード 104km エコモード 145km プラスエコモード 210km オフロードを攻めてみた結果 クロスタイプの YPJ に比べて、YPJ-XCは振動の吸収性や体への負担が圧倒的に少なく、 凸凹道を走行している感覚がないくらい、オフロードに最適なe-Bikeでした。 人によってはハンドル幅が広すぎるかも.. 普段乗る自転車と比べて1. 5倍くらいハンドル幅が広く感じる。 YPJ-XCはヤマハの公式サイトにあるとおり、市街地から「山遊び」までを対象にしているため、より激しくエキサイティングな使い方にフォーカスされているんだと思う。 MTB好きならいいけど、配達には微妙かも... YPJ-XCはハンドル幅が少し広いので、車の間をすり抜けするのが大変かもしれない。 一方で、MTBの性能をフル活用して、雨の日も砂利道もひるまず走り続けたい方にとっては最適かもしれない。 YPJ 買う前に試乗する方法 から試乗できる店舗を調べる方法があります。 YPJを買おうか迷っている方は試乗してみましょう! XDS-SURGEがピカイチだった xdsってどこのメーカーだろう?と調べたところ、中国にあるバーファンという電動ユニットの生産で有名な会社と、Xds-Japanが共同で開発したe-Bikeという情報があった。 ちなみにモーター部分 ドライブユニット を手がける有名なメーカーとして、 ヤマハ 、シマノ、ボッシュ、パナソニック、そしてバーファンも含まれるようだ。 さすが、自転車大国中国の技術力 この無名のxdsサージというe-Bikeに乗ってはじめに感じたのは、他のMTBタイプのe-Bikeに比べて小柄で「街乗り」でも扱いやすいという印象だった。 そして近未来的なボディーと、高級感すら感じさせるマットブラックに仕上がったデザインが凄くおしゃれだ! [Xds-surge]メーカー仕様はこんな感じ 重量 約21. 7kg タイヤサイズ 27. 95 適正身長めやす 155-175cm モード5 34km モード4 38km モード3 41km モード2 46km モード1 60km 凸凹すら感じさせない安定した走り ヤマハのYPJ-XC マウンテンタイプe-Bike と比べて、車体サイズが小さく、ハンドル幅が短いせいか、ハンドリングしやすく、凸凹道を難なく走れた。 アシストの強弱は5段階ある 試乗コースを4週まわって、5段階ある各モードをチャックしてみた。 発進時 坂道 モード1 モード2 モード3 モード4 モード5 相変わらずモード1は意味がない どの電動アシストもそうだが、一番低いモードは何も感じないレベル。 もはやエコモードとか、モード1とか、スペック表に書くことで、たくさん距離走れますよ!って見せたいだけなんじゃないか... それか自分の脚力が強すぎるのかも? 欠点はバッテリー性能が低いこと 試しにモード1で発進、坂道をテストしたところ、OFF状態とあまり変わらない結果だった。 停止した状態から発進するのに十分なアシストを得られるのは「モード3」くらい。 坂道をサポートしてくれるのは「モード4」以上といったイメージ。 つまり、YPJ-ECやXCと比べると、長時間のライドには向いていないことになる... アシストなしでも十分だった バッテリー性能が劣るといっても、同じMTBタイプのYPJ-XSに比べて、アシストOFFでも車体の重さを感じず、高性能なマウンテンバイクらしい安定した走行を乗り手に与えてくれる印象だった。 これなら稼働中にバッテリー切れしても、高いパフォーマンスを期待できそうだ! コスパが最強 xdsサージは新品価格で15万円で買えるコスパの良さ! 1日60km以上走行する配達パートナーにとって最適なe-Bikeといえば、YPJシリーズが狙いどころじゃないだろうか。 しかし1番お得なYPJ-Cを中古で見つけても最低15万円はコストがかかる。 その点、YPJ-C クロスタイプ の最大距離48kmを約12km上回るxdsサージがYPJ-Cよりも安く買えるのは不思議なくらいだ。 電動自転車購入の心得• 経費として買えば損しない!• 売上げを1. 5倍に増やせ!• 店舗で触ってみてネットで買うべし! 電動自転車にするとパフォーマンスUPし、売上げが増えるので15万くらい速攻で元が取れますよ。 さらに経費削減のため購入すれば節税対策にもなりますし、国内におけるe-Bikeの市場価値は高いので、不要になった時に10万くらいで手放せば、実質5万円で購入した計算になります。 ちょっとした欠点(バッテリー寿命) 電動自転車やe-Bikeのメリットばかり紹介してきましたが、宅配業務により毎日使われることは想定されておらず、バッテリーの寿命は配達パートナーにとって致命的な問題かもしれません。 専業で使用する方はバッテリーを交換費用など、維持コストが高くなることを踏まえて検討しましょう。 Uber Eatsに最適な自転車まとめ シンプルにまとめると、 ・電動自転車をネットショップで買おう! ・ヤマハのYPJカッコいいからメルカリで買おう! ・ヤフオクでかなり安く落札できそうだな という考えは大変危険です。 電動自転車を性能や、勝手な思い込みだけで買うと失敗しますよ! ベストは購入前に試乗することなんですが、ほしいと思っている高価なe-Bikeほど、試乗車がないというのが現実です。 その点、Uber Eatsに最適な自転車の1つ「ヤマハのYPJ」なら、から試乗できる店舗を探せるので、これから電動自転車に興味がある方は、ぜひ試乗してみることをおすすめします。 電動自転車もいいけど、「体力的にバイクのほうがいいかも」という方は も参考にしてみてください!.

次の