鶏 ささみ。 鶏のささみと胸肉の違い

鶏のささみと胸肉の違い

鶏 ささみ

その特徴は脂肪をほとんど含まないことで、量的にはエビやカニと同程度です。 一方では非常に多く、肉類のなかでも断然トップの高栄養・低カロリー食品といえます。 鶏肉のはバランスに優れて消化吸収も良く、お年寄りや子供、ダイエット中の方にもおすすめです。 栄養面ではやB群など各種ビタミンが豊富に含まれています。 胸肉と同様、疲労回復や粘膜・消化器系を守る働きのある(ビタミンBの一種)が多いのも特徴です。 また、肌や髪の健康維持や血流を促す働きも期待できます。 さらに鶏肉に含まれるは、安心感や幸福感をもたらし、睡眠の質を高めるサポート力があると言われています。 低脂肪でビタミンに富むささみを上手に食べるなら、蒸したりゆでたり、油を使わない調理法が良いでしょう。 消化が良く、胃腸にやさしいのも鶏ささみの特徴です。 鶏のについては、の一種・メチオニンが肝機能強化に力を発揮します。 鶏ささみの注目成分• 、、、 ささ身のの主な栄養成分(可食部100gあたり)• ・・・0. 09mg• ・・・23. ・・・11. 8mg• ・・・0. 60mg• ・・・0. 11mg 鶏ささみの選び方・保存方法 ツヤがあり、弾力があって締まっているもの。 淡いピンク色で透明感のあるものを選ぶ。 保存する場合は、ペーパータオルで水気をふき取り、ペーパータオルで包む。 さらに空気が入らないようにラップでぴっちり包んでパーシャル室で保存(保存期間は1週間)。 鶏ささみの食べ方 おすすめは「ささみのヘルシーサラダ」です。 サラダにささみを使うと、動物性脂肪を取ることなく、を抑える植物油(ドレッシング)の長所だけを利用できます。 ささみを酒蒸しにして手でさき、サラダ菜を皿にしいたところへ、ゆでたサヤインゲンと混ぜて盛りつけます。 その上に、から炒りしたアーモンドを刻んでちらし、ドレッシングをかけましょう。 オリーブ油をベースにレモン汁、からし、塩、コショウで作り、酸化しないように食べる直前にかけていただきます。 極端に低脂肪で高栄養のささみは、衰えた膵臓の組織回復にも効果的です。 新鮮なものなら刺身で食べるという手もあります。 鶏ささみの栄養素を効果的に引き出す調理法 酒をもみ込んで蒸せばパサつかず、栄養も損失しない! 低脂質、高タンパクで知られているささ身は、身が柔らかく淡泊な味わいが特徴です。 、、は水溶性のビタミンなので、茹でるより蒸す方が栄養の損失を避けられます。 また、蒸し調理であればパサつきを抑えることができ、事前に酒をもみ込んでおくとさらにジューシーな仕上がりになります。 淡泊な味わいなので、他の食材や調味料とも組み合わせやすいでしょう。 これにより集中力の維持、また疲労回復を助ける働きも期待できます。 また、冷え性の改善も期待できます。 おすすめレシピ:ささみのカレーチーズ焼き おすすめコンテンツ 鶏ささみの関連ページ.

次の

鶏ささみの栄養、効能効果

鶏 ささみ

トレーニング時の食事でしっかりと補いたいタンパク質。 低糖質、低脂質にも関わらず、 しっかりとタンパク質を補えるポピュラーな食材として、 鶏ささみがあると思います。 この鶏ささみのレシピですが、茹でてサラダに混ぜる、焼いて好みの味付けにするといった メニューの偏りで飽きてきたりしないでしょうか? そのような方も困らない、 優秀な食材である鶏ささみを美味しく食べるレシピを紹介します。 鶏ささみの特徴 鶏ささみの栄養 まずは簡単に鶏ささみの主な栄養成分について解説します。 鶏ささみはむね肉の裏側の中央あたりにあり、羽をはばたかせる際によく動かす部位なので、 脂肪分が少ないのが特徴です。 鶏ささみ肉100g当たりの栄養価はエネルギー105kcal、タンパク質23. 0g、脂質0. 8g、炭水化物0gです。 鶏もも肉や鶏むね肉に比べると、 高タンパク質、低脂質といえます。 また、タンパク質の代謝に必要なビタミンB6が豊富なため、トレーニング後に食べたい食材の1つです。 鶏ささみの料理のコツ 鶏ささみは脂肪分が少ないため、 調理法によってはパサパサとした食感になりやすいです。 【蒸す】 下処理の段階で酒をもみこみ、 蒸すことで、パサつきが抑えられ、 ビタミンB群などの水溶性の栄養素の流出をとどめることができます。 【茹でる】 茹でる場合は余熱を利用するのがポイントです。 下処理の段階で塩をします。 塩をすることでうま味が逃げにくくなります。 鍋にささみがしっかりと浸る程度のお湯を沸かし沸騰させます。 沸騰後にささみを入れ、5つ数えたらひっくりかえして火を止め、蓋をします。 7~10分(ささみの量・大きさにより調節)放置し、 余熱で火を通します。 【レンジ】 レンジ調理は食材の水分を利用していますので、 パサつきやすくなります。 下処理で塩と酒を十分にもみこんでおきましょう。 ささみ1本に対して酒は大さじ1が目安です。 また、 火を通しすぎることもパサつきの原因です。 600wで3~5分、途中でささみをひっくり返しながら調理しましょう。 鶏ささみレシピ 鶏ささみの 栄養の特徴は高タンパク質、低脂質、そして豊富なビタミンB6と紹介しました。 しかし、糖質や脂質の代謝に必要なビタミンB1やB2は鶏もも肉より少なく、豚肉と比較するとさらに不足しています。 そこで、今回紹介する鶏ささみレシピでは、 鶏ささみの栄養の利点を生かしつつ、不足しがちな栄養素をプラスすることを考えました。 鶏ささみは筋を取り、料理のコツで紹介した、蒸す・ゆでる・レンジのいずれかの方法で調理する• きゅうりは1cm幅のいちょう切り、パプリカは1cmの角切りにする• ミックスビーンズには 鶏ささみに不足しがちなビタミンB1、B2、鉄やカルシウム、不溶性食物繊維が含まれています。 ドレッシングを手作りすることでオイルの量を調節でき、レモン汁は酢のツンとしたクセがないため、男性でも食べやすくなります。 メイン料理編 <鶏ささみのアーモンド揚げ焼き> 食材(2人分) 鶏ささみ 2本 白ワイン 大さじ4 塩・こしょう 適量 小麦粉・溶き卵 適量 揚げ油 適量 アーモンドスライス 40g ケチャップ 大さじ1 作り方• 鶏ささみは筋をとり、肉厚の部分は開いておく• ケチャップを添える コメント• 肉などを一口大に切ると、表面積が増え、給油率(調理油を吸い込む量)があがります。 脂質量を減らすためにも大きいままで調理することがポイントです。 洋風に仕上げる時は酒ではなく、白ワインを使うと風味もかわり、おすすめです。 アーモンドは ビタミンEと良質な油が補えます。 鶏のから揚げなどが食べたくなったら、脂質の少ない鶏ささみと良質な油のアーモンドを活用してみましょう。 鶏ささみは筋を取り、そぎ切りにし酒(分量外)をもみこんでおく。 人参は細切りにする• 切干大根と干しシイタケはそれぞれ水に浸しで戻す。 戻した切干大根はしっかり絞り、適当な長さに切る。 戻した干しシイタケはスライスし、戻し汁は残しておく• 鍋に醤油以外の具材をすべて入れる。 蓋をして強火にかけ、煮立ったら弱火にして人参が柔らかくなるまで5分ほど煮る。 (汁気が残っている場合は強火にして汁気をとばします)• 醤油で調味し、さっと煮たら火を止め、鍋ごと冷水につけて急冷する コメント• 切干大根は 鉄やカルシウム、干しシイタケは ビタミンDが豊富です。 副菜になりがちな切干大根の煮物もささみを加えることでメイン料理になります。 急冷することで味が染み込みやすく、菌の増殖を防げるのでお弁当にも最適です。 鶏ささみは良質なタンパク質を補うために便利な食材です。 下処理のコツと不足しがちな栄養素を考えながら、美味しく、バランスよく鶏ささみレシピを楽しみましょう。

次の

鶏ささみは太るかも…?過剰ダイエットの罠?!

鶏 ささみ

鶏のささみと胸肉は同じ部位 家庭でもポピュラーに調理される鶏肉のささみと胸肉。 実はささみは胸肉の一部なのです。 胸肉は鶏の胸の部分で肉に厚みがあり、ほかの部位に比べると、見た目は白っぽい肌色をしています。 その胸肉に近接した部位がささみです。 鶏の胸骨に沿って1本ずつ2つの笹の葉のような形をした部位で、胸肉の上質な部分です。 たとえば牛肉で言うと「ヒレ」にあたる部位が鶏のささみです。 形が笹の葉に似ていることで「ささみ」と呼ばれているそうです。 胸肉の一部がささみ。 しかしささみと胸肉では味や食感が少し違います。 そしてそれぞれの持ち味を活かした料理に調理されます。 鶏のささみの味の特徴 牛肉の中では上品な味わいで最高級の部位であるヒレに相当する鶏のささみの味は、脂はほとんどなく淡白な味わいです。 柔らかく優しい風味があるのが特徴です。 肉質が柔らかいので食べやすいため、子供や高齢者の料理に好まれて利用されます。 ただ白い筋があり、そのまま調理すると噛み切りにくく、肉が縮んでしまうので、丁寧に取り除いて調理します。 胸肉の一部で、1羽から2本しか取れないので胸肉よりも、当然価格は高くなります。 鶏の胸肉の味の特徴 鶏の胸肉も脂肪が少なくさっぱりした味です。 脂っこい肉が苦手な方におすすめの部位です。 胸肉はささみと違い肉に厚みはありますが、柔らかく味にクセがないのでどんな料理にもなじみやすい部位です。 ただ 脂肪分が少ないためパサつきやすい面があります。 パサパサ感をなくすために、料理によっては片栗粉を絡めて調理したり、塩麹などで下味をつけるなど一手間かけなければならないこともあります。 胸肉は肉厚で大きいので観音開きにしたり、そぎ切りにして調理します。 鶏のささみに向く料理 鶏のささみは蒸したり茹でると、手で簡単に裂くことができ、細かく裂いて和え物やサラダに加えます。 ささみに衣をつけたフリッターやカツ料理などの揚げ料理もささみのおすすめ料理です。 火を通してもふっくらと柔らかく仕上がるのがささみの料理の特徴です。 鮮度のよいささみは湯通しして刺身にして食べると、ささみの風味をそのまま堪能できます。 ささみのおすすめレシピ: ささみの照り焼き 鶏のささみを使った照り焼きです。 焼いても柔らかいささみ。 子供や高齢者のおかずにもおすすめの一品。 冷めても美味しいのでお弁当のおかずにもなります。 購入したささみに筋が付いていたら、まず筋を取り除いてから調理してください。 ご飯のおかずに、そしてお酒のつまみにもよく合います。 作り方はこちら(楽天レシピ) 鶏の胸肉に向く料理 ささみと同様に蒸してほぐしてサラダなどに加えたり、酒蒸しにして蒸し鶏にするのも胸肉のおすすめ料理です。 胸肉はささみより大きく油と相性が良いため、チキンカツレツなどのフライや、食べやすい大きさにカットして唐揚げなどの揚げ物におすすめの部位です。 胸肉はフライにしても揚げても柔らかい部位です。 鶏のささみの部位と胸肉の部位での栄養の差 鶏のささみも胸肉も脂が少ない部位です。 どちらも鶏肉のほかの部位に比べ、低脂肪でしかもタンパク質を多く含んでいるので、ダイエット中の方やカロリーを抑えて筋肉を付けたいアスリートの方には栄養面からも好まれている部位です。 ささみは胸肉の一部ですが、食品成分表から見ると、100g中のカロリーは胸肉の方が高く脂肪があります。 タンパク質はささみの方が多く、ささみには脂肪がほとんどないので、女性はダイエット食にささみをよく利用する傾向があります。 部位の違いの味を活かして鶏肉を料理しよう 鶏肉のささみは胸肉の一部で、ささみも胸肉も脂肪が少なく淡白な味です。 1羽の鶏から2本しか取れないささみは、鶏肉の中でも上質な部位で風味があり、新鮮なものは湯通しして刺身にして食べることがあります。 鶏肉のほかの部位に比べる、どちらも脂肪が少ない部位ですが、ささみは胸肉よりさらに脂肪がなく、しかし胸肉よりもタンパク質が多いのでダイエット中の方は好んで食事に摂り入れます。 胸肉は1羽から取れる量がささみよりも多い分、ささみより価格が安いのは嬉しい点ですね。 どちらも鶏の部位では脂肪少なめのさっぱりした味。 大きさや食べやすさを考えて美味しく調理してください。

次の