洗面 タオルハンガー。 狭い洗面スペースで活躍♪ おしゃれで便利な洗濯機タオルハンガー

狭い洗面所にタオルハンガーが置けない悩みを解決!バーをたくさん付ける方法

洗面 タオルハンガー

洗面台のタオルを掛ける位置の決め方とは? 洗面台のタオルを掛ける 位置の決め方は基準があります。 床からの高さが120cmに タオル掛けを設置すると 使いやすいとされています。 しかし使用するタオルの 長さを考えると もう少し高い位置の方が 使い勝手がいいこともあります。 洗面台と壁の位置関係も タオル掛けの位置を決めるのに 大事な要素になってきます。 洗面台のカウンターの 高さにもよりますが タオルを掛けた際に タオルの端がカウンターに 届いてしまうと 水跳ねなどで濡れてしまう ことがあるので 注意が必要です。 他にも注意する点は お風呂のリモコンや スイッチなどのコンセントと 干渉しない位置にすることです。 洗面台の三面鏡を 使用することも 考えて位置を決めることが 大事になります。 洗面台に取り入れたいおしゃれなタオル掛け3選を紹介! 洗面台のタオル掛けを おしゃれな物に交換するだけで 洗面所をグッとおしゃれに 変身させることができます。 洗面所に取り入れたい おしゃれなタオル掛けを 3つ紹介します。 シンプルな物から 可愛らしい物、ちょっと 変わったタオル掛けを紹介しますので ぜひ参考にしてください。 1、鳥のタオルハンガー シンプルな鳥の タオルハンガーです。 タオルのそばに寄り添う 小鳥が可愛らしいです。 タオル掛けとしてだけでなく 小物を置くことができるので 殺風景になりがちな洗面台周りを おしゃれに演出してくれる アイテムとしても役立ちます。 棚の上にグリーンを 飾ることで清潔感も プラスできるのでおすすめです。 2、ワイヤーリーフ リングタオルハンガー ワイヤーリーフの リングタオルハンガーです。 葉っぱと花をモチーフにした ワイヤーワークのデザインが おしゃれです。 リングタイプのタオル掛けは 場所を取らないので 省スペースの洗面台周りでも 設置しやすいのが特徴です。 リングタオルハンガーは タオルと壁の間に 空間ができやすいので カビ対策にもピッタリの タオル掛けです。 3、タオルクリップ タオルを挟んで固定する タオルクリップです。 ちょっと変わったタイプの タオル掛けですが ユニークな形状がとても 可愛らしいデザインに 仕上がっています。 ステンレスの本体が スタイリッシュな印象を 与えてくれます。 取り付け方法は 粘着シートになるので 心配になる方も多いようですが かなり強力なので使用中に 剥がれてしまうことは ほぼ無いということです。 しかし、凸凹な面や ザラザラした面には 取り付けができないので 注意が必要です。 ドイツ製のシンプルな タオル掛けはオシャレ度を グッと引き上げてくれますね。 洗面台にタオル掛けを付けるとカビが生えることも? 洗面台にタオル掛けを つけることで カビが生えることも あるので注意が必要です。 タオルは濡れた手や 髪の毛、顔を拭くので 使用後は湿っています。 湿ったままのタオルの周りは どうしてもカビが生えやすい 環境が整ってしまいます。 タオル掛けと壁の間も 空気の循環は少ないので タオルの湿気が 壁のクロスに移ってしまう こともあります。 洗面所の換気を徹底して 空気の入れ替えを常に 行っていればいいですが 閉鎖的な空間に なっていることが多い 洗面所では難しいですね。 洗面台のタオル掛けのカビを防止するための方法は? 洗面台のタオル掛けの カビを防止する方法としては 洗面所の換気を徹底することです。 使用したタオルが湿って しまうことは仕方ないので 周りの環境を変えるのが 効果的な方法です。 窓やドアを開けておく それだけでも十分換気できます。 ついでにお風呂の換気も 合わせてすることで 溜まっている湿気も 解消できます。 タオル掛けと壁の間に 空間を作ることも大事です。 風通しが悪いことで 湿気が壁に移ってしまうので タオルを壁から離す工夫を するだけでも変わります。 まとめ 今回は洗面台の タオル掛けの位置の 決め方を紹介しました。

次の

狭い洗面所にタオルハンガーが置けない悩みを解決!バーをたくさん付ける方法

洗面 タオルハンガー

洗面台のタオルを掛ける位置の決め方とは? 洗面台のタオルを掛ける 位置の決め方は基準があります。 床からの高さが120cmに タオル掛けを設置すると 使いやすいとされています。 しかし使用するタオルの 長さを考えると もう少し高い位置の方が 使い勝手がいいこともあります。 洗面台と壁の位置関係も タオル掛けの位置を決めるのに 大事な要素になってきます。 洗面台のカウンターの 高さにもよりますが タオルを掛けた際に タオルの端がカウンターに 届いてしまうと 水跳ねなどで濡れてしまう ことがあるので 注意が必要です。 他にも注意する点は お風呂のリモコンや スイッチなどのコンセントと 干渉しない位置にすることです。 洗面台の三面鏡を 使用することも 考えて位置を決めることが 大事になります。 洗面台に取り入れたいおしゃれなタオル掛け3選を紹介! 洗面台のタオル掛けを おしゃれな物に交換するだけで 洗面所をグッとおしゃれに 変身させることができます。 洗面所に取り入れたい おしゃれなタオル掛けを 3つ紹介します。 シンプルな物から 可愛らしい物、ちょっと 変わったタオル掛けを紹介しますので ぜひ参考にしてください。 1、鳥のタオルハンガー シンプルな鳥の タオルハンガーです。 タオルのそばに寄り添う 小鳥が可愛らしいです。 タオル掛けとしてだけでなく 小物を置くことができるので 殺風景になりがちな洗面台周りを おしゃれに演出してくれる アイテムとしても役立ちます。 棚の上にグリーンを 飾ることで清潔感も プラスできるのでおすすめです。 2、ワイヤーリーフ リングタオルハンガー ワイヤーリーフの リングタオルハンガーです。 葉っぱと花をモチーフにした ワイヤーワークのデザインが おしゃれです。 リングタイプのタオル掛けは 場所を取らないので 省スペースの洗面台周りでも 設置しやすいのが特徴です。 リングタオルハンガーは タオルと壁の間に 空間ができやすいので カビ対策にもピッタリの タオル掛けです。 3、タオルクリップ タオルを挟んで固定する タオルクリップです。 ちょっと変わったタイプの タオル掛けですが ユニークな形状がとても 可愛らしいデザインに 仕上がっています。 ステンレスの本体が スタイリッシュな印象を 与えてくれます。 取り付け方法は 粘着シートになるので 心配になる方も多いようですが かなり強力なので使用中に 剥がれてしまうことは ほぼ無いということです。 しかし、凸凹な面や ザラザラした面には 取り付けができないので 注意が必要です。 ドイツ製のシンプルな タオル掛けはオシャレ度を グッと引き上げてくれますね。 洗面台にタオル掛けを付けるとカビが生えることも? 洗面台にタオル掛けを つけることで カビが生えることも あるので注意が必要です。 タオルは濡れた手や 髪の毛、顔を拭くので 使用後は湿っています。 湿ったままのタオルの周りは どうしてもカビが生えやすい 環境が整ってしまいます。 タオル掛けと壁の間も 空気の循環は少ないので タオルの湿気が 壁のクロスに移ってしまう こともあります。 洗面所の換気を徹底して 空気の入れ替えを常に 行っていればいいですが 閉鎖的な空間に なっていることが多い 洗面所では難しいですね。 洗面台のタオル掛けのカビを防止するための方法は? 洗面台のタオル掛けの カビを防止する方法としては 洗面所の換気を徹底することです。 使用したタオルが湿って しまうことは仕方ないので 周りの環境を変えるのが 効果的な方法です。 窓やドアを開けておく それだけでも十分換気できます。 ついでにお風呂の換気も 合わせてすることで 溜まっている湿気も 解消できます。 タオル掛けと壁の間に 空間を作ることも大事です。 風通しが悪いことで 湿気が壁に移ってしまうので タオルを壁から離す工夫を するだけでも変わります。 まとめ 今回は洗面台の タオル掛けの位置の 決め方を紹介しました。

次の

狭い洗面所にタオルハンガーが置けない悩みを解決!バーをたくさん付ける方法

洗面 タオルハンガー

タオルハンガー派 VS 自作スペース派 !? 中でも、大半が次のような意見でした。 このタイプのタオルハンガーは、洗面スペースが広いお宅向きですよね。 ちなみにこの方は毎日、家族4人分の使い終わったバスタオルをここに干しているんだそうです。 狭いワンルームで重宝しそうなアイデアですね。 最近はデザインや形も多彩にそろっているので、好みのものが選べそうです。 ただし、マグネットの磁力がポイントのため、強力タイプを選びましょう。 以下、番外編ですが、こんな意見も・・・。 ほかの洗濯物と一緒にまとめてランドリーボックスへ入れちゃうんです。 でも、私は湿ったバスタオルが他の洗濯物をじわじわと湿らしていく感じがイヤで、実家を出てからは、バスケットへは直接いれずに別干しスタイルへ変えました。 この他、「特に指定の場所を設けず、ちょっとしたところに掛けておく」という人も。 洗面スペースが広々としたご家庭はいろんな選択肢がありますが、狭い場合には干す場所が限られてきますもんね。 その点、洗濯機タオルハンガーなら、スッキリまとまりそうですよね。 洗面スペースの雰囲気を損ねず、好みに応じたデザインを選べます。 わが社にもいろんなタイプのタオルハンガーがありますが、こちらは定番品。 2段ハンガータイプで、磁石で洗濯機にピタッとくっつきます。 背面の磁石は、こんな感じです。 2段トレーなので、大判のバスタオルが2枚、またはバスタオルとフェイスタオルを干すのもいいですね。 色はホワイト・ブラックがあり、インテリアに合わせて選べますよ。 その場合は洗濯機の側面を利用すれば、このとおり。 側面スペースがタオル掛けとして活用できます。 「側面の方が、より目立たなくていい」という方もいらっしゃるようです。 洗濯機の種類や形によりますが、マグネットがキチンと水平になるスペースがあれば、ハンガーをしっかりと固定できますよ。 タオルハンガーだけど、掛けるのはタオルじゃない?! ちなみに、このタオルハンガー。 ユーザーさんたちの声にあった使い方を再現してみると、こんな感じです。 いいアイデアですよね! もう1段には、ゴム手袋を掛けているそうです。 これはわが家でも早速試そう、と計画中。 うちでは現在、予備のバスマットは折りたたんで小さな籐のバスケットに入れてあるのですが、このバスケットが掃除のたびに邪魔でして…。 ハンガーに掛けておけば、掃除もラクラクですね。 ちょっとしたグッズをうまく活用することで、グッと便利になったり、スペース自体がスッキリおしゃれにまとまったりしますよね。 このタオルハンガーも、そのひとつ。 「実際、使ってみて納得」という声も多くあり、うれしい限りです。 バスタオルやお掃除グッズをうまく収納したい方、一度、チェックしてみてください!.

次の