絆2 モードc bt当選率。 バジリスク絆2|スロット 通常時 モード テーブル 解析

バジリスク絆2 天井狙い・設定狙い・勝つための立ち回り

絆2 モードc bt当選率

基本的なゲーム性は前作を継承。 通常時はバジリスクチャンス(BC)当選を目指し、BC中の演出(3種類アリ)成功でバジリスクタイム(BT)に当選。 エピソードBC、月下閃滅、プレミアムBCはBT当選濃厚だ。 なお、月下閃滅はBT上乗せ特化型のBCとなっている。 BTは追想の刻と争忍の刻の2部構成で、継続率はシナリオで管理。 追想の刻中はBCや絆玉獲得を抽選し、絆玉を獲得できれば争忍の刻は絆高確濃厚。 また、追想の刻開始時に朧チャンスが発生すれば絆玉獲得高確となり、絆玉大量獲得が期待できる。 争忍の刻では、バトル勝利やBC当選などでBT継続。 もちろん、絆高確滞在中なら対応役成立時のBC当選期待度がアップするぞ。 「通常時に払い出しLEDが白く光ると…!? さらに、紫に光れば…!! 紫に光るとBTストック濃厚。 「キャラセリフ演出で、幼少期の弦之介や朧が登場すると…!? 「BC中、開眼カットイン演出やビリー音発生時にCHANCEボタンを押してみると…!? 「弦之介BC中は撃破数に注目!撃破人数が赤文字なら…!? 「BT中に「愛する者よ、死に候え」が流れると、シナリオやストックが…!? シナリオ1 or 5 or 8中に流れた場合はストック5個以上濃厚。 「BT中のBC開始時に「ヒメムラサキ」が流れると…!? 「BT中、ナビボイスが朧に変化している時にBCを引ければ…!? 「争忍の刻の4・7・9戦目は絆高確発動の大チャンス!発動しなかった場合は次回の追想の刻が…!? 天井ゲーム数 有利区間移行後800G消化で同色BC当選 ゲーム数のハマリは途中でBC BT非突入 を引いてもOK。 また特殊ケースとして、一度もBCを引かずにストレートで800Gハマれば、実戦上エピソードBC濃厚だ! スルー回数天井 最大7スルー後のBC終了後はBTに当選 モードによってスルー回数天井が異なり、最大でも7スルーでその後のBCでBT当選。 なお、スルー回数天井で当選したBTは絆高確付きとなる。 各モードのスルー回数天井の詳細は下記を参照。 モード DでBCに当選すると絆高確付きのBTに当選濃厚。 なお、モード移行タイミングとなるBT非当選のBC終了時にレア役が成立するとモードが昇格する可能性もある。 ユニメモで履歴をチェック ユニメモを連動させている場合、有利区間突入回数と通常モードテーブル履歴を確認することが可能(ミッション達成率に応じて閲覧できる情報が変化)。 0 有利区間移行ゲーム時に都度テーブル抽選がおこなわれる。 そのほか特徴的な差は青文字にしてあるのでチェックされたし。 モード DでBCに当選すると絆高確付きのBTに当選濃厚。 なお、モード移行タイミングとなるBT非当選のBC終了時にレア役が成立するとモードが昇格する可能性もある。 ユニメモで履歴をチェック ユニメモを連動させている場合、有利区間突入回数と通常モードテーブル履歴を確認することが可能(ミッション達成率に応じて閲覧できる情報が変化)。 通常時にチャンス役が成立すると通常モードの格上げ抽選が行われる。 奇数設定よりも偶数設定のほうがモード昇格に期待でき、 設定6のみハズレでも格上げされる可能性があるぞ。 設定1・3・5 チャンス役成立時のモード格上げ当選率 移行先 A滞在時 B滞在時 C滞在時 モードA 50. B…昼ステージ C…夕方ステージ D…夜ステージ E…駿府城ステージ ステージの変遷をチェックすればどのシナリオに滞在しているのか推測可能。 なお、ステージ矛盾による継続示唆などがあるため完全リンクではないので注意。 0 設定5と6のみ超高確へ移行する可能性アリ。 レア役ナシで吉田宿ステージ移行など、BCやBT終了直後に超高確を示唆する演出が発生したら高設定に期待したい。 また、偶数設定ほど35G高確へ移行しやすい特徴もアリ。 通常時の状態は「低確」「高確」「超高確」の3種類があり、規定ゲーム数を消化するまで継続。 高確中の巻物当選が主なBC当選契機となる。 状態移行契機は小役成立(主にチェリー。 強チェリーは状態アップ濃厚)がメインで、有利区間移行時や、BT非当選のBC終了時にも移行抽選が行われる。 「刀構える+オーラ大」で超高確率濃厚 ・ 伊賀ミニキャラ 朧演出:転ぶ < 扇子を出す < 舞の構え < 舞う < 舞う+回転 の順で高確率期待度アップ。 0 有利区間移行ゲーム時に都度テーブル抽選がおこなわれる。 そのほか特徴的な差は青文字にしてあるのでチェックされたし。 「妖艶なポーズ」でモードDの期待度大幅アップ ・ 伊賀ミニキャラ 天膳演出:去る < 不機嫌 < 微笑 < 笑う < 大笑い の順で高モード期待度アップ。 なお、設定6のみハズレでも格上げされる可能性があるぞ。 設定1・3・5 チャンス役成立時のモード格上げ当選率 移行先 A滞在時 B滞在時 C滞在時 モードA 50. 瞳術揃いからBCやPBCに当選した場合は、前兆を経由せず次ゲームにBCがスタートする。 前兆 ゲーム数 異色・同色BCで BT非当選 異色・同色BC ・月下閃滅で BT当選 エピソード BC 1 - 0. ただし、レア役でBTに当選した場合は無効となる。 弦之介・朧以外のボイスが発生した場合はBT当選or上位BT濃厚となる。 BC入賞時のテンパイボイス一覧 弦之介 「良い腕じゃ!」 赤頭BCデフォルト 「これは見事な!」 BT当選期待度アップ・小 「もはや止まれぬ!」 BT当選期待度アップ・大 「両門不戦の戒めは解かれた」 BT濃厚 「何人もわしを止めることは出来ぬ!」 月下閃滅濃厚 朧 「うれしゅうございます」 青頭BCデフォルト 「ほんに、ようここまで」 BT当選期待度アップ・小 「わたくしは信じておりました」 BT当選期待度アップ・大 「いつまでもお側におります!」 BT濃厚 「これが、わたくし達の絆にございます!」 エピソードBC 【絆】濃厚 天膳 「ふははははは、やりおるわ!」 BT濃厚 「いや、殺しはせぬ!生かすのじゃ!」 エピソードBCor 月下 閃滅濃厚 「ついにこの時が来たのじゃ!」 エピソードBC 【絆】濃厚 豹馬 「世の理、しかと見よ!」 BT濃厚 「これがわしの心眼じゃ」 エピソードBCor 月下 閃滅濃厚 お胡夷 「行ってまいります、兄様」 エピソードBC【縁】 or【絆】濃厚 朱絹 「小四郎…どの…」 エピソードBC【想】 or【絆】濃厚 蛍火 「お慕いしております、夜叉丸どの…」 エピソードBC【恋】 or【絆】濃厚 無音 エピソードBC【絆】or月下 閃滅濃厚 通常時 BC入賞時のLEDランプ振り分け(BT非当選時) 異色BC入賞時 LED色 設定1~3 設定4~6 白 38. 継続率はシナリオごとに12セット先まで決まっている。 A以外は液晶ステージに対応しており、Bは昼ステージ、Cは夕方ステージ、Dは夜ステージ、Eは駿府城ステージ対応。 ステージ矛盾による継続示唆などがあるため完全リンクではないので注意。 奇数セットは甲賀キャラ、偶数セットは伊賀キャラが出現。 また、キャラによっては特定シナリオ示唆となる。 さらに、甲賀キャラなら奇数シナリオ、伊賀キャラなら偶数シナリオ濃厚。 例えば2セット目に弾正アニメ絵が出現した場合、弾正はシナリオ4 or 9 or 10示唆で、かつ甲賀アニメ絵は奇数No. シナリオとなるため、シナリオ9〔夢幻〕濃厚となる。 なお、下記の特殊条件下でBCに当選した場合、前兆ゲーム数が補正される。 減算後の残りゲーム数が5G以下の場合は残りゲーム数がすべて前兆となり、天膳バトル後にBCを告知。 前兆 ゲーム数 争忍中の 異色・同色BC 争忍中の エピソードBC 争忍中の 月下閃滅 1 - - - 2 - - - 3 6. レベルは1~4(3以上だと絆玉1個ストックした状態でスタート)まであり、BTを1セット消化するたびに、滞在している絆高確テーブルに応じて切り替わる。 なお、絆高確テーブルは初回BT開始時に決定される。 また絆レベルは、セット開始時とBCによる継続時に格上げされることもある。 ただし、Lv3以下でも同色高確状態中(後述)にBCを引くと高確率で突入する。 同色高確中は5~30G継続し、滞在中にBCが成立すれば必ず同色となるだけでなく、朧チャンス突入にも期待できる。 同色高確当選時のゲーム数振り分け ゲーム数 ハズレ チャンス役 5 7. ステージと継続率の法則 争忍の刻中のステージは継続率に対応しており、矛盾した場合は継続濃厚となる(例えば夕方ステージ時のステージ履歴が青など)。 また、BTが非継続の場合は、基本的に継続率に対応したステージでBTが終了する。 また、BT開始画面が天膳だと全セット継続率D以上のシナリオとなるため、昼or夕方ステージが出現した時点で継続濃厚だ。 当選すると甲賀衆が10人いる状態で争忍の刻がスタートする。 10人状態から争忍の刻が始まるとセット継続濃厚かつ絆高確「縁モード」発動濃厚だ。 また、10人状態中に当選したBCはすべて月下閃滅となり、41Gが選ばれた場合はその時点で月下閃滅当選濃厚となる。

次の

6号機【絆2】の設定判別要素まとめ|設定示唆演出も一部判明!

絆2 モードc bt当選率

通常モードテーブル一覧 BCスルー 回数 テーブルNo. 1 2 3 4 5 6 7 8 0スルー B B B B A B B C 1スルー B A B A A B A C 2スルー A B A B A B C C 3スルー B A B A A C B C 4スルー A B B C A B C C 5スルー B A C B A C B C 6スルー D D D D C D D D 7スルー D BCスルー 回数 テーブルNo. 9 10 11 12 13 14 15 16 0スルー C B C B C A A D 1スルー A C B C B C D 2スルー C B B B C A 3スルー A C A C B D 4スルー C B B B C 5スルー B C A C B 6スルー D D D D D 7スルー D 通常モードテーブルは有利区間移行ゲームに決定し、偶数設定はモードCスタート テーブル8・9・11・13 が選択されやすい。 また、高設定ほどテーブル14・15を選択しやすいため、高設定はBC4回目までにATに当選しやすいという特徴がある。 通常モードテーブル選択率 モード テーブル 設定1 設定2 設定3 1 14. 93% 11. 76% 14. 49% 2 15. 63% 11. 76% 14. 93% 3 9. 35% 11. 76% 9. 35% 4 15. 63% 11. 76% 15. 63% 5 9. 80% 4. 69% 9. 80% 6 9. 35% 7. 81% 9. 35% 7 6. 25% 7. 81% 6. 25% 8 0. 78% 3. 13% 0. 78% 9 1. 56% 3. 13% 1. 56% 10 6. 25% 6. 25% 6. 25% 11 2. 34% 3. 13% 2. 34% 12 4. 69% 9. 35% 4. 69% 13 1. 56% 3. 13% 1. 56% 14 0. 78% 1. 56% 1. 95% 15 0. 78% 2. 34% 0. 78% 16 0. 39% 0. 78% 0. 39% モード テーブル 設定4 設定5 設定6 1 10. 20% 12. 50% 4. 29% 2 10. 20% 13. 33% 4. 29% 3 11. 76% 9. 35% 9. 35% 4 11. 76% 15. 63% 9. 35% 5 4. 69% 9. 80% 3. 13% 6 7. 81% 9. 35% 15. 63% 7 7. 81% 6. 25% 15. 63% 8 3. 13% 0. 78% 3. 13% 9 3. 13% 1. 56% 3. 13% 10 6. 25% 6. 25% 6. 25% 11 3. 13% 2. 34% 3. 13% 12 9. 35% 4. 69% 9. 35% 13 3. 13% 1. 56% 3. 13% 14 3. 91% 4. 69% 6. 25% 15 3. 13% 1. 56% 3. 13% 16 0. 78% 0. 39% 0. 78% 通常滞在時は共通ベルorチェリー以外で超高確へ移行すればモードB以上が確定となる。 ただし、共通ベルorチェリー以外で超高確に移行した場合は5Gしかないため、超高確確定演出などが出現しなければ正確に見抜くことは難しい。 また、モードCとDのみ「高確800G」に当選する可能性があり、高確示唆演出が35ゲーム以上続くようなら、モードCorD滞在に期待できる。 モードA滞在時 当選率 共通 ベル 弱 チェリー 強 チェリー その他 10. 2% 16. 8% 100% 0. 4% 高 確 G数 抽選 9. 4% 16. 8% 89. 8% 0. 4% 高確 800G - - - - 超 高 確 G数 抽選 0. 8% - 10. 2% - 超高確 5G - - - - モードB滞在時 当選率 共通 ベル 弱 チェリー 強 チェリー その他 10. 2% 20. 4% 100% 0. 4% 高 確 G数 抽選 9. 4% 18. 8% 89. 8% - 高確 800G - - - - 超 高 確 G数 抽選 0. 8% 1. 6% 10. 2% - 超高確 5G - - - 0. 4% モードC滞在時 当選率 共通 ベル 弱 チェリー 強 チェリー その他 16. 5% 25. 0% 100% 0. 8% 高 確 G数 抽選 14. 1% 20. 3% 88. 3% - 高確 800G 0. 4% 0. 8% 1. 6% - 超 高 確 G数 抽選 2. 0% 3. 9% 10. 2% - 超高確 5G - - - 0. 8% モードD滞在時 当選率 共通 ベル 弱 チェリー 強 チェリー その他 10. 2% 20. 4% 100% 0. 4% 高 確 G数 抽選 9. 0% 18. 0% 88. 3% - 高確 800G 0. 4% 0. 8% 1. 6% - 超 高 確 G数 抽選 0. 8% 1. 6% 10. 2% - 超高確 5G - - - 0. 4% 超 高確滞在時は、成立役に応じて超高確ゲーム数の獲得抽選が行なわれる。 超高確滞在中に超高確ゲーム数を獲得した場合は、ゲーム数が上乗せされる。 モードA滞在時 当選率 共通 ベル 弱 チェリー 強 チェリー その他 10. 2% 16. 8% 100% 0. 4% 超 高 確 G数 抽選 10. 2% 16. 8% 100% 0. 4% 超高確 5G - - - - モードB滞在時 当選率 共通 ベル 弱 チェリー 強 チェリー その他 10. 2% 20. 3% 100% 0. 8% 超 高 確 G数 抽選 10. 2% 20. 3% 100% 0. 4% 超高確 5G - - - 0. 4% モードC滞在時 当選率 共通 ベル 弱 チェリー 強 チェリー その他 16. 4% 25. 0% 100% 1. 6% 超 高 確 G数 抽選 16. 4% 25. 0% 100% 0. 8% 超高確 5G - - - 0. 8% モードD滞在時 当選率 共通 ベル 弱 チェリー 強 チェリー その他 10. 2% 20. 4% 100% 0. 8% 超 高 確 G数 抽選 10. 2% 20. 3% 100% 0. 4% 超高確 5G - - - 0. 4% BCとAT終了後は設定に応じて、滞在状態の移行先を決定する。 高設定ほど高確スタートになりやすいが、高確35Gが選択された場合は偶数設定が優遇されている。 また、超高確スタートなら 設定5or6が確定となる。 なお、BC終了後は有利区間継続時と有利区間移行時の2パターンあるが、どちらも同じ抽選値となる。 0 異色BC当選時のAT抽選は高設定ほど当選率が優遇されているが、滞在モードや状態によってAT当選率が大きく変化する。 なお、通常滞在時のAT当選率はモードが影響せず、当選率に 大きな設定差が存在する。 正確に見抜くことは難しいが、通常滞在時のBCから複数回AT当選を確認できれば、高設定に期待できる BC中のレア役による当選は除く。 モードA滞在時・AT当選率 異色BC 設定 通常 高確 超高確 1 0. なお、通常時のエピソードBC当選時はAT確定だが、通常時の同色BCと同じ確率でAT抽選も行われるため、当選時はATストックを1つ獲得した状態でATがスタートする。 AT中は次セット継続確定。 エピソードBC当選時の絆高確振り分け 絆高確 当選ルート 通常時or AT中 通常時BC間 800G到達時 縁 29. 7% 25.

次の

バジリスク絆2【設定示唆 判別 シナリオ 終了画面 朧 赤い月 ボイス】解析

絆2 モードc bt当選率

モードCはループする!? 朝一やBT終了時にモードCテーブルが選択されると比較的早い段階でBTに当選してくれます。 ) 選択されたテーブルによってはこれがループすることがあります。 感覚的には「BTが軽い!高設定!?」と過度に期待してしまうことや、グラフだけ見ると高設定っぽいグラフになることもしばしば。 このループについて理解し、稼働時にお役立ていただけると幸いです。 モードCテーブルについて まずはこちらをご覧ください。 これがバジリスク絆のテーブル一覧です。 A~Zの26種類から管理されています。 com こちらの表から、朝一もしくはBT終了時に選択されるモードCテーブルは、赤枠内にモードCが確認できる「6種類」のテーブル(D・G・J・Q・S・U)となります。 この6種類のテーブルのうち、特定のテーブルのみループ確率が優遇されています。 com 「O~U」のテーブルから最も移行しやすいテーブルが赤枠内の「Q」次いで「S」となります。 要するに、この「Q」や「S」のモードCテーブルからBTに当選した場合、BT終了後にも「Q」や「S」へ移行する可能性が高いということです。 すなわち、 モードCテーブルがループしやすいということになります。 仮に選択されたテーブルが「U」だった場合でも、BT終了後は「O~U」のモードCテーブルへの移行に期待できますので、テーブルが一度でもループした際はBC当選までフォローした方がいいかも知れません。 この「U」テーブルを含むと、 37. ループしづらいモードCテーブル 「Q・S・U」のテーブルがループしやすいことは前頁でお伝えしましたが、その他のテーブル(D・G・J)はどうなのでしょうか。 「D・G・J」のテーブルはいずれも「A~J」のテーブルに含まれるため 移行確率からするとテーブルのループには期待できません。 とは言ったものの、合わせて 15. 7%の確率でモードCテーブルが選択されるので、ループに至らなくとも可能性はありますね。 ひとつ難点なのが、ループしやすいモードCテーブルなのか否かの判別が難しいということです。 正確に判別するにはBC非当選を9回以上確認しないとなりませんので、こうなってしまってはもう手遅れです。 そもそもモードCテーブルであれば滅多なことがない限りここまでスルーしないので尚更判断が付きませんね。 ですのでこの場合、モードCテーブル確認後かつ、BT終了後の挙動で判断するようにしましょう!(ループしなかったらモード「D・G・J」のいずれかだったと思いましょう。 ) モードCの判別要素 ここで重要になってくるのは、モードCなのかそうでないかを判別することです。 いままでモードをあまり意識したことがない方にとっては少々難しいかも知れませんが、抑えておくべきポイントをお話させていただきますので、以下の点を意識して打ってみてはいかがでしょうか。 高確示唆演出の頻度 着目していただきたいのは、高確示唆演出の 「頻度」です。 モードAとCでは示唆演出の頻度が明らかに違います。 モードC濃厚演出や確定演出が出てしまえば問題ありませんが、そう簡単に確認できるものでもありません。 鷹演出でリプレイorハズレ• 第二停止まで小四郎のかまいたち演出• 前兆中以外の柳生宗矩セリフ• 蛍火ルーレットでリプレイ• 弾正屋敷での陽炎の台詞「怪しいものじゃ」• 小役成立時のリール再始動(縦回転)• 3連「好機」前兆中含む• リール内に赤7停止(前兆中でも可)• 情報サイトによっては濃厚だとか示唆だとか、、正直このあたりは収集が付かなくなっているようにも思えます。 複雑な示唆演出がたくさんあり混同してしまうのでしょう。 上記のような演出が頻発するようならBC当選(朧BCで月判別)までフォローしてみてもいいかも知れません。 いずれにせよ示唆が頻発することが重要です。 モードAだと頻発の「ひ」の字すらありませんからw ハイエナ時のポイント モードC滞在時に出現しやすい演出について触れましたが、モードCテーブルのループを視野に入れたハイエナのポイントもご紹介しておきます。 先ほど モードCテーブルはループする可能性があると説明しましたが、履歴データからそのような挙動の台を探します。 ハマり台を狙うのもセオリーですが、5スルー以上の台は中々落ちていませんよね。 そんな時はむしろ、 BT終了後0スルーの台(BT当選前に1スルー以内で当選している台、またはこれがループしている台)が狙い目です! モードCであれば、数千円で判別できる場合もありますので、打ってみて高確示唆もなく土岐峠にすら上がらないなら即ヤメでもいいかも知れません。 意外とモードCの台は落ちていますし、この方法でかなり拾えてるのも事実です。 BC5スルー以上の狙い台がない場合は、試してみてはいかがでしょうか? まとめ モードCのループについてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 このモードCテーブルのループは続くと高設定を思わせるグラフを描くので、思い込みには要注意です。 モードに救われているだけ、ということを念頭に置きながら打っていくと、本当に上挙動なのかモードのお陰なのかも冷静に判断することができます。

次の